読み終わったミステリについてコメント。でも最近は脇道にそれぎみ。 このブログは水樹奈々さんを応援しています。

NANA MIZUKI LIVE ZIPANGU 2017 名古屋公演(1日目)に参加しました。レポ。  

IMG_2592-2.jpg



 2017年1月7日に行われた水樹奈々さんの冬のツアー NANA MIZUKI LIVE ZIPANGU 2017 名古屋公演初日に参加しました!
 名古屋公演は上手い具合に7日と8日の両日チケットを取ることが出来て参加出来たのですが、ここではひとまず初日の方をレポートしていきます。

 ネタバレには一切配慮していませんので、今後まったく知識を入れずに参加したい方は注意して下さい。
 参加したくてもできそうにない方など、少しでも会場の雰囲気が伝われば幸いです。
 全て記憶をもとに書いているので、細部には(大部にも?)間違いがあると思います。そのあたりもご了承の上読んでください。

 一本目!名古屋公演開幕です!


IMG_2560.jpg



 わーい、久しぶりの遠征です!
 先日の甲子園球場はお隣の兵庫県が会場で、日帰りできた為に遠征という感じは無かったのですが、今回は名古屋!
 遠征は2015年9月のアドベンチャー徳島公演以来です!
 とりあえず新大阪駅始発の新幹線に飛び乗り名古屋へと向かいます。


IMG_2272-2.jpg
安楽椅子探偵 ON STAGE



 新幹線の中では「安楽椅子探偵 ON STAGE」の録画を視聴します。
 これは懸賞金付き犯人当てのTV番組で、出題編が1月5日に放映されて、1月10日までに犯人とその犯人にたどり着くまでのプロセスを応募して、見事正解すると50万円が貰えるというミステリファン歓喜の企画です。

 ツイッターのタイムラインをカンニン…眺めていると大学のミステリ系サークルの方々などは犯人に到達されている方もいるようでびっくりします。
 舞台で演技をしている人にはアリバイが成立するな、ふむふむ、と視聴していると、その直後に犯行方法が毒針によるものだと分かってアリバイがチャラになりあたふたしている頃、名古屋駅に到着です。


IMG_2595_201701091835213e9.jpg



 名古屋駅から乗り換えて、笠寺駅というところで下車したら、会場のガイシホールは目の前です。
 奈々さんのライブでは名古屋のガイシホールは定番の会場ですが、実はわたしは訪れるのは初めてです。

 みた感じ複合施設のようで、物販列の最後尾へ歩いていると、剣道着を来た少年少女が大勢いました。同じ日に剣道の大会か何かがあったようです。こんな朝早くご苦労様です。
 また、開場時間付近になると、フィギュアスケートも行われていたようで、連休ということもあり、とても多くの人で人で賑わっていました。


IMG_2274-2.jpg



 朝7時30分ごろ物販列の最後尾に到着です。
 この時点でだいたい800人位が並んでいるとかそうでないとか。
 前日物販が効いたのか、思ったより人で溢れている感じはありませんでした。


IMG_2275-2_20170109182326796.jpg



 引き続き物販列で「安楽椅子探偵 ON STAGE」の録画を観ます。
 全部見終わっても相変わらず犯人が分かりません。
 50万円ははんぶん諦めることにしました。
 
 物販列が長大になって来たためか、物販の開始は早められて、当初午前10時開始だったのが午前9時開始に変更になりました。


物販列ver2
物販列



 物販列はこんな感じでしょうか。後ろの方はよくわかりません。
 クレジットカード対応とそうでない窓口が半々くらいでした。


IMG_2588_201701091915506e8.jpg
物販テントの様子

IMG_2590_20170109191551ffe.jpg



 物販列のそばにはゲーマーズの出張店舗がありました。
 ここで奈々さんのCDやDVDを購入することができます。


IMG_2577_20170109191719996.jpg

IMG_2351-2.jpg



 今回、このゲーマーズの出張店舗では、旧譜を2,000円以上購入すると、「LIVE ZIPANGU 告知ポスター」か「LIVE ZIPANGU 専用サインの入ったブロマイド」のいずれかが貰えるようでした。
 また、ニューアルバムの『NEOGENE CREATION』を購入すると、上記2種とは別のサイン入りブロマイドが貰えるようでした。

 注意が必要なのが『NEOGENE CREATION』を購入しても「LIVE ZIPANGU 告知ポスター」や「LIVE ZIPANGU 専用サインの入ったブロマイド」は貰えないという点です。
 仕方がないので、まだ持っていない『ロザリオとバンパイア』のキャラソンを2枚購入して、「LIVE ZIPANGU 専用サインの入ったブロマイド」を貰いました。

 ちなみに物販テントからは奈々さんの曲が流れているのですが、その曲にあわせて、ゲーマーズの店員さんは「先程流れました「○○」を含みますCDも旧譜フェア対象です~」といった呼び込みを行っていました。なかなか奈々さんに詳しい店員さんのようでしたぞ。


IMG_2574.jpg
御本尊



 ライブ恒例の御本尊もありました。
 奈々さんの周りには金魚に富士山、和風でなんだかきらびやかです。


IMG_2582_20170109183523a74.jpg
奈々さん入魂の書
名古屋公演初日バージョン


IMG_2586_20170109183521de9.jpg
奈々さんの書を撮影するみなさま。列ができていました。



 奈々さん入魂の書がファンクラブカウンターのそばにありました。
 これが今回のツアーでは公演毎に変わるようです。

 名古屋公演初日は「開幕」
 奈々さんの堂々たる宣言です。ありがたく写真をいただきました。
 ちなみに写真撮影は自由です。ぜひ撮って帰りましょう!


IMG_2665.jpg
名古屋公演初日限定Tシャツ

IMG_3010.jpg
名古屋公演初日限定ピンズ



 名古屋公演初日の限定Tシャツは赤色でした。
 また、限定ピンズはナネットさん。名古屋と言えば尾張、徳川家のコスプレでしょうか。


IMG_2688.jpg
NANACA



 NANACA もあっさり全種揃いました。
 今回の LIVE ZIPANGU の NANACA は全部で8種類!着物を来た奈々さんがキラキラのカード。
 ジパングという感じはしませんが、日本をテーマにしているものもあって、日本のアイドル文化やゴスロリ(?)っぽい奈々さんもいます。


IMG_2692_20170109192756d54.jpg
今回のベストNANACA



 今回のマイベスト NANACA はこちら!
 なんか今までに無い感じの奈々さん。かっこいいっす!


IMG_2601.jpg

IMG_2597.jpg



 そんなこんなで物販は終了です。11時30分にはいろいろ写真を撮り終わって余裕があるくらいでした。かなり早いです。

 今回は金山というエリアにホテルを取ってみました。栄と名古屋を結ぶトライアングルの一角でなにかと便利でした。
 ただこの金山駅、地下鉄なんかも乗り入れてあり、改札で迷子になって、駅員さんに2回も電子マネーをリセットしてもらって改札から出してもらいました。恥ずかしい!

 チェックインは15時からなのでひとまず荷物を預けて、栄に名古屋めしを食べてから会場入りです。
 毎回このくらい時間の余裕があると助かります。あんかけスパ天むすに、あとぴよりんを購入して、ライブ前にして既に名古屋をある程度満喫です。





IMG_2297-2.jpg



 初日の開場は17時です。
 16時50分ごろガイシホールの前に到着です。
 金山駅からは快速電車が出ていたのですが、奈々さんのライブが行われるため、通常は停車しない笠寺駅でも臨時で停車しました。JRの粋な計らいです。

 初日はスタンド席です!2階から会場入りです!

 NANA MIZUKI LIVE ZIPANGU 2017 1本目 名古屋公演初日いよいよ開幕です!





 NANA MIZUKI LIVE ZIPANGU 2017 名古屋公演初日セットリスト

 1. WILD EYES
 2. はつ恋
 3. 純潔パラドックス
 4. BRACELET
 5. 哀愁トワイライト
 6. ETERNAL BLAZE
 7. STAND UP!
 8. Clutch!!
 9. アンティークナハトムジーク【企画コーナー】
 10. ALONE ARROWS
 11. エデン
 12. Please download
 13. ドラマティックラブ
 14. POWER GATE
 15. TWIST&TIGER
 16. ヒメムラサキ
 17. 悦楽カメリア
 18. ミュステリオン
 19. Don't be long
 20. UNLIMITED BEAT
 21. めぐり逢うすべてに

◆アンコール
 22. RODEO COWGIAL
 23. 絶対的幸福論
 24. STARTING NOW!



ステージ
ステージ構成
こんな感じでしょうか?
ごまかしすぎですが許してください。



 名古屋公演初日はスタンド席のJブロックで観賞です。
 ステージを下手側から見下ろす形です。

 会場に入ると、ステージ上空には巨大な切妻破風のような屋根が吊るされています。
 木造っぽい(実際は分かりませんが)作りで、唐草模様的な和風な意匠です。
 棟の部分には物販のパーカーでおなじみの「奈」のデザインが施されていました。

 ステージ上に目を向けると、ステージ奥の高いところには、松の絵が書かれたふすまがあります。
 ステージの一番低いところには、両サイドに大きな柱、さらにその横にはガス灯のようなものが立っていました。ライブジパングのロゴに描かれているあんなやつです。


開幕ver3
オープニングムービー
なんか違う(汗



 開演は18時。手元の時計では5分くらい遅れて始まりました。

 映像からのスタートです。
 画面には奈々さんがお着物(名前がよく分かりません)を召して、支度をしている映像が映し出されます。準備が終わって奈々さんがフレーム外へ移動した後、ババーンと筆で描かれた真っ赤な「LIVE ZIPANGU」というタイトルが映し出され、開幕曲「WILD EYES」のスタートです!

 ステージ上部奥の松の襖の前(開いてから?)の和柄の玉子のようなものが開いて、その中から映像から飛び出したかのように奈々さんが登場です。
 奈々さんの両サイドではチームヨーダと思しきダンサーが側室のような格好(?)で舞います。

 開幕この「WILD EYES」には驚きました。かなり古い楽曲です。
 「バジリスク」というアニメで使用された楽曲のようで、「ジパング」と銘打つ本ライブを象徴する楽曲です。

 ニューアルバムの新曲「はつ恋」を挟んで、これまた和を象徴した「純潔パラドックス」と勢いのある楽曲が続きます。
 「はつ恋」ではステージ奥のスクリーンに映し出された映像中に歌詞が織り込まれていて、かなり作り込まれた映像演出に感じました。

 ライブフライトの飛行機や、ライブアドベンチャーの自動車といった乗り物や飛び道具はオープニングでは登場しませんでしたが、和を強調した演出が強力で、物足りなさは感じませんでした。


+++


 バックバンドのチェリーボーイズの紹介では、最近ファンから不評の声が上がっていた、りゅーたんがチョーさんを無視する行為は見られませんでした。りゅーたん、しっかりとチョーさんを紹介します。逆にチョーさんのほうがりゅーたんをいじっていたりしていて、今回は不評は無いと思われます。
 各々和楽器を演奏してPRです。トムくんは火消しの梯子上りのようなこと(実際は全然登れていない)をやっていて笑いをとっていました。チョーさんは南京玉すだれで名古屋テレビ塔を作って会場を沸かせます。
 ユタポンは雷神のような太鼓を背負ってりゅーたんとボケをかまし、ケニーは尺八(?)で「ケニーナンバーワン!」ではなく「ケニー七合目!ケニー七合目!」という掛け声手とともに中央ステージまでやってきました。


+++


 ツアー恒例の企画コーナーも今回はあります。
 企画コーナーの名前は忘れてしまったのですが、チェリーボーイズ個人にスポットを当てよう、とコンセプトに、チェリーボーイズの誰か一人だけを選出して奈々さんと歌うという企画です。
 名古屋公演初日、最初に白羽の矢が立ったのは門脇大輔さんこと門Dです!楽曲は「アンティークナハトムジーク」です!

門D
アンティークナハトムジーク



 門D以外のチェリーボーイズのメンバーは後ろで休憩して、奈々さんと門Dだけがステージ中央立ち、楽曲が始まります。
 チェリーボーイズの紹介のときは、いつもおちゃらけた感じの門Dですが、この時ばかりはガチの大真面目。目つきが変わってまるで別人のようです。


門Dアップ
門D かっこいいバージョン



 ステージ上に映し出された映像には、時々門Dがアップで映し出されるのですが、男のわたしが見れても惚れてしまいそうなほど格好良かったです。
 ペンライトを振っている人も少なかったですね。みなさん門Dのガチ演奏にほれぼれと聴き入っているようでした。
 これは良企画です。わたしにとって門Dの演奏は名古屋公演初日のなかで最も印象深いシーンのひとつでした。絶対に映像化してほしいです。
 奈々さん曰く「今後の公演でも「アンティークナハトムジーク」は別の人とまた登場するかもしれません」とのことでした。


+++


チームヨーダ
チームヨーダ紹介



 今回のライブタイトルは「ジパング」です。
 わたしは、まっさきにマルコポーロや黄金の国、ドラクエ3絡みでヤマタノオロチなどを連想したのですが、そういうのは頭から取っ払ったほうが良いです。単純に「ジパング」を「ジャパン」に読み替えるとわかりやすいです。
 チームヨーダの紹介も、世界に誇る日本のサブカルチャーのひとつアイドルやゲームなどが題材になっていました。

 ステージ上の画面には、ノートパソコンを前に、ひたすらお菓子を食べる奈々さんが映し出されます。
 パソコンの中ではチームヨーダの面々がアイドル然とした格好で自己紹介を始めます。どうやら奈々さんがプロデューサーになって「チームヨーダ」というアイドルユニットを作っている様子。

 チームヨーダの紹介の後は、この曲しかありません「Please download」です。
 可愛い振り付けで、わたしの近くで観覧していた女の子が一生懸命真似しているのが印象的でした。

 ダンスナンバーの「Please download」「ドラマティックラブ」の後は、新旧アッパー曲「POWER GATE」「TWIST & TIGER」が続き、ショートムービーが始まります。


+++

鳥助ける
ショートムービー冒頭シーン



 今回のショートムービーは、今までにないくらいの作り込まれた物語になっていました。

 冒頭のシーンでは、山で村人(?)に捕まってしまった鳥を、身分の高い男性が助ける様子が描かれます。
 男性に助けられた鳥は、そのまま飛び立ってしまうのですが、男性のもとに1枚の羽根を落としていきます。この羽根が鳥と男性をつなぐ唯一の接点となります。よく覚えておきましょう。


 助けられた鳥は、もう一度あの男性に会いたい、という強い想いから、12年に一度の酉年の今年、人間に姿を変えることが許されます。ショートムービーの中では、この人間に姿を変えた鳥を水樹奈々さんが演じます。
 ちなみにこのショートムービーのナレーションは鳥海さん(鳥海浩輔さん?)という声優の方がされていて、映像中に名前が出ると、客席から歓声が上がっていました。

 奈々さん(鳥さん)の踊りは大層評判で、その噂は鳥を助けた、かの男性の耳にも届くことになりました。
 しかし男性の身体は病に侵され、余命幾ばくもありません。命尽きる前に、その女性(奈々さん)の踊りを見ようと、奈々さんのもとに足を運びます。

 奈々さんの踊りはそれはもう美しいもので、その踊りを観賞した男性は安心した為か、病状が急転。奈々さんの目の前で崩れ落ちてしまいます。


 しかし!




 男性の手元から離れた扇子――その扇子の要(かなめ)に付けられた1枚の羽根に奈々さんが気づきます。
 そうなのです、この羽根こそが、奈々さんと男性をつなぐ唯一の絆。その絆が再び二人をめぐりあわせたのです!


ようやくお会い出来ました




 男性の手に自分の手を重ね合わせる奈々さん。
 みるみる男性の病状が回復していきます。
 
 男性に「ようやく、お会い出来ました」と声をかけると、男性もその女性がかつて自分が助けた鳥であることに気づきます。
 しかし自分の想いを遂げた奈々さん、人間の姿ではいられなくなります。
 男性の元から離れていきます。


逃げる鳥ver2



 男性も必至に奈々さんを追いかけますが、奈々さんは鳥に姿を変えて、遠い彼方へ飛び立っていくのでした。


+++


 ……というような映像が終わって、本公演の山場となる演出が炸裂します。


御奈々鳥



 両翼17.7m!!
 その名も御奈々鳥!!

 ぐわぁぁっと時間をかけて翼が開いていき、その全貌を我々の前に現します。 

 映像演出のあとは、なんと新曲は来ません!!
 「ヒメムラサキ」の登場です!
 何年前の楽曲でしょう。もう十年以上も前の楽曲です。こういう展開は珍しいのではないでしょうか。
 アニメ「バジリスク」のエンディングテーマでもある「ヒメムラサキ」です。アニメの作中で描かれた恋愛模様と前段のショートムービーの内容とをリンクさせた楽曲です。

 楽曲の中盤から、御奈々鳥の翼がピカピカ光りだします。
 ステージ上部に目を向けると、和風の切妻屋根がいつの間にかライトアップされて神戸のルミナリエっぽく洋風に変わっていました。


悦楽カメリア
悦楽カメリア
…たぶんこんな衣装じゃなかった(汗



 「ヒメムラサキ」の後はステージが暗転。かわりにステージ前方に障子が何枚か登場しました。
 障子と闇に隠れるようにして、たぶん奈々さんは御奈々鳥の翼を脱いでいたのだと思います。

 「ヒメムラサキ」でしっとり聴かせた後は、あの曲です!あの曲がまだ出ていません!
 和風の楽曲ならこの曲!「悦楽カメリア」です。
 障子の向こうから和傘を持った奈々さんが登場です。かつて無いほど「和」が強調された「悦楽カメリア」でした。


 その後、わたしの大好きな「ミュステリオン」「UNLIMITED BEAT」と続いてアンコールへと突入するのでした。
 てっきり「UNLIMITED BEAT」が今回の「ヒメムラサキ」のポジションに行くのだとばかり思っていたので、意外でした。しかし無事歌ってくれて安心。結局「君よ叫べ」が無かったのは少し残念。


 アンコール1曲目の「RODEO COWGIAL」で奈々さんはトロッコに乗ってアリーナ席をぐるっと移動していきます。

 アンコールでは「ヘッド~!」の声が客席から上がります。わたしはスマギャンは聴いていないのですが、なんでももうすぐ777回を迎えるとのことで、記念企画もいろいろ考えているとのことです。
 アンコール最後の楽曲が「STARTING NOW!」というのが奈々さんらしくて好きです。
 「STARTING NOW!」終盤のジャンプで銀テープが発射されました。
 MCでは「これで終わりじゃないのが良いよね~」と久しぶりのツアーを喜ぶ奈々さんの姿もありました。


 飛び道具無し、乗り物も無し(アンコールを除いて)、開幕曲と映像曲を飾ったのは10年以上も前の楽曲です。
 アップテンポのいわゆるエレガ曲にメインを任せずともここまで盛り上げた水樹奈々の歌唱力、そして企画コーナーに象徴されるバックバンドの演奏力、個人の能力の高さを感じた公演でした。


IMG_2301-2.jpg
初日公演終了後のガイシホール



 満足度の高い公演でした。正直申しますと、先日の甲子園ライブよりも全然好みです。
 水樹奈々さん、参加された方、お疲れ様でした。ありがとうございました。


 【→名古屋公演2日目へ続く!】




スポンサーサイト
LVIEレポ読ませていただきました。
当方も名古屋LIVE、2日間参加しました!今回はお会いしませんでしたね・・・(笑)
今回のセットリストはチョイ昔&最近の曲の融合で激アツで最高でした!
次回は大阪に参戦予定です!
[ 2017/01/14 23:57 ] [ 編集 ]
コメントありがとうございます!

昔の曲と最近の曲バランスが良かったと思います。
WILDEYESとヒメムラサキの位置が意外でした。あの位置には新曲が来ると思っていました。
ニューアルバムの中では「君よ叫べ」が一番好きなのですが来なくてちょっと残念v-388
[ 2017/01/15 03:35 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
スポンサードリンク
プロフィール

ウイスキーぼんぼん

Author:ウイスキーぼんぼん

初めて読んだミステリは『そして扉が閉ざされた』(岡嶋二人)。以来ミステリにどっぷりハマリ中。
「SUPER GENERATION」で水樹奈々さんに興味を持ち「Astrogation」で完全にハマる。水樹奈々オフィシャルファンクラブ「S.C. NANA NET」会員。

FC2プロフへ
mixi(放置中)
Twitterはじめました
食べログもはじめました(NEW!)

好きな推理作家:島田荘司ゴッド
嫁本:アトポス)
好きな歌手:水樹奈々ちゃん
嫁曲:SUPER GENERATION)
誕生日:ヘレン・マクロイとおなじ
体型:金田一耕助とおなじ

本年度のお気に入り(国内)
御朱印巡り
集めた御朱印です。
(各都道府県参拝した順)
※記事に出来ていない寺社多数です!鋭意執筆中!
※リンクが切れているものは下書き状態です。しばらくしたら公開されます。

【東京】
・靖國神社(その1)
・靖國神社(その2)
・東京大神宮
・浅草寺 御本尊
・浅草寺 浅草名所七福神
・浅草神社
・浅草神社 浅草名所七福神
・今戸神社
・明治神宮(その1)
・明治神宮(その2)
・増上寺
・烏森神社
・神田明神
・乃木神社

【愛知】
・熱田神宮
・一之御前神社、別宮八剣宮
・真清田神社
・大神神社
・大須観音

【大阪】
・大阪天満宮
・豊國神社
・四天王寺
・住吉大社
・坐摩神社
・法善寺
・難波八阪神社
・道明寺天満宮
・一心寺
・安居神社
・生國魂神社
・生國魂神社 干支(申)
・生國魂神社 干支(酉)
・三光神社
・玉造稲荷神社
・今宮戎神社
・方違神社
・難波神社
・露天神社(お初天神)
・太融寺
・大鳥大社
・石切劔箭神社
・枚岡神社
・慈眼寺
・久安寺

【京都】
・鈴虫寺
・松尾大社(その1)
・月読神社
・天龍寺
・御髪神社
・常寂光寺
・二尊院
・野宮神社
・下鴨神社(賀茂御祖神社)
・河合神社(下鴨神社摂社)
・盧山寺
・梨木神社
・白雲神社
・護王神社
・御霊神社
・下御霊神社
・平安神宮
・銀閣寺(慈照寺)
・金閣寺(鹿苑寺)
・龍安寺
・八坂神社
・八坂神社 美御前社
・八坂神社 又旅社
・八坂神社 冠者殿社
・八坂神社 青龍
・八坂神社 祇園御霊会
・伏見稲荷大社 本殿
・伏見稲荷大社 奥社奉拝所
・伏見稲荷大社 御膳谷奉拝所
・三十三間堂
・養源院
・東福寺
・建仁寺
・南禅寺(その1)
・南禅寺(その2)
・永観堂(禅林寺)
・北野天満宮
・北野天満宮 宝刀展限定「鬼切丸」
・大将軍八神社
・法輪寺(達磨寺)
・妙心寺
・妙心寺 退蔵院
・仁和寺
・建勲神社
・晴明神社
・御金神社
・八大神社
・豊国神社
・由岐神社
・鞍馬寺
・貴船神社
・六道珍皇寺
・六道珍皇寺 六道まいり
・六波羅蜜寺 都七福神
・安井金比羅宮
・知恩院 徳川家康公四百回忌
・青蓮院門跡
・青蓮院門跡 近畿三十六不動尊霊場
・粟田神社
・鍛冶神社(粟田神社末社)
・東寺
・上賀茂神社(賀茂別雷神社)
・大徳寺 本坊
・大徳寺 高桐院
・今宮神社
・妙顯寺
・三千院 御本尊
・三千院 西国薬師四十九霊場第四十五番
・三千院 聖観音
・実光院
・勝林院
・宝泉院
・寂光院
・宝厳院
・大覚寺
・清涼寺
・祇王寺
・化野念仏寺
・落柿舎
・城南宮
・飛行神社
・石清水八幡宮
・岡崎神社
・長岡天満宮
・平野神社
・法金剛院
・高台寺
・清水寺
・宝蔵寺 阿弥陀如来
・宝蔵寺 伊藤若冲
・勝林寺
・平等院 鳳凰堂
・宇治神社
・宇治上神社

【奈良】
・唐招提寺
・薬師寺 御本尊
・薬師寺 玄奘三蔵
・薬師寺 吉祥天女
・薬師寺 水煙降臨
・東大寺 大仏殿
・東大寺 華厳
・東大寺 二月堂
・春日大社 ノーマル
・春日大社 第六十次式年造替
・興福寺 今興福力
・興福寺 南円堂
・如意輪寺
・吉水神社
・勝手神社
・金峯山寺
・吉野水分神社
・金峯神社
・法隆寺
・法隆寺 西円堂
・中宮寺
・法輪寺
・法起寺
・元興寺
・橿原神宮
・橘寺
・飛鳥寺
・飛鳥坐神社

【和歌山】
・総本山金剛峯寺
・高野山 金堂・根本大塔
・高野山 奥之院
・高野山 女人堂
・熊野那智大社
・青岸渡寺
・飛瀧神社
・伊太祁曽神社
・國懸神宮
・紀三井寺

【滋賀】
・比叡山延暦寺 文殊楼
・比叡山延暦寺 根本中堂
・比叡山延暦寺 大講堂
・比叡山延暦寺 阿弥陀堂
・比叡山延暦寺 法華総持院東塔
・比叡山延暦寺 釈迦堂
・比叡山延暦寺 横川中堂
・比叡山延暦寺 四季講堂(元三大師堂)
・三尾神社
・三井寺 金堂
・三井寺 黄不動明王
・近江神宮

【兵庫】
・生田神社
・廣田神社
・西宮神社
・湊川神社
・走水神社
・千姫天満宮
・男山八幡宮
・水尾神社
・兵庫縣姫路護國神社
・播磨国総社 射楯兵主神社
・甲子園素盞嗚神社
・北野天満神社

【岡山】
・吉備津神社
・吉備津彦神社

【鳥取】
・白兎神社
・宇倍神社
・聖神社
・鳥取東照宮(樗谿神社)

【広島】
・吉備津神社
・素盞嗚神社
・草戸稲荷神社
・明王院
・出雲大社 福山分社
・沼名前神社(鞆祇園宮)
・福禅寺(対潮楼)

【徳島】
・大麻比古神社

【福岡】
・太宰府天満宮
・筥崎宮(筥崎八幡宮)
・住吉神社

【沖縄】
・波上宮

■朱印帳■
・京都五社めぐり
・高野山 開創1200年記念霊木朱印帳
・平安神宮 御朱印帳
・全国一の宮御朱印帳
・住吉大社 御朱印帳
・建仁寺 御朱印帳
・今戸神社 御朱印帳
・大将軍八神社 御朱印帳
・晴明神社 御朱印帳
・東寺 御朱印帳
・明治神宮 御朱印帳
・大阪市交通局 オオサカご利益めぐり御朱印帳
・北野天満宮「宝刀展」記念朱印帳
・熊野那智大社 御朱印帳

最新のつぶやき
2016年の水樹奈々さん
ハーイ!ハーイ! ハイ!ハイ!ハイ!ハイ!