読み終わったミステリについてコメント。でも最近は脇道にそれぎみ。 このブログは水樹奈々さんを応援しています。

新しいレンズを買いました。 

IMG_9711_01.jpg



 こんにちわ!
 管理人のウイスキーぼんぼんです。

 新しいカメラのレンズを買いました。
 キャノンの EF70-200mm F2.8L IS II USM です。

 この焦点距離とF値は、キャノンに限らず、ニコンやソニーやシグマやタムロンや…いろんなメーカーが出していて、定番のレンズなんだそうです。
 以前まではこの焦点距離とF値にあまり魅力を感じていなかったのですが、やっぱり写真を色々と撮っていると、圧縮効果とボケ味がもっと欲しくなる場面に多々出くわします。その要望を叶えてくれるのがこのレンズです。

[ 2017/07/31 21:27 ] 【写真・カメラ】 | TB(0) | CM(0)

ドラクエ11を買いました。 

IMG_0037.jpg



 ドラゴンクエストXIを買いました。
 わたしはDSもPS4も持っていなかったので、DS本体も一緒に購入です!
 都合良く、ドラクエがセットになった「Newニンテンドー2DS LL ドラゴンクエスト はぐれメタルエディション」というのが発売になると聞いたので、これを予約してみました。

 発売日の朝にヨドバシカメラに商品を引き取りに行ってみると、ドラクエの購入者の長蛇の列にびっくりしました。個人的にこういったドラクエの列に並ぶのは初めてで、なんだかイベント感があって楽しかったです。
 ヨドバシカメラでは全フロアのレジでドラクエが購入可能という臨戦態勢で、ものすごい数のお客さんが購入していったのだと想像できます。


IMG_9997.jpg

IMG_0006.jpg
十字キーの下にはぐれメタルがいました。



 Newニンテンドー2DS LL はぐれメタルエディションを早速開封です。
 はぐれメタルがツルッツルのピッカピカです。触ったそばから指紋がベタベタ付いていきます。特別仕様のテーマもダウンロードできるようで、早速してみました。外観も内観も、さらにはBGMまでドラクエまみれのDSが出来上がります。
 初期設定を済ませて早速ドラクエをプレイ開始です。


HNI_0002.jpg



 主人公は勇者でありながら「悪魔の子」と呼ばれる人物です。なにやら彼の左手の痣に秘密がありそうです。
 自分の出生の秘密を知るための壮大な冒険が幕を開けました!
 まだまだ序盤ですが、モンスターにも適度な硬さがあって絶妙なゲームバランスですね。面白いです。
 じっくりやっていこうと思います。


ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めてドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて
2017/7/29
スクウェア・エニックス

商品詳細を見る
[ 2017/07/30 12:20 ] 【ゲーム】 | TB(0) | CM(0)

紀伊國屋書店梅田本店で有栖川有栖さんからサインをいただきました。 

IMG_0043_201707291626539f9.jpg
濱地健三郎の霊なる事件簿



 『濱地健三郎の霊なる事件簿』を買いました。
 有栖川有栖先生の新作です!

 なにやら『幻坂』にちょこっと登場した濱地健三郎が再度登場する作品集のようです。面白そう!


IMG_9981.jpg



 わたしは全く知らなかったのですが、本書『濱地健三郎の霊なる事件簿』か、もしくは『幻坂』の文庫を購入すると、先着100名様にサイン会へ参加できる整理券が配布されるようでした。
 せっかくだったので、わたしももらってサイン会に参加してみました。

 何故に『幻坂』も対象なのかというと、濱地健三郎の登場する作品、というのももちろん理由にありますが、大阪を舞台にした小説で「第5回 大阪ほんま本大賞」を受賞した作品だから、というのも理由にあるみたいです。


IMG_0046-3.jpg
有栖川有栖先生のサイン



 サイン会は7月29日の14時からです。
 だいたい1時間くらい待ったのですが、有栖川先生はひとりひとり丁寧に対応されていたので、時間がかかっても、まあ致し方ないところです。
 『幻坂』を購入すると、ボーナスイベントとして、有栖川有栖先生とのツーショット写真が撮れるとのことだったのですが、先生、野郎と撮っても嫌なだけだろうと考えて控えておきました。

 そういえば、有栖川有栖先生にお会いするのは、5月の福山ばら祭以来だと考えて、ばら祭のときのお礼を言ってみたのですが、あの時は結構弾丸遠征らしくて、福山の観光はされていないとのことでした。鞆のあたりを観光してみたいと話されていたので、ばら祭とか福ミスとかは抜きに、またぜひ福山へ遊びに来て頂きたいですね。

 ちなみに、サイン会の客層としては、8~9割が女性でした。完全にアイドルです。いや~もうツーショット写真というよりチェキ会にしても良いんじゃないでしょうかね。

 有栖川有栖先生、ありがとうございました。


[ 2017/07/29 16:46 ] 【おでかけ】 | TB(0) | CM(0)

詠坂雄二「T島事件 絶海の孤島でなぜ六人は死亡したのか」 

T島事件 絶海の孤島でなぜ六人は死亡したのかT島事件 絶海の孤島でなぜ六人は死亡したのか
2017/7/19
詠坂雄二

商品詳細を見る

★★★☆☆



 【内容紹介】

 月島前線企画に持ち込まれた、既解決事件。孤島に渡った六人が全員死体で発見されたが、当人たちによって撮影された、渡島から全員死亡までの克明な録画テープが残っていた。何が起こったかはほぼ明確だ。警察はすでに手を引いている。ところが、依頼人は不満のようだ。真実が映っていなかったのか、あるいは嘘が映されていたのか―。目を眩ませる膨大な記録と、悲喜劇的な顛末。事件の背景に浮かび上がる、意外な真相とは!?




 作者がどういう意図で書いた作品なのか、想像するしか無いのですが、なんとなく新本格30周年を意識した作品のように思えます。物語は、かの有名な『そして誰もいなくなった』を彷彿とさせる、関係者全員が何らかのかたちで死亡していく経過を描いた作品です。作中で夢野久作の『瓶詰地獄』のリスペクトが示唆されていますが、それよりも時期が時期のせいか、わたしは綾辻行人氏の『十角館の殺人』を思い浮かべました。また、最近の傾向なのか、本格ミステリにおける名探偵のリスペクトを本書から感じます。おそらく、物語やプロット、トリックなどは全く違いますが、最近デビューした阿津川辰海氏の『名探偵は嘘をつかない』などと、やっていることは根っこの部分では同じではないかと考えます。
 正直、本書は本格ミステリとしてしか楽しめない反面、本格ミステリとしてはかなり玄人向けのネタが扱われていると思います。われわれ本格ミステリファンが何を楽しんで読書をしているのか、を再認識させるような仕掛けです。探偵による一応の推理が披露され、一応の解決がみられた時、読者は本書のページがまだ十分に残っていることを知るでしょう。そしてこの瞬間、最終章「補遺」に期待する事になります。おそらく読者は名探偵の力――名探偵の次なる推理が物語を牽引し、本格ミステリの面白さをさらなる高みへと昇華させることに。ただし、恐ろしいことに、この考えを読者にさせることが本書の狙いであり、犯人の思考と一部重ねることで、より本書のテーマ性を読者に訴えかけさせてくるのが巧妙なのです。麻耶雄嵩氏の「名探偵が舞台を求めるのではなく、舞台が名探偵を求めているのだ。」という帯の文句が象徴的で、本格ミステリは誰が創るのか、作者か?犯人か?舞台か?トリックか?――いいや名探偵だ、と本書を読み終わった時に読者に言わせてしまうほどの訴求力があります。読者も含め、全ては名探偵の力を求めているのです。
 孤島の連続殺人を描いている割に地味で、伝わりにくいネタに感じたりもするのですが、本格ミステリ文壇が成熟した今だからこそ評価されるべき作品であるとも思います。評価が難しいかも。新本格30周年の今年にぜひ。


 
[ 2017/07/28 01:23 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

映画「魔法少女リリカルなのは Reflection」 

nanoha.jpg

魔法少女リリカルなのは Reflection 公式サイト
http://www.nanoha.com/


★★☆☆☆



 【内容紹介】

 荒廃が進む惑星エルトリア。アミティエ・フローリアンとキリエ・フローリアンの父親は研究者として「惑星再生」を夢見ていたが、病に倒れてしまう。キリエは彼方にある異世界に惑星再生の鍵を求めて、姉のアミティエが止めるのも聞かず、親友のイリスと一緒に地球を目指す。キリエとイリスは極東の島国、日本で暮らす高町なのは、フェイト・T・ハラオウン、八神はやてという少女たちのもとへ向かう。




 『魔法少女リリカルなのは』の劇場版アニメ第三弾です。前二作がTVシリーズのリメイクだったのに対し、本作は劇場版オリジナルの物語が描かれます。
 公開初日の前日の夜に映画館のチケットを取ったのですが、なにやら初日舞台挨拶がライブビューイングで中継されるようだったので、せっかくなので2回目の挨拶のライブビューイングのチケットを予約してみました。
 出演者のひとりである水樹奈々さんも、久しぶりに子供のフェイトの役を演じられたのが嬉しかった、と舞台挨拶で発言があったように、旧作の出演者が再結成した、ファンには嬉しい側面もある映画です。一方でなのは、フェイト、はやてらが何も変わっていないのか、というとそうでもなく、劇場版過去二作に比べて、フェイトが自然に笑っている様子が描かれており、しっかり彼女らが成長している様子も描かれています。作品を追うごとにフェイトの笑顔が自然になってきている、というのは、これも同じ水樹奈々さんの舞台挨拶での指摘で、なるほどなるほど、と聞かせていただきました。

 わたしは事前情報を仕入れずに観に行ったのですが、本作はひとつの物語の前半部分が描かれているに過ぎません。突然物語が終わってスタッフロールが流れ出すのには驚きました。わたし以外にも驚いた方は多いようで、映画館の客席から「えっ?」「えっえっ?」とリアルに聞こえてきたことから、物語の前半であることはあまり知らされていない情報なのかもしれません。

 物語は「これぞ「なのは」」という王道の展開で、なのはやフェイトらと敵対する勢力についても、その動機がしっかりと描かれており、なのはらは彼女らの話を聞き、だれも傷つかない方法を模索していきます。敵勢力についても味方勢力についても、家族や友人など、愛する者を救うために行動しているのは共通ですが、そこに摩擦が生じて争いが起こるのは、過去作同様本作でも同じです。一方で、良く言えば王道ですが、あまりに想定した路線を進んで物語の前半が幕を閉じてしまうのも事実で、期待値を超えて感動を与えてはくれません。おそらく後半部分にあたる次回作では、愛する者も憎む者も分別無く傷つけてしまうユーリという少女が物語の中心になってくると想像され、ここから物語は加速していきそうです。次回作の「魔法少女リリカルなのは Detonation」が公開されるまでは本作「魔法少女リリカルなのは Reflection」の評価は控えたほうが良いのかもしれません。


IMG_9655.jpg
一週目入場者プレゼント

IMG_9659_2017072217231407d.jpg
中身はステッカー



 観覧者特典として、一週目入場者プレゼントをいただきました。
 中の見えないブラインド仕様で、中にはステッカーが入っていました。新キャラクタ-のレヴィというキャラクターが当たりました。


IMG_9664-2.jpg
パンフレット

IMG_9672-2.jpg
3Dポスター



 劇場グッズも何やら人気のようで、ツイッターを眺めていると、映画館によっては長い列が出来ていたそうです。
 わたしが映画館を訪れたときは、かなり閑散としていて、売り切れはフェイトのブックマーカーくらいでした。
 ひとまずパンフレットと、あと展示されていた3Dポスターが素敵だったのでこれも購入しました。

 しかし、12時過ぎの2回目が始まる頃にはかなり売り切れが出ていて、売店にも長い行列が出来ていました。
[ 2017/07/22 17:34 ] 【映像】 | TB(0) | CM(0)

一田和樹「御社のデータが流出しています: 吹鳴寺籐子のセキュリティチェック」 

御社のデータが流出しています: 吹鳴寺籐子のセキュリティチェック御社のデータが流出しています: 吹鳴寺籐子のセキュリティチェック
2017/6/22
一田 和樹

商品詳細を見る

★★★★☆



 【内容紹介】

 エンタメ企業ソニカのオンラインゲーム顧客データから個人情報が盗まれ、ネットで公開されてしまう。犯人はツイッターで犯行声明を出し、忽然と姿を消した。調査を依頼された82歳のセキュリティ・コンサルタント、吹鳴寺籐子が、「社内の」ネットワークを走査すると…「アンチウイルスソフトを買わせ金を奪う詐欺」「顧客データが暗号化される悲劇」等々、いま会社員が直面する危機と解決法を描き出したIT連作ミステリ。




 IT系ミステリ連作短編集です。
 わたしはあんまり(というか全く)ネットセキュリティには詳しくないのですが、そういう人間が読んでも楽しめる作品集です。ミステリさえ好きであればIT系の知識はさほど多くなくても大丈夫なのが親切です。
 作中でも作者自身もあとがきで書いていますが、要はたとえ技術が進歩しても人間のあり方は変化しないのです。犯罪を起こすのも人間で、犯行トリックによって探偵を騙し、罠にかけるのも人間だからで、ミステリとして本作の根底を流れるものは、いわゆる「古典」と言われる探偵小説群のそれと何ら変わりません。ミスディレクション、見えない人、意外な犯人、いわゆる狂人の論理など、これらを最新のIT(?使い方多分違いますが、ひとまずこの言葉で逃げます)と噛み合わせているのが本格ミステリとしての大きな見どころです。涙香、乱歩の時代から今日までの我が国の探偵小説史を眺めてみても、この手の探偵小説は非常に珍しいと思います。ドローンやVRなど最新技術を利用したミステリの新作が矢継ぎ早に刊行されている昨今、本作もそういった作品のひとつと言えるでしょう。しかし、最新の技術が使用されているとは言え、今後年月が経っても意外と経年劣化は少ないと想像します。先にも書いたとおりコアの部分に人間の変わらない部分が据えられており、かつ、長年我々が愛している本格ミステリ特有の騙しが盛り込まれているからです。
 連作集のため、最終話で大きなサプライズが発動します。ここにおいて、主人公が老婆であることが実は「IT」×「年寄り」という絵的なミスマッチさを演出するだけでなく、ミステリとして物語として大変重要な布石であったことがわかります。さらにそれまで要所要所で顔を出していた彼女の相方が、これから何かしそうな、という「過程」ではなく、老婆と一緒に生活しているそれ自体が「結果」であった構図の逆転が鮮やかです。
 トリックはバラエティに富んでいますが、難を言うなら、個人情報が流出したという企業に赴き依頼を受けるという展開と謎が四編一様である点でしょうか。しかし、殺人が起こって探偵が現場に赴いて…というのがミステリの王道展開であったりするし、それを考えると、わたしが気にし過ぎなだけかもしれません。
[ 2017/07/22 00:14 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

かわいい猫さんがいる神社!梅宮大社の御朱印 

IMG_9619.jpg
梅宮大社



 松尾大社から東へ10分ほど歩いたところにある梅宮大社
 ここは梅や紫陽花など四季折々の花が楽しめる神社としても有名ですが、多くの猫が集まる神社としても有名です。


IMG_9606_20170717234831eb2.jpg



 わたしが訪れたときは、暑さのためか動き回っている猫はいなくて、社務所のカウンターに寝そべってる猫が一匹いるだけでした。
 猫さん、ぬいぐるみのように動かずにお昼寝です。
 日によってはたくさんの猫と出会えるみたいです。


IMG_9596_2017071723482844d.jpg

IMG_9608.jpg

IMG_9590_201707172348292c2.jpg



 境内にある神苑には入園料が取られるみたいでしたが、本殿への参拝は拝観料無しで参拝できます。

 梅宮大社の主祭神は酒解神と酒解子神で、酒造の神様のようです。お酒にまつわる神事も多く執り行われているそうな。
 近くの松尾大社もお酒の神様で、何か関係があるのかもしれません。


IMG_9611.jpg
御朱印



 初めて訪れる神社だったので御朱印をいただいて帰りました。


 【関連リンク】
 梅宮大社
 http://www.umenomiya.or.jp/

[ 2017/07/18 22:00 ] 【おでかけ】 | TB(0) | CM(0)

吉田恭教「化身の哭く森」 

化身の哭く森化身の哭く森
2017/7/13
吉田 恭教

商品詳細を見る

★★★★☆



 【内容紹介】

 7年前に消息を絶った祖父の痕跡を探すため、「入らずの山」と呼ばれる地に足を踏み入れた大学生・春日優斗と友人たち。
 下山後、ほどなくして彼らは次々と死を遂げる。さらには祖父と繋がりのあった探偵も6年前に31歳の若さで亡くなっていた。
禁断の地に関わる者たちに訪れる非業の死。
 これは祟りかそれとも……。
 広島と東京で起きる死の連鎖に、元刑事の探偵・槙野康平と「鉄仮面」と呼ばれる警視庁捜査一課の刑事・東條有紀が迫る。




 東條有紀シリーズの最新長編です。
 シリーズ、回を重ねるごとになんだか読みやすくなっているのは良いです。
 前作同様今作についても冒険要素が多く、すべての事件の発端となったと思われる「入らずの山」へと探偵の矛先が向かうのがワクワクします。過去にその禁断の地へと足を踏み入れた大学生たちが次々と斬殺される展開は、猟奇性という点で理性を失っています。「入らずの山」という伝承・祟りの残る地へ、その理性を失った惨殺事件の真相を求めて足を踏み入れる展開は、何か物理的な手掛かりを求める以外に、超自然的な「何か」との接触を予感させます。猟奇殺人事件と祟り・呪いとのマッシュアップが極めて相性良く行われているのです。犯行計画に機械的なアリバイトリックが利用される一方で、説明不能な超自然的な現象も事件に関わってくる点は本シリーズの特徴ですが、本作の場合は合理と不条理の二つの線が今まで以上に互いに強く結びついて一つの物語を形成している印象を受けます。
 謎としては、「入らずの山」に足を踏み入れた大学生たちが、その呪いで次々と命を落とす、という因果が描かれており、これはこれとして一つの物語を形作っています。一方で、村の因習や掟による殺意の発生と、人間の欲によって関係者が次々と殺害される真相、これもまた原因→結果まで説明付けられます。呪いや不条理の裏には必ず理屈や理性を潜ませている点は入念で、互いが二重螺旋を描くように物語を形作っているのが印象的です。本格ミステリとしての謎(不条理)の論理的解決(合理)はもちろん、小説としても怪奇性(不条理)と社会性(合理)が上手く結びついた作品と言えます。

 惨殺死体の血の赤、群れを成すジャコウアゲハの黒、などビジュアル的な印象をも強く残す作品です。
 個人的には、登場人物が場所柄、広島弁ばかりを喋っているのが好きです。
[ 2017/07/17 23:42 ] 吉田恭教 | TB(0) | CM(0)

たまには水樹奈々ファンっぽいことやってみたい!鈴虫寺で幸福御守をもらってくる旅 











IMG_9571-2.jpg
鈴虫寺



 こんにちわ!
 管理人のウイスキーぼんぼんです!

 もうすぐ帝国劇場で、水樹奈々さん主演のミュージカル『Beautiful』の公演が始まるのですが、その出演者さんのツイートを見ていると、なにやら奈々さん、出演者の皆さんに鈴虫寺の「幸福御守」をプレゼントしたようです。
 最近このブログの水樹奈々さん度が低くなってきているので、ここはいっちょう水樹奈々ファンぽいことをやってみようと考えて、わたしも京都の鈴虫寺へ行ってきました。
 
 大阪からはシュッと行ってシュッと帰れる距離なのですが、問題は人です。
 ちょうど今、京都は祇園祭の真っ只中で、市内中心部は人で溢れかえっています。逆に鈴虫寺のある嵐山方面は比較的観光客が少ないかな、と思い、3連休中日の危険日ですが強行です!


IMG_9566.jpg



 鈴虫寺に着きました!
 石段にはずらっと参拝客の列が伸びています。ゴールデンウィーク中は3時間待ちくらいになるのですが、連休中日とはいえ、この日はぜんぜん少ないです。そのうえ今回はタイミングが良く、わたしが列に並ぶとすぐに列が動き出し、中に入ることが出来ました。待ち時間なしです。


IMG_9560-2.jpg



 個人的に鈴虫寺には何度か来ていて、今回はそのお礼参りの意味合いも含まれています。
 受付にて、持ってきたお守りを納めて、今回の参拝料500円を払います。
 受付の横のところで御朱印帳を預けます。御朱印はいつもどおり300円
 ちなみに、水樹奈々さんがみんなに配った黄色い「幸福御守」はさらに別料金で300円必要です。これは鈴虫説法を聴いた後で授与されるので、ひとまず入るときには500円(御朱印をもらうのなら800円)を用意しておきましょう。


IMG_9544.jpg
受付



 その鈴虫説法ですが、今回は受付の奥の広間ではなくて、本堂のほうで聴くことになりました。参拝客が多いためかもしれません。
 本堂にはテーブルや座布団はありませんでしたが、お菓子とお茶はちゃんと提供されました。
 座ると、堂内正面には御本尊がありました。鈴虫寺の御本尊は初めて見ました。

 鈴虫説法の始まりです。
 最近の若者は失敗を恐れてチャレンジをしない。それは周りの人間がその失敗を論うからだ。その失敗を恐れる若者の拠り所となっているのがスマートフォンの検索機能で、自分はなんでも知っている、なんでも分かる、という錯覚に陥っている。しかしそれは間違いで、もっと失敗をするべき。
 とかなんとか、なるほどなるほど、といったような、時には目からウロコが落ちるような有り難いお話が続きます。
 大舞台を控えた水樹奈々さん。「失敗をおそれるな」というのは、奈々さんが参拝に来た時にもされたのかな、と思いながら聴いたのでした。

 「いま皆さんの目の前にあるお菓子、これ「寿々むし」っていうお菓子なんですけど、このお菓子の中にある黒い点々、これ鈴虫をすりつぶしたもの、っていう噂が巷で囁かれてましてね――」というもはや聞き飽きた冗談で鈴虫説法が終わりました。


IMG_9548_2017071711251895e.jpg



 鈴虫説法を聴き終わると、御朱印帳を回収して、目的の「幸福御守」をお受けします。このタイミングでケースの中に入っている大量の鈴虫を眺めることが出来ます。
 その後は、外に出て庭を散策です。散策とは言っても、多分お願い事をするお地蔵様は門の外にあるため、そこへ行くまでの参拝客の列の整理が第一の目的です。


IMG_9562_20170717112520474.jpg



 門をくぐって外に出て、脇にいるお地蔵様にお願い事です。
 お願い事をするときには、まず住所を言う必要があります。お地蔵様が後日、家までやってきて願いを叶えてくれる幸福地蔵システムだからです。
 ここはやっぱり水樹奈々ファンとして、「Beautiful」の成功を祈っておきました。
 しかし「Beautiful」の成功を祈願したお守りをわたしが持っていても意味ないのではないか、と思ったのですが、あまり深く考えないことにしました。


IMG_9613.jpg
御朱印



 御朱印は変化がありません。書く人は一人で変わっていないのでしょうか。非常に安定してます。

 お礼参りもすることが出来て満足です。




 【関連リンク】
 わらじを履いたお地蔵さん | 京都嵐山観光の寺 鈴虫寺 http://www.suzutera.or.jp/introduction/jizou.html




[ 2017/07/17 11:52 ] 【おでかけ】 | TB(0) | CM(0)
スポンサードリンク
プロフィール

ウイスキーぼんぼん

Author:ウイスキーぼんぼん

初めて読んだミステリは『そして扉が閉ざされた』(岡嶋二人)。以来ミステリにどっぷりハマリ中。
「SUPER GENERATION」で水樹奈々さんに興味を持ち「Astrogation」で完全にハマる。水樹奈々オフィシャルファンクラブ「S.C. NANA NET」会員。

FC2プロフへ
mixi(放置中)
Twitterはじめました
食べログもはじめました(NEW!)

好きな推理作家:島田荘司ゴッド
嫁本:アトポス)
好きな歌手:水樹奈々ちゃん
嫁曲:SUPER GENERATION)
誕生日:ヘレン・マクロイとおなじ
体型:金田一耕助とおなじ

本年度のお気に入り(国内)
御朱印巡り
集めた御朱印です。
(各都道府県参拝した順)
※記事に出来ていない寺社多数です!鋭意執筆中!
※リンクが切れているものは下書き状態です。しばらくしたら公開されます。

【東京】
・靖國神社(その1)
・靖國神社(その2)
・東京大神宮
・浅草寺 御本尊
・浅草寺 浅草名所七福神
・浅草神社
・浅草神社 浅草名所七福神
・今戸神社
・明治神宮(その1)
・明治神宮(その2)
・増上寺
・烏森神社
・神田明神
・乃木神社

【神奈川】
・上野東照宮
・鶴岡八幡宮
・建長寺
・高徳院
・長谷寺

【愛知】
・熱田神宮
・一之御前神社、別宮八剣宮
・真清田神社
・大神神社
・大須観音

【大阪】
・大阪天満宮
・豊國神社
・四天王寺
・住吉大社
・坐摩神社
・法善寺
・難波八阪神社
・道明寺天満宮
・一心寺
・安居神社
・生國魂神社
・生國魂神社 干支(申)
・生國魂神社 干支(酉)
・三光神社
・玉造稲荷神社
・今宮戎神社
・方違神社
・難波神社
・露天神社(お初天神)
・太融寺
・大鳥大社
・石切劔箭神社
・枚岡神社
・慈眼寺
・久安寺

【京都】
・鈴虫寺(その1)
・鈴虫寺(その2)
・松尾大社(その1)
・月読神社
・天龍寺
・御髪神社
・常寂光寺
・二尊院
・野宮神社
・下鴨神社(賀茂御祖神社)
・河合神社(下鴨神社摂社)
・盧山寺
・梨木神社
・白雲神社
・護王神社
・御霊神社
・下御霊神社
・平安神宮
・銀閣寺(慈照寺)
・金閣寺(鹿苑寺)
・龍安寺
・八坂神社
・八坂神社 美御前社
・八坂神社 又旅社
・八坂神社 冠者殿社
・八坂神社 青龍
・八坂神社 祇園御霊会
・伏見稲荷大社 本殿
・伏見稲荷大社 奥社奉拝所
・伏見稲荷大社 御膳谷奉拝所
・三十三間堂
・養源院
・東福寺
・建仁寺
・南禅寺(その1)
・南禅寺(その2)
・永観堂(禅林寺)
・北野天満宮
・北野天満宮 宝刀展限定「鬼切丸」
・大将軍八神社
・法輪寺(達磨寺)
・妙心寺
・妙心寺 退蔵院
・仁和寺
・建勲神社
・晴明神社
・御金神社
・八大神社
・豊国神社
・由岐神社
・鞍馬寺
・貴船神社
・六道珍皇寺
・六道珍皇寺 六道まいり
・六波羅蜜寺 都七福神
・安井金比羅宮
・知恩院 徳川家康公四百回忌
・青蓮院門跡
・青蓮院門跡 近畿三十六不動尊霊場
・粟田神社
・鍛冶神社(粟田神社末社)
・東寺
・上賀茂神社(賀茂別雷神社)
・大徳寺 本坊
・大徳寺 高桐院
・今宮神社
・妙顯寺
・三千院 御本尊
・三千院 西国薬師四十九霊場第四十五番
・三千院 聖観音
・実光院
・勝林院
・宝泉院
・寂光院
・宝厳院
・大覚寺
・清涼寺
・祇王寺
・化野念仏寺
・落柿舎
・城南宮
・飛行神社
・石清水八幡宮
・岡崎神社
・長岡天満宮
・平野神社
・法金剛院
・高台寺
・清水寺
・宝蔵寺 阿弥陀如来
・宝蔵寺 伊藤若冲
・勝林寺
・平等院 鳳凰堂
・宇治神社
・宇治上神社
・智恩寺
・元伊勢籠神社
・眞名井神社
・梅宮大社

【奈良】
・唐招提寺
・薬師寺 御本尊
・薬師寺 玄奘三蔵
・薬師寺 吉祥天女
・薬師寺 水煙降臨
・東大寺 大仏殿
・東大寺 華厳
・東大寺 二月堂
・春日大社 ノーマル
・春日大社 第六十次式年造替
・興福寺 今興福力
・興福寺 南円堂
・如意輪寺
・吉水神社
・勝手神社
・金峯山寺
・吉野水分神社
・金峯神社
・法隆寺
・法隆寺 西円堂
・中宮寺
・法輪寺
・法起寺
・元興寺
・橿原神宮
・橘寺
・飛鳥寺
・飛鳥坐神社

【和歌山】
・総本山金剛峯寺
・高野山 金堂・根本大塔
・高野山 奥之院
・高野山 女人堂
・熊野那智大社
・青岸渡寺
・飛瀧神社
・伊太祁曽神社
・國懸神宮
・紀三井寺

【滋賀】
・比叡山延暦寺 文殊楼
・比叡山延暦寺 根本中堂
・比叡山延暦寺 大講堂
・比叡山延暦寺 阿弥陀堂
・比叡山延暦寺 法華総持院東塔
・比叡山延暦寺 釈迦堂
・比叡山延暦寺 横川中堂
・比叡山延暦寺 四季講堂(元三大師堂)
・三尾神社
・三井寺 金堂
・三井寺 黄不動明王
・近江神宮

【兵庫】
・生田神社
・廣田神社
・西宮神社
・湊川神社
・走水神社
・千姫天満宮
・男山八幡宮
・水尾神社
・兵庫縣姫路護國神社
・播磨国総社 射楯兵主神社
・甲子園素盞嗚神社
・北野天満神社

【岡山】
・吉備津神社
・吉備津彦神社

【鳥取】
・白兎神社
・宇倍神社
・聖神社
・鳥取東照宮(樗谿神社)

【広島】
・吉備津神社
・素盞嗚神社
・草戸稲荷神社
・明王院
・出雲大社 福山分社
・沼名前神社(鞆祇園宮)
・福禅寺(対潮楼)

【徳島】
・大麻比古神社

【福岡】
・太宰府天満宮
・筥崎宮(筥崎八幡宮)
・住吉神社

【沖縄】
・波上宮

■朱印帳■
・京都五社めぐり
・高野山 開創1200年記念霊木朱印帳
・平安神宮 御朱印帳
・全国一の宮御朱印帳
・住吉大社 御朱印帳
・建仁寺 御朱印帳
・今戸神社 御朱印帳
・大将軍八神社 御朱印帳
・晴明神社 御朱印帳
・東寺 御朱印帳
・明治神宮 御朱印帳
・大阪市交通局 オオサカご利益めぐり御朱印帳
・北野天満宮「宝刀展」記念朱印帳
・熊野那智大社 御朱印帳

最新のつぶやき
2016年の水樹奈々さん
ハーイ!ハーイ! ハイ!ハイ!ハイ!ハイ!