読み終わったミステリについてコメント。でも最近は脇道にそれぎみ。 このブログは水樹奈々さんを応援しています。

水樹奈々主演、帝国劇場のミュージカル『ビューティフル』を観に行きました。レポ。 

IMG_0704_201708161931133fa.jpg
帝国劇場 正面



 帝国劇場で只今おこなわれているミュージカルの『ビューティフル』を観に行きました。
 わたしが観たのは8月15日の夜の回です。この回はeプラスの貸切公演です。

 水樹奈々ファンクラブ会員に向けたチケットの販売も行われていたのですが、1)当落が分かるまで時間がかかる。2)そもそも当たるか分からない。3)座席の指定が出来ない、という主に3点の理由から今回はファンクラブを利用したチケットの取得は行っていません。
 帝国劇場近辺に在住の方は、eプラスに加えてファンクラブ抽選を利用して何回でも行けばいいと思うのですが、大阪からだと流石に経済的ではないのと、あと何より、水樹奈々ファンクラブはステッカーで釣ってチケットを買わせるいつもの悪い癖が今回も出たので、なおさらファンクラブでのチケット取得は考えられませんでした。


IMG_0701.jpg



 この日は17時30分開場、18時30分開演です。
 観劇経験があまりないので勝手が分からず、ひとまず17時頃に帝国劇場の前に行ってみると、なにやら17時30分になるまで劇場自体の扉が閉まっているようです。
 17時30分から開演の18時30分までに、お土産を買ったり、トイレに行ったり、軽食を食べたりと、あれこれ準備する必要がありました。
 基本的にグッズは公演前か途中の休憩中に買う必要があります。劇が終わってからだと売店が閉まっていました。パンフレットは後でも買えたかな?よく見てませんでしたが、買える時に買っておいたほうが良さそうです。


IMG_0708.jpg



 このミュージカル『ビューティフル』は水樹奈々さんと平原綾香さんのダブルキャストで話題です。
 主演のキャロル・キングの演者が日によって変わります。それ以外の配役はおそらく毎公演同じのようです。


IMG_0709_20170816200049369.jpg
うちわ

IMG_0718-2.jpg
光る棒



 入館時にチケットをもぎってもらうと、無料配布物をいろいろいただきました。
 うちわサイリウムです。
 サイリウムについては、カーテンコールの時に使用するので、うっかり折らないよう注意してください、と再三館内放送で注意が呼びかけられていました。公演後の水樹奈々さんの挨拶によると、このサイリウムを使った演出は今回のeプラス貸切公演で初めて行われる趣向とのことでした。


IMG_0710.jpg

IMG_0712.jpg
水樹奈々さんのサイン



 ロビーは見どころいっぱいです。
 パネルが置いてあって、そこには水樹奈々さんのサインが書かれてありました。お客さんに大人気のスポットで、みなさん写真撮影に夢中です。


IMG_0714.jpg
水樹奈々さんのファンクラブ入会案内



 ご自由にお取りください、のフリーペーパー置き場には、水樹奈々さんや平原綾香さん関係のチラシもありました。
 水樹奈々さんのオフィシャルファンクラブの入会案内には笑いました。


IMG_1490.jpg
帝国劇場限定サブレ



 家族用のお土産にサブレ(1,200円)を買って、あと観劇記念にパンフレット(1,800円)を一冊購入しました。

 そんなこんなで買ったり撮ったりしていると、早くも座席が開放されます。17時45分くらいにはもう自分の席に着ける感じでした。


IMG_0715_20170816202113cc5.jpg
オペラグラス



 そして忘れてはならないのがオペラグラスです。保証金と合わせ5,500円で借りられます。劇が終わってきちんと返却すると保証金の5,000円が返ってくるので実質500円のレンタル料です。
 わたしは去年に宝塚歌劇を観るにあたっていろいろ調べた際に、絶対必須のアイテムだと知っていたので迷わずレンタルです。なんか2種類オペラグラスがあったのですが、安い方にしてみました。もう一方のほうは少し高めでした。
 今回わたしはS席で鑑賞したのですが、席が近いからいらないとかそういう問題ではなく、確実に肉眼よりもアップで演者さんの表情が見れるので、これからビューティフルを観ようと考えられている方はおすすめですよ。

 余談ですが、話を聞くと、ヅカファン(宝塚歌劇のファン)などの観劇好きの方は、マイオペラグラスを持っているようで、ステージから自分の座席までの距離によってオペラグラスを使い分けるのだとか。
 わたしはそこまで熱心ではないのでレンタルで十分でした。ちなみにレンタルでも性能は問題ありません。眼鏡を付けたままでも利用できます。


 座席に着いてあたりを見廻すと、老若男女さまざまなお客さんがいました。eプラス貸し切りのためか、比較的若い方が多かった感じです。男女比は半々くらいでしょうか。
 中には立派なお召し物をされた高齢の方や、意外と若い方もいて、いつものライブとは少し違う雰囲気は漂っていました。
 どうも個人的に「観劇を趣味にしている女性は上流階級」という思い込み理論が頭にあって、あちらの女性は芦屋マダムかな?いやいや東京だとシロガネーゼあたりでしょうか、などと妄想を膨らましながら開演を待ちます。






IMG_0700.jpg



 『ビューティフル』の感想です。
 難しいことなんか考えずに、面白く、かつ楽しく観れた、というのが正直なところです。

 本公演『ビューティフル』は“ミュージカル”です。
 パンフレットにて仕入れた情報によると、ミュージカルには、オリジナルの物語に既成曲を合わせた「物語系」と、アーティストの歩みをその楽曲で綴った「伝記系」の2タイプがあるそうで、この『ビューティフル』はキャロル・キングというアメリカのシンガーソング・ライターの紆余曲折としたその歩みを描いた「伝記系」に属します。

 軽妙でユーモアを含んだ会話の連続が面白く、客席からもかなりの頻度で笑いが聞こえてきました。
 割とこれまでの声優の仕事が役に立っているのか、コミカルな演技が板についている印象です。少し幼く、いじられ役っぽい感じの演技が奈々さんらしいです。これを平原綾香さんがどう演じているのかが逆に興味が湧いてきました。

 しかし、ストーリーは楽しいばかりではなく、夫婦間の摩擦や、ミュージシャンとしての行き詰まりなども描かれています。キャロルとジェリー(後に夫となる人物)が、二人並んで仲睦まじくピアノをひいて歌い合うシーンが有る一方で、キャロルが愛人宅に乗り込んで、夫に怒りをぶつけるシーンがあるなど、感情面での振れ幅の大きい展開です。しかし演劇としては演者の様々な表情が見れるため、むしろ見応えがある展開と言えます。
 華々しいブロードウェイの世界がある一方、家庭内での子供と夫との暮らしもあり、偉大なアーティストとしてのキャロル・キングにも感情移入はし易いです。キャロルの夫のジェリーに対して、なんだか男性客と女性客の感想が分かれそうな気がします。

 このように

 「喜び」⇔「怒り」
 「仕事」⇔「家庭」
 「幼さ」⇔「大人っぽさ」
 「結婚」⇔「離婚」
 「キャロル夫婦」⇔「シンシア夫婦」

 といったような、さまざまなものが対比されていくのも本公演の特徴です。一人のミュージシャン、一人の女性がさまざまな視点で描かれるのが、これこそが「伝記系」のミュージカルとしての面白さなのかもしれません。


ラストシーン
ラストシーン



 ラストシーンは、水樹奈々さん一人がピアノと共にステージに立ちます。それはまるで我々がカーネギーホールの客になってキャロル・キングの歌を聴いているような錯覚に陥るような趣向で、水樹奈々さんの、文字通り魂のこもった歌には心打たれました。
 本公演で描かれたキャロル・キングの、自身による努力、失敗を恐れずぶつかっていく精神、それらによって着実に歌手としての道をきりひらいてく過程、これらに水樹奈々自身の歌手活動を重ねることもできると思います。そもそも奈々さんがこの「ビューティフル」と出会ったのが本国アメリカでのことらしいですが、その時奈々さん自身もキャロル・キングの半生と自身を重ねたのではないかと想像します。





 奈々さんのことばかり書きましたが、脇役も凄まじいほどに演技がうまく、歌もうまい!びっくりしました。
 ソニンさんなんかは、もはやカレーライスの女ではなく、なんかむかし歌番組で見た頃よりも輝いてみえました。水樹奈々さんももちろん凄かったのですが、ソニンさんの場合、すこしパワフルでしっかり色気がある演技が、奈々さんと場数が違うところを露骨に見せつけてくれます。そしてさすが歌手あがり、声量があって、歌もめちゃくちゃ上手い。
 武田真治さんについてもよくTVで見るのですが、「めちゃイケ」なんかで嫌われ役やっている姿からは想像できないほど凛々しかったです。





サイリウム



 サイリウムは予告通り、カーテンコール時に使用しました。
 わたしは休憩時間にうっかりポキっと折ってしまったのですが、たぶん発光時間は3時間くらいなので、開演時に誤って折ってしまっていても大丈夫な感じでした。
 出演者の方が、ステージにズラッと並んでみんなで歌を歌うのですが、その最中に奈々さんがサイリウムを客席に向かって振り振りしてくれたので、お客さんみんな合点がいきます。サイリウムの色は青や緑など色んな色があって、客席が鮮やかに染まりました。


IMG_3117-2.jpg



 演劇が終わって、出演者さんが脇に捌けてから、3回くらい奈々さんがステージ上に戻ってきたのですが、そのときには客席からいつものライブのような叫び声が上がっていたのが、「らしい」閉幕の仕方でした。


IMG_3126-2.jpg
公式パンフレットより





 Q.あなたの中の「ビューティフル」な体験とは?

 奈々さん:
 私のライブ会場で、たくさんのペンライトが光り輝いている景色以外には考えられないですね!



 ファンとして嬉しいお言葉ありがとうございます。
 初めての帝国劇場、大変満足です。
 スペシャルな空間と時間をありがとうございました。


 【関連リンク】
 帝国劇場 ミュージカル『ビューティフル』
 http://www.tohostage.com/beautiful/

スポンサーサイト



[ 2017/08/16 22:10 ] 【おでかけ】 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
スポンサードリンク
プロフィール

ウイスキーぼんぼん

Author:ウイスキーぼんぼん

初めて読んだミステリは『そして扉が閉ざされた』(岡嶋二人)。以来ミステリにどっぷりハマリ中。
「SUPER GENERATION」で水樹奈々さんに興味を持ち「Astrogation」で完全にハマる。水樹奈々オフィシャルファンクラブ「S.C. NANA NET」会員。

YouTubeチャンネル(NEW!)
Twitter
食べログ
FC2プロフへ
mixi(放置中)

好きな推理作家:島田荘司ゴッド
嫁本:アトポス)
好きな歌手:水樹奈々ちゃん
嫁曲:SUPER GENERATION)
誕生日:ヘレン・マクロイとおなじ
体型:金田一耕助とおなじ

本年度のお気に入り(国内)
御朱印巡り
集めた御朱印です。
(各都道府県参拝した順)
※記事に出来ていない寺社多数です!鋭意執筆中!
※リンクが切れているものは下書き状態です。しばらくしたら公開されます。

【東京】
・靖國神社(その1)
・靖國神社(その2)
・東京大神宮
・浅草寺 御本尊
・浅草寺 浅草名所七福神
・浅草神社
・浅草神社 浅草名所七福神
・今戸神社
・明治神宮(その1)
・明治神宮(その2)
・増上寺
・烏森神社
・神田明神
・乃木神社
・上野東照宮
・波除稲荷神社
・富岡八幡宮

【神奈川】
・鶴岡八幡宮
・建長寺
・高徳院(鎌倉大仏殿)
・長谷寺

【愛知】
・熱田神宮
・一之御前神社、別宮八剣宮
・真清田神社
・大神神社
・大須観音

【大阪】
・大阪天満宮
・豊國神社
・四天王寺
・住吉大社
・坐摩神社
・法善寺
・難波八阪神社
・道明寺天満宮
・一心寺
・安居神社
・生國魂神社
・生國魂神社 干支(申)
・生國魂神社 干支(酉)
・生國魂神社 干支(戌)
・三光神社
・玉造稲荷神社
・今宮戎神社
・方違神社
・難波神社
・露天神社(お初天神)
・太融寺
・大鳥大社
・石切劔箭神社
・枚岡神社
・慈眼寺
・久安寺
・多治速比売神社

【京都】
・鈴虫寺(その1)
・鈴虫寺(その2)
・松尾大社(その1)
・月読神社
・天龍寺
・御髪神社
・常寂光寺
・二尊院
・野宮神社
・下鴨神社(賀茂御祖神社)
・河合神社(下鴨神社摂社)
・盧山寺
・梨木神社
・白雲神社
・護王神社
・御霊神社
・下御霊神社
・平安神宮
・銀閣寺(慈照寺)
・金閣寺(鹿苑寺)
・龍安寺
・八坂神社
・八坂神社 美御前社
・八坂神社 又旅社
・八坂神社 冠者殿社
・八坂神社 青龍
・八坂神社 祇園御霊会
・伏見稲荷大社 本殿
・伏見稲荷大社 奥社奉拝所
・伏見稲荷大社 御膳谷奉拝所
・三十三間堂
・養源院
・東福寺
・建仁寺
・南禅寺(その1)
・南禅寺(その2)
・永観堂(禅林寺)
・北野天満宮
・北野天満宮 宝刀展限定「鬼切丸」
・大将軍八神社
・法輪寺(達磨寺)
・妙心寺
・妙心寺 退蔵院
・仁和寺
・建勲神社
・晴明神社
・御金神社
・八大神社
・豊国神社
・由岐神社
・鞍馬寺
・貴船神社
・六道珍皇寺
・六道珍皇寺 六道まいり
・六波羅蜜寺 都七福神
・安井金比羅宮
・知恩院 徳川家康公四百回忌
・青蓮院門跡
・青蓮院門跡 近畿三十六不動尊霊場
・粟田神社
・鍛冶神社(粟田神社末社)
・東寺
・上賀茂神社(賀茂別雷神社)
・大徳寺 本坊
・大徳寺 高桐院
・今宮神社
・妙顯寺
・三千院 御本尊
・三千院 西国薬師四十九霊場第四十五番
・三千院 聖観音
・実光院
・勝林院
・宝泉院
・寂光院
・宝厳院
・大覚寺
・清涼寺
・祇王寺
・化野念仏寺
・落柿舎
・城南宮
・飛行神社
・石清水八幡宮
・岡崎神社
・長岡天満宮
・平野神社
・法金剛院
・高台寺
・清水寺
・宝蔵寺 阿弥陀如来
・宝蔵寺 伊藤若冲
・勝林寺
・平等院 鳳凰堂
・宇治神社
・宇治上神社
・智恩寺
・元伊勢籠神社
・眞名井神社
・梅宮大社
・錦天満宮
・藤森神社(あじさい祭り限定)
・智積院
・御香宮神社
・神護寺
・西明寺
・高山寺

【奈良】
・唐招提寺
・薬師寺 御本尊
・薬師寺 玄奘三蔵
・薬師寺 吉祥天女
・薬師寺 水煙降臨
・東大寺 大仏殿
・東大寺 華厳
・東大寺 二月堂
・春日大社 ノーマル
・春日大社 第六十次式年造替
・興福寺 今興福力
・興福寺 南円堂
・如意輪寺
・吉水神社
・勝手神社
・金峯山寺
・吉野水分神社
・金峯神社
・法隆寺
・法隆寺 西円堂
・中宮寺
・法輪寺
・法起寺
・元興寺
・橿原神宮
・橘寺
・飛鳥寺
・飛鳥坐神社
・般若寺

【和歌山】
・金剛峯寺
・金剛峯寺 六波羅蜜
・高野山 金堂・根本大塔
・高野山 奥之院
・高野山 女人堂
・高野山 徳川家霊台
・高野山 南院(波切不動尊)
・熊野那智大社
・青岸渡寺
・飛瀧神社
・伊太祁曽神社
・國懸神宮
・紀三井寺

【滋賀】
・比叡山延暦寺 文殊楼
・比叡山延暦寺 根本中堂
・比叡山延暦寺 大講堂
・比叡山延暦寺 阿弥陀堂
・比叡山延暦寺 法華総持院東塔
・比叡山延暦寺 釈迦堂
・比叡山延暦寺 横川中堂
・比叡山延暦寺 四季講堂(元三大師堂)
・三尾神社
・三井寺 金堂
・三井寺 黄不動明王
・近江神宮
・滋賀縣護國神社

【兵庫】
・生田神社
・廣田神社
・西宮神社
・湊川神社
・走水神社
・千姫天満宮
・男山八幡宮
・水尾神社
・兵庫縣姫路護國神社
・播磨国総社 射楯兵主神社
・甲子園素盞嗚神社
・北野天満神社

【岡山】
・吉備津神社
・吉備津彦神社

【鳥取】
・白兎神社
・宇倍神社
・聖神社
・鳥取東照宮(樗谿神社)

【広島】
・吉備津神社
・素盞嗚神社
・草戸稲荷神社
・明王院
・出雲大社 福山分社
・沼名前神社(鞆祇園宮)
・福禅寺(対潮楼)
・厳島神社
・大願寺
・千光寺
・艮神社

【徳島】
・大麻比古神社

【福岡】
・太宰府天満宮
・筥崎宮(筥崎八幡宮)
・住吉神社

【沖縄】
・波上宮

■朱印帳■
・京都五社めぐり
・高野山 開創1200年記念霊木朱印帳
・平安神宮 御朱印帳
・全国一の宮御朱印帳
・住吉大社 御朱印帳
・建仁寺 御朱印帳
・今戸神社 御朱印帳
・大将軍八神社 御朱印帳
・晴明神社 御朱印帳
・東寺 御朱印帳
・明治神宮 御朱印帳
・大阪市交通局 オオサカご利益めぐり御朱印帳
・北野天満宮「宝刀展」記念朱印帳
・熊野那智大社 御朱印帳

最新のつぶやき
2016年の水樹奈々さん
ハーイ!ハーイ! ハイ!ハイ!ハイ!ハイ!