読み終わったミステリについてコメント。でも最近は脇道にそれぎみ。 このブログは水樹奈々さんを応援しています。

石清水八幡宮の鬼やらい神事にいってきました 

IMG_3584-2.jpg



 石清水八幡宮は京都府八幡市にある神社。
 日本三大八幡宮の一社に数えられる神社です。

 毎年2月の節分が近くなると、直前の日曜日に「鬼やらい神事」が行なわれます。
 京都の寺社で行なわれる節分イベントは、節分当日か前日に行われる場合が多いのですが、ここ石清水八幡宮は日曜開催なので参加しやすいのが便利です。
 今年平成28年の開催日は1月31日!
 わたしも休みが取れたので行ってみることにしました。


IMG_3620.jpg

IMG_3447_20160131213417225.jpg



 石清水八幡宮は男山という山の山頂にあり、ロープウェイを利用するのが便利です。
 ここへは以前も一度参拝に来たことがあるのですが、そのときとは違って大勢の参拝客がロープウェイに乗り込んでいました。1年に1度の祭事に皆さん参加するためです。
 しかし事前に、人でごった返す、と聞いて用心した割には想定内の人手と言う感じでした。と言っても、神事が行なわれる時刻になると境内には人が集まりだして、拝殿の前は身動きが取れないほど人が溢れかえっていました。


IMG_3633.jpg
石清水八幡宮 御朱印



 「鬼やらい神事」は午後1時と2時の2回行なわれるようで、わたしは1時の回を見物することにします。
 それまで少し時間があったので、先に社務所で御朱印をもらいました。

 石清水八幡宮の神使は鳩です。
 御朱印の「八」の文字が鳩のイラストにアレンジされていました。
 聞くところによると、いつも「八」が鳩になった御朱印をもらえるわけでは無く、書き手によってもらえたりもらえなかったりするそうです。
 運が良いことに、わたしが訪れた時は鳩の「八」をもらうことが出来ました。書き手の方は30代~40代の男性の方でした。


IMG_3456_20160131214432e9c.jpg
拝殿
賽銭箱の横に刺さった巨大な矢は節分のときだけあらわれるものだとか



 御朱印をもらって、1回目の鬼やらい神事まで1時間半以上時間があったので、そのへんをぶらぶらしようかと思ったのですが、拝殿の前をよくみると、何やら人が並んでいるようでした。参拝するようでも無さそうで、どうもすでにこのとき場所取りが始まっているようでした。

 1時間半も待つのは億劫だなと思いながらも、どうせなら最前列で見たかったので、わたしも場所取りすることにしました。


+++

IMG_0523-3.jpg
※クリックで拡大



 神事が始まる時刻が近づくと、いつの間にかまわりは人が大勢集まっていました。
 客層としては高齢の方が多い印象。
 最前列は一眼レフカメラを携えたおっさんや年寄りで占められていました。


IMG_3479_201601312156362b4.jpg



 時間になると、神社の関係者のみなさまが参道を歩いて、拝殿前に整列します。
 ボランティアかアルバイトで要請されたと思しき学生さんの姿も見られました。


IMG_3480.jpg
桃弓を託される「鬼やらい人」

IMG_3504.jpg
東北・東南・西南・西北の四方と今年の恵方(南南東)を射抜きます



 その列の中から、一人の男性が正面に姿をあらわします。
 この人物が「鬼やらい神事」における「鬼やらい人」となるようです。
 「鬼やらい人」とは、本神事の主人物で、まず東北・東南・西南・西北の四方と今年の恵方(南南東)を弓矢で射抜きます。このとき弓矢は、邪気を祓うとされる桃の枝で飾り付けられた桃弓が使用されます。


IMG_3514.jpg
桃剣



 桃弓で四方と恵方が射抜かれたあとは、同じく桃の枝で作られた桃剣「鬼やろう」の掛け声とともに四方と恵方を打ちます。
 桃剣は「剣」のような形をしているわけでは無く、木の枝に近い風貌でした。


IMG_3517.jpg
鬼の到来を待ちます



 桃弓と桃剣による厄払いが終わった後は、お豆の入った枡を持って鬼の到来を待ちます。
 あたりからお囃子が聞こえて来て、鬼の到来が近いことを予感させ、なんだかこちらも緊張してきました。


IMG_3525_201601312214408aa.jpg
鬼の到着



 来ました。遂に鬼がやって来ました!
 南総門のあたりから参道をのっそのっそと拝殿前までやって来ます。
 幼少の頃は何も考えずに「鬼は外!福は内!」と言って節分をすごしていましたが、よくよく考えるとどこからとも無く鬼がやってきて自陣を侵されるのは恐ろしいことです。最近では『進撃の巨人』や『ジャックと天空の巨人』といった作品が有名ですが、まさにそういった作品で描かれた恐怖が節分にはあったのですねー。テンションが上がってきます。


IMG_3534.jpg

IMG_3560.jpg



 拝殿前までやって来た鬼は、まずあたりを取り囲んだ参拝客の近くをのっそのっそと歩きます。
 最前列にいたわたしは、鬼に食べられてしまうのではないかとヒヤヒヤしながら写真撮影です。
 時おり、子供たちに向かって威嚇して、自身の恐怖を見せ付けていました。
 おっかないです!
 鬼やらいさん!早く助けて!


IMG_3567_201601312224538f2.jpg
かかれっ!



 参拝客をジロジロみていた鬼さん、ようやく拝殿前の鬼やらい人らの存在に気づきます。
 3人の鬼は一気に襲い掛かります!

 あぶないっ!


IMG_3579.jpg
うへっ!



 がしかし、「鬼やろう!」の掛け声とともに鬼やらい人の手から豆が放たれた瞬間、鬼はすってんころりん!やつらの勢いが無力化されます。


IMG_3582_20160131223415d01.jpg
おりゃぁ~!

IMG_3592_20160131223416165.jpg
うへえ!



 鬼も一方的にやられるわけにはいきません。何度も起き上がって鬼やらい人に襲い掛かりますが、そのたびに豆にやられます。

 「鬼やろう!」
 「鬼やろう!」
 まさに吸血鬼に対する銀の弾丸の如し!効果は抜群です!


IMG_3594.jpg
不屈の精神

IMG_3595_201601312237180d3.jpg
しかしやられる



 鬼の不屈の精神を見せられる我々参拝客一同。
 いつしか鬼の背中がなんだかかっこよく見えてきます。
 あまりに一方的な闘いのため、参拝客の中から「鬼がんばれ!」「鬼負けるな!」という応援まで聞こえて来てなんだかよく分からないことになるのでした。


IMG_3611.jpg

IMG_3613-2.jpg



 そのうち鬼はあきらめて帰って行き、拝殿前では今度は我々参拝客に向かって豆まきが行なわれました。
 鬼を退治した豆は「福豆」として振舞われるのです。


IMG_3632_20160131224731279.jpg
福豆



 わたしのいるほうにも福豆が飛んできたので何個かキャッチすることができました。
 こういう神社やお寺での節分イベントに参加するのは初めてかもしれません。
 御朱印もいただけたし満足です。


 【関連リンク】
 石清水八幡宮 http://www.iwashimizu.or.jp/top.php

スポンサーサイト
[ 2016/01/31 23:06 ] 【おでかけ】 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
スポンサードリンク
プロフィール

ウイスキーぼんぼん

Author:ウイスキーぼんぼん

初めて読んだミステリは『そして扉が閉ざされた』(岡嶋二人)。以来ミステリにどっぷりハマリ中。
「SUPER GENERATION」で水樹奈々さんに興味を持ち「Astrogation」で完全にハマる。水樹奈々オフィシャルファンクラブ「S.C. NANA NET」会員。

FC2プロフへ
mixi(放置中)
Twitterはじめました
食べログもはじめました(NEW!)

好きな推理作家:島田荘司ゴッド
嫁本:アトポス)
好きな歌手:水樹奈々ちゃん
嫁曲:SUPER GENERATION)
誕生日:ヘレン・マクロイとおなじ
体型:金田一耕助とおなじ

本年度のお気に入り(国内)
御朱印巡り
集めた御朱印です。
(各都道府県参拝した順)
※記事に出来ていない寺社多数です!鋭意執筆中!
※リンクが切れているものは下書き状態です。しばらくしたら公開されます。

【東京】
・靖國神社(その1)
・靖國神社(その2)
・東京大神宮
・浅草寺 御本尊
・浅草寺 浅草名所七福神
・浅草神社
・浅草神社 浅草名所七福神
・今戸神社
・明治神宮(その1)
・明治神宮(その2)
・増上寺
・烏森神社
・神田明神
・乃木神社
・上野東照宮

【神奈川】
・鶴岡八幡宮
・建長寺
・高徳院(鎌倉大仏殿)
・長谷寺

【愛知】
・熱田神宮
・一之御前神社、別宮八剣宮
・真清田神社
・大神神社
・大須観音

【大阪】
・大阪天満宮
・豊國神社
・四天王寺
・住吉大社
・坐摩神社
・法善寺
・難波八阪神社
・道明寺天満宮
・一心寺
・安居神社
・生國魂神社
・生國魂神社 干支(申)
・生國魂神社 干支(酉)
・三光神社
・玉造稲荷神社
・今宮戎神社
・方違神社
・難波神社
・露天神社(お初天神)
・太融寺
・大鳥大社
・石切劔箭神社
・枚岡神社
・慈眼寺
・久安寺

【京都】
・鈴虫寺(その1)
・鈴虫寺(その2)
・松尾大社(その1)
・月読神社
・天龍寺
・御髪神社
・常寂光寺
・二尊院
・野宮神社
・下鴨神社(賀茂御祖神社)
・河合神社(下鴨神社摂社)
・盧山寺
・梨木神社
・白雲神社
・護王神社
・御霊神社
・下御霊神社
・平安神宮
・銀閣寺(慈照寺)
・金閣寺(鹿苑寺)
・龍安寺
・八坂神社
・八坂神社 美御前社
・八坂神社 又旅社
・八坂神社 冠者殿社
・八坂神社 青龍
・八坂神社 祇園御霊会
・伏見稲荷大社 本殿
・伏見稲荷大社 奥社奉拝所
・伏見稲荷大社 御膳谷奉拝所
・三十三間堂
・養源院
・東福寺
・建仁寺
・南禅寺(その1)
・南禅寺(その2)
・永観堂(禅林寺)
・北野天満宮
・北野天満宮 宝刀展限定「鬼切丸」
・大将軍八神社
・法輪寺(達磨寺)
・妙心寺
・妙心寺 退蔵院
・仁和寺
・建勲神社
・晴明神社
・御金神社
・八大神社
・豊国神社
・由岐神社
・鞍馬寺
・貴船神社
・六道珍皇寺
・六道珍皇寺 六道まいり
・六波羅蜜寺 都七福神
・安井金比羅宮
・知恩院 徳川家康公四百回忌
・青蓮院門跡
・青蓮院門跡 近畿三十六不動尊霊場
・粟田神社
・鍛冶神社(粟田神社末社)
・東寺
・上賀茂神社(賀茂別雷神社)
・大徳寺 本坊
・大徳寺 高桐院
・今宮神社
・妙顯寺
・三千院 御本尊
・三千院 西国薬師四十九霊場第四十五番
・三千院 聖観音
・実光院
・勝林院
・宝泉院
・寂光院
・宝厳院
・大覚寺
・清涼寺
・祇王寺
・化野念仏寺
・落柿舎
・城南宮
・飛行神社
・石清水八幡宮
・岡崎神社
・長岡天満宮
・平野神社
・法金剛院
・高台寺
・清水寺
・宝蔵寺 阿弥陀如来
・宝蔵寺 伊藤若冲
・勝林寺
・平等院 鳳凰堂
・宇治神社
・宇治上神社
・智恩寺
・元伊勢籠神社
・眞名井神社
・梅宮大社

【奈良】
・唐招提寺
・薬師寺 御本尊
・薬師寺 玄奘三蔵
・薬師寺 吉祥天女
・薬師寺 水煙降臨
・東大寺 大仏殿
・東大寺 華厳
・東大寺 二月堂
・春日大社 ノーマル
・春日大社 第六十次式年造替
・興福寺 今興福力
・興福寺 南円堂
・如意輪寺
・吉水神社
・勝手神社
・金峯山寺
・吉野水分神社
・金峯神社
・法隆寺
・法隆寺 西円堂
・中宮寺
・法輪寺
・法起寺
・元興寺
・橿原神宮
・橘寺
・飛鳥寺
・飛鳥坐神社

【和歌山】
・総本山金剛峯寺
・高野山 金堂・根本大塔
・高野山 奥之院
・高野山 女人堂
・熊野那智大社
・青岸渡寺
・飛瀧神社
・伊太祁曽神社
・國懸神宮
・紀三井寺

【滋賀】
・比叡山延暦寺 文殊楼
・比叡山延暦寺 根本中堂
・比叡山延暦寺 大講堂
・比叡山延暦寺 阿弥陀堂
・比叡山延暦寺 法華総持院東塔
・比叡山延暦寺 釈迦堂
・比叡山延暦寺 横川中堂
・比叡山延暦寺 四季講堂(元三大師堂)
・三尾神社
・三井寺 金堂
・三井寺 黄不動明王
・近江神宮

【兵庫】
・生田神社
・廣田神社
・西宮神社
・湊川神社
・走水神社
・千姫天満宮
・男山八幡宮
・水尾神社
・兵庫縣姫路護國神社
・播磨国総社 射楯兵主神社
・甲子園素盞嗚神社
・北野天満神社

【岡山】
・吉備津神社
・吉備津彦神社

【鳥取】
・白兎神社
・宇倍神社
・聖神社
・鳥取東照宮(樗谿神社)

【広島】
・吉備津神社
・素盞嗚神社
・草戸稲荷神社
・明王院
・出雲大社 福山分社
・沼名前神社(鞆祇園宮)
・福禅寺(対潮楼)

【徳島】
・大麻比古神社

【福岡】
・太宰府天満宮
・筥崎宮(筥崎八幡宮)
・住吉神社

【沖縄】
・波上宮

■朱印帳■
・京都五社めぐり
・高野山 開創1200年記念霊木朱印帳
・平安神宮 御朱印帳
・全国一の宮御朱印帳
・住吉大社 御朱印帳
・建仁寺 御朱印帳
・今戸神社 御朱印帳
・大将軍八神社 御朱印帳
・晴明神社 御朱印帳
・東寺 御朱印帳
・明治神宮 御朱印帳
・大阪市交通局 オオサカご利益めぐり御朱印帳
・北野天満宮「宝刀展」記念朱印帳
・熊野那智大社 御朱印帳

最新のつぶやき
2016年の水樹奈々さん
ハーイ!ハーイ! ハイ!ハイ!ハイ!ハイ!