読み終わったミステリについてコメント。でも最近は脇道にそれぎみ。 このブログは水樹奈々さんを応援しています。

「NANA MIZUKI LIVE PARK 2016」に行ってきました。レポ。 

IMG_1782-3.jpg
阪神甲子園球場



 9月22日(木)に阪神甲子園球場にて行われた、水樹奈々さんNANA MIZUKI LIVE PARK 2016 に行ってきました。
 奈々さんのライブでは珍しい1日のみのライブです。
 事前物販はすでに済ませていたので、なにも早起きせずに開場時間にあわせて行けばよかったのですが、やっぱり早めに会場の雰囲気を味わっておきたかったのと、わたしが奈々さんのライブに参加するのは1年ぶりというわけで、気が急いてしまいます。


IMG_1772-2.jpg
阪神電車 甲子園駅



 朝の10時ごろに最寄り駅の甲子園駅に到着です。
 天気が心配でしたが、曇り空で雨はまだ降っていませんでした。


IMG_1774-2.jpg



 駅の南側の出口のすぐそばにはテントが張ってあって、そこでデイリースポーツの販売がされていました。
 なんでも、今回の甲子園ライブを特集した限定版の新聞が出るとのことで、多くの人が買い求めていました。駅前なので水樹奈々ファン以外の一般の方も買っているようでした。


IMG_1775-2.jpg
デイリースポーツ限定版

IMG_1806-3.jpg
奈々様っ!



 わたしも早速購入です。
 一部200円。
 オールカラーの豪華版です。
 今回の甲子園ライブについてのインタビューも掲載されていたのですが、詳しい内容や演出は秘密とのこと。ただ、ジェット風船を飛ばすタイミングは、野球の7回裏にあわせて、ライブの7曲目で飛ばすとのコメントが有りました。


IMG_1787-2.jpg



 球場周りをグルっとまわってみたのですが、事前に公式ホームページで通達があったような待機列形成の制限は見受けられませんでした。2,500人規模の待機列が出来ていたようです。

 ライブ当日は天候が悪かったため、物販でも急遽レインポンチョの販売が行われました。
 買い求めるお客さんが多かったのか、真っ先に売り切れていました。


IMG_1796-2.jpg
ファンクラブカウンター

IMG_1783-2.jpg
ファンクラブカウンター前の列



 物販のテントのそばにはファンクラブカウンターが別に設けられていました。
 こっちにもささやかながら列が形成されていました。
 何やら皆さん熱心に写真を撮っているようです。わたしも並んでみることに。


IMG_1784-3.jpg
奈々さんのメッセージ入りポスター



 なんということでしょう、奈々さんのメッセージ入りポスターがあるではありませんか!
 事前物販には無かったものです。
 わたしも写真をパシャリです。


IMG_1804-2.jpg

IMG_1803-2.jpg



 さらにファンクラブカウンターから奥まったところには御本尊がありました。
 事前物販のときよりなんだか豪華になっています。
 木々の間から差す光が神々しさを演出です。


IMG_1807-2.jpg

IMG_1811-2.jpg
ナネットさん



 グッズは既に購入済みなので、ブラブラ歩いただけで特に用事はありません。
 歩いているとお腹が空いてきたので、ファンクラブカウンターのすぐ北に出店されていた焼き鳥屋で腹ごしらえです。1本350円。

 ナネットさんを想いながら食べるとなんだか美味しいです。


IMG_1812-2.jpg
人だかり



 焼き鳥を食べていると、人だかりを発見!
 何やら中心には白い頭が見え隠れしています。


IMG_1849-2.jpg
ナネットさん



 来ました!焼き鳥…じゃなくてみんなのアイドル、ナネットさんです!
 ちょうどナネットさんのコスプレをされている方もタイミングよく同じ場所にいたので、奇蹟のコラボレーションをみんなで撮影です。
 コスプレをされている方がナネットさんに近づくと、スタッフの方に注意されていましたが、なかなか面白くて場が盛り上がりました。特に羽目を外して絡んでいた訳ではないので問題ないと思います。面白かったです、粋な趣向ありがとうございました。


IMG_1790-2.jpg
甲子園素盞嗚神社(タイガース神社)

IMG_1792-2.jpg



 といいつつも、まだお昼を回ったところ。開場時間までまだまだ時間が有ります。
 そこで、以前お参りした甲子園素盞嗚神社(タイガース神社)へもう一回行ってみることにしました。甲子園の南西に隣接している神社です。


IMG_1793-2.jpg
以前に書いた絵馬
まだありました



 絵馬を眺めてみると、以前ここを参拝したときに書いた絵馬がまだ吊り下がっていました。しかも目立つところに!
 恥ずかしかったのですが、よくよく見ると、わたしが書いたように奈々さんの甲子園ライブ成功を願う絵馬が他にもたくさんかかっていました。
 今一度拝殿で甲子園ライブの成功を願って神社を後にしたのでした。



IMG_1861-2.jpg
雨宿り



 午後2時ごろ、ついに大粒の雨が降り始めました。
 いたるところから悲鳴が上がります。

 一旦止んだかと思えば、いきなり土砂降りがきたりと安定しません。
 西の山を見てみるとすっかり雲に覆われていて、まだまだ降りそうな予感がします。


 そんな不安な中ついに開場時間になります。
 ライブの間だけで良いのです。どうか雨が降りませんように!





 NANA MIZUKI LIVE PARK 2016 セットリスト

<OPENING MOVIE>
M-01. アオイイロ
M-02. POWER GATE
M-03. It's Only Brave
M-04. Naked Soldier
M-05. SCARLET KNIGHT
M-06. アンティフォーナ
<Cherry Boys コーナー>
M-07. POP MASTER
M-08. 76th Star
M-09. Summer Sweet
M-10. コイウタ。
<TEAM YO-DA コーナー>
M-11. The NEW STAR
M-12. Faith
M-13. TRANSMIGRATION
M-14. 熱情のマリア
<SHORT MOVIE>
M-15. STARTING NOW!
M-16. レイジーシンドローム
M-17. 7COLORS
M-18. STAND UP!
M-19. MASSIVE WONDERS
M-20. ETERNAL BLAZE
M-21. アパッショナート
M-22. BRAVE PHOENIX
<<ENCORE>>
M-23. Fun Fun★People
※六甲おろし
M-24. You have a dream
M-25. ミラクル☆フライト
M-26. 恋想花火
<<W ENCORE>>
M-27. JET PARK



応援スタイル
理想:ウキウキ気分でライブ参戦



 グッズもいっぱい買ったし、フル装備でライブ参戦だ!と最初は意気揚々としていたのですが、やっぱり雨がいつ降るかわからないので、いつでもレインポンチョをサササッとかぶれるように装備は縮小です。結局キャップもバットもハチマキも持っていきませんでした。
 雨って濡れるだけじゃなくて、テンションまで下がってくるから嫌です。


レインポンチョ
現実



 今回わたしは3塁側のアルプス席から観戦しました。
 以前甲子園のスタジアムツアーというのに参加した時に、球場内の屋内通路を通った覚えがあるので、ひとまずその通路で雨対策の準備をしてアルプス席へと行こうと思ったのですが、そうは行きませんでした。
 3塁側のアルプス席へは13号門から入場するのですが、13号門をくぐると、狭い通路があってその向こうはすぐ屋外です!もっとゆっくり準備ができるのかと思ったら全然違いました。その狭い通路でひとまずレインポンチョをかぶってカバンをポリ袋にいれて防水対策をした上でアルプス席へと向かいます。

 事前にアルプス席はとてつもなく狭いと聞いていたので荷物は最小限です。
 席の下にむりやり押し込めます。
 幸い通路側の席だったので、スポーツドリンク(500ml)は席の横側と階段の間にできたくぼみにはめ込む感じで寝かせて固定です。ライブ中は当然通路側にずれて応援しました。そうでなきゃまともにペンライトを振れないくらい狭いです。


座席
座席・ステージ構成 こんな感じ?



 3塁側アルプス席へ着いてまずびっくりしたのが、ステージをとてつもない鋭角から望むことになることです。
 ステージの造りとして、左右に大きな画面があって、中央の少し奥まったところにサポートバンドのチェリーボーイズの楽器が収まっていたと思われるのですが、その楽器がさっぱり見えません。当然チェリーボーイズたちの演奏なんかも見えやしません。


ライブパークステージ



 また、正面ステージにあったらしい「LIVE PARK」という電飾も見ることが出来ませんでした。家に帰ってネットのニュース写真をみて初めてそういうものがあるのを知りました。

 これは完全に見切れ席というやつでは無いのか、と腹立たしくなります。ファンクラブ先行で取得したチケットです。
 そういえば以前、LIVE CIRCUS の愛媛公演でもステージ上の象の乗り物が全く見えず腹が立ったことを思い出します。
 わたしの周りの席からも、グラウンド席中央の通路に囲まれた席とこっちのアルプス席が同じ値段なのが信じられない、とブーブー言っているのが聞こえました。残念ながら同感です。


+++


 さすが奈々さん、晴れ女といわれるだけあって、開場からライブ後半に至るまではまとまった雨が降ってきませんでした。
 レインポンチョを着ていると、当然通気性が無いためやたらと暑いのでさっさと脱いでしまします。


御御足
オープニングムービーの全て、そう全てです。



 今回の甲子園ライブもオープニングムービーで開幕です。
 奈々さんのブログで「日常的なシーンをフィーチャー」しているとあったとおり、オープニングも奈々さんの日常が描かれていました。
 朝起きて着替えて公園に出かけると、チェリーボーイズみんなが奈々さんを待っていた、というような内容でした。
 途中パジャマを着替えるシーンで会場がどよめきます。


アオイイロ風船
アオイイロ



 1曲目「アオイイロ」!早速のサプライズです!
 ステージから7色の大量の風船が空に放たれます。フワフワと風に乗って、遠く彼方へと飛んでいきました。
 これが青空だったらどんなに良かったことか、と思うのですが、屋外でしかできない演出に早速感激です。

 序盤、ライブの定番アッパー曲「POWER GATE」「SCARLET KNIGHT」を惜しみなく出しつつも、「It's Only Brave 」「Naked Soldier 」「アンティフォーナ」など比較的新し目の曲でつなぎます。
 最初の3曲の後MCが入ったのですが、「アオイイロ」「POWER GATE」そして「It's Only Brave」の「止められない情熱 青空に解き放とう」であるとか、初っ端から青空が似合う楽曲で固められた印象です。

 サポートバンドのチェリーボーイズの紹介では、先日チーム水樹で敢行されたらしい富士登山のことが話題になりました。
 ファイヤー、リューたん、ゆたぽん(マーティンも?)が確か富士山登頂に成功したそうで、チョーさんが8.5合目、ケニーが7合目まででリタイアとのことでした。
 ケニー曰く、奈々さんの「奈々」と7合目の「7」をあわせたそうで、「7合目ですが何か?むしろ(チーム水樹として)こうあるべきではないのかと思います」と開き直って会場を沸かせるのでした。
 この富士山トークが割りかし面白くて、ユタポン曰く、一番張り切ってスイスイ登っていたのは奈々さんだそうです。どうやら奈々さん、早くこの辛い登山を終わらせようという一心からハイスピードで登っていったそうです。それがすごいんですよね~。奈々さんの武勇伝が語られたのでした。

 このチェリーボーイズの紹介が全員終わったところで、リューたんからアナウンスがあります。
 「ここで皆さんには風船を膨らませて頂きたいのです、焦らなくてもいいですからね」「この風船を膨らませるのには少しコツがいりまして、膨らませられないという人は周りの人に膨らませてもらいましょう」
 そうです、いよいよジェット風船の出番です!


IMG_9738-2.jpg
入場時に全員にひとつずつ配布されたジェット風船



 ジェット風船は入場時にお客さん全員に配布されました。
 公式サイトでは「青色/無地」という表現がされていて、「青色」と「無地」が配布されるものと勘違いしている方がいましたが、そうではなく「無地の青色」の風船が一つだけ配られました。

 今回は物販でもジェット風船が500円で販売されていたので、せっかくなのでわたしは物販のやつを膨らませてみることにしました。


ジェット風船



 リューたんが言うようにこいつを膨らませるのには少しコツが要ります。
 野球よりサッカー派なわたしですが、以前広島にいたときに会社の付き合いでカープ観戦に何度か行ったことがあるので、何故かジェット風船はお茶の子さいさいで膨らませます。



ジェット風船 破裂



 しかし調子にのって膨らませていると、大爆発!
 周りのお方、びっくりさせて申し訳ないです。
 2つめを急いでふくらませることにしました。
 本当ポケットに2つ風船を忍ばせておいて良かったです。やっぱり水樹ブルーがふさわしいのでしょうか。青色の方はこんどは割れずに膨らませました。


IMG_9741_201609240135089d8.jpg
割れた風船



 実際皆さん青色がほとんどでしたね。9割5分くらいが青色で、たまに黄色がポツポツいるくらいでした。赤や白はわたしが見た範囲ではいませんでした。


着物



 そしてステージ上には風船を持った奈々さんも登場!浴衣姿でした!
 動きにくそうな衣装でしたが、軽快にステージを右へ左へと動いていました!


ジェット風船飛ばし2
POP MASTER



 7曲目「POP MASTER」のイントロ、奈々さんの「1!2!1・2・3・GO!」の合図とともにみんなでジェット風船を打ち上げます。
 ジェット風船が青色だったのはこういう意味があったのですね。会場が青色に染まります。いままでペンライトやサイリウムで青色に染めていた楽曲ですが、この甲子園ライブでは全く別のやり方で青色に染めることに成功です!感動しました!


 その後、チームヨーダの紹介がありました。
 チームヨーダのなかではベテランのMIKAさんが結婚されたとの報告がありました。ライブで初めて知りました。いつのまに…。
 YUMEKOさんにつづいて結婚ラッシュです。ひょっとしたら奈々さんもそう遠くない日に…あわわわわ…。

 チームヨーダの紹介が終わった後、奈々さんの登場となるのですが、ここで少しトラブルがありました。
 照明が暗転してからしばらくステージから何も反応がありません。
 しばらく待っても奈々さんが登場しないので、会場からは奈々コールがあがります。

 しばらくコールをかけていると「みんなおまたせ~」という掛け声とともに、奈々さんが登場しました
 なんと虎柄の露出度の高い衣装で正面ステージの高台から浮島のステージへとスイーッとターザンのように滑空して登場です!
 ぽつぽつ雨が降っていた時だったので、天候によるトラブルかもしれません。なんのトラブルだったのかは分かりませんでしたが、無事奈々さんが登場して安堵します。
 後のMCで、この衣装はうる星やつらのラムちゃんを意識したとのことです。もちろん阪神タイガースの虎の意味もあります。


+++


 今回の甲子園ライブでは「セットリスト投票企画」というものが事前に行われました。
 
 ◆セットリスト候補曲
 「夏に聴きたいダンスソング」
 1. through the night
 2. keep your hands in the air
 3. Faith
 4. PRIDE OF GLORY
 5. Gimmick Game
 6. HIGH STEPPER
 7. GUILTY


 夏に聴きたいダンスソングと題して、われわれ水樹奈々ファンの投票によって7曲のうちの一番人気の歌が当日ライブで歌われるという企画。ライブ当日まで結果は分かりません。
 わたしは「Gimmick Game」に投票したのですが、結果は「Faith」が一番人気だったようです。「Faith」も一時期かなりハマっていたので、この結果は嬉しいです。

 「Faith」の後は「TRANSMIGRATION」です。
 ナナさん曰くなんでも阪神タイガースの「虎」と「トラマイ」の「トラ」を掛けたのだとか。


+++





 ダンスナンバーの後はいよいよショートムービーです。
 このショートムービーはオープニングムービーの続きで、チェリーボーイズのみんなと公園に集合した後、公園のゴミ拾いを敢行します。ゴミ袋がいっぱいになって、公園のくずかごにもゴミが入らないため、奈々さんはこのゴミを利用して何かを思いつきます。
 この奈々さんのアイデアはムービーの最後まで伏せられていて、それまではチェリーボーイズや奈々さんがせっせとゴミをかき集めてそれを積み上げていくシーンが描かれます。
 途中、奈々さんとは別のあるひとりの女性が登場し、奈々さんにあるアイテムを託します。このキーパーソンを演じたのが、声優の上坂すみれさんという方で、なにやらすごく人気の声優さんみたいです。映像にその顔が映った時は会場から大きな歓声があがりました。
 そしてムービー終盤、遂にゴミを使って作られたものが明らかにされます。奈々さんやチェリーボーイズの背丈の何倍もある大きな恐竜が出来上がっていました!
 その恐竜へ上坂すみれさんからもらったパワーアイテムを奈々さんがはめ込んだところでムービーは終了です。


ジュラシックパーク
STARTING NOW!



 まだあの曲が来ていません!
 「NANA MIZUKI LIVE PARK 2016」の山場となる楽曲は「STARTING NOW!」です!
 ムービーから飛び出したかのように、ステージの上手側から大きな恐竜が登場しました!その上には奈々さんが乗っています!
 途中口から煙を吐いたり、身体が光りだしたり、まるでシンゴジラのようです。だめだー!おしまいだー!
 「STARTING NOW!」はライブで初めて聴きます。「STARTING NOW!STARTING NOW!」というコールの勢いが抜群に気持ち良く、ライブで化ける楽曲です。まだまだポテンシャルを秘めている感じがするので、今後のツアーでも定番曲にして育てていくべきだと思います。

 上手側からぐるっとわたしのいる3塁側(下手側)に恐竜が歩いてくるのに、結構時間がかかって、わたしのところに来たときには「7COLORS」が歌われました。タオル曲です。恐竜の身体が光りまくってるのにタオル曲はないだろーと思ってペンライトを引き続き振るのでした。

 このあとのMCで、奈々さんによるとこの恐竜は「ジュラシック・パーク」をイメージしたものなんだそうです。「ゴジラ」という言葉は一言も出てきませんでした。わたしが勝手に勘違いしていただけのようです。たしかに「パーク」で恐竜と言えばスピルバーグ監督の方ですよね~。
 そしてこのMCで重大発表がありあました。

 2016年12月21日12thアルバム発売決定です!

 収録楽曲はすでに収録中で、春くらいから既にもう制作に取り掛かっているとのことです。
 今まで短期集中で制作していたものを今回は少し変えてじっくり時間を掛けて制作しているとのことです。
 たしかに最近のアルバムのアマゾンレビューなんかでは、急ごしらえのせいでクオリティが伴っていないのではないか、といった論調のレビューをよく見かけますし、期待できそうです。個人的にはリード曲(1曲目)はぜひ上松氏でお願いしたいところです。

 そしてさらに奈々さんから嬉しいプレゼント!
 そのニューアルバムの中から、特別に新曲初披露してくれました。「STAND UP!」です!
 これも奈々さんらしい応援歌でした。応援歌は応援歌でも、まさに甲子園のような「野球」や「スポーツ」というワードを連想する楽曲です。聴いていると、なんか曲の一部が「グーチョキパーで何つくろう」に聞こえていけなかったのですが気のせいでしょうか。

 さらにMCでは「なのは」についても触れました。
 最近は「ViVid」がメインとなっていますが、奈々さんが演じたほうの高町なのはとフェイト・テスタロッサの物語の方も近々動きがあるみたいで、続々と新情報が出てくるはず、とのことです。会場から歓声が上がりました。
 その「なのは」にちなんだ楽曲、いわゆるなのは曲から「MASSIVE WONDERS」「ETERNAL BLAZE」が披露されます。
 ついに「マシワン」が来ました。何かの間違いなのではないか、と驚いたたと同時に嬉しかったです。昔すごく聴きまくっていた楽曲なのですが、最近再び何故かまたハマってしまってよく聴いている楽曲です。



 「宇宙の宝石 朱く染める
奇跡の種(つぶ) 拾い集めて
まだ見えぬ未来-よる-の先に
伝えに行く想像-まぼろし-を破り
情熱的な言葉はいらない
今、ここにいること それが僕の答え-真実-」
(MASSIVE WONDERS)


 「黒天-真夜中-の蒼に溶けて流れてく涙の粒
(ETERNAL BLAZE)




 思えばこのあたりからおかしくなっていたのかもしれません。
 いままでかろうじて雨が降らずに保っていた空がどんよりと重たくなっていきます。


アパッショナート
アパッショナート
※土砂降りの雨で前を見るのが困難だったため、事実関係に誤認のある可能性があります




 「MASSIVE WONDERS」あたりから続く奈々さんの歌声が天を揺らし続けたためか、「アパッショナート」後半で遂に大粒の雨が降り始めました。
 まるで空が今まで雨を降らすのを我慢していたかのような土砂降りで、目を開けているのも困難です。

 もはやこれまで…。


ブレイブフェニックス
BRAVE PHOENIX
※土砂降りの雨で前を見るのが困難だったため、事実関係に誤認のある可能性があります



 がしかし!
 まるでこの雨を予見したかのような楽曲が続きます。
 「終わりは始まりの唄」というフレーズが象徴するような不屈の楽曲「BRAVE PHOENIX」が豪雨を蹴散らします。

 後に、水樹奈々さんはこの時のことをブログで以下のように書いています。


 >まさにフェイトちゃんが技を繰り出す時のシチュエーション!!
 >これは決戦へ挑む彼女の気持ちにシンクロしている!!
 >と、一気に力が漲り、全力全開で歌うことが出来ました!!


 (2016.09.22付 水樹奈々公式ブログより)



 「MASSIVE WONDERS」「ETERNAL BLAZE」で天を揺らした後、「アパッショナート」による天の災厄からの「BRAVE PHOENIX」の成就は、意図したライブ演出では実現できないものであり、水樹奈々のライブでも指折りの名場面になったのではないかと思います。雨でも結果オーライといった感じです。


+++


 「BRAVE PHOENIX」が最後の楽曲で、その後アンコール、ダブルアンコールとひたすら奈々さんの名前を叫び続けます。


サックス
六甲おろし



 アンコールではサプライズ!
 なんと奈々さん、サックスを披露します。

 「Fun Fun★People」と阪神タイガース(甲子園)にちなんで「六甲おろし」をサックスで演奏してくれました。
 サックスと言えば、サポートバンド・チェリーボーイズのファイヤーです。
 やはり奈々さんはファイヤーに弟子入りして、5月ごろからみっちり練習したそうです。
 ファイヤー曰く「音を出すだけで何か月もかかるのに、挑戦したい楽曲が「Fun Fun★People」!「Fun Fun★People」はボクたちでも難しいんですよ~」とお弟子さんの様子を語るのでした。

 奈々さんの演奏たるや、初心者とは思えないほど堂々としていました。
 そして何より感動したのが、土砂降りの中、合羽を着ず舞台衣装で臨んでいることと、雨を嫌がる素振りを見せない点です。わたしのいたアルプス席側には大きな画面があって、そこには奈々さんの顔が時折アップで映されるのですが、演奏中の真剣な表情と、演奏が終わった後の笑顔――これしかわたしは見ていません。
 そもそもライブが始まる前に、合羽を着ようかどうしようかいろいろ考えていた自分が恥ずかしくなります。


新聞
デイリースポーツ限定版



 球場の外で販売されていたデイリースポーツのインタビューが頭に浮かびます。
 「日々積み重ね」「1ミリずつ」

 久しぶりに奈々さんのライブに参加しましたが、いろいろ我が身に置き換えて反省する点が出てきてしまいますね。水樹奈々ライブってこれなんですよね。最近「SMASHING ANTHEMS」や「STARTING NOW!」などひたすら応援歌をリリースしてきた奈々さんですが、奈々さんを生で見ることで得られる歌の説得力は大きいです。
 今回は悪天候の中という、辛いことを共有する同じ当事者としてお客さんはライブに参加することになっただけに、より奈々さんのプロ根性や真面目なところが分かり合えたのではないかと思います。
 素晴らしいライブでした。ありがとうございました。


IMG_1862-2.jpg
終演後の阪神甲子園球場

IMG_9735.jpg


スポンサーサイト
初めまして!
LIVEお疲れ様でした!

私もLIVEPARK参戦組です!

実はLIVEPARKが決まった時から、単語検索でこちらのブログは拝見させて頂いてました( ̄▽ ̄)

私も3塁側アルプス席でした
とても近かったんだとビックリです(笑)

確かにあの角度からは私もセットが良くわからなかったです。
チェリボの演奏なんて、前に出ない限り全然見えませんでしたし…

まぁ、楽しかったので、次のLIVEに期待ですね!

あと、前にこちらでタイガース神社?のブログも拝見させて頂いていたので、私も御朱印を頂く事が出来ました!

そうゆう神社があるの知らなかったので、良かったです♪

奈々さんの事だけではなく、私が最近始めた御朱印の事も色々書いて頂いてるので、本当に参考になります(´・Д・)b

内容も面白いですし、お気に入りにいれてるので、これからもよろしくです!
[ 2016/09/24 22:35 ] [ 編集 ]
初めまして。
読んで下さってありがとうございます。
水樹奈々さんのライブへ行った後は記事を書くようにしてますので、また見に来ていただけると嬉しいです。
[ 2016/09/25 19:53 ] [ 編集 ]
初めまして!
LIVEお疲れ様でした!

中部地区からLIVEPARK参戦してきました!

私も3塁側アルプス席で、ちょうど前の方が黄色の風船割られてたので
「まさか!」と思ってコメントしてしまいました(笑)

席は47段目でした?もしそうだとしたらビックリです・・・!

冬のツアーも楽しみましょう!!!!
[ 2016/09/28 23:36 ] [ 編集 ]
はじめまして!コメント承認遅くなってすみません。

はい、大当たりです。47段目の141番でした(笑)

冬のツアー楽しみですね。中部地区のお方なら名古屋公演+遠征でしょうか?
わたしは冬はおとなしく地元の大阪公演だけになりそうです(;^_^A
[ 2016/10/10 21:25 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
スポンサードリンク
プロフィール

ウイスキーぼんぼん

Author:ウイスキーぼんぼん

初めて読んだミステリは『そして扉が閉ざされた』(岡嶋二人)。以来ミステリにどっぷりハマリ中。
「SUPER GENERATION」で水樹奈々さんに興味を持ち「Astrogation」で完全にハマる。水樹奈々オフィシャルファンクラブ「S.C. NANA NET」会員。

FC2プロフへ
mixi(放置中)
Twitterはじめました
食べログもはじめました(NEW!)

好きな推理作家:島田荘司ゴッド
嫁本:アトポス)
好きな歌手:水樹奈々ちゃん
嫁曲:SUPER GENERATION)
誕生日:ヘレン・マクロイとおなじ
体型:金田一耕助とおなじ

御朱印巡り
集めた御朱印です。
(各都道府県参拝した順)
※記事に出来ていない寺社多数です!鋭意執筆中!
※リンクが切れているものは下書き状態です。しばらくしたら公開されます。

【東京】
・靖國神社(その1)
・靖國神社(その2)
・東京大神宮
・浅草寺 御本尊
・浅草寺 浅草名所七福神
・浅草神社
・浅草神社 浅草名所七福神
・今戸神社
・明治神宮(その1)
・明治神宮(その2)
・増上寺
・烏森神社
・神田明神

【愛知】
・熱田神宮
・一之御前神社、別宮八剣宮
・真清田神社
・大神神社
・大須観音

【大阪】
・大阪天満宮
・豊國神社
・四天王寺
・住吉大社
・坐摩神社
・法善寺
・難波八阪神社
・道明寺天満宮
・一心寺
・安居神社
・生國魂神社
・生國魂神社 干支(申)
・生國魂神社 干支(酉)
・三光神社
・玉造稲荷神社
・今宮戎神社
・方違神社
・難波神社
・露天神社(お初天神)
・太融寺
・大鳥大社
・石切劔箭神社
・枚岡神社
・慈眼寺
・久安寺

【京都】
・鈴虫寺
・松尾大社(その1)
・月読神社
・天龍寺
・御髪神社
・常寂光寺
・二尊院
・野宮神社
・下鴨神社(賀茂御祖神社)
・河合神社(下鴨神社摂社)
・盧山寺
・梨木神社
・白雲神社
・護王神社
・御霊神社
・下御霊神社
・平安神宮
・銀閣寺(慈照寺)
・金閣寺(鹿苑寺)
・龍安寺
・八坂神社
・八坂神社 美御前社
・八坂神社 又旅社
・八坂神社 冠者殿社
・八坂神社 青龍
・八坂神社 祇園御霊会
・伏見稲荷大社 本殿
・伏見稲荷大社 奥社奉拝所
・伏見稲荷大社 御膳谷奉拝所
・三十三間堂
・養源院
・東福寺
・建仁寺
・南禅寺(その1)
・南禅寺(その2)
・永観堂(禅林寺)
・北野天満宮
・北野天満宮 宝刀展限定「鬼切丸」
・大将軍八神社
・法輪寺(達磨寺)
・妙心寺
・妙心寺 退蔵院
・仁和寺
・建勲神社
・晴明神社
・御金神社
・八大神社
・豊国神社
・由岐神社
・鞍馬寺
・貴船神社
・六道珍皇寺
・六道珍皇寺 六道まいり
・六波羅蜜寺 都七福神
・安井金比羅宮
・知恩院 徳川家康公四百回忌
・青蓮院門跡
・青蓮院門跡 近畿三十六不動尊霊場
・粟田神社
・鍛冶神社(粟田神社末社)
・東寺
・上賀茂神社(賀茂別雷神社)
・大徳寺 本坊
・大徳寺 高桐院
・今宮神社
・妙顯寺
・三千院 御本尊
・三千院 西国薬師四十九霊場第四十五番
・三千院 聖観音
・実光院
・勝林院
・宝泉院
・寂光院
・宝厳院
・大覚寺
・清涼寺
・祇王寺
・化野念仏寺
・落柿舎
・城南宮
・飛行神社
・石清水八幡宮
・岡崎神社
・長岡天満宮
・平野神社
・法金剛院
・高台寺
・清水寺
・宝蔵寺 阿弥陀如来
・宝蔵寺 伊藤若冲
・勝林寺
・平等院 鳳凰堂
・宇治神社
・宇治上神社

【奈良】
・唐招提寺
・薬師寺 御本尊
・薬師寺 玄奘三蔵
・薬師寺 吉祥天女
・薬師寺 水煙降臨
・東大寺 大仏殿
・東大寺 華厳
・東大寺 二月堂
・春日大社 ノーマル
・春日大社 第六十次式年造替
・興福寺 今興福力
・興福寺 南円堂
・如意輪寺
・吉水神社
・勝手神社
・金峯山寺
・吉野水分神社
・金峯神社
・法隆寺
・法隆寺 西円堂
・中宮寺
・法輪寺
・法起寺
・元興寺
・橿原神宮
・橘寺
・飛鳥寺
・飛鳥坐神社

【和歌山】
・総本山金剛峯寺
・高野山 金堂・根本大塔
・高野山 奥之院
・高野山 女人堂
・熊野那智大社
・青岸渡寺
・飛瀧神社
・伊太祁曽神社
・國懸神宮
・紀三井寺

【滋賀】
・比叡山延暦寺 文殊楼
・比叡山延暦寺 根本中堂
・比叡山延暦寺 大講堂
・比叡山延暦寺 阿弥陀堂
・比叡山延暦寺 法華総持院東塔
・比叡山延暦寺 釈迦堂
・比叡山延暦寺 横川中堂
・比叡山延暦寺 四季講堂(元三大師堂)
・三尾神社
・三井寺 金堂
・三井寺 黄不動明王
・近江神宮

【兵庫】
・生田神社
・廣田神社
・西宮神社
・湊川神社
・走水神社
・千姫天満宮
・男山八幡宮
・水尾神社
・兵庫縣姫路護國神社
・播磨国総社 射楯兵主神社
・甲子園素盞嗚神社
・北野天満神社

【岡山】
・吉備津神社
・吉備津彦神社

【鳥取】
・白兎神社
・宇倍神社
・聖神社
・鳥取東照宮(樗谿神社)

【広島】
・吉備津神社
・素盞嗚神社
・草戸稲荷神社
・明王院
・出雲大社 福山分社
・沼名前神社(鞆祇園宮)
・福禅寺(対潮楼)

【徳島】
・大麻比古神社

【福岡】
・太宰府天満宮
・筥崎宮(筥崎八幡宮)
・住吉神社

■朱印帳■
・京都五社めぐり
・高野山 開創1200年記念霊木朱印帳
・平安神宮 御朱印帳
・全国一の宮御朱印帳
・住吉大社 御朱印帳
・建仁寺 御朱印帳
・今戸神社 御朱印帳
・大将軍八神社 御朱印帳
・晴明神社 御朱印帳
・東寺 御朱印帳
・明治神宮 御朱印帳
・大阪市交通局 オオサカご利益めぐり御朱印帳
・北野天満宮「宝刀展」記念朱印帳
・熊野那智大社 御朱印帳

最新のつぶやき
2016年の水樹奈々さん
ハーイ!ハーイ! ハイ!ハイ!ハイ!ハイ!