読み終わったミステリについてコメント。でも最近は脇道にそれぎみ。 このブログは水樹奈々さんを応援しています。

世界最古の木造建築!世界遺産・法隆寺の御朱印 

IMG_7923.jpg



 法隆寺は奈良県生駒郡斑鳩町にあるお寺。別名斑鳩寺
 御本尊は釈迦如来です。
 世界最古の木造建築として有名で、ユネスコの世界遺産にも登録されているたいへん歴史のあるお寺です。
 学生時代に修学旅行で訪れた人も多いのではないでしょうか。自分は修学旅行のコースから外れていたので、実は訪れるのは今回が初めて。奈良の御朱印巡りは春以降訪れていなかったので、世界遺産の威光に誘われて訪れてみることにしました。


IMG_7921.jpg
手水舎



 この斑鳩エリアには法隆寺のほかに、中宮寺、法輪寺、法起寺といったお寺があり、御朱印巡りをする際には、これらの御朱印を一気に回収したほうが良いでしょう。法隆寺だけ回収して、その他のを回収し忘れると後々再び訪れるのが難儀なことになると思います。
 公共交通機関を利用してアクセスする場合、奈良駅からは法隆寺行きのバスが出ているようなので、一日乗車券などを使ってそれを利用するのが便利かもしれません。しかし法隆寺駅からはあまりバスが出ていないようでした。距離も中途半端で1kmくらいなので歩いた方が早いかもしれません。


IMG_7913_2015080210010898b.jpg
南大門(国宝)



 バスで来ても、法隆寺駅から歩いてきても、まず目にするのが南大門です。いきなりの国宝です。ここが法隆寺境内への入口です。
 自家用車で参拝する場合は、このあたり周辺のお店や民家が、1日500円ほどで駐車スペースを貸し出しているようなので、それを利用するのが無難かも。ただ、法隆寺が用意した駐車場ではなく、各店舗や民家が独自に提供しているスペースなのでそのあたりは注意して利用する必要があります。


IMG_7916_201508021015038b2.jpg
境内広々

IMG_8049_20150802101247edb.jpg
中門(国宝)



 南大門をくぐってしばらく歩くと、中門前に到着します。境内がとにかく広いお寺なのでとにかく歩くことになります。
 ちなみにこの中門も国宝に指定されています。
 中門の向こうには五重塔も見えるため、撮影スポットには良い場所です。


IMG_8046_20150802114636d64.jpg
金剛力士像(阿形)

IMG_8047.jpg
金剛力士像(吽形)



 中門の両側には金剛力士像が睨みをきかせていました。日本最古の金剛力士像なんだそうです。

 中門は西院伽藍の南側に設置されている門で、西院伽藍のもともとの出入口です。今は封鎖されていて、入るのにはその左手に新たに設けられている入口・受付を利用し、西院伽藍を拝観した後は、東側の出口へと抜けます。


IMG_7925.jpg
金堂(手前)
五重塔(奥)



 西院伽藍に入るためには拝観料1,500円を払う必要があります。
 拝観料1,500円です!めちゃくちゃ高いです!ぼったくりです!たぶんこんな高い拝観料を払ったのは初めてです。インターネットや御朱印巡りの本には拝観料1,000円と書かれてあるところが多いのですが、どうやらいつの間にか値上したみたいです。
 この拝観料1,500円には西院伽藍の拝観のほかに、境内にある博物館・大宝蔵院、東院伽藍(夢殿)の拝観料も含まれています。
 
 しかし御朱印だけを回収するのには拝観料1,500円を払う必要はありません。法隆寺及び法隆寺西円堂いずれも西院伽藍の外に御朱印所があるためです。御本尊を拝まずに御朱印をもらうことに抵抗が無ければ御朱印だけもらって帰るのも良いでしょう。各位の判断に任せます。


IMG_7948.jpg
北部に大講堂

IMG_7934.jpg
西に五重塔、東に金堂

IMG_7943_201508021034461b2.jpg
五重塔

IMG_7947_20150802105051703.jpg
キャインキャイン



 西院伽藍は中門を背にして、左手(西側)に五重塔、右手(東側)に金堂が配置され、この2つをぐるっと囲むように廻廊が造られています。
 五重塔・金堂の奥――廻廊北部には大講堂がありました。
 金堂の中には入ることが可能で、この中に釈迦如来ほか薬師如来、阿弥陀如来が本尊として安置されています。

 同じく聖徳太子が建立した大阪の四天王寺も伽藍配置ですが、あちらは中門を背にして五重塔、金堂、大講堂が手前から奥に一直線に並んでいた点でこの法隆寺のとは違っています。むかし小学生か中学生の頃、この配置の違いを暗記させられましたね。暗記するのに苦労した覚えがあるのですが、こうやって実際に訪れると覚えようとしなくても覚えてしまいますね。


IMG_7954_20150802105144157.jpg
聖霊院(国宝)

IMG_8056.jpg
法隆寺 御朱印



 西院伽藍を出ると、すぐ東側に聖霊院という建物があります。これが御朱印所になっており、ここで御朱印がもらえます。
 この聖霊院も国宝に指定されている建物です。もうこのあたり一帯目に見える建物ほとんどが国宝か重要文化財のいずれかに指定されています。塀までもが重要文化財です。

 御朱印には「以和為貴」という言葉が書かれています。これは現代語で「和を以って貴しと為す」という意味で、聖徳太子が制定した十七条憲法の始まりの言葉です。
 法隆寺の寺紋である鳳凰のスタンプも押してあり、法隆寺らしい御朱印でした。


IMG_7955.jpg
大宝蔵院



 御朱印をもらったあとは、その足で大宝蔵院へ向かいます。
 ここは法隆寺が所蔵している百済観音像などさまざまな仏像や宝物が一般公開されている博物館みたいなところです。
 クスノキが使用された一木造の彫刻などを見ることが出来ます。一木造だなんて聞いたの小学生の頃以来ぶりだわ、と懐かしさに浸るのでした。教科書に記載されていることを実際に目で観られる、という意味では理解が深まるし、やっぱり修学旅行の観光コースにはピッタリのお寺なんだなと思います。

 大宝蔵院の中はエアコンが効いていたので、ひとしきり涼んだあとは東院伽藍(夢殿)へと向かいます。


IMG_7975.jpg
向こうに見えるのが東院伽藍



 とにかく境内が広いので、大宝蔵院から東院伽藍へは結構歩くことになります。東大門(国宝)を抜けた後は、塀(重要文化財)に囲まれた長い直線の向こうに目的地の東院伽藍があります。


IMG_7966_20150802110046615.jpg
東院伽藍(夢殿)(国宝)

IMG_7956.jpg
舎利殿(重要文化財)



 東院伽藍(夢殿)は境内の東側にある建物。
 建物内を廻廊に沿って見ることが出来ます。内部には救世観音像が安置されていました。
 もともと聖徳太子一族の住居であった斑鳩宮の跡に建立されたもので、八角形の建物が特徴です。
 夢殿のすぐ北には舎利殿があります。


IMG_8039.jpg
境内で見つけた巨木



 ひとまず法隆寺の御朱印はこれで一区切りです。
 しかし、西院伽藍→大宝蔵院→東院伽藍、さらに東院伽藍から中宮寺へと東へ東へと誘導させられる拝観ルートのため見落としがちですが、西院伽藍のさらに西には西円堂というお堂があります。この西円堂でも御朱印がもらえるため、忘れずにもらって帰りましょう。


 【関連リンク】
 法隆寺 http://www.horyuji.or.jp/


スポンサーサイト
[ 2015/08/02 11:52 ] 【おでかけ】 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
スポンサードリンク
プロフィール

ウイスキーぼんぼん

Author:ウイスキーぼんぼん

初めて読んだミステリは『そして扉が閉ざされた』(岡嶋二人)。以来ミステリにどっぷりハマリ中。
「SUPER GENERATION」で水樹奈々さんに興味を持ち「Astrogation」で完全にハマる。水樹奈々オフィシャルファンクラブ「S.C. NANA NET」会員。

FC2プロフへ
mixi(放置中)
Twitterはじめました
食べログもはじめました(NEW!)

好きな推理作家:島田荘司ゴッド
嫁本:アトポス)
好きな歌手:水樹奈々ちゃん
嫁曲:SUPER GENERATION)
誕生日:ヘレン・マクロイとおなじ
体型:金田一耕助とおなじ

本年度のお気に入り(国内)
御朱印巡り
集めた御朱印です。
(各都道府県参拝した順)
※記事に出来ていない寺社多数です!鋭意執筆中!
※リンクが切れているものは下書き状態です。しばらくしたら公開されます。

【東京】
・靖國神社(その1)
・靖國神社(その2)
・東京大神宮
・浅草寺 御本尊
・浅草寺 浅草名所七福神
・浅草神社
・浅草神社 浅草名所七福神
・今戸神社
・明治神宮(その1)
・明治神宮(その2)
・増上寺
・烏森神社
・神田明神
・乃木神社

【愛知】
・熱田神宮
・一之御前神社、別宮八剣宮
・真清田神社
・大神神社
・大須観音

【大阪】
・大阪天満宮
・豊國神社
・四天王寺
・住吉大社
・坐摩神社
・法善寺
・難波八阪神社
・道明寺天満宮
・一心寺
・安居神社
・生國魂神社
・生國魂神社 干支(申)
・生國魂神社 干支(酉)
・三光神社
・玉造稲荷神社
・今宮戎神社
・方違神社
・難波神社
・露天神社(お初天神)
・太融寺
・大鳥大社
・石切劔箭神社
・枚岡神社
・慈眼寺
・久安寺

【京都】
・鈴虫寺(その1)
・鈴虫寺(その2)
・松尾大社(その1)
・月読神社
・天龍寺
・御髪神社
・常寂光寺
・二尊院
・野宮神社
・下鴨神社(賀茂御祖神社)
・河合神社(下鴨神社摂社)
・盧山寺
・梨木神社
・白雲神社
・護王神社
・御霊神社
・下御霊神社
・平安神宮
・銀閣寺(慈照寺)
・金閣寺(鹿苑寺)
・龍安寺
・八坂神社
・八坂神社 美御前社
・八坂神社 又旅社
・八坂神社 冠者殿社
・八坂神社 青龍
・八坂神社 祇園御霊会
・伏見稲荷大社 本殿
・伏見稲荷大社 奥社奉拝所
・伏見稲荷大社 御膳谷奉拝所
・三十三間堂
・養源院
・東福寺
・建仁寺
・南禅寺(その1)
・南禅寺(その2)
・永観堂(禅林寺)
・北野天満宮
・北野天満宮 宝刀展限定「鬼切丸」
・大将軍八神社
・法輪寺(達磨寺)
・妙心寺
・妙心寺 退蔵院
・仁和寺
・建勲神社
・晴明神社
・御金神社
・八大神社
・豊国神社
・由岐神社
・鞍馬寺
・貴船神社
・六道珍皇寺
・六道珍皇寺 六道まいり
・六波羅蜜寺 都七福神
・安井金比羅宮
・知恩院 徳川家康公四百回忌
・青蓮院門跡
・青蓮院門跡 近畿三十六不動尊霊場
・粟田神社
・鍛冶神社(粟田神社末社)
・東寺
・上賀茂神社(賀茂別雷神社)
・大徳寺 本坊
・大徳寺 高桐院
・今宮神社
・妙顯寺
・三千院 御本尊
・三千院 西国薬師四十九霊場第四十五番
・三千院 聖観音
・実光院
・勝林院
・宝泉院
・寂光院
・宝厳院
・大覚寺
・清涼寺
・祇王寺
・化野念仏寺
・落柿舎
・城南宮
・飛行神社
・石清水八幡宮
・岡崎神社
・長岡天満宮
・平野神社
・法金剛院
・高台寺
・清水寺
・宝蔵寺 阿弥陀如来
・宝蔵寺 伊藤若冲
・勝林寺
・平等院 鳳凰堂
・宇治神社
・宇治上神社
・智恩寺
・元伊勢籠神社
・眞名井神社
・梅宮大社

【奈良】
・唐招提寺
・薬師寺 御本尊
・薬師寺 玄奘三蔵
・薬師寺 吉祥天女
・薬師寺 水煙降臨
・東大寺 大仏殿
・東大寺 華厳
・東大寺 二月堂
・春日大社 ノーマル
・春日大社 第六十次式年造替
・興福寺 今興福力
・興福寺 南円堂
・如意輪寺
・吉水神社
・勝手神社
・金峯山寺
・吉野水分神社
・金峯神社
・法隆寺
・法隆寺 西円堂
・中宮寺
・法輪寺
・法起寺
・元興寺
・橿原神宮
・橘寺
・飛鳥寺
・飛鳥坐神社

【和歌山】
・総本山金剛峯寺
・高野山 金堂・根本大塔
・高野山 奥之院
・高野山 女人堂
・熊野那智大社
・青岸渡寺
・飛瀧神社
・伊太祁曽神社
・國懸神宮
・紀三井寺

【滋賀】
・比叡山延暦寺 文殊楼
・比叡山延暦寺 根本中堂
・比叡山延暦寺 大講堂
・比叡山延暦寺 阿弥陀堂
・比叡山延暦寺 法華総持院東塔
・比叡山延暦寺 釈迦堂
・比叡山延暦寺 横川中堂
・比叡山延暦寺 四季講堂(元三大師堂)
・三尾神社
・三井寺 金堂
・三井寺 黄不動明王
・近江神宮

【兵庫】
・生田神社
・廣田神社
・西宮神社
・湊川神社
・走水神社
・千姫天満宮
・男山八幡宮
・水尾神社
・兵庫縣姫路護國神社
・播磨国総社 射楯兵主神社
・甲子園素盞嗚神社
・北野天満神社

【岡山】
・吉備津神社
・吉備津彦神社

【鳥取】
・白兎神社
・宇倍神社
・聖神社
・鳥取東照宮(樗谿神社)

【広島】
・吉備津神社
・素盞嗚神社
・草戸稲荷神社
・明王院
・出雲大社 福山分社
・沼名前神社(鞆祇園宮)
・福禅寺(対潮楼)

【徳島】
・大麻比古神社

【福岡】
・太宰府天満宮
・筥崎宮(筥崎八幡宮)
・住吉神社

【沖縄】
・波上宮

■朱印帳■
・京都五社めぐり
・高野山 開創1200年記念霊木朱印帳
・平安神宮 御朱印帳
・全国一の宮御朱印帳
・住吉大社 御朱印帳
・建仁寺 御朱印帳
・今戸神社 御朱印帳
・大将軍八神社 御朱印帳
・晴明神社 御朱印帳
・東寺 御朱印帳
・明治神宮 御朱印帳
・大阪市交通局 オオサカご利益めぐり御朱印帳
・北野天満宮「宝刀展」記念朱印帳
・熊野那智大社 御朱印帳

最新のつぶやき
2016年の水樹奈々さん
ハーイ!ハーイ! ハイ!ハイ!ハイ!ハイ!