読み終わったミステリについてコメント。でも最近は脇道にそれぎみ。 このブログは水樹奈々さんを応援しています。

そうだ京都、行こう!京都・伏見の旅(月桂冠編) 

C01A1611.jpg



 こんにちは!
 管理人のウイスキーぼんぼんです。

 行楽の秋突入です!
 京都も紅葉が色づき始めていますが、まだ少し早い!

 ということで、今回は紅葉スポットを少し離れて京都・伏見を散歩して来ました。

 書いていたらめっちゃ長くなったので記事をいくつかに分割します。
 最初は酒処伏見を象徴する酒造メーカー「月桂冠」の見学です。


C01A1453.jpg
京阪電車 中書島駅



 伏見と言ったら、まず一番最初に思い浮かべるのが、外国人観光客にも大人気の伏見稲荷大社だと思いますが、今回は伏見稲荷には行きません。
 伏見は広島の西条、兵庫県の灘と並ぶ「日本三大酒処」のひとつに数えられる日本酒の産地で、「月桂冠」や「黄桜」などお馴染みの酒造メーカーの本社があります。
 今回はその酒蔵めぐりを主に行っていきます。

 大阪からだと、京阪電車を利用するのが便利です。中書島駅で下車します。


C01A1450.jpg

C01A1448.jpg
きつねうどん 330円



 と、その前にまずは腹ごしらえです。
 中書島駅の4番ホームにはうどん屋さん「麺座」があります。
 立ち食いうどんではなくて、きちんと椅子があるのでゆっくりうどんをすすれます。
 京うどんを謳っているだけあって、麺はやらわかめ、お出汁旨しな一杯。


C01A1454.jpg



 中書島駅の北口を出て、まずは近場の観光スポットである長建寺を目指します。
 月桂冠も黄桜もここから徒歩圏内に集中しているので、ポカポカ陽気の日にのんびり歩くのが吉です。


C01A1458-2.jpg
長建寺

C01A1464.jpg

C01A1474.jpg



 長建寺は「島の弁天さん」として親しまれているお寺で、御本尊も弁財天です。
 京都で弁財天を御本尊にしているお寺はここだけらしく珍しいらしい。

 何やら行楽シーズンに合わせてか、伏見のお寺を巡るスタンプラリーを実施していて、親子連れの観光客で賑わっていました。
 御朱印をもらおうと思ったのですが、境内をうろうろした感じだと、お守りや御札の授与所は見当たらななくて、スタンプラリーの他にもイベントらしきものが行われており、住職と思しき人が忙しそうにしていたので、御朱印ももらうのは辞めておきました。


C01A1500-2.jpg
十石舟



 月桂冠大倉記念館裏の川沿いからは十石舟が出ていました。
 3月から12月までほぼ一年運行しており、川を進んで酒蔵の風景を眺めるアクティビティですが、川沿いには桜の木が多いのでやはり春がメインになると思います。
 十石舟の他に、寺田屋の近くからは三十石船も出ており、これらは江戸時代に実際に運行していた船の復刻だそうです。
 大阪から伏見へ酒造りのための「酒」や「米」を載せて、輸送に利用していたそうです。また物資の輸送だけでなく、当時から観光客の輸送にも使われていたみたいで、あの坂本龍馬も乗船したという話で有名です。


C01A1505.jpg



 その十石舟が出ている川を渡ったあたりから、酒蔵らしい木の壁がずらっと続きます。
 ここが月桂冠大倉記念館です。


C01A1658.jpg



 早速入ってみましょう。
 月桂冠大倉記念館の前には大型の観光バス用の駐車場があり、観光客(主に外国人)の団体さんがひっきりなしに出入りしていますが、もちろん個人での見学も可能です。個人の場合だと予約無しで見学できます。ただし、オプション見学である酒蔵見学をする場合は、個人も団体も前日までの事前予約が必要のようです。

 今回は思いつきで伏見散策を決行したので、オプション見学の予約をしていなかったのですが、事前によく調べておいてオプション見学の予約も入れておけば良かったな、と少し後悔。


C01A1520.jpg
お土産の純米吟醸酒(180mL)



 入館料は大人一人400円です。
 しかし、この金額には「お土産代」も含まれていて、見学者全員に純米吟醸酒(180mL)が1本もらえます。これを考えるとなかなかお得です。
 お土産の純米吟醸酒はペットボトルではなくて、きちんと瓶に入った本格的なもの。割らないように注意しましょう。


C01A1517.jpg

C01A1523.jpg

C01A1532.jpg



 館内は写真撮影自由です。

 先にも書いたように外国人観光客の団体さんが大勢いました。アジア系の外国人ではなくて、ヨーロッパ系の外国人が多い感じでした。伏見稲荷大社とセットで観光しているのかもしれません。


C01A1543.jpg

C01A1525.jpg

C01A1527.jpg



 かつて伏見は「伏水」と言われたほど質の高い水が手に入った場所だそうで、館内でも酒造りに使用されている美味しい水をいただくことができます。
 なんでも中硬水を使用しているらしく、「伏見の女酒」と呼ばれるくらい甘口に仕上がることで有名なのだそうです。


C01A1535.jpg

C01A1539-2.jpg



 わたしも早速飲んでみました。

 うむ!
 たしかにひんやり冷えてて美味しい!(←冷えてる=美味しい)


C01A1570.jpg

C01A1562.jpg

C01A1566.jpg

C01A1585.jpg

C01A1590.jpg

C01A1601.jpg



 最初の部屋は、主に酒造りに直接関わる道具類が展示してありました。
 大雑把に言えば「桶」なのですが、用途に合わせて千差万別。多種多様です。


C01A1602.jpg

C01A1604.jpg

C01A1616.jpg

C01A1640.jpg

C01A1642.jpg

C01A1646.jpg



 2つ目の部屋では、酒造りに直接関わりのない判子であったり宣伝用のポスターであったりとバラエティに富んだ資料が並んでいました。


C01A1628.jpg
元号が昭和に改まった際に献上されたお酒

C01A1618.jpg
元号が平成に改まった際に献上されたお酒



 多くの資料の中、個人的に目を引いたのは、元号が改まった際に、天皇陛下に献上されたお酒です。
 展示されていたのは、昭和に改元された際のお酒と、平成に改元された際のお酒です。
 いずれも改元後三年(昭和三年と平成三年)のお酒だったので、今回令和になった際の献上されるお酒も令和三年に製造されるのかもしれません。


C01A1635.jpg



 昭和初期のポスター。

 ひと目見て「昭和でこの絵柄はアカンのちゃうか」と思ってしまいますが、まさしくこれ、図柄が当局の忌避にふれ、日の目を見なかったポスターらしい。
 ある意味でめっちゃ貴重です。


C01A1652-2.jpg
月桂冠レトロボトル 吟醸酒

C01A1649.jpg



 資料館を見学し終わった後は、お楽しみの「利き酒」コーナーです。
 試飲出来るお酒は

 ・月桂冠レトロボトル 吟醸酒
 ・玉の泉 大吟醸
 ・プラムワイン


 の計3種類です。
 上2つの吟醸酒については市場に流通していない、この月桂冠大倉記念館限定商品です。
 「月桂冠レトロボトル 吟醸酒」は甘口で、「玉の泉 大吟醸」が辛口です。

 さすが伏見、甘口のお酒を得意とするだけあります。「月桂冠レトロボトル 吟醸酒」が衝撃的に美味しかったです。甘口も甘口も良いところで、めちゃくちゃ飲みやすいのです。月桂冠の人に話を聞いたら、ここまでの甘口は、今は他のメーカーもほとんど作っていないそうで、最近は「玉の泉 大吟醸」のような辛口のほうが主流のようです。
 この甘口の「月桂冠レトロボトル 吟醸酒」ならガブ飲みできる!と思っても、利き酒できるのはおちょこ一杯です。

 ちなみに、このレトロボトルに付属しているおちょこには「足」が付いています。
 これは当時、電車でこの吟醸酒を飲む際に、電車が揺れてもお酒がこぼれないようにと付けられたものだそうです。

 3つ目のプラムワインは梅のワイン。ともすれば梅酒に転びそうなお酒ですが、ワインなのです。
 梅の酸味と甘さがしっかりしていて、こちらも飲みやすい一杯でした。


C01A1654-2.jpg
月桂冠フィギュア



 月桂冠大倉記念館にはお土産コーナーもあり、このお土産コーナーについては入館料を払わなくても利用できます。
 小さいボトル入りのお酒から瓶入りのお酒、さらには扇子やバッグ類など様々な商品がならんでいました。

 個人的に面白いと思ったのが、月桂冠フィギュアです。
 いわゆるご当地フィギュアのひとつで、大阪限定フィギュアとか京都限定フィギュアとかはよく見かけますが、この伏見のしかも月桂冠に対象を絞り込んでいるのがユニークです。
 まさに月桂冠の宣伝100%のフィギュア。
 しかしラインナップが面白くて、酒樽や酒瓶の他に、冒頭にも書いた十石舟もあり「お土産」にピッタリな内容です。


C01A1893-2.jpg



 1個買ってみました。400円です。

 酒瓶とおちょこと枡の3点セットが当たりました。


 月桂冠大倉記念館を後にして、続いて寺田屋や黄桜、御香宮神社、あと一応伏見桃山城にも行ってみました。
 これらについては後日、別の記事にします。





 【関連リンク】
 月桂冠大倉記念館 |月桂冠 ホームページ
 https://www.gekkeikan.co.jp/enjoy/museum/

スポンサーサイト



[ 2019/11/11 19:38 ] 【おでかけ】 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
スポンサードリンク
プロフィール

ウイスキーぼんぼん

Author:ウイスキーぼんぼん

初めて読んだミステリは『そして扉が閉ざされた』(岡嶋二人)。以来ミステリにどっぷりハマリ中。
「SUPER GENERATION」で水樹奈々さんに興味を持ち「Astrogation」で完全にハマる。水樹奈々オフィシャルファンクラブ「S.C. NANA NET」会員。

YouTubeチャンネル(NEW!)
Twitter
食べログ
FC2プロフへ
mixi(放置中)

好きな推理作家:島田荘司ゴッド
嫁本:アトポス)
好きな歌手:水樹奈々ちゃん
嫁曲:SUPER GENERATION)
誕生日:ヘレン・マクロイとおなじ
体型:金田一耕助とおなじ

本年度のお気に入り(国内)
御朱印巡り
集めた御朱印です。
(各都道府県参拝した順)
※記事に出来ていない寺社多数です!鋭意執筆中!
※リンクが切れているものは下書き状態です。しばらくしたら公開されます。

【東京】
・靖國神社(その1)
・靖國神社(その2)
・東京大神宮
・浅草寺 御本尊
・浅草寺 浅草名所七福神
・浅草神社
・浅草神社 浅草名所七福神
・今戸神社
・明治神宮(その1)
・明治神宮(その2)
・増上寺
・烏森神社
・神田明神
・乃木神社
・上野東照宮
・波除稲荷神社
・富岡八幡宮

【神奈川】
・鶴岡八幡宮
・建長寺
・高徳院(鎌倉大仏殿)
・長谷寺

【愛知】
・熱田神宮
・一之御前神社、別宮八剣宮
・真清田神社
・大神神社
・大須観音

【大阪】
・大阪天満宮
・豊國神社
・四天王寺
・住吉大社
・坐摩神社
・法善寺
・難波八阪神社
・道明寺天満宮
・一心寺
・安居神社
・生國魂神社
・生國魂神社 干支(申)
・生國魂神社 干支(酉)
・生國魂神社 干支(戌)
・三光神社
・玉造稲荷神社
・今宮戎神社
・方違神社
・難波神社
・露天神社(お初天神)
・太融寺
・大鳥大社
・石切劔箭神社
・枚岡神社
・慈眼寺
・久安寺
・多治速比売神社

【京都】
・鈴虫寺(その1)
・鈴虫寺(その2)
・松尾大社(その1)
・月読神社
・天龍寺
・御髪神社
・常寂光寺
・二尊院
・野宮神社
・下鴨神社(賀茂御祖神社)
・河合神社(下鴨神社摂社)
・盧山寺
・梨木神社
・白雲神社
・護王神社
・御霊神社
・下御霊神社
・平安神宮
・銀閣寺(慈照寺)
・金閣寺(鹿苑寺)
・龍安寺
・八坂神社
・八坂神社 美御前社
・八坂神社 又旅社
・八坂神社 冠者殿社
・八坂神社 青龍
・八坂神社 祇園御霊会
・伏見稲荷大社 本殿
・伏見稲荷大社 奥社奉拝所
・伏見稲荷大社 御膳谷奉拝所
・三十三間堂
・養源院
・東福寺
・建仁寺
・南禅寺(その1)
・南禅寺(その2)
・永観堂(禅林寺)
・北野天満宮
・北野天満宮 宝刀展限定「鬼切丸」
・大将軍八神社
・法輪寺(達磨寺)
・妙心寺
・妙心寺 退蔵院
・仁和寺
・建勲神社
・晴明神社
・御金神社
・八大神社
・豊国神社
・由岐神社
・鞍馬寺
・貴船神社
・六道珍皇寺
・六道珍皇寺 六道まいり
・六波羅蜜寺 都七福神
・安井金比羅宮
・知恩院 徳川家康公四百回忌
・青蓮院門跡
・青蓮院門跡 近畿三十六不動尊霊場
・粟田神社
・鍛冶神社(粟田神社末社)
・東寺
・上賀茂神社(賀茂別雷神社)
・大徳寺 本坊
・大徳寺 高桐院
・今宮神社
・妙顯寺
・三千院 御本尊
・三千院 西国薬師四十九霊場第四十五番
・三千院 聖観音
・実光院
・勝林院
・宝泉院
・寂光院
・宝厳院
・大覚寺
・清涼寺
・祇王寺
・化野念仏寺
・落柿舎
・城南宮
・飛行神社
・石清水八幡宮
・岡崎神社
・長岡天満宮
・平野神社
・法金剛院
・高台寺
・清水寺
・宝蔵寺 阿弥陀如来
・宝蔵寺 伊藤若冲
・勝林寺
・平等院 鳳凰堂
・宇治神社
・宇治上神社
・智恩寺
・元伊勢籠神社
・眞名井神社
・梅宮大社
・錦天満宮
・藤森神社(あじさい祭り限定)
・智積院
・御香宮神社
・神護寺
・西明寺
・高山寺

【奈良】
・唐招提寺
・薬師寺 御本尊
・薬師寺 玄奘三蔵
・薬師寺 吉祥天女
・薬師寺 水煙降臨
・東大寺 大仏殿
・東大寺 華厳
・東大寺 二月堂
・春日大社 ノーマル
・春日大社 第六十次式年造替
・興福寺 今興福力
・興福寺 南円堂
・如意輪寺
・吉水神社
・勝手神社
・金峯山寺
・吉野水分神社
・金峯神社
・法隆寺
・法隆寺 西円堂
・中宮寺
・法輪寺
・法起寺
・元興寺
・橿原神宮
・橘寺
・飛鳥寺
・飛鳥坐神社
・般若寺

【和歌山】
・金剛峯寺
・金剛峯寺 六波羅蜜
・高野山 金堂・根本大塔
・高野山 奥之院
・高野山 女人堂
・高野山 徳川家霊台
・高野山 南院(波切不動尊)
・熊野那智大社
・青岸渡寺
・飛瀧神社
・伊太祁曽神社
・國懸神宮
・紀三井寺

【滋賀】
・比叡山延暦寺 文殊楼
・比叡山延暦寺 根本中堂
・比叡山延暦寺 大講堂
・比叡山延暦寺 阿弥陀堂
・比叡山延暦寺 法華総持院東塔
・比叡山延暦寺 釈迦堂
・比叡山延暦寺 横川中堂
・比叡山延暦寺 四季講堂(元三大師堂)
・三尾神社
・三井寺 金堂
・三井寺 黄不動明王
・近江神宮
・滋賀縣護國神社

【兵庫】
・生田神社
・廣田神社
・西宮神社
・湊川神社
・走水神社
・千姫天満宮
・男山八幡宮
・水尾神社
・兵庫縣姫路護國神社
・播磨国総社 射楯兵主神社
・甲子園素盞嗚神社
・北野天満神社

【岡山】
・吉備津神社
・吉備津彦神社

【鳥取】
・白兎神社
・宇倍神社
・聖神社
・鳥取東照宮(樗谿神社)

【広島】
・吉備津神社
・素盞嗚神社
・草戸稲荷神社
・明王院
・出雲大社 福山分社
・沼名前神社(鞆祇園宮)
・福禅寺(対潮楼)
・厳島神社
・大願寺
・千光寺
・艮神社

【徳島】
・大麻比古神社

【福岡】
・太宰府天満宮
・筥崎宮(筥崎八幡宮)
・住吉神社

【沖縄】
・波上宮

■朱印帳■
・京都五社めぐり
・高野山 開創1200年記念霊木朱印帳
・平安神宮 御朱印帳
・全国一の宮御朱印帳
・住吉大社 御朱印帳
・建仁寺 御朱印帳
・今戸神社 御朱印帳
・大将軍八神社 御朱印帳
・晴明神社 御朱印帳
・東寺 御朱印帳
・明治神宮 御朱印帳
・大阪市交通局 オオサカご利益めぐり御朱印帳
・北野天満宮「宝刀展」記念朱印帳
・熊野那智大社 御朱印帳

最新のつぶやき
2016年の水樹奈々さん
ハーイ!ハーイ! ハイ!ハイ!ハイ!ハイ!