読み終わったミステリについてコメント。でも最近は脇道にそれぎみ。 このブログは水樹奈々さんを応援しています。

春の陽気に誘われて 天満天神 繁昌亭 で落語を聴く旅 

IMG_5297.jpg
天満天神 繁昌亭



 こんにちわ!
 管理人のウイスキーぼんぼんです。

 天満天神繁昌亭で落語を聴いてきました。
 今年は落語をたくさん聴く、という目標を立てていて、我ながらなかなか良いペースで寄席に行けていると思います。
 難儀なのが、繁昌亭は前売券を確保しておかないと入りにくい点です。東京の定席はどんな感じなのでしょうか。ふらっと訪れて落語を聞く、というのが出来ればいいんですけどね。


IMG_5299.jpg
どんちゃんどんちゃん



 この日も大入り満員!
 前日の19時ごろにコンビニで前売券を購入すると入場番号が196番でした。ぎりぎりです。キャパ200席ほどで結局この日はパイプ椅子の臨時席も出ていました。


IMG_5290.jpg
本日のラインナップ 上段が昼席



 この日は昼席に参加です。
 色物はメイド漫談と独楽回しでした。

 色物を除いて8席。2,500円ほどなのはお得なのかもしれません。大阪のいろんなところで行なわれている落語会の値段を見ていると、だいたい1席500円ほどが相場な感じがします。


IMG_5303.jpg
本日のネタ



 色物が面白かったです。
 メイド漫談というのはメイドさんの格好をした少しふくよかな女性が行なう漫談です。他の噺家さんをいじるネタが多く、それは面白く聴いたのですが、落語界というのはモーレツな縦社会と聞くし良いのかな、と少し不安になります。しかし話を聴くと、名古屋の大須演芸場で過酷な下積み時代があったらしくキャリアのある芸人さんだそうです。大須演芸場って先日読んだ愛川晶さんの『はんざい漫才』でも描かれた演芸場じゃないか、とタイムリーさに驚きます。
 もうひとつの曲独楽は刀の上で独楽を回したりなどする曲芸で、これは分かりやすい芸でインパクト抜群。寄席でこういう色物をやることになった歴史的な経緯は分からないのですが、やっぱりあると楽しいですね。


 創作落語は2席。「空みなよ」と「飽食の城」です。
 「空みなよ」はサスペンス性の高い演目で、離れ離れになった男女を、電話ひとつでどうにか再会させようとするお話。大阪の地名がどんどん登場し、さらには電話口の向こうから聞こえてくる電車の発車メロディーを元に、相手がどこにいるのか推理しながら男女を会わせようと試みます。この電車の発車メロディーや留守電の声などはあらかじめ録音されていたものが会場内に流れる演出が行なわれており、さながら陣内智則さんのコントを見ているようでした。このような落語を聴くのは初めてです。なんでもこの桂三幸さんはよしもと所属の噺家さんらしく、こういう演出をみるとなんだか納得です。オチが綺麗過ぎるほどに決まるのが憎いけれど、一度聴くと忘れられないインパクトを持っています。

 一方の 「飽食の城」もミステリ的な趣向が光る演目。といっても殺人事件などが起こるわけでは無く、オチまでの持っていき方がミステリファンの琴線に触れることでしょう。
 歴史上の事実として熊本城などは、城の一部をかんぴょうなどの食べ物にして兵糧攻めを攻略したそうですが、本演目はヘンゼルとグレーテルのようにお城をお菓子にしたところから始まります。このアイデアだけで笑いを誘うのですが、じつはかんぴょうでは無くお菓子であるというのが重要で、お菓子でなければ成立しないオチが見事です。鮎川哲也氏の某短編に、コーヒーやお茶では無くラムネでなければ成立しない犯罪トリックの描かれた短編がありましたが、それとまるで同じ着想でビックリしました。

 「狼講釈」は、今では少し分かりにくいオチなのですが前口上でそのあたりにさりげなく説明を加えてフォローしているので助かりました。この露の新治さんはお客さんの人気も高い噺家なのか、高座に上がったときには客席から「待ってました!」「いっぱい!」といった歓声が上がっていました。この 「狼講釈」は露の新治さんの得意とする演目だそうです。
 捲くし立てるような鉄砲を打つシーンでは、客席から歓声が上がっており、何が面白いの?と自分は置いてけぼり感を食らったのが悔やまれます。ご高齢の方に受けているようでした。いや~もっと勉強が必要ですね。

 この日一番好きなのが「井戸の茶碗」です。ウィキペディアで調べてみると、演者・客双方からの人気の高い古典落語だそうで、噺を聴いてみるとそれも納得です。
 柳家さん喬は東京で活躍している江戸落語の噺家さんだそうです。しかし演目の「井戸の茶碗」は上方の古典落語でしょうか?
 千代田と高木の両者のやり取りに思いやりがあり人情味を感じます。人情噺ですが、オチも綺麗に決まるところが良いです。

 「紀州」は前口上が面白いです。「人は同じ音でも気分によって聴こえ方が違うものなんですよ。たとえば床屋に行っても気分の良いときは「ちょき~ん!ちょき~ん!」、気分の悪いときは「しゃっき~ん!しゃっき~ん!」って……「ちょき~ん(貯金)」と「しゃっき~ん(借金)」というふうに」と、上手いことを言います。
 演目の「紀州」についてもそれと方向性は同じオチ。分かりやすくて良いです。

 一方少し分かりにくかったのが、続く「替わり目」です。
 これは多分アレンジが加えられていて、わたしが聴いたものは、酒に酔った男が東へ西へあちこち家をたらい回しにされて帰宅した後、酒に酔っ払って「家がぐるぐる回る」、というのがオチでした。ネットで調べてみると「銚子の替わり目……」というのがスタンダードなオチのようです。後者はネットではオチが分かりにくいと言う声をよく目にしたので、それを考えると分かりやすくアレンジされているのかもしれません。

 開演早々の「牛ほめ」が、いわゆるシモのネタなので良いのか、と思ったのですが、そのあたりは余り関係ないのですね。ウィキペディア先生によるとラスト『火』と『屁』を掛けるのが一般的のようですが、この日聴いたものには『屁の用心』という言葉は出てこず、単純に柱の穴を塞ぐ行為と、牛の尻を塞ぐ行為を掛けているだけのようでした。

 創作落語と古典落語いずれも楽しく聴けた満足度の高い寄席でした。
 最低月イチペースでは寄席に行きたいと思うので、次はゴールデンウィークあたりかな?なにやら繁昌亭ではゴールデンウィーク期間はプログラムも豪華になるようです。


IMG_5295_201604171150108e2.jpg
大阪天満宮




 【関連リンク】
 天満天神繁昌亭 http://www.hanjotei.jp/






はんざい漫才はんざい漫才
2016/4/8
愛川 晶

商品詳細を見る
スポンサーサイト
[ 2016/04/17 11:52 ] 落語 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
スポンサードリンク
プロフィール

ウイスキーぼんぼん

Author:ウイスキーぼんぼん

初めて読んだミステリは『そして扉が閉ざされた』(岡嶋二人)。以来ミステリにどっぷりハマリ中。
「SUPER GENERATION」で水樹奈々さんに興味を持ち「Astrogation」で完全にハマる。水樹奈々オフィシャルファンクラブ「S.C. NANA NET」会員。

FC2プロフへ
mixi(放置中)
Twitterはじめました
食べログもはじめました(NEW!)

好きな推理作家:島田荘司ゴッド
嫁本:アトポス)
好きな歌手:水樹奈々ちゃん
嫁曲:SUPER GENERATION)
誕生日:ヘレン・マクロイとおなじ
体型:金田一耕助とおなじ

本年度のお気に入り(国内)
御朱印巡り
集めた御朱印です。
(各都道府県参拝した順)
※記事に出来ていない寺社多数です!鋭意執筆中!
※リンクが切れているものは下書き状態です。しばらくしたら公開されます。

【東京】
・靖國神社(その1)
・靖國神社(その2)
・東京大神宮
・浅草寺 御本尊
・浅草寺 浅草名所七福神
・浅草神社
・浅草神社 浅草名所七福神
・今戸神社
・明治神宮(その1)
・明治神宮(その2)
・増上寺
・烏森神社
・神田明神
・乃木神社

【神奈川】
・上野東照宮
・鶴岡八幡宮
・建長寺
・高徳院
・長谷寺

【愛知】
・熱田神宮
・一之御前神社、別宮八剣宮
・真清田神社
・大神神社
・大須観音

【大阪】
・大阪天満宮
・豊國神社
・四天王寺
・住吉大社
・坐摩神社
・法善寺
・難波八阪神社
・道明寺天満宮
・一心寺
・安居神社
・生國魂神社
・生國魂神社 干支(申)
・生國魂神社 干支(酉)
・三光神社
・玉造稲荷神社
・今宮戎神社
・方違神社
・難波神社
・露天神社(お初天神)
・太融寺
・大鳥大社
・石切劔箭神社
・枚岡神社
・慈眼寺
・久安寺

【京都】
・鈴虫寺(その1)
・鈴虫寺(その2)
・松尾大社(その1)
・月読神社
・天龍寺
・御髪神社
・常寂光寺
・二尊院
・野宮神社
・下鴨神社(賀茂御祖神社)
・河合神社(下鴨神社摂社)
・盧山寺
・梨木神社
・白雲神社
・護王神社
・御霊神社
・下御霊神社
・平安神宮
・銀閣寺(慈照寺)
・金閣寺(鹿苑寺)
・龍安寺
・八坂神社
・八坂神社 美御前社
・八坂神社 又旅社
・八坂神社 冠者殿社
・八坂神社 青龍
・八坂神社 祇園御霊会
・伏見稲荷大社 本殿
・伏見稲荷大社 奥社奉拝所
・伏見稲荷大社 御膳谷奉拝所
・三十三間堂
・養源院
・東福寺
・建仁寺
・南禅寺(その1)
・南禅寺(その2)
・永観堂(禅林寺)
・北野天満宮
・北野天満宮 宝刀展限定「鬼切丸」
・大将軍八神社
・法輪寺(達磨寺)
・妙心寺
・妙心寺 退蔵院
・仁和寺
・建勲神社
・晴明神社
・御金神社
・八大神社
・豊国神社
・由岐神社
・鞍馬寺
・貴船神社
・六道珍皇寺
・六道珍皇寺 六道まいり
・六波羅蜜寺 都七福神
・安井金比羅宮
・知恩院 徳川家康公四百回忌
・青蓮院門跡
・青蓮院門跡 近畿三十六不動尊霊場
・粟田神社
・鍛冶神社(粟田神社末社)
・東寺
・上賀茂神社(賀茂別雷神社)
・大徳寺 本坊
・大徳寺 高桐院
・今宮神社
・妙顯寺
・三千院 御本尊
・三千院 西国薬師四十九霊場第四十五番
・三千院 聖観音
・実光院
・勝林院
・宝泉院
・寂光院
・宝厳院
・大覚寺
・清涼寺
・祇王寺
・化野念仏寺
・落柿舎
・城南宮
・飛行神社
・石清水八幡宮
・岡崎神社
・長岡天満宮
・平野神社
・法金剛院
・高台寺
・清水寺
・宝蔵寺 阿弥陀如来
・宝蔵寺 伊藤若冲
・勝林寺
・平等院 鳳凰堂
・宇治神社
・宇治上神社
・智恩寺
・元伊勢籠神社
・眞名井神社
・梅宮大社

【奈良】
・唐招提寺
・薬師寺 御本尊
・薬師寺 玄奘三蔵
・薬師寺 吉祥天女
・薬師寺 水煙降臨
・東大寺 大仏殿
・東大寺 華厳
・東大寺 二月堂
・春日大社 ノーマル
・春日大社 第六十次式年造替
・興福寺 今興福力
・興福寺 南円堂
・如意輪寺
・吉水神社
・勝手神社
・金峯山寺
・吉野水分神社
・金峯神社
・法隆寺
・法隆寺 西円堂
・中宮寺
・法輪寺
・法起寺
・元興寺
・橿原神宮
・橘寺
・飛鳥寺
・飛鳥坐神社

【和歌山】
・総本山金剛峯寺
・高野山 金堂・根本大塔
・高野山 奥之院
・高野山 女人堂
・熊野那智大社
・青岸渡寺
・飛瀧神社
・伊太祁曽神社
・國懸神宮
・紀三井寺

【滋賀】
・比叡山延暦寺 文殊楼
・比叡山延暦寺 根本中堂
・比叡山延暦寺 大講堂
・比叡山延暦寺 阿弥陀堂
・比叡山延暦寺 法華総持院東塔
・比叡山延暦寺 釈迦堂
・比叡山延暦寺 横川中堂
・比叡山延暦寺 四季講堂(元三大師堂)
・三尾神社
・三井寺 金堂
・三井寺 黄不動明王
・近江神宮

【兵庫】
・生田神社
・廣田神社
・西宮神社
・湊川神社
・走水神社
・千姫天満宮
・男山八幡宮
・水尾神社
・兵庫縣姫路護國神社
・播磨国総社 射楯兵主神社
・甲子園素盞嗚神社
・北野天満神社

【岡山】
・吉備津神社
・吉備津彦神社

【鳥取】
・白兎神社
・宇倍神社
・聖神社
・鳥取東照宮(樗谿神社)

【広島】
・吉備津神社
・素盞嗚神社
・草戸稲荷神社
・明王院
・出雲大社 福山分社
・沼名前神社(鞆祇園宮)
・福禅寺(対潮楼)

【徳島】
・大麻比古神社

【福岡】
・太宰府天満宮
・筥崎宮(筥崎八幡宮)
・住吉神社

【沖縄】
・波上宮

■朱印帳■
・京都五社めぐり
・高野山 開創1200年記念霊木朱印帳
・平安神宮 御朱印帳
・全国一の宮御朱印帳
・住吉大社 御朱印帳
・建仁寺 御朱印帳
・今戸神社 御朱印帳
・大将軍八神社 御朱印帳
・晴明神社 御朱印帳
・東寺 御朱印帳
・明治神宮 御朱印帳
・大阪市交通局 オオサカご利益めぐり御朱印帳
・北野天満宮「宝刀展」記念朱印帳
・熊野那智大社 御朱印帳

最新のつぶやき
2016年の水樹奈々さん
ハーイ!ハーイ! ハイ!ハイ!ハイ!ハイ!