読み終わったミステリについてコメント。でも最近は脇道にそれぎみ。 このブログは水樹奈々さんを応援しています。

あべのハルカス美術館の「わだばゴッホになる 世界の棟方志功」展に行ってきました。 

IMG_3024.jpg
あべのべあ「ニヤリ」



 こんにちわ!
 管理人のウイスキーぼんぼんです。

 日本一高いビルと言われている、あべのハルカスには美術館が有ります。
 ちょうど「わだばゴッホになる 世界の棟方志功」展という特別展が開催されていたので行ってきました。

 1月15日の会期最終日ギリギリです!


IMG_3021.jpg



 この棟方志功展は巡回展ではありません。この大阪で終わりです。

 棟方志功と言えば板画で有名な芸術家です。
 広島出身のわたしとしては、大原美術館のコレクションで親しんだ作家ですが、それ以外でまとまった作品を鑑賞するは今回が初めてです。

 時系列で、第一章「板画家への道のり(戦前・戦中)」、第二章「世界のムナカタ(戦後)」、第三章「津軽(晩年)」の三部構成です。


星座の花嫁
星座の花嫁版画柵(1928~30)



 第一章では、若い頃の油絵など板画以外の貴重な作品が幾つかありました。風景画があったのですが、木の配置など構図がビシっと決まっている作品ばかりで、やっぱり芸術家としての才は板画ばかりではないのだなあ、と早くも感動です。
 棟方志功の板画といえば、ひと目で棟方作と分かるくらい個性の強いものですが、板画家になりたてのこの頃の作品は川上澄生の影響が強く、「星座の花嫁版画柵」のように、少しコミカルで可愛らしさがあるのが特徴のようです。

 むかし棟方志功の板画を初めて観た時、作品から大きなパワーを感じたのを覚えています。
 その後、顔を木板に近づけて一心不乱に彫っていく棟方の創作姿勢をみて、たいへん納得した覚えがあります。まさに一彫り一彫りにパワーが注入されているようだったからです。この展覧会の音声ガイドにもあったのですが、そのパワーが板画の美しさに繋がり、さらにその美しさが、神にも仏にも繋がる、ととんでもない領域を見据えていた作家であることがわかります。


figure.jpg   imgres.jpg
左:門世の柵(1968)
右:弁財天妃の柵(1965)



 一方で、彩色は驚くほど柔らかい印象を受けました。淡いピンクやオレンジ、ブルーで彩られた板画は女性の柔らかさを引き立てていて見とれてしまいます。
 棟方志功の最高傑作とされている「門世の柵」「弁財天妃の柵」の展示もありました。いずれの柵も女性の胸元から上を描いた作品で、彩色もあざやか。透き通るような白と吸い込まれるような黒のコントラストは板画ならではで、日本人女性が見事に描かれていました。


大世界の柵
大世界の柵<乾>



 TV番組『なんでも鑑定団』で空前絶後の100,000,000円(一億円)という鑑定額で話題になった「二菩薩釈迦十大弟子」の改刻前のものや、壁一面をおおった見上げんばかりの大作「大世界の柵<坤>」、「大世界の柵<乾>」など巨大スケールの作品も多数あり、お腹いっぱいです。
 特別展のタイトルに「わだばゴッホになる」とあるように、一番にゴッホの影響を受けたようですが、この「大世界の柵」などには、どこかピカソの「ゲルニカ」のような雰囲気もあります。他の作品の解説にあったのですが、この「大世界の柵」の数年前に棟方はヨーロッパ旅行をしていたみたいで、そこでピカソの「ゲルニカ」に出会ったという旨が記載されていました。以降の作品からは少なからず影響を感じます。
 上下左右関係無しの自由自在な世界に取り込まれそうな作品でした。


二銭銅貨
二銭銅貨



 しかし、このような大スケールのものも良いのですが、個人的におおおっと色めき立ったのは「幻想板画柵」です。
 ミステリファンならどこかでみたことのある板画だと思います。
 これは東京創元社の江戸川乱歩作品に挿絵として付けられた板画で、確か今も創元推理文庫で見ることができたはずです。
 11画のうちの4面が展示されていました。確か「二銭銅貨」「屋根裏の散歩者」「人間椅子」「押絵と旅する男」の4面です。
 学生時代、この「二銭銅貨」のワンコがかわいいなぁと、挿絵ながらマジマジと観賞したのを覚えています。
 半紙のような紙に板画が施されていて、紙がごわついていたのがリアル。当時、東京創元社の初版ではこの板画がセットで手に入ったそうで、相当なコレクターズアイテムです。


 宮沢賢治の「雨ニモマケズ」の板画は作るたびに何処か文字を間違えたり、ワンフレーズ落としたりなど生涯に渡って失敗し続けたという面白いエピソードも聞けました。今回展示されていた作品でも「ソシテワスレズ」を忘れるという狙ってやったのかよく分からいことをやっていて、面白いです。

 展覧会後半には青森の名誉市民としての、青森の町おこし的な作品もいくつかありました。
 作中人物に北方向からの矢を持たせて青森から何か発信してやろう、という想いを表現した作品、さらにねぶた祭りに市長(知事?)さんと参加している様子を描いた巻物など多数ありました。
 東北の画家で、柳田國男の「遠野物語」や、イタコの口寄せといった文化と身近だったためか、作品世界からもその影響を感じました。これらが棟方志功の作品を、神や仏、そして伝説のある「向こう側」へと近づける要因になっているように思えます。


IMG_3019.jpg



 大変満足です。お腹いっぱい。
 青森県立美術館や棟方志功記念館収蔵の作品がほとんどでした。遠方でなかなか行けないので、今回のような特別展はありがたいです。


 【関連リンク】
 あべのハルカス美術館(大阪市阿倍野区)
 http://www.aham.jp/

スポンサーサイト
[ 2017/01/15 20:06 ] 【おでかけ】 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
スポンサードリンク
プロフィール

ウイスキーぼんぼん

Author:ウイスキーぼんぼん

初めて読んだミステリは『そして扉が閉ざされた』(岡嶋二人)。以来ミステリにどっぷりハマリ中。
「SUPER GENERATION」で水樹奈々さんに興味を持ち「Astrogation」で完全にハマる。水樹奈々オフィシャルファンクラブ「S.C. NANA NET」会員。

FC2プロフへ
mixi(放置中)
Twitterはじめました
食べログもはじめました(NEW!)

好きな推理作家:島田荘司ゴッド
嫁本:アトポス)
好きな歌手:水樹奈々ちゃん
嫁曲:SUPER GENERATION)
誕生日:ヘレン・マクロイとおなじ
体型:金田一耕助とおなじ

本年度のお気に入り(国内)
御朱印巡り
集めた御朱印です。
(各都道府県参拝した順)
※記事に出来ていない寺社多数です!鋭意執筆中!
※リンクが切れているものは下書き状態です。しばらくしたら公開されます。

【東京】
・靖國神社(その1)
・靖國神社(その2)
・東京大神宮
・浅草寺 御本尊
・浅草寺 浅草名所七福神
・浅草神社
・浅草神社 浅草名所七福神
・今戸神社
・明治神宮(その1)
・明治神宮(その2)
・増上寺
・烏森神社
・神田明神
・乃木神社
・上野東照宮

【神奈川】
・鶴岡八幡宮
・建長寺
・高徳院(鎌倉大仏殿)
・長谷寺

【愛知】
・熱田神宮
・一之御前神社、別宮八剣宮
・真清田神社
・大神神社
・大須観音

【大阪】
・大阪天満宮
・豊國神社
・四天王寺
・住吉大社
・坐摩神社
・法善寺
・難波八阪神社
・道明寺天満宮
・一心寺
・安居神社
・生國魂神社
・生國魂神社 干支(申)
・生國魂神社 干支(酉)
・三光神社
・玉造稲荷神社
・今宮戎神社
・方違神社
・難波神社
・露天神社(お初天神)
・太融寺
・大鳥大社
・石切劔箭神社
・枚岡神社
・慈眼寺
・久安寺

【京都】
・鈴虫寺(その1)
・鈴虫寺(その2)
・松尾大社(その1)
・月読神社
・天龍寺
・御髪神社
・常寂光寺
・二尊院
・野宮神社
・下鴨神社(賀茂御祖神社)
・河合神社(下鴨神社摂社)
・盧山寺
・梨木神社
・白雲神社
・護王神社
・御霊神社
・下御霊神社
・平安神宮
・銀閣寺(慈照寺)
・金閣寺(鹿苑寺)
・龍安寺
・八坂神社
・八坂神社 美御前社
・八坂神社 又旅社
・八坂神社 冠者殿社
・八坂神社 青龍
・八坂神社 祇園御霊会
・伏見稲荷大社 本殿
・伏見稲荷大社 奥社奉拝所
・伏見稲荷大社 御膳谷奉拝所
・三十三間堂
・養源院
・東福寺
・建仁寺
・南禅寺(その1)
・南禅寺(その2)
・永観堂(禅林寺)
・北野天満宮
・北野天満宮 宝刀展限定「鬼切丸」
・大将軍八神社
・法輪寺(達磨寺)
・妙心寺
・妙心寺 退蔵院
・仁和寺
・建勲神社
・晴明神社
・御金神社
・八大神社
・豊国神社
・由岐神社
・鞍馬寺
・貴船神社
・六道珍皇寺
・六道珍皇寺 六道まいり
・六波羅蜜寺 都七福神
・安井金比羅宮
・知恩院 徳川家康公四百回忌
・青蓮院門跡
・青蓮院門跡 近畿三十六不動尊霊場
・粟田神社
・鍛冶神社(粟田神社末社)
・東寺
・上賀茂神社(賀茂別雷神社)
・大徳寺 本坊
・大徳寺 高桐院
・今宮神社
・妙顯寺
・三千院 御本尊
・三千院 西国薬師四十九霊場第四十五番
・三千院 聖観音
・実光院
・勝林院
・宝泉院
・寂光院
・宝厳院
・大覚寺
・清涼寺
・祇王寺
・化野念仏寺
・落柿舎
・城南宮
・飛行神社
・石清水八幡宮
・岡崎神社
・長岡天満宮
・平野神社
・法金剛院
・高台寺
・清水寺
・宝蔵寺 阿弥陀如来
・宝蔵寺 伊藤若冲
・勝林寺
・平等院 鳳凰堂
・宇治神社
・宇治上神社
・智恩寺
・元伊勢籠神社
・眞名井神社
・梅宮大社

【奈良】
・唐招提寺
・薬師寺 御本尊
・薬師寺 玄奘三蔵
・薬師寺 吉祥天女
・薬師寺 水煙降臨
・東大寺 大仏殿
・東大寺 華厳
・東大寺 二月堂
・春日大社 ノーマル
・春日大社 第六十次式年造替
・興福寺 今興福力
・興福寺 南円堂
・如意輪寺
・吉水神社
・勝手神社
・金峯山寺
・吉野水分神社
・金峯神社
・法隆寺
・法隆寺 西円堂
・中宮寺
・法輪寺
・法起寺
・元興寺
・橿原神宮
・橘寺
・飛鳥寺
・飛鳥坐神社

【和歌山】
・総本山金剛峯寺
・高野山 金堂・根本大塔
・高野山 奥之院
・高野山 女人堂
・熊野那智大社
・青岸渡寺
・飛瀧神社
・伊太祁曽神社
・國懸神宮
・紀三井寺

【滋賀】
・比叡山延暦寺 文殊楼
・比叡山延暦寺 根本中堂
・比叡山延暦寺 大講堂
・比叡山延暦寺 阿弥陀堂
・比叡山延暦寺 法華総持院東塔
・比叡山延暦寺 釈迦堂
・比叡山延暦寺 横川中堂
・比叡山延暦寺 四季講堂(元三大師堂)
・三尾神社
・三井寺 金堂
・三井寺 黄不動明王
・近江神宮

【兵庫】
・生田神社
・廣田神社
・西宮神社
・湊川神社
・走水神社
・千姫天満宮
・男山八幡宮
・水尾神社
・兵庫縣姫路護國神社
・播磨国総社 射楯兵主神社
・甲子園素盞嗚神社
・北野天満神社

【岡山】
・吉備津神社
・吉備津彦神社

【鳥取】
・白兎神社
・宇倍神社
・聖神社
・鳥取東照宮(樗谿神社)

【広島】
・吉備津神社
・素盞嗚神社
・草戸稲荷神社
・明王院
・出雲大社 福山分社
・沼名前神社(鞆祇園宮)
・福禅寺(対潮楼)

【徳島】
・大麻比古神社

【福岡】
・太宰府天満宮
・筥崎宮(筥崎八幡宮)
・住吉神社

【沖縄】
・波上宮

■朱印帳■
・京都五社めぐり
・高野山 開創1200年記念霊木朱印帳
・平安神宮 御朱印帳
・全国一の宮御朱印帳
・住吉大社 御朱印帳
・建仁寺 御朱印帳
・今戸神社 御朱印帳
・大将軍八神社 御朱印帳
・晴明神社 御朱印帳
・東寺 御朱印帳
・明治神宮 御朱印帳
・大阪市交通局 オオサカご利益めぐり御朱印帳
・北野天満宮「宝刀展」記念朱印帳
・熊野那智大社 御朱印帳

最新のつぶやき
2016年の水樹奈々さん
ハーイ!ハーイ! ハイ!ハイ!ハイ!ハイ!