読み終わったミステリについてコメント。でも最近は脇道にそれぎみ。 このブログは水樹奈々さんを応援しています。

東川篤哉「さらば愛しき魔法使い」 

さらば愛しき魔法使いさらば愛しき魔法使い
2017/4/13
東川 篤哉

商品詳細を見る

★★★☆☆



 【内容紹介】

 「魔法使いマリィ」シリーズ第3弾!

 魔法の力を借りつつ、八王子界隈の事件を解決してゆく魔法使いマリィ&小山田刑事の名コンビ。

今回もアリバイ崩しに、ダイイングメッセージ解読にと大活躍だが、ついにその「魔法」の存在を、オカルト誌に嗅ぎつけられてしまう――。
 二人の、そして八王子の未来はいかに!




 【収録作】
 「魔法使いと偽りのドライブ」
 「魔法使いと聖夜の贈り物」
 「魔法使いと血文字の罠」
 「魔法使いとバリスタの企み」



 収録作品はすべて倒叙ミステリです。
 倒叙ミステリと魔法使いの相性は抜群で、物語の早々に、読者だけでなく主人公小山田刑事にも犯人の正体がバレてしまいます。さらにユーモアミステリの側面として「女性刑事の惚れた男が犯人」というシリーズのお約束事も犯人特定の補完材料となっています。とにかく魔法でもジンクスでもなんでも使って、警察側にさっさと犯人を明らかにして「犯人はどのような下手を打ったのか」という倒叙ミステリならではの魅力を高純度に追求しているのが、本格ミステリとしてポイントが高いです。このようにユーモア要素をしっかりと本格ミステリに奉仕しているのが作者の本領発揮といえます。
 一番面白く読んだのが、「魔法使いと聖夜の贈り物」です。クリスマスという時期設定が非常に重要な意味を持ち、かつ「本」の持つ特性を何重にも利用して犯行計画のを切り崩していくクライマックスが圧巻です。しっかり読者の盲点を突いて意外性を狙ってくるのが良いですね。東川氏は比較的量産作家だと思うのですが、それでこのクオリティを保っているのは凄いです。他にも「魔法使いと血文字の罠」における、蓋を開けて見せたのに、それでも真実は頑なに隠蔽されている二重のトリックは、読者の油断を突くキレのあるトリックだし、「魔法使いとバリスタの企み」ではバリスタとタバコのミスマッチを組み合わせることで読者を盲点に誘い込んでいます。犯行時のドリップコーヒーを読者に印象づけることが、缶コーヒーから目を逸らす一つのミスリードになっているのかもしれません。これ「缶コーヒー」でなければダメなんですよね。鮎川哲也氏の短編に「蟻」という作品があるのですが、本作の「缶コーヒー」は、まるでその作中に登場するラムネのようにミステリとしての必然性が強固で、こういった小道具の使い方には感心します。
 巻末収録の「魔法使いとバリスタの企み」では、魔法使いマリィ&小山田刑事の前に新たな人物が登場し、さらにマリィの意外な行動と、次巻が楽しみになる「ひっぱり」もあって、シリーズ作品としての出来も悪くありません。
 サクッと読めて本格ミステリの面白さを味わいたいのであれば本書はオススメです。

[ 2017/06/01 20:00 ] 東川篤哉 | TB(0) | CM(0)

ラーメン・餃子 まんぷく のラーメン定食  

IMG_8437.jpg
ラーメン・餃子 まんぷく



 ラーメン・餃子 まんぷく は、兵庫県の灘駅の近くにあるラーメン屋さん。ラーメン、餃子、炒飯などの定番メニューを提供しています。定食などのセットメニューが豊富で、お昼時に(午後2時まで)はいずれも100円引きになります。
 わたしが訪れたのは2時を過ぎていましたが、ラーメン定食をいただいてみることにしました。


IMG_8434-3.jpg
ラーメン定食 800円



 ラーメン定食(800円)は、ラーメンと炒飯(小)がセットになったメニューです。これもお昼時には100円引きでいただけます。
 ラーメンはいかにも中華そば、といった感じの醤油ラーメン。具はチャーシュー、もやし、ネギのシンプルな構成。
 麺には意外とコシがありました。スープはあっさりめですが、一緒についてくる炒飯の味が濃い目なので、それと合わせるとこのスープの価値はぐんとあがります。炒飯とセットで食べるのをおすすめします。
 炒飯は具材が豊富で、しかも小サイズの割に結構ボリュームがあります。味も濃い目、油も適度に纏っていて食欲をそそります。なかなか美味しかったです。

 店内はカウンター席とテーブル席がありますが、とても狭いです。大人数には向いていません。



関連ランキング:中華料理 | 灘駅岩屋駅王子公園駅


[ 2017/06/01 02:03 ] 【グルメ】 | TB(0) | CM(0)

竹本健治「トランプ殺人事件」 

トランプ殺人事件トランプ殺人事件
2017/4/14
竹本 健治

商品詳細を見る

★★★★☆



 【内容紹介】

 洋館で行われたトランプゲームの最高峰コントラクト・ブリッジの最中、女性が鍵のかかった部屋から消失。別の場所で屍体で見つかった。天才少年囲碁棋士・牧場智久らは、洋館で発見された暗号を解読にかかるが……。ゲーム三部作完結編は密室&暗号ミステリ! 書下ろし短編「麻雀殺人事件」収録。




 「ゲーム三部作」と「狂気三部作」を兼任する傑作です。
 ことに三部作のうちのひとつ、というと3つ揃っての評価と思いがちですが、いやいや、本作は単体でも極めて高いクオリティです。
 論理と狂気のバランスが大変良いです。ミステリのあるトリックを「切り札」として、正気を保つための最終安全弁として機能させるアイデアに感動しました。また、心理的なアリバイという考えを導入して犯行動機にまで迫る過程、作中作によって虚実の境界を曖昧にしてしまうプロット、そして人の心の深層の、そのまた更に深層を探っていくかのように何層にも立ちふさがる「解かれるのを拒絶した暗号」、いずれも人間心理とミステリのアイデアが渾然一体となったものばかりです。特に暗号なんかは、それ単体でみてもミステリとしてとてもよく練られています。トリックや暗号は、その真相の意外性を描くためではなく、むしろそれらミステリのコードによって人間の深層心理を暴き立てるために利用されている印象を受けました。この発想、この狂気、この幻想性、竹本健治氏らしい作品です。
 また、物語中、事件が描かれた直後、「カード・ゲーム用語表」や「コントラクト・ブリッジ用語表」が唐突に何十ページにも渡って挿入されるのも、ミステリのネタが仕込まれているとは言え、読むものを不安にさせます。
 序盤から登場する「猿使いの精神病患者」の吐く狂気、その狂気の論理が、終盤に至って健常であるはずの登場人物たちに次々と当てはまっていくのが皮肉です。

 おまけとして、描き下ろし掌編「麻雀殺人事件」が収録されています。事件の状況が前段までの『トランプ殺人事件』と似ている(トランプも麻雀も起源は一緒らしい)のですが、こちらは完全に夢の中の密室殺人が描かれます。密室トリックが前例のない斬新なもので面白いです。
[ 2017/05/30 20:00 ] 竹本健治 | TB(0) | CM(0)

シグマのライトバズーカ 100-400mm F5-6.3 DG OS HSM を買いました。 

IMG_0505_20170528210836217.jpg
100-400mm F5-6.3 DG OS HSM



 こんにちは!
 管理人のウイスキーぼんぼんです。


SIGMA 望遠ズームレンズ Contemporary 100-400mm F5-6.3 DG OS HSM キヤノン用 フルサイズ対応SIGMA 望遠ズームレンズ Contemporary 100-400mm F5-6.3 DG OS HSM キヤノン用 フルサイズ対応
シグマ

商品詳細を見る


 つい最近発売になった、シグマの 100-400mm F5-6.3 DG OS HSM を買いました。焦点距離400mmまで使える超望遠レンズです。
 いままでこのクラスのレンズとなると、高価で重くて大きくて…というのが相場でしたが、このレンズはそれらのデメリットを克服しています。シグマ曰く「ライトバズーカ」とのことです。かっこいい異名です。
 その分F値が5~6.3と暗くなっているのは仕方がないところでしょうか。

 では写りはどうでしょう。
 購入してから1か月ほど、色々撮ってみました。

 ボディはキャノンのEOS 6Dです。
 基本的にリサイズ・トリミング以外は行っていません。


IMG_6859.jpg

IMG_5937.jpg

IMG_7990.jpg

IMG_5674-2.jpg

IMG_6032.jpg

IMG_6648_201705282149496d2.jpg

IMG_7864.jpg


 やっぱり暗いレンズなので、曇り空の中ではISO感度が跳ね上がってしまいます。しかしそこはフルサイズの高感度耐性で耐えている感じです。
 動物園で動物を撮るのにはぴったりな感じのレンズです。


IMG_6743.jpg

IMG_7910.jpg


 レッサーパンダかわいいです~。


IMG_6516.jpg

IMG_6667.jpg

IMG_8424_20170528220221797.jpg

IMG_8258.jpg

IMG_8139_20170528220217001.jpg


 焦点距離400mmともなると、F6.3でも結構ボケてくれます。ボケ味も綺麗です。

 重くなくて大きくもないので、普通に標準レンズや広角レンズなどと一緒にカメラバッグに忍ばせておけるのが良いです。
 わたしなんか、動物園で動物も撮りたいし、お花も撮りたいし、ご飯の写真も撮りたいし、と欲張りなので、このライトバズーカの他にマクロレンズ(お花用)、標準単焦点レンズ(ご飯用)と3本をショルダーバッグに入れられるのが良いです。普通に旅行にも持っていけます。

 わたしは電車や飛行機は撮らないのですが、ひとまず動物を撮るのにはおすすめですよ。


IMG_7736.jpg

 先日の福山ばら祭の御大もこのライトバズーカで撮影しました。
 たしかこの日も、ばらの撮影用にマクロレンズ、屋台のグルメ用に標準単焦点レンズを一緒に携行した他に、サイン用に本もたくさん持ち歩きました。重いレンズ持っていては出来ない荒業です。

[ 2017/05/29 20:00 ] 【写真・カメラ】 | TB(0) | CM(0)

甲賀三郎「蟇屋敷の殺人」 

蟇屋敷の殺人蟇屋敷の殺人
2017/5/8
甲賀 三郎

商品詳細を見る

★★★★☆



 【内容紹介】

 東京・丸の内の路上に停車中の自動車内に、謎の首切断死体が発見された―。広大な屋敷に蠢くがま蛙、久恋の女秘書、怪奇な幽霊、いわくの美女、蟇屋敷主人…。探偵作家と刑事は横浜、鎌倉、埼玉奥地、大阪へと犯人を追う。大胆なトリック、秀逸なプロット、気宇壮大なスケール。スリリングに展開する甲賀三郎の最高傑作、初の文庫化!KAWADEノスタルジック探偵・怪奇・幻想シリーズ。




 第一の波、戦前の本格探偵小説の雄・甲賀三郎の長編。本の裏を見ると「最高傑作」という文言も書かれてあります。初文庫化です。
 初めて聞くタイトルで、もちろん初めて読んだのですが、大変おもしろかったです。まさに探偵小説の歴史に埋もれた傑作と言っても良くて、東京・丸の内の車中で発見された首切り死体に端を発した物語は、東京・大阪間を行き来するスケールの大きな物語へと発展していきます。そして何より本書を印象づけるのは「蟇屋敷」の存在でしょう。庭には足の踏み場もないくらいのガマガエルが跋扈し、応接室には巨大なガマの置物が鎮座して、来客そして我々読者を歓迎してくれます。夜な夜な屋敷の庭で目撃されるのっぺらぼうの化物に、事件の一切を黙秘する怪しい屋敷の主人、登場人物も一筋縄では行きません。

 そして何より注目すべきなのが「本格」としての完成度です。

 「探偵小説とは、まづ犯罪(主として殺人)が起こり、その犯人を捜査する人物(必ずしも職業探偵に限らない)が、主人公として活躍する小説である」

 当時、甲賀三郎が提唱した、この「本格」の理念がまさにかたちとなった作品です。次々と段階的に暴かれる真実が面白く、さらにさらに、とにかくページを捲るたびにいろんな事件が起こるのです。これらはいずれも探偵の活躍によるもので、時には犯人を追い詰め、時には追い詰められ、と当時の探偵小説のいかにも「古典」!といった面白さが詰まっています。
 最終的に全ての怪奇と謎が論理的に説明付けられるのは、本格の骨格そのものです。すでに昭和初期にこのレベルにまで達していたのかと驚くばかりです。そして何よりプロットが秀逸のため、何度読んでも楽しめそうです。

 甲賀三郎を語る際には、所謂「本格・変格」論争が挙げられると思われます。変格派の筆頭として江戸川乱歩あたりの名前が上がると思うのですが、本書に描かれているような、地下の怪人や、その怪人の結ばれ得ぬ恋などに江戸川乱歩のテイストが見られるのが面白いところです。しかしそれを犯人の異常心理とするのではなく、その犯行動機を、謎を解く側の探偵役に一定の理解を示させることでこちら側(健全側)へ押し留めている点は作者らしいところかもしれません。
 そして時を越えて、本書のあるトリックには、帯の推薦者である三津田信三氏の某長編を想起させるものが使われているのも興味深いですね。

 現代の本格ミステリファンが読めば面白い発見のある作品だと思います。なかなか今では読めない古典の面白さもあります。甲賀三郎の代表作としてこの作品が挙がっているのは見たことがありません。再評価すべきだと思います。おすすめです。

[ 2017/05/28 20:57 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

幸せ食堂 グリル壱乃藏 の特選牛ステーキコース 

IMG_0573-2.jpg
幸せ食堂 グリル壱乃藏



 幸せ食堂 グリル壱乃藏 は広島県福山市にあるステーキ屋さん。
 この日はディナーの特選牛ステーキコース(4,600円)をいただきました。


IMG_0560-2.jpg
まるごとトマト

IMG_0566-2.jpg
スープ

IMG_0563-2.jpg
本日の魚料理

IMG_0570-3.jpg
メイン料理



 コースは、前菜のまるごとトマト、スープ、魚料理、肉料理に、パンかライスが付いてきます。
 前菜のまるごとトマトは、当店の名物料理でトマトまるごと一個の中にポテトサラダが入っています。

 ステーキは100gと少なめですが、味はなかなか良く、満足度は高いです。
 ソースが2種類付いてきました。いずれもあっさりめです。

 料理が提供される際に、料理の説明が無いのが残念でした。スープや魚料理は何かよくわからないまま食べることになりました。


IMG_0571-2.jpg
デザートと食後のドリンク



 食後にデザートが提供されます。アイスとショコラケーキ。
 飲み物については、食前とこのデザートの二度のタイミングで提供されます。いずれも選択肢が少なかったのですが、食前にはオレンジジュース、食後についてはココアを注文してみました。

 魚料理、肉料理いずれも美味しかったです。肉の焼き加減は聞かれませんでしたね。
 料理は美味しいのですが、焼き加減にしても料理の説明にしても、もう少し店員との会話が欲しかったです。

 今回はメニューの中でも高めのコースをいただきましたが、2,000円以下のリーズナブルな料理もあるし、お弁当スタイルのテイクアウトメニュー、そして出前(配送)もあるため、使い勝手は良さそうです。
 店内の雰囲気も悪くありません。おすすめです。



関連ランキング:ステーキ | 福山駅東福山駅備後本庄駅

[ 2017/05/27 08:18 ] 【グルメ】 | TB(0) | CM(0)

森川智喜「バベルノトウ 名探偵三途川理 vs 赤毛そして天使」 

バベルノトウ 名探偵三途川理 vs 赤毛そして天使バベルノトウ 名探偵三途川理 vs 赤毛そして天使
2017/5/18
森川 智喜

商品詳細を見る

★★☆☆☆



 【内容紹介】

 地上に舞い降りて楽しく遊び過ぎてしまった三人の天使達。天界に帰る力が溜まるまで身を隠すべく、彼女達が人間にもたらしたのは「言語混乱」という災厄だった…! この世で誰も使っていない言語しか、話すことも理解することもできなくなった青年実業家・椿を助けるために呼ばれたのは、輝く瞳に赤毛の高校生探偵・緋山燃と、彼をライバル視する極悪探偵・三途川理で……!?




 名探偵・三途川理シリーズの最新作。
 本格ミステリとして実験的な趣向が散りばめらているシリーズですが、本作は名探偵の言語が奪われる、という趣向です。名探偵が推理を披露できない――つまりアウトプットの手段が奪われた状態で事件を解決まで導きます。
 厳密には言語を奪われる、のではなく別の言語に突如置き換えられる、というのが正しいです。このような世界でダイイングメッセージが描かれるのは、本格ミステリの構造に迫る筋の良さを感じますが、ただ、趣向が先行しすぎて中身がついていっていない印象を受けます。本格ファンなら周知の通り、そもそもダイイングメッセージの謎の重要度は低いもので、後付けの真相で構わず、謎が解かれる必然性が無いからです。
 三途川理と緋山燃のドタバタと、お約束の三途川の悪徳ぶりは本書でも楽しめるのですが、本格ミステリとして何がやりたいのかいまいちよく分かりませんでした。せっかくこの言語が奪われるという設定を敷いておきながら、犯人の特定は名探偵の謎解きによるものでないところが大変もったいないです。作者の力が追いついていないのか分かりませんが、もう少し別のやり方があったのではないかと思います。三途川理の言語が奪われ、今まで以上に彼の思惑が闇に包まれることで、読者は最終的に彼が何を企んでいたのかに戦慄することになるでしょう。しかし、それまで密室殺人の真相と特殊状況下でその謎が暴かれる過程に焦点が当てられていた物語が、終盤においてそれらの謎に探偵による推理が充てられないまま、三途川の奸計へとフォーカスシフトが行われるのはなんだか釈然としません。
[ 2017/05/25 21:00 ] 森川智喜 | TB(0) | CM(0)

深水黎一郎「ストラディヴァリウスを上手に盗む方法」 

ストラディヴァリウスを上手に盗む方法ストラディヴァリウスを上手に盗む方法
2017/5/17
深水 黎一郎

商品詳細を見る

★★★★☆



 【内容紹介】

 若き天才女性ヴァイオリニストの凱旋コンサート会場からこつ然と消えた、時価数十億の伝説の名器。突如容疑者と化した1800人の観衆。場内の不満が最高潮に達したとき、チャイコフスキーのあのメロディが―真犯人は?そして犯人が用いた、驚くべき犯行手口とは!?書下ろし表題作はじめ、全ページに美しい旋律が鳴り響く、珠玉の3篇。




 深水黎一郎氏のデビュー10週年記念、『少年時代』『午前三時のサヨナラ・ゲーム』に引き続き、3か月連続刊行の掉尾を飾るのが本書です。個人的には本書『ストラディヴァリウスを上手に盗む方法』が一番好みです。
 収録作品は、表題作の「ストラディヴァリウスを上手に盗む方法」、オムニバス形式の「ワグネリアン三部作」、文学色の強い「レゾナンス」の三作で、いずれもカラーが違っているのが特徴です。
 本格ミステリ度が一番高いのが表題作「ストラディヴァリウスを上手に盗む方法」です。密室と化したコンサートホールから、高価なストラディヴァリウスが忽然と消失(盗まれる)謎が描かれます。ストラディヴァリウスというモノから喚起される「高価」「扱いに慎重になる」といったイメージが心理的障壁となって真相への到達を阻むのが面白いです。実際に、そんな馬鹿な!と思えるこの犯人の「手口」は決して珍しく無いとのことで、へぇへぇへぇ~と専門的な薀蓄も新鮮で驚きました。
 この最新作「ストラディヴァリウスを上手に盗む方法」と面白いぐらいに好対照となっているのが、巻末収録の「レゾナンス」です。これは著者の処女作なんだそうな。もっとも印象的なクライマックスシーンが、密室からの脱出を試みた「ストラディヴァリウスを――」と全く対照的になっているだけでなくて、作中の

 「この楽器(ヴァイオリン:引用者注)の材料に、人間が自らの手で作り出したものなど何一つない。全ては自然が、地球が与えてくれたものであり、人間はただそれを組み立てただけだ。」(p.242)

 というフレーズが冒頭の「ストラディヴァリウスを――」のメイントリックを想起させます。
 わたしのような音楽を知らない人間からしたら、ストラディヴァリウスといったら、まず第一に「高価な」というお金の話になってくるのですが、本書ではそんなことよりも、もっともっと音楽の魅力を伝えているように思いました。まず冒頭の「ストラディヴァリウスを――」のメイントリックでまずその高価なモノとしてのイメージを打ち砕いて、最終話「レゾナンス」において、ヴァイオリンの奏でる音の世界に読者をいざなってくれます。まあ「レゾナンス」で描かれるヴァイオリンはストラディヴァリウスでは無く、安いヴァイオリンなのですが、いずれにしてもヴァイオリンの音の魅力とは「レゾナンス」で描かれているような、そういうことなんだろうと思います。

 オムニバス形式の「ワグネリアン三部作」はユーモア色の強い小説で、一部声を出して笑えるシーンもありました。

 ヴァイオリンを題材にしてまとまりの良さを感じる短編集です。三作カラーの違った短編が揃っているので、短編集としても魅力的な一冊です。おすすめです。
[ 2017/05/25 02:02 ] 深水黎一郎 | TB(0) | CM(0)

須田狗一「神の手廻しオルガン」 

神の手廻しオルガン神の手廻しオルガン
2017/5/17
須田 狗一

商品詳細を見る

★★★★★



 【内容紹介】

 ポーランド人強制収容所囚人の日記に隠された意外な真実とは!日本とポーランドで起きた二つの殺人事件。72年前のナチスの闇が、今、甦る。正義の在り方と家族愛を問う、社会派ミステリー!




 第9回ばらのまち福山ミステリー文学新人賞受賞作です。
 江戸川乱歩賞、横溝正史賞のいずれも受賞作の無かった年に、福ミスに本作のような力作が応募されたことは大変に嬉しいことです。島田荘司御大の言うように、優秀な本格ミステリが福ミスにも集まっていることの証左では無いでしょうか。
 前回受賞作『アムステルダムの詭計』に引き続いて、今回も社会派色の強いミステリです。72年前のポーランド人強制収容所で発生した事件と、現代の猟奇的殺人件の2つが、時間と、そして国境を越えて結びつく、大変にスケールの大きな作品です。
 ナチスによるポーランド侵攻という、我々日本人にとっては馴染みの薄い事件が中心に描かれているのですが、物語の根幹にあるのは、人と人との愛情であったり、人が持つ欲望であったりします。過去と現在の事件を通してそれらがクローズアップされていくため、犯人側、そして探偵側いずれにも感情移入しやすく、同じヒトとして物語に没入できることでしょう。
 ミステリのトリックと物語のテーマが渾然一体となっている点に驚くばかりです。ポーランド人強制収容所の囚人が書いた日記が作中作として挿入されます。このような伝聞ではなくリアルタイムな目線で当時の収容所の様子が描かれるのは、もはやこの点で新人離れしていて、作者の知見の高さをうかがわせます。島田荘司御大の傑作『アトポス』をも想起させる構成ですが、決して幻想方向には振り切れていません。この作中作で生じる違和感から、ある事実を見抜き、そこからさらに医学的知識を導入することである人物に到達する一連のロジックの流れが大変に美しいです。そしてこのミステリとしての詐術そのものが、犯人による犯行動機と密接にリンクするのがじつに巧妙です。「神の手廻しオルガン」が動機を生み、トリックを生み、ミステリとして完成するのですが、本作の場合はそれだけではないのです。
 この72年前の過去の事件におけるある人物の失敗が、反省として現在の事件において活かされるのです。ある女性が「神の手廻しオルガン」によって間違いを犯そうとするその瞬間、探偵役の「あなたはあなたの人生を生きるべきです。あなたの罪だけをつぐなうべきです。」という台詞にたいへん心を打たれました。時を超え国境を越えて描かれた事件でも、我々読者に訴えかけてくるものは大きいです。

 昨年の福山ばら祭のステージ上で島田荘司御大は、日本の推理小説の歴史は、本格派か社会派かの、そのいずれか一方に振り子が振り切れていた、それの繰り返しである(第一・ニの波→清張の呪縛→第三の波)とおっしゃっていましたが、本作『神の手廻しオルガン』は本格ミステリと社会派推理小説の二重の光輪を纏った、新たな時代――ポスト新本格の時代にふさわしい本格ミステリと言えるでしょう。パズルのように人物が動き、手掛かりのピースが当てはまり、謎が解かれるタイプのミステリでは味わえない感動があります。傑作です。強くおすすめします。
[ 2017/05/24 02:53 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
スポンサードリンク
プロフィール

ウイスキーぼんぼん

Author:ウイスキーぼんぼん

初めて読んだミステリは『そして扉が閉ざされた』(岡嶋二人)。以来ミステリにどっぷりハマリ中。
「SUPER GENERATION」で水樹奈々さんに興味を持ち「Astrogation」で完全にハマる。水樹奈々オフィシャルファンクラブ「S.C. NANA NET」会員。

FC2プロフへ
mixi(放置中)
Twitterはじめました
食べログもはじめました(NEW!)

好きな推理作家:島田荘司ゴッド
嫁本:アトポス)
好きな歌手:水樹奈々ちゃん
嫁曲:SUPER GENERATION)
誕生日:ヘレン・マクロイとおなじ
体型:金田一耕助とおなじ

本年度のお気に入り(国内)
御朱印巡り
集めた御朱印です。
(各都道府県参拝した順)
※記事に出来ていない寺社多数です!鋭意執筆中!
※リンクが切れているものは下書き状態です。しばらくしたら公開されます。

【東京】
・靖國神社(その1)
・靖國神社(その2)
・東京大神宮
・浅草寺 御本尊
・浅草寺 浅草名所七福神
・浅草神社
・浅草神社 浅草名所七福神
・今戸神社
・明治神宮(その1)
・明治神宮(その2)
・増上寺
・烏森神社
・神田明神
・乃木神社

【愛知】
・熱田神宮
・一之御前神社、別宮八剣宮
・真清田神社
・大神神社
・大須観音

【大阪】
・大阪天満宮
・豊國神社
・四天王寺
・住吉大社
・坐摩神社
・法善寺
・難波八阪神社
・道明寺天満宮
・一心寺
・安居神社
・生國魂神社
・生國魂神社 干支(申)
・生國魂神社 干支(酉)
・三光神社
・玉造稲荷神社
・今宮戎神社
・方違神社
・難波神社
・露天神社(お初天神)
・太融寺
・大鳥大社
・石切劔箭神社
・枚岡神社
・慈眼寺
・久安寺

【京都】
・鈴虫寺
・松尾大社(その1)
・月読神社
・天龍寺
・御髪神社
・常寂光寺
・二尊院
・野宮神社
・下鴨神社(賀茂御祖神社)
・河合神社(下鴨神社摂社)
・盧山寺
・梨木神社
・白雲神社
・護王神社
・御霊神社
・下御霊神社
・平安神宮
・銀閣寺(慈照寺)
・金閣寺(鹿苑寺)
・龍安寺
・八坂神社
・八坂神社 美御前社
・八坂神社 又旅社
・八坂神社 冠者殿社
・八坂神社 青龍
・八坂神社 祇園御霊会
・伏見稲荷大社 本殿
・伏見稲荷大社 奥社奉拝所
・伏見稲荷大社 御膳谷奉拝所
・三十三間堂
・養源院
・東福寺
・建仁寺
・南禅寺(その1)
・南禅寺(その2)
・永観堂(禅林寺)
・北野天満宮
・北野天満宮 宝刀展限定「鬼切丸」
・大将軍八神社
・法輪寺(達磨寺)
・妙心寺
・妙心寺 退蔵院
・仁和寺
・建勲神社
・晴明神社
・御金神社
・八大神社
・豊国神社
・由岐神社
・鞍馬寺
・貴船神社
・六道珍皇寺
・六道珍皇寺 六道まいり
・六波羅蜜寺 都七福神
・安井金比羅宮
・知恩院 徳川家康公四百回忌
・青蓮院門跡
・青蓮院門跡 近畿三十六不動尊霊場
・粟田神社
・鍛冶神社(粟田神社末社)
・東寺
・上賀茂神社(賀茂別雷神社)
・大徳寺 本坊
・大徳寺 高桐院
・今宮神社
・妙顯寺
・三千院 御本尊
・三千院 西国薬師四十九霊場第四十五番
・三千院 聖観音
・実光院
・勝林院
・宝泉院
・寂光院
・宝厳院
・大覚寺
・清涼寺
・祇王寺
・化野念仏寺
・落柿舎
・城南宮
・飛行神社
・石清水八幡宮
・岡崎神社
・長岡天満宮
・平野神社
・法金剛院
・高台寺
・清水寺
・宝蔵寺 阿弥陀如来
・宝蔵寺 伊藤若冲
・勝林寺
・平等院 鳳凰堂
・宇治神社
・宇治上神社
・智恩寺
・元伊勢籠神社
・眞名井神社

【奈良】
・唐招提寺
・薬師寺 御本尊
・薬師寺 玄奘三蔵
・薬師寺 吉祥天女
・薬師寺 水煙降臨
・東大寺 大仏殿
・東大寺 華厳
・東大寺 二月堂
・春日大社 ノーマル
・春日大社 第六十次式年造替
・興福寺 今興福力
・興福寺 南円堂
・如意輪寺
・吉水神社
・勝手神社
・金峯山寺
・吉野水分神社
・金峯神社
・法隆寺
・法隆寺 西円堂
・中宮寺
・法輪寺
・法起寺
・元興寺
・橿原神宮
・橘寺
・飛鳥寺
・飛鳥坐神社

【和歌山】
・総本山金剛峯寺
・高野山 金堂・根本大塔
・高野山 奥之院
・高野山 女人堂
・熊野那智大社
・青岸渡寺
・飛瀧神社
・伊太祁曽神社
・國懸神宮
・紀三井寺

【滋賀】
・比叡山延暦寺 文殊楼
・比叡山延暦寺 根本中堂
・比叡山延暦寺 大講堂
・比叡山延暦寺 阿弥陀堂
・比叡山延暦寺 法華総持院東塔
・比叡山延暦寺 釈迦堂
・比叡山延暦寺 横川中堂
・比叡山延暦寺 四季講堂(元三大師堂)
・三尾神社
・三井寺 金堂
・三井寺 黄不動明王
・近江神宮

【兵庫】
・生田神社
・廣田神社
・西宮神社
・湊川神社
・走水神社
・千姫天満宮
・男山八幡宮
・水尾神社
・兵庫縣姫路護國神社
・播磨国総社 射楯兵主神社
・甲子園素盞嗚神社
・北野天満神社

【岡山】
・吉備津神社
・吉備津彦神社

【鳥取】
・白兎神社
・宇倍神社
・聖神社
・鳥取東照宮(樗谿神社)

【広島】
・吉備津神社
・素盞嗚神社
・草戸稲荷神社
・明王院
・出雲大社 福山分社
・沼名前神社(鞆祇園宮)
・福禅寺(対潮楼)

【徳島】
・大麻比古神社

【福岡】
・太宰府天満宮
・筥崎宮(筥崎八幡宮)
・住吉神社

【沖縄】
・波上宮

■朱印帳■
・京都五社めぐり
・高野山 開創1200年記念霊木朱印帳
・平安神宮 御朱印帳
・全国一の宮御朱印帳
・住吉大社 御朱印帳
・建仁寺 御朱印帳
・今戸神社 御朱印帳
・大将軍八神社 御朱印帳
・晴明神社 御朱印帳
・東寺 御朱印帳
・明治神宮 御朱印帳
・大阪市交通局 オオサカご利益めぐり御朱印帳
・北野天満宮「宝刀展」記念朱印帳
・熊野那智大社 御朱印帳

最新のつぶやき
2016年の水樹奈々さん
ハーイ!ハーイ! ハイ!ハイ!ハイ!ハイ!