読み終わったミステリについてコメント。でも最近は脇道にそれぎみ。 このブログは水樹奈々さんを応援しています。

京都市美術館にて開催された「マグリット展」でディープなシュールレアリスムに触れる旅 

IMG_0409_201510121917092a3.jpg
京都市美術館



 こんにちわ!
 管理人のウイスキーぼんぼんです。

 京都市美術館で7月から開催されていた「マグリット展」に行って来ました。
 世界10か国以上から代表作が約130点も集結する大回顧展です。
 美術の時間に教科書で観たことのあるあんな絵やこんな絵もいっぱい展示されていました。

 さあすが京都です。ここ京都美術館と京都国立博物館の2館で無双状態。特別展が毎回毎回豪華すぎます。


IMG_0406.jpg

IMG_0407.jpg



 京都四條 南座 で演劇を観た後に訪れたので、午後3時くらいでしょうか。
 しかし会期終了間際だったためか、チケットを求めるお客さんで長蛇の列が出来ていました。
 わたしはこんなことは織り込み済みだったため、事前に前売券を購入しておきました。チケットを持っていれば、並ばずに入ることが出来ます。


 マグリットは近代画家のひとりで、作品発表年も1900年代半ばと割と最近の人です。
 しかし、マグリットといえばシュールレアリスム。作品のほとんどが難解で、一作一作観賞していくととても疲れました。展示作品130点を、閉館の17時まで2時間で観て廻るのにはすこしタイトでした。



大家族 (1963年)



 この絵を観に来た、と言っても過言ではありません。1963年の「大家族」です。
 曇天の中に、一羽のハトの形をした青空が画面いっぱいに大きく描かれた作品です。
 曇天が象徴する不和と、ハトと青空が象徴する平和や希望がひとつの画面に同時に描かれている、マグリットらしい作品です。

 実はこの「大家族」には個人的に思い出があって、中学の卒業式に壇上に掲げられていた作品が本作品です。当時の美術の先生が模写したものでした。
 当時、それまで平面に絵を描く、粘土を捏ねて立体的な作品を生み出す、あるいは逆に木を削っていって立体的な作品を作ったり、いずれにしても創作一辺倒だった美術に、「観賞」という視点を与えてくれたのがその先生です。
 日本と西洋それぞれの絵画の歴史、各時代の派閥と画家の代表作などを教わったのですが、今考えると中学生にしては難しかったのではないかと思います。しかし美術観賞の面白さに目覚めたのもその先生のおかげです。


img_7.jpg
恋人たちの散歩道 (1929-30年)

1955_Magritte_Le_Chef_d_oeuvre_ou_les_myst_res_de_l_horizon_50x65_cm.jpg
傑作もしくは地平線の神秘 (1955年)



 ところで、展示された絵画を観ていると、目に見えるものと見えないものを同時に描くのもマグリットの特徴だということがわかってきました。
 たとえば分かりやすいのが「恋人たちの散歩道」。画面には、額に入った2つの「青空」が描かれています。おそらくこの「青空」が恋人たちを表しているのでしょう。並んで歩いているようです。空は真っ暗で冴えていないのですが、恋人たちの気分は青空のように晴れ渡っていると解釈できそうです。
 また、「傑作もしくは地平線の神秘」という作品では、3人の男性それぞれの頭に月が浮かんでいます。作品の解説を読むと、月は実際1つしかありませんが、3人の男性が考える月はそれぞれに存在し、それぞれの思い描く月が存在する様子を描いているのだそうな。

 「恋人たちの散歩道」の青空にしろ、「傑作もしくは地平線の神秘」の3つの月にしろ、目には見えないのですが、では存在しないものなのか、と言えばそうではありません。



大家族 (1963年)



 たぶん、この「大家族」の青空についても「恋人たちの散歩道」「傑作もしくは地平線の神秘」と同様に解釈ができるのだろうと思います。
 20年前、卒業式の壇上に掲げられたこの絵画の意味、ようやくわかったような気がします。
 「大家族」に描かれた巨大なハトの形をした青空は、「恋人たちの散歩道」の青空であって「傑作もしくは地平線の神秘」の3つの月なんだろうと思います。曇天の中にも確かに青空が存在しています。
 シュールレアリスムなんて、人や自然のパーツをあべこべにして、何か意味の“ありそうな”絵に仕立てた作品だとばかり思っていたのですが、そうとばかりは言えなさそうです。


20150420001224f00.jpg
絵画の中身 (1948年)
マグリットによるヴァーシュ
鳥さんのカラフルなゲロ。この時代の作品はさっぱり評価されなかったみたいです。



 展覧会は時代ごとに作品が展示されていて、印象派が人気を博してくるとマグリットの絵もその影響をしっかり受けていたり、またヴァーシュ(雌牛)という色彩豊かな野獣派(フォビズム)っぽい作品を描いていた時期もあったりと、作風の変遷がよくわかって面白い展覧会でした。
 たまに頭のネジが飛んだんじゃないかと思うようなシュルレアリスムの絵があったかと思えば、一転ストレートなごく普通のタッチに戻ったり、まさに自由自在な筆致という感じ。すごいです。


 今回のマグリット展は先に東京で行なわれており、後発の京都が終了しました。
 このような大規模なマグリット展は13年ぶりと聞きます。次は何年後でしょうか。また是非行ってみたいですね。じっくりみてまわりたいです。
 マグリット展の後は、「フェルメールとレンブラント:17世紀オランダ黄金時代の巨匠たち‐世界劇場の女性‐」だそうです。またフェルメール!しかしフェルメールの「水差しを持つ女」やレンブラントの「ベローナ」は日本初公開だそうな!“光の画家”と“光の魔術師”の二大巨星の共演!また行かなくちゃ!


 【関連リンク】
 マグリット展 http://magritte2015.jp/


スポンサーサイト
[ 2015/10/12 20:38 ] 【おでかけ】 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
スポンサードリンク
プロフィール

ウイスキーぼんぼん

Author:ウイスキーぼんぼん

初めて読んだミステリは『そして扉が閉ざされた』(岡嶋二人)。以来ミステリにどっぷりハマリ中。
「SUPER GENERATION」で水樹奈々さんに興味を持ち「Astrogation」で完全にハマる。水樹奈々オフィシャルファンクラブ「S.C. NANA NET」会員。

FC2プロフへ
mixi(放置中)
Twitterはじめました
食べログもはじめました(NEW!)

好きな推理作家:島田荘司ゴッド
嫁本:アトポス)
好きな歌手:水樹奈々ちゃん
嫁曲:SUPER GENERATION)
誕生日:ヘレン・マクロイとおなじ
体型:金田一耕助とおなじ

本年度のお気に入り(国内)
御朱印巡り
集めた御朱印です。
(各都道府県参拝した順)
※記事に出来ていない寺社多数です!鋭意執筆中!
※リンクが切れているものは下書き状態です。しばらくしたら公開されます。

【東京】
・靖國神社(その1)
・靖國神社(その2)
・東京大神宮
・浅草寺 御本尊
・浅草寺 浅草名所七福神
・浅草神社
・浅草神社 浅草名所七福神
・今戸神社
・明治神宮(その1)
・明治神宮(その2)
・増上寺
・烏森神社
・神田明神
・乃木神社
・上野東照宮

【神奈川】
・鶴岡八幡宮
・建長寺
・高徳院(鎌倉大仏殿)
・長谷寺

【愛知】
・熱田神宮
・一之御前神社、別宮八剣宮
・真清田神社
・大神神社
・大須観音

【大阪】
・大阪天満宮
・豊國神社
・四天王寺
・住吉大社
・坐摩神社
・法善寺
・難波八阪神社
・道明寺天満宮
・一心寺
・安居神社
・生國魂神社
・生國魂神社 干支(申)
・生國魂神社 干支(酉)
・三光神社
・玉造稲荷神社
・今宮戎神社
・方違神社
・難波神社
・露天神社(お初天神)
・太融寺
・大鳥大社
・石切劔箭神社
・枚岡神社
・慈眼寺
・久安寺

【京都】
・鈴虫寺(その1)
・鈴虫寺(その2)
・松尾大社(その1)
・月読神社
・天龍寺
・御髪神社
・常寂光寺
・二尊院
・野宮神社
・下鴨神社(賀茂御祖神社)
・河合神社(下鴨神社摂社)
・盧山寺
・梨木神社
・白雲神社
・護王神社
・御霊神社
・下御霊神社
・平安神宮
・銀閣寺(慈照寺)
・金閣寺(鹿苑寺)
・龍安寺
・八坂神社
・八坂神社 美御前社
・八坂神社 又旅社
・八坂神社 冠者殿社
・八坂神社 青龍
・八坂神社 祇園御霊会
・伏見稲荷大社 本殿
・伏見稲荷大社 奥社奉拝所
・伏見稲荷大社 御膳谷奉拝所
・三十三間堂
・養源院
・東福寺
・建仁寺
・南禅寺(その1)
・南禅寺(その2)
・永観堂(禅林寺)
・北野天満宮
・北野天満宮 宝刀展限定「鬼切丸」
・大将軍八神社
・法輪寺(達磨寺)
・妙心寺
・妙心寺 退蔵院
・仁和寺
・建勲神社
・晴明神社
・御金神社
・八大神社
・豊国神社
・由岐神社
・鞍馬寺
・貴船神社
・六道珍皇寺
・六道珍皇寺 六道まいり
・六波羅蜜寺 都七福神
・安井金比羅宮
・知恩院 徳川家康公四百回忌
・青蓮院門跡
・青蓮院門跡 近畿三十六不動尊霊場
・粟田神社
・鍛冶神社(粟田神社末社)
・東寺
・上賀茂神社(賀茂別雷神社)
・大徳寺 本坊
・大徳寺 高桐院
・今宮神社
・妙顯寺
・三千院 御本尊
・三千院 西国薬師四十九霊場第四十五番
・三千院 聖観音
・実光院
・勝林院
・宝泉院
・寂光院
・宝厳院
・大覚寺
・清涼寺
・祇王寺
・化野念仏寺
・落柿舎
・城南宮
・飛行神社
・石清水八幡宮
・岡崎神社
・長岡天満宮
・平野神社
・法金剛院
・高台寺
・清水寺
・宝蔵寺 阿弥陀如来
・宝蔵寺 伊藤若冲
・勝林寺
・平等院 鳳凰堂
・宇治神社
・宇治上神社
・智恩寺
・元伊勢籠神社
・眞名井神社
・梅宮大社

【奈良】
・唐招提寺
・薬師寺 御本尊
・薬師寺 玄奘三蔵
・薬師寺 吉祥天女
・薬師寺 水煙降臨
・東大寺 大仏殿
・東大寺 華厳
・東大寺 二月堂
・春日大社 ノーマル
・春日大社 第六十次式年造替
・興福寺 今興福力
・興福寺 南円堂
・如意輪寺
・吉水神社
・勝手神社
・金峯山寺
・吉野水分神社
・金峯神社
・法隆寺
・法隆寺 西円堂
・中宮寺
・法輪寺
・法起寺
・元興寺
・橿原神宮
・橘寺
・飛鳥寺
・飛鳥坐神社

【和歌山】
・総本山金剛峯寺
・高野山 金堂・根本大塔
・高野山 奥之院
・高野山 女人堂
・熊野那智大社
・青岸渡寺
・飛瀧神社
・伊太祁曽神社
・國懸神宮
・紀三井寺

【滋賀】
・比叡山延暦寺 文殊楼
・比叡山延暦寺 根本中堂
・比叡山延暦寺 大講堂
・比叡山延暦寺 阿弥陀堂
・比叡山延暦寺 法華総持院東塔
・比叡山延暦寺 釈迦堂
・比叡山延暦寺 横川中堂
・比叡山延暦寺 四季講堂(元三大師堂)
・三尾神社
・三井寺 金堂
・三井寺 黄不動明王
・近江神宮

【兵庫】
・生田神社
・廣田神社
・西宮神社
・湊川神社
・走水神社
・千姫天満宮
・男山八幡宮
・水尾神社
・兵庫縣姫路護國神社
・播磨国総社 射楯兵主神社
・甲子園素盞嗚神社
・北野天満神社

【岡山】
・吉備津神社
・吉備津彦神社

【鳥取】
・白兎神社
・宇倍神社
・聖神社
・鳥取東照宮(樗谿神社)

【広島】
・吉備津神社
・素盞嗚神社
・草戸稲荷神社
・明王院
・出雲大社 福山分社
・沼名前神社(鞆祇園宮)
・福禅寺(対潮楼)

【徳島】
・大麻比古神社

【福岡】
・太宰府天満宮
・筥崎宮(筥崎八幡宮)
・住吉神社

【沖縄】
・波上宮

■朱印帳■
・京都五社めぐり
・高野山 開創1200年記念霊木朱印帳
・平安神宮 御朱印帳
・全国一の宮御朱印帳
・住吉大社 御朱印帳
・建仁寺 御朱印帳
・今戸神社 御朱印帳
・大将軍八神社 御朱印帳
・晴明神社 御朱印帳
・東寺 御朱印帳
・明治神宮 御朱印帳
・大阪市交通局 オオサカご利益めぐり御朱印帳
・北野天満宮「宝刀展」記念朱印帳
・熊野那智大社 御朱印帳

最新のつぶやき
2016年の水樹奈々さん
ハーイ!ハーイ! ハイ!ハイ!ハイ!ハイ!