読み終わったミステリについてコメント。でも最近は脇道にそれぎみ。 このブログは水樹奈々さんを応援しています。

京極夏彦「邪魅の雫」 

邪魅の雫 邪魅の雫
京極 夏彦 (2006/09/27)
講談社

この商品の詳細を見る

★★★★★

 「殺してやろう」「死のうかな」「殺したよ」「殺されて仕舞いました」「俺は人殺しなんだ」「死んだのか」「―自首してください」「死ねばお終いなのだ」「ひとごろしは報いを受けねばならない」昭和二十八年夏。江戸川、大磯、平塚と連鎖するかのように毒殺死体が続々と。警察も手を拱く中、ついにあの男が登場する!「邪なことをすると―死ぬよ」。

 日本のミステリ史に新たな流れを生んだ京極堂シリーズの最新作。
 これさぁ、シリーズももう7作目だけど、考えられないくらい高いレベルを保っていますよ。仮に他の作家がこの作品を1作出せば、それだけでその作者はミステリ史に名前を残すでしょう。そんなレベルです。もうね、多重推理だの操りだのそんなちゃちなレベルじゃあ無いです。前作の『陰摩羅鬼の瑕』も真相にはキレがあって嫌いじゃないですが、今作は本格ミステリで扱われるテーマを一気に極北へ突き抜けさせた、シリーズの中でもトップクラスの作品ではないでしょうか。
 登場人物のひとりひとりの立場に立って事件が描かれていきますが、その見え方は全て異なります。登場人物の数だけ世界が存在するわけです。最終的に京極堂によって、見通しのよい形に事件は整理されますが、それはまさに世界構築と同時に世界崩壊でもあります。登場人物の数だけ世界が存在するわけだから、その数だけ読者は世界崩壊に立ち会うわけです。もう頭がどうかしそうなくらい驚きの連続です。わたしが見ていた(読んでいた)世界は何だったんだ!と叫んでしまいそうなくらい世界ががらりとかわるクライマックスは圧巻です。京極堂が真相に到達したプロセスに若干不明瞭な部分があるものの、里見や秀美が京極堂に情報提供をしたといったようなことが描かれ、読者がそれを的確に掴んでいたのであれば、こんな世界崩壊なんて起こりません。
 真相であるところの犯人が状況に操られるというのは、エラリー・クイーンの某作で描かれた見立て殺人テーマを、操りテーマへとスライドさせた感じです。ですが事はそんなに簡単ではなく、[犯人→見立てられた被害者]が基本スタイルの見立て殺人と違い、[操る人→操られる人→被害者]という基本スタイルをとる操りテーマは、単純に考えてひとり多いわけで、状況がそれを飲み込むにはよほど作品世界の構築が徹底されて無ければなりません。しかも事件はひとつでは無いのですから…。それを京極夏彦さんは見事に描ききり成功させているわけです。

 まさに反則的な面白さ。京極夏彦さんは確実にミステリのレベルを引き上げている気がします。国産のミステリはすごいや。ほんとにすごい。

 人物相関図→(※ネタバレです)
 ひとつの図式にはめ込むことに、あまり意味があるとは思えませんがとりあえず作った!書き込みだすときりがないので主要なところだけ。色々と間違えてるところがあるかもしれないけど、そこはかんべんね。
スポンサーサイト
[ 2006/09/30 21:13 ] 京極夏彦 | TB(1) | CM(3)
 はじめまして。肯定的なコメントが述べられているのが嬉しくて、おもわずコメントさせていただきました。
 ネット上の書評/感想をいくつか見たのですが、どちらかというと否定的な感じの内容のものが多かったので‥。
 これまでの京極堂シリーズでは、一つの閉じられた世界の中で起こった異様な事件を、客観的、一般的な論理を用いて「普通」の世界に変化させるといった形での憑き物落しが行われていたのが、この作品では、似ているようでどこか違ういくつもの物語の世界をつなぎあわせ、再構築するような手法で憑き物落としを行っているように感じました。今までと少し方向性が異なる印象ですが、これはこれで大変おもしろかったです。
 また、京極堂の長口上の中で、それまでは読者が嫌悪感を抱いてしまうように表現されていた人物に、一部肯定的な評価が与えられたことで、その人物の印象が大きく変わってくるあたりもなかなか良い感じでした。その人物に対して感じていた嫌悪感が、すっと薄まっていくようで、なにか自分が憑き物落しをされたような感じでした。
 ‥‥と、知ったふうなことを長々と書いてますが、本作以外で内容をしっかり覚えているのは、前作ぐらいで、他の作品は細部はすっかり忘れてしまっているので、大外れな感想であったなら申し訳ないです。
[ 2006/10/13 01:06 ] [ 編集 ]
はじめましてこんにちは。
わたしも新刊が出る度にシリーズを読み返すといったことはしておらず、シリーズの熱心なファンとは言えませんが、これはこれで面白く読めました。やっぱり京極堂の薀蓄の無さは問題なのかな。『邪魅』の評判が悪いのでちょっとびっくりしております。
[ 2006/10/13 21:56 ] [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2010/02/03 08:36 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://wbonbon.blog26.fc2.com/tb.php/647-639ea154

昔読んだものをまた読んでいる。 確かこれは、倅がまだちっさかったときに一度読んだきりだ。 乳遣りに追われていて、しっかりと読み込むことができなんだ。 やっぱり。大鷹と西田
[2012/09/01 00:33] きときと?
スポンサードリンク
プロフィール

ウイスキーぼんぼん

Author:ウイスキーぼんぼん

初めて読んだミステリは『そして扉が閉ざされた』(岡嶋二人)。以来ミステリにどっぷりハマリ中。
「SUPER GENERATION」で水樹奈々さんに興味を持ち「Astrogation」で完全にハマる。水樹奈々オフィシャルファンクラブ「S.C. NANA NET」会員。

FC2プロフへ
mixi(放置中)
Twitterはじめました
食べログもはじめました(NEW!)

好きな推理作家:島田荘司ゴッド
嫁本:アトポス)
好きな歌手:水樹奈々ちゃん
嫁曲:SUPER GENERATION)
誕生日:ヘレン・マクロイとおなじ
体型:金田一耕助とおなじ

本年度のお気に入り(国内)
御朱印巡り
集めた御朱印です。
(各都道府県参拝した順)
※記事に出来ていない寺社多数です!鋭意執筆中!
※リンクが切れているものは下書き状態です。しばらくしたら公開されます。

【東京】
・靖國神社(その1)
・靖國神社(その2)
・東京大神宮
・浅草寺 御本尊
・浅草寺 浅草名所七福神
・浅草神社
・浅草神社 浅草名所七福神
・今戸神社
・明治神宮(その1)
・明治神宮(その2)
・増上寺
・烏森神社
・神田明神
・乃木神社
・上野東照宮

【神奈川】
・鶴岡八幡宮
・建長寺
・高徳院(鎌倉大仏殿)
・長谷寺

【愛知】
・熱田神宮
・一之御前神社、別宮八剣宮
・真清田神社
・大神神社
・大須観音

【大阪】
・大阪天満宮
・豊國神社
・四天王寺
・住吉大社
・坐摩神社
・法善寺
・難波八阪神社
・道明寺天満宮
・一心寺
・安居神社
・生國魂神社
・生國魂神社 干支(申)
・生國魂神社 干支(酉)
・三光神社
・玉造稲荷神社
・今宮戎神社
・方違神社
・難波神社
・露天神社(お初天神)
・太融寺
・大鳥大社
・石切劔箭神社
・枚岡神社
・慈眼寺
・久安寺

【京都】
・鈴虫寺(その1)
・鈴虫寺(その2)
・松尾大社(その1)
・月読神社
・天龍寺
・御髪神社
・常寂光寺
・二尊院
・野宮神社
・下鴨神社(賀茂御祖神社)
・河合神社(下鴨神社摂社)
・盧山寺
・梨木神社
・白雲神社
・護王神社
・御霊神社
・下御霊神社
・平安神宮
・銀閣寺(慈照寺)
・金閣寺(鹿苑寺)
・龍安寺
・八坂神社
・八坂神社 美御前社
・八坂神社 又旅社
・八坂神社 冠者殿社
・八坂神社 青龍
・八坂神社 祇園御霊会
・伏見稲荷大社 本殿
・伏見稲荷大社 奥社奉拝所
・伏見稲荷大社 御膳谷奉拝所
・三十三間堂
・養源院
・東福寺
・建仁寺
・南禅寺(その1)
・南禅寺(その2)
・永観堂(禅林寺)
・北野天満宮
・北野天満宮 宝刀展限定「鬼切丸」
・大将軍八神社
・法輪寺(達磨寺)
・妙心寺
・妙心寺 退蔵院
・仁和寺
・建勲神社
・晴明神社
・御金神社
・八大神社
・豊国神社
・由岐神社
・鞍馬寺
・貴船神社
・六道珍皇寺
・六道珍皇寺 六道まいり
・六波羅蜜寺 都七福神
・安井金比羅宮
・知恩院 徳川家康公四百回忌
・青蓮院門跡
・青蓮院門跡 近畿三十六不動尊霊場
・粟田神社
・鍛冶神社(粟田神社末社)
・東寺
・上賀茂神社(賀茂別雷神社)
・大徳寺 本坊
・大徳寺 高桐院
・今宮神社
・妙顯寺
・三千院 御本尊
・三千院 西国薬師四十九霊場第四十五番
・三千院 聖観音
・実光院
・勝林院
・宝泉院
・寂光院
・宝厳院
・大覚寺
・清涼寺
・祇王寺
・化野念仏寺
・落柿舎
・城南宮
・飛行神社
・石清水八幡宮
・岡崎神社
・長岡天満宮
・平野神社
・法金剛院
・高台寺
・清水寺
・宝蔵寺 阿弥陀如来
・宝蔵寺 伊藤若冲
・勝林寺
・平等院 鳳凰堂
・宇治神社
・宇治上神社
・智恩寺
・元伊勢籠神社
・眞名井神社
・梅宮大社

【奈良】
・唐招提寺
・薬師寺 御本尊
・薬師寺 玄奘三蔵
・薬師寺 吉祥天女
・薬師寺 水煙降臨
・東大寺 大仏殿
・東大寺 華厳
・東大寺 二月堂
・春日大社 ノーマル
・春日大社 第六十次式年造替
・興福寺 今興福力
・興福寺 南円堂
・如意輪寺
・吉水神社
・勝手神社
・金峯山寺
・吉野水分神社
・金峯神社
・法隆寺
・法隆寺 西円堂
・中宮寺
・法輪寺
・法起寺
・元興寺
・橿原神宮
・橘寺
・飛鳥寺
・飛鳥坐神社

【和歌山】
・総本山金剛峯寺
・高野山 金堂・根本大塔
・高野山 奥之院
・高野山 女人堂
・熊野那智大社
・青岸渡寺
・飛瀧神社
・伊太祁曽神社
・國懸神宮
・紀三井寺

【滋賀】
・比叡山延暦寺 文殊楼
・比叡山延暦寺 根本中堂
・比叡山延暦寺 大講堂
・比叡山延暦寺 阿弥陀堂
・比叡山延暦寺 法華総持院東塔
・比叡山延暦寺 釈迦堂
・比叡山延暦寺 横川中堂
・比叡山延暦寺 四季講堂(元三大師堂)
・三尾神社
・三井寺 金堂
・三井寺 黄不動明王
・近江神宮

【兵庫】
・生田神社
・廣田神社
・西宮神社
・湊川神社
・走水神社
・千姫天満宮
・男山八幡宮
・水尾神社
・兵庫縣姫路護國神社
・播磨国総社 射楯兵主神社
・甲子園素盞嗚神社
・北野天満神社

【岡山】
・吉備津神社
・吉備津彦神社

【鳥取】
・白兎神社
・宇倍神社
・聖神社
・鳥取東照宮(樗谿神社)

【広島】
・吉備津神社
・素盞嗚神社
・草戸稲荷神社
・明王院
・出雲大社 福山分社
・沼名前神社(鞆祇園宮)
・福禅寺(対潮楼)

【徳島】
・大麻比古神社

【福岡】
・太宰府天満宮
・筥崎宮(筥崎八幡宮)
・住吉神社

【沖縄】
・波上宮

■朱印帳■
・京都五社めぐり
・高野山 開創1200年記念霊木朱印帳
・平安神宮 御朱印帳
・全国一の宮御朱印帳
・住吉大社 御朱印帳
・建仁寺 御朱印帳
・今戸神社 御朱印帳
・大将軍八神社 御朱印帳
・晴明神社 御朱印帳
・東寺 御朱印帳
・明治神宮 御朱印帳
・大阪市交通局 オオサカご利益めぐり御朱印帳
・北野天満宮「宝刀展」記念朱印帳
・熊野那智大社 御朱印帳

最新のつぶやき
2016年の水樹奈々さん
ハーイ!ハーイ! ハイ!ハイ!ハイ!ハイ!