読み終わったミステリについてコメント。でも最近は脇道にそれぎみ。 このブログは水樹奈々さんを応援しています。

京都の伏見稲荷大社へ初詣&雪化粧の稲荷山登頂を試みる旅 

IMG_1120.jpg
きつねさん



 午前中に八坂神社へ参拝に行った後、午後には伏見稲荷大社を訪れました。
 いわゆる「おいなりさん」で、全国に約3万社ある稲荷神社の総本社です。主祭神は稲荷大神です。
 駅チカでアクセスの便利な神社でしたが、参拝してみると稲荷山全体を神域とするそのスケールには圧倒されました。雪化粧と千本鳥居で非日常へといざなわれてゆきます。
 以下その伏見稲荷大社の初詣の様子です。


IMG_1104.jpg



 JR稲荷駅を出ると、目の前に真っ赤な鳥居があります。ここから伏見稲荷大社の始まりです。
 雪が降った後とはいえ、この日はたいへん天候がよく、日差しも強いです。カメラにつけていた偏光フィルターが抜群の効果を発揮してくれました。はじめて効能を実感です。効き過ぎるくらい効いていますが、まあ良しとしましょう。


IMG_1105.jpg
道路に面したところにいるきつねさん

IMG_1119.jpg
楼門



 道路に面した鳥居をくぐると表参道が続いており、両脇には屋台がたくさん出ていました。初詣という感じがして良いのですが、とにかく人が多すぎて買う気になりません。
 稲荷駅にしても、初詣のための臨時改札口が設けられるなど、とにかく人・人・人です。なんでも京都の初詣で一番人が訪れる神社なんだそうです。
 しかも近年では、外国人に人気の観光スポットナンバー1に選出されています。外国のかたも大勢いました。

 表参道を歩いていくと、正面に巨大な門に行き着きます。これが楼門であり、国の重要文化財に指定されています。


IMG_1121.jpg
楼門より表参道を撮影



 うわ~い!見てください!ものすごい人です。
 門をくぐる前からこの人だかりです。神社でこんなに人が集まっているのは初めて見ます。


IMG_1116.jpg
御朱印授与所

IMG_1306_201501050014316a7.jpg
伏見稲荷大社本殿 御朱印



 ちなみに伏見稲荷大社の本殿の御朱印は楼門をくぐる前、参道を左に折れたところに設けられた御朱印授与所でもらうことが出来ます。
 ここには長い行列ができていていました。
 受付は3か所ありましたが、わたしは若い巫女さんに朱印を書いてもらいました。平安神宮でもそうでしたが、こういう大きな神社では巫女さん自身が御朱印を書いてくれます。そんじょそこいらのアルバイト巫女との格の違いを見せ付けられます。判子が少し斜めになっているのはご愛嬌です。


IMG_1122.jpg
内拝殿



 内拝殿はすさまじい人でした。長時間並んだ末にようやく参拝です。
 人が多いためか、この内拝殿をお参りして帰る人もいましたが、わたしのように観光も兼ねていると思われる多くの人は、その奥にある稲荷山へと足を運んでいたのでした。


IMG_1126.jpg

IMG_1128_2015010420292650a.jpg



 稲荷山へは、内拝殿の隣にある鳥居から向かうことが出来ます。
 ここから階段の連続です。昨夜京都を記録的な積雪が襲ったため、雪はまだ溶けきっておらず、石畳は凍っていて、足元はたいへん悪い状態でした。


IMG_1143.jpg

IMG_1151_201501042130124c2.jpg
千本鳥居



 稲荷山の参道には数多くの鳥居があります。これが有名な千本鳥居です。
 この稲荷大社には鳥居を奉納する習わしがむかしから続いており、この千本鳥居も奉納された鳥居です。鳥居には団体名、個人名が記されていました。


IMG_1161.jpg

IMG_1308.jpg
伏見稲荷大社奥社奉拝所 御朱印



 千本鳥居にしたがって参道を進んでいくと、途中で奥社のある広場に出ます。
 ここでは楼門の近くでもらったのとは違う、奥社専用の御朱印をもらうことが出来ます。
 しかしここの御朱印は、自前の朱印帳に書いてもらうのではなく、あらかじめ書かれてある紙を授与するようでした。
 ありがたくいただきました。


IMG_1278.jpg
おもかる石



 あと、この奥社のみどころスポットとしては「おもかる石」があります。
 これもたいへん有名な石で、持つ人によって石の重さが変るという不思議な石です。願い事を念じながらおもかる石を持ち上げようとしたとき、想定していたより軽ければ願い事が叶い、逆に重ければ叶わないというものです。
 おもかる石の前には長蛇の列が出来ていました。なぜかほとんど女性でしたが、わたしも並んで持ち上げてみました。
 「2015年も水樹奈々さんのライブに参加できますように!」と念じながら持ち上げてみると、重くも無く軽くも無く、というよく分からない結果になりました。


IMG_1280.jpg

IMG_1182.jpg



 しかし、伏見稲荷大社はこの奥社で終わりではありません。千本鳥居はさらに奥へむかって口を開いています。
 先にも書きましたが、この伏見稲荷大社は稲荷山全体が神域となっています。奥社はまだまだ前半部分です。さらに奥へと進んで行きます。


IMG_1193.jpg



 表参道で見たあの大勢の参拝客はどこへ行ったのでしょう。石段を登る参拝者の姿は明らかに少なくなっていました。
 山道のため、木々の葉っぱが日差しを遮って、寒さが身にこたえます。


IMG_1196.jpg
新池

IMG_1197_20150104223348814.jpg



 奥社を過ぎてしばらく歩くと、右手に池が見えてきました。これが新池らしく、水面には鴨がスイスイ泳いでいました。
 少し奥まったところから見えるので、階段を上るのに一生懸命になっていたらひょっとしたらスルーしてしまうかもしれません。しかしわたしのように隙あらば休憩してやろう、という考えであれば多分池は見過ごさないことでしょう。


IMG_1213.jpg
四ツ辻からの眺め

IMG_1273.jpg
「にしむら亭」のきつねうどん 700円



 その新池をすぎてさらに進むと、ひらけた場所に出ます。ここの見晴らしはたいへん良く、京都市内を一望できました。
 雪が降った後のため、町全体が白くなっていました。
 ここが四ツ辻というところで、「にしむら亭」比較的おおきな飲食店があって、休憩するのには丁度良い場所でした。
 極寒で寒かったので、休憩がてら体を温めるために、この「にしむら亭」できつねうどんを食べました。おあげがふっくらしていて美味しかったです。稲荷山頂上までもうすぐです。

 この四ツ辻から山頂まではルートが二手に分かれています。四ツ辻を時計の6時の位置とすると、山頂は12時の方向にあります。時計回りか反時計回りかルートを選択する必要がありますが、ひとまず反時計回りで進んで行くことにしました。


IMG_1217_20150104230442b59.jpg
三ノ峰付近



 四ツ辻から三ノ峰→二ノ峰→一ノ峰(山頂)へと進んで行きます。三ノ峰と二ノ峰あたりの風景があまりに酷似していたので「あれ?ここさっきも通ったような…」と同じところをぐるぐる回っている不思議な錯覚に陥りました。


IMG_1270.jpg

IMG_1230.jpg

IMG_1229.jpg



 さらに山道を進んでいくと、ようやく稲荷山山頂に到着です。
 標高233mでした。なかなか過酷な道のりでしたが、喜びもまたひとしおです。
 一ノ峰(上之社神蹟)は山頂ということもあってか、二ノ峰、三ノ峰に比べて多くの参拝者が行列を作っていました。わたしもせっかくなので列に並んで参拝です。何かご利益があると良いです。

 帰り道は来た道とは反対側のルートを通って下山です。引き続き四ツ辻まで反時計回りで山道を進んで行きます。


IMG_1241.jpg



 伏見稲荷大社が人気な理由のひとつとして、参拝時間が限られていないということです。24時間門が開けられており、この稲荷山へも参拝が可能のようです。夜中には懐中電灯が必須のようですが、こういう千本鳥居をくぐりながら参道を歩くのも、昼間とはまた違った雰囲気がありそうで興味が湧きます。


IMG_1251.jpg
御膳谷奉拝所

IMG_1307.jpg
御膳谷奉拝所 御朱印



 伏見稲荷大社では、本殿と奥社以外に、この御膳谷奉拝所でも御朱印をいただけます。稲荷山を登頂した者にしか授与されない貴重な御朱印です。
 御朱印には稲荷山と大きく書かれてあるのが特徴です。


IMG_1268.jpg

IMG_1263.jpg
狐の手水舎

IMG_1285_2015010500081321d.jpg



 御朱印をもらった後は、あとは帰るだけです。来た道とは違った裏参道というルートを通って下山します。これから参拝する人とはあまりすれ違うことなく帰路につくことができました。
 要所要所で急な下り階段があり、それが例外なく凍り付いていたので、滑ってたいへん危険でした。これから稲荷山へ登ってみようと考えている方は、冬場の参拝は特に気をつけて欲しいです。ことに夜中に稲荷山を参拝するのは特別な理由が無い限りやめたほうが良いと思います。ホント滑って危険です。

 本殿、奥社、稲荷山の3つの御朱印を無事もらうことが出来て満足です。
 景色や雰囲気が良いので、人が少ないときにまた一度ゆっくり来てみたいものです。
 ありがとうございました。


 【関連リンク】
 伏見稲荷大社 http://inari.jp/
スポンサーサイト
[ 2015/01/05 00:42 ] 【おでかけ】 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
スポンサードリンク
プロフィール

ウイスキーぼんぼん

Author:ウイスキーぼんぼん

初めて読んだミステリは『そして扉が閉ざされた』(岡嶋二人)。以来ミステリにどっぷりハマリ中。
「SUPER GENERATION」で水樹奈々さんに興味を持ち「Astrogation」で完全にハマる。水樹奈々オフィシャルファンクラブ「S.C. NANA NET」会員。

FC2プロフへ
mixi(放置中)
Twitterはじめました
食べログもはじめました(NEW!)

好きな推理作家:島田荘司ゴッド
嫁本:アトポス)
好きな歌手:水樹奈々ちゃん
嫁曲:SUPER GENERATION)
誕生日:ヘレン・マクロイとおなじ
体型:金田一耕助とおなじ

本年度のお気に入り(国内)
御朱印巡り
集めた御朱印です。
(各都道府県参拝した順)
※記事に出来ていない寺社多数です!鋭意執筆中!
※リンクが切れているものは下書き状態です。しばらくしたら公開されます。

【東京】
・靖國神社(その1)
・靖國神社(その2)
・東京大神宮
・浅草寺 御本尊
・浅草寺 浅草名所七福神
・浅草神社
・浅草神社 浅草名所七福神
・今戸神社
・明治神宮(その1)
・明治神宮(その2)
・増上寺
・烏森神社
・神田明神
・乃木神社

【愛知】
・熱田神宮
・一之御前神社、別宮八剣宮
・真清田神社
・大神神社
・大須観音

【大阪】
・大阪天満宮
・豊國神社
・四天王寺
・住吉大社
・坐摩神社
・法善寺
・難波八阪神社
・道明寺天満宮
・一心寺
・安居神社
・生國魂神社
・生國魂神社 干支(申)
・生國魂神社 干支(酉)
・三光神社
・玉造稲荷神社
・今宮戎神社
・方違神社
・難波神社
・露天神社(お初天神)
・太融寺
・大鳥大社
・石切劔箭神社
・枚岡神社
・慈眼寺
・久安寺

【京都】
・鈴虫寺
・松尾大社(その1)
・月読神社
・天龍寺
・御髪神社
・常寂光寺
・二尊院
・野宮神社
・下鴨神社(賀茂御祖神社)
・河合神社(下鴨神社摂社)
・盧山寺
・梨木神社
・白雲神社
・護王神社
・御霊神社
・下御霊神社
・平安神宮
・銀閣寺(慈照寺)
・金閣寺(鹿苑寺)
・龍安寺
・八坂神社
・八坂神社 美御前社
・八坂神社 又旅社
・八坂神社 冠者殿社
・八坂神社 青龍
・八坂神社 祇園御霊会
・伏見稲荷大社 本殿
・伏見稲荷大社 奥社奉拝所
・伏見稲荷大社 御膳谷奉拝所
・三十三間堂
・養源院
・東福寺
・建仁寺
・南禅寺(その1)
・南禅寺(その2)
・永観堂(禅林寺)
・北野天満宮
・北野天満宮 宝刀展限定「鬼切丸」
・大将軍八神社
・法輪寺(達磨寺)
・妙心寺
・妙心寺 退蔵院
・仁和寺
・建勲神社
・晴明神社
・御金神社
・八大神社
・豊国神社
・由岐神社
・鞍馬寺
・貴船神社
・六道珍皇寺
・六道珍皇寺 六道まいり
・六波羅蜜寺 都七福神
・安井金比羅宮
・知恩院 徳川家康公四百回忌
・青蓮院門跡
・青蓮院門跡 近畿三十六不動尊霊場
・粟田神社
・鍛冶神社(粟田神社末社)
・東寺
・上賀茂神社(賀茂別雷神社)
・大徳寺 本坊
・大徳寺 高桐院
・今宮神社
・妙顯寺
・三千院 御本尊
・三千院 西国薬師四十九霊場第四十五番
・三千院 聖観音
・実光院
・勝林院
・宝泉院
・寂光院
・宝厳院
・大覚寺
・清涼寺
・祇王寺
・化野念仏寺
・落柿舎
・城南宮
・飛行神社
・石清水八幡宮
・岡崎神社
・長岡天満宮
・平野神社
・法金剛院
・高台寺
・清水寺
・宝蔵寺 阿弥陀如来
・宝蔵寺 伊藤若冲
・勝林寺
・平等院 鳳凰堂
・宇治神社
・宇治上神社
・智恩寺
・元伊勢籠神社
・眞名井神社

【奈良】
・唐招提寺
・薬師寺 御本尊
・薬師寺 玄奘三蔵
・薬師寺 吉祥天女
・薬師寺 水煙降臨
・東大寺 大仏殿
・東大寺 華厳
・東大寺 二月堂
・春日大社 ノーマル
・春日大社 第六十次式年造替
・興福寺 今興福力
・興福寺 南円堂
・如意輪寺
・吉水神社
・勝手神社
・金峯山寺
・吉野水分神社
・金峯神社
・法隆寺
・法隆寺 西円堂
・中宮寺
・法輪寺
・法起寺
・元興寺
・橿原神宮
・橘寺
・飛鳥寺
・飛鳥坐神社

【和歌山】
・総本山金剛峯寺
・高野山 金堂・根本大塔
・高野山 奥之院
・高野山 女人堂
・熊野那智大社
・青岸渡寺
・飛瀧神社
・伊太祁曽神社
・國懸神宮
・紀三井寺

【滋賀】
・比叡山延暦寺 文殊楼
・比叡山延暦寺 根本中堂
・比叡山延暦寺 大講堂
・比叡山延暦寺 阿弥陀堂
・比叡山延暦寺 法華総持院東塔
・比叡山延暦寺 釈迦堂
・比叡山延暦寺 横川中堂
・比叡山延暦寺 四季講堂(元三大師堂)
・三尾神社
・三井寺 金堂
・三井寺 黄不動明王
・近江神宮

【兵庫】
・生田神社
・廣田神社
・西宮神社
・湊川神社
・走水神社
・千姫天満宮
・男山八幡宮
・水尾神社
・兵庫縣姫路護國神社
・播磨国総社 射楯兵主神社
・甲子園素盞嗚神社
・北野天満神社

【岡山】
・吉備津神社
・吉備津彦神社

【鳥取】
・白兎神社
・宇倍神社
・聖神社
・鳥取東照宮(樗谿神社)

【広島】
・吉備津神社
・素盞嗚神社
・草戸稲荷神社
・明王院
・出雲大社 福山分社
・沼名前神社(鞆祇園宮)
・福禅寺(対潮楼)

【徳島】
・大麻比古神社

【福岡】
・太宰府天満宮
・筥崎宮(筥崎八幡宮)
・住吉神社

【沖縄】
・波上宮

■朱印帳■
・京都五社めぐり
・高野山 開創1200年記念霊木朱印帳
・平安神宮 御朱印帳
・全国一の宮御朱印帳
・住吉大社 御朱印帳
・建仁寺 御朱印帳
・今戸神社 御朱印帳
・大将軍八神社 御朱印帳
・晴明神社 御朱印帳
・東寺 御朱印帳
・明治神宮 御朱印帳
・大阪市交通局 オオサカご利益めぐり御朱印帳
・北野天満宮「宝刀展」記念朱印帳
・熊野那智大社 御朱印帳

最新のつぶやき
2016年の水樹奈々さん
ハーイ!ハーイ! ハイ!ハイ!ハイ!ハイ!