読み終わったミステリについてコメント。でも最近は脇道にそれぎみ。 このブログは水樹奈々さんを応援しています。

銀閣寺として有名な京都の慈照寺の御朱印 

IMG_0322.jpg
慈照寺 御朱印



 一眼レフの初実戦の前回、大阪天満宮と豊國神社で撮影した写真を眺めていると、微妙にピントが合っていない写真ばかりだったので、実戦2回目の今回はオートモードは出来るだけ使わずに、自らポイントを指定してピントを合わせていきました。
 あと前回メガネをかけたままだとファインダーが覗きにくかったので、今回は撮影の際はめがねを外て撮影することを心がけます。
 さらに単焦点レンズを携行し、アクティブにレンズを入れ替えながら撮影に臨んでみました(๑•̀ㅂ•́)و✧


IMG_0229_2014122322304412d.jpg



 実戦2回目としてまず訪れたのが、銀閣寺として有名な慈照寺です。
 小学生のときの修学旅行先が実は京都で、そのときに金閣寺には訪れたのですが、こっちの銀閣寺は初めて。日本史の教科書で、足利義政が造営したお寺であるということが確か書かれてあったのを思い出します。教科書の隅っこに小さい写真も載っていたので、今回はその銀閣寺を生で観に行きます。


IMG_0222.jpg



 慈照寺までは京都駅前からバスが出ています。銀閣寺道というバス停で下車すると、「哲学の道」という通りが伸びているので、そこを数十mほど歩いていくと銀閣寺に到着です。
 ちなみにこの「哲学の道」というのは、もっと南から伸びているようで、全長1.5kmほどあるそうです。


IMG_0245_201412232240341bd.jpg

IMG_0247.jpg



 この慈照寺(銀閣寺)はなんと拝観料を取ります。お寺なのにです!さすが観光地という自覚があるようで、大人500円もしました。
 ちなみにこの500円は、お札と引き換え、という形です。受付でお札がもらえます。

 受付の先に「御朱印受付」の立て看板が刺さっており、そこの窓口で御朱印帳を預けておくと、拝観を終えて戻ってくるときに御朱印を受け取れるという流れです。御朱印が欲しい人は忘れずに御朱印帳を渡しておきましょう。


IMG_0256.jpg
慈照寺



 塀をくぐると、さっそく目の前にどどーんと慈照寺が姿を現します。
 いきなりの登場に参拝客の多くは写真を撮り始めました。たぶん境内の中でここが一番撮影のために混雑するスポットです。わたしも一緒になって写真を撮ってみました。
 しかし、ベスト撮影スポットはここではありません。もっと先にあります。建物の側面が見えてなんだかかっこ悪いでしょう?ファサードと正対して撮影できるスポットがこの先にあるのです。もちろんここでも撮影ても良いのですが、混雑を招くため、あまりこだわって撮影はしないほうが良さそうです。


IMG_0264.jpg
向月台



 慈照寺のそばには向月台という砂の高台がありました。
 これは EOS Kiss X7i に搭載されているバリアングル液晶を覗きながらの撮影に挑戦です。コンデジで撮影していたときは建物はほぼ全てバリアングル液晶をいじってローアングルから撮影していたのですが、一眼レフでは思ったほど使う機会がありません。なかなか狙いを定めづらいためです。

 むかしの人はこの向月台の上に座って東山に昇る月を眺めたんだそうです。その光景を想像するとなんだか風情がありますね。ちなみに今ではロープが掛かっていて進入することは出来ませんでした。


IMG_0277.jpg
銀沙灘



 向月台のとなりには銀沙灘という砂場がありました。「ぎんしゃだん」と読みます。これも銀閣寺の見どころスポットのひとつだそうです。
 なんでもこの銀沙灘は月の光を反射させるための砂場なんだそうです。
 むかしのひとは月の観賞に熱心だったようです。
 銀閣寺には夜に拝観することが出来ないので、実際にどのようにこの銀沙灘が効力を発揮するのか分かりませんが、一度ここで月を観賞したいものです。


IMG_0275.jpg
方丈の縁側から撮影。
銀閣寺と向月台と銀沙灘の位置関係はこんな感じ。


IMG_0266_20141223231227806.jpg
方丈



 向月台と銀沙灘のあるエリアは意外と広くなく、コンパクトにレイアウトされている印象です。
 方丈の縁側から銀閣寺、向月台、銀沙灘を見通すことが出来ます。

 この縁側が休憩スポット(境内に入ったばかりのところにあるけれども)になっていたので、座れることもあり、ここでレンズ交換をして期待の単焦点レンズ EF50mm F1.8 II に付け替えです。


IMG_0278.jpg
EF50mm F1.8 IIで撮影

IMG_0279.jpg
EF50mm F1.8 IIで撮影
上手い具合に背景がボケてくれます



 キットについていた標準ズームと違って、なかなか距離感を掴みにくかったです。
 この辺かな?と思った位置に立ってファインダーを覗くと被写体が大きすぎるということが頻繁にありました。
 画角というのでしょうか。掴むのにはまだ慣れが必要です。
 使いどころは難しいですが、決まればなかなかカッコイイ写真が撮れそうです。


IMG_0289_201412232323073df.jpg



 方丈を過ぎると、庭園を散策できる小路が山裾まで延びています。
 その途中に洗月泉という小さな滝があったのでここでも一枚撮影です。
 シャッター速度優先AEにモードを変更して、適当にシャッター速度を上げた後に撮影してみました。
 画面が暗くなってしまいましたが、水が雫状になって写ってくれました。シャッタースピードをいじれないスマホではものにできない画のひとつで、一度やってみたかった撮影方法です。

 建物、植物、滝、などいろいろな被写体があるこういったお寺は写真の練習にはもってこいかもしれません。いろいろと撮影をつづけます。


IMG_0292_2014122323335767b.jpg

IMG_0294.jpg

IMG_0298_201412232334007c8.jpg
お茶の井



 庭園の小路をしばらく歩くと、お茶の井という湧き水が湧いているエリアに到着しました。
 なんでも足利義政がお茶用の水として使っていたそうです。水質が良いのは事実らしく、いまでもお茶会の水に使用されているとか。


IMG_0303.jpg



 さらに小路を進んでいくと、東山から銀閣寺の境内を一望できるスポットに到着します。
 ここも撮影スポットのひとつで、銀閣寺、銀沙灘、方丈のみならず、向こうの市街地まで一望できます。


IMG_0308.jpg




 背景をぼかすことに命をかけてゆきます。



IMG_0317.jpg



 散策の小路を抜けあとに、再び銀閣寺のもとを訪れることになるのですが、ここで銀閣寺の正面を臨むことができます。おそらく日本史などの教科書に載っている写真はここから撮影したものが多いと思われます。銀閣寺を撮影するならばここがベストです。
 なかなかカッコイイ写真が撮れました(•̀ᴗ•́)و ̑̑

 帰り際に、御朱印の記された朱印帳を返して貰って、銀閣寺をあとにしたのでした。
 御朱印のデザインはこの記事の最初の画像です。


IMG_0295.jpg



 なんだかんだで鮮やかな写真が取れるのが良いですね。画像のレタッチをする必要がありません。
 ピント合わせにもっとこだわった方が良いのかもしれません。
 しかし実戦1回目よりも満足できる写真が撮れたのは良かったです。さらに精進していこうと思います。
 おつかれさまでした。


 【関連リンク】
 臨済宗相国寺派 http://www.shokoku-ji.jp/g_about.html
スポンサーサイト
[ 2014/12/24 00:15 ] 【おでかけ】 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
スポンサードリンク
プロフィール

ウイスキーぼんぼん

Author:ウイスキーぼんぼん

初めて読んだミステリは『そして扉が閉ざされた』(岡嶋二人)。以来ミステリにどっぷりハマリ中。
「SUPER GENERATION」で水樹奈々さんに興味を持ち「Astrogation」で完全にハマる。水樹奈々オフィシャルファンクラブ「S.C. NANA NET」会員。

FC2プロフへ
mixi(放置中)
Twitterはじめました
食べログもはじめました(NEW!)

好きな推理作家:島田荘司ゴッド
嫁本:アトポス)
好きな歌手:水樹奈々ちゃん
嫁曲:SUPER GENERATION)
誕生日:ヘレン・マクロイとおなじ
体型:金田一耕助とおなじ

本年度のお気に入り(国内)
御朱印巡り
集めた御朱印です。
(各都道府県参拝した順)
※記事に出来ていない寺社多数です!鋭意執筆中!
※リンクが切れているものは下書き状態です。しばらくしたら公開されます。

【東京】
・靖國神社(その1)
・靖國神社(その2)
・東京大神宮
・浅草寺 御本尊
・浅草寺 浅草名所七福神
・浅草神社
・浅草神社 浅草名所七福神
・今戸神社
・明治神宮(その1)
・明治神宮(その2)
・増上寺
・烏森神社
・神田明神
・乃木神社

【愛知】
・熱田神宮
・一之御前神社、別宮八剣宮
・真清田神社
・大神神社
・大須観音

【大阪】
・大阪天満宮
・豊國神社
・四天王寺
・住吉大社
・坐摩神社
・法善寺
・難波八阪神社
・道明寺天満宮
・一心寺
・安居神社
・生國魂神社
・生國魂神社 干支(申)
・生國魂神社 干支(酉)
・三光神社
・玉造稲荷神社
・今宮戎神社
・方違神社
・難波神社
・露天神社(お初天神)
・太融寺
・大鳥大社
・石切劔箭神社
・枚岡神社
・慈眼寺
・久安寺

【京都】
・鈴虫寺(その1)
・鈴虫寺(その2)
・松尾大社(その1)
・月読神社
・天龍寺
・御髪神社
・常寂光寺
・二尊院
・野宮神社
・下鴨神社(賀茂御祖神社)
・河合神社(下鴨神社摂社)
・盧山寺
・梨木神社
・白雲神社
・護王神社
・御霊神社
・下御霊神社
・平安神宮
・銀閣寺(慈照寺)
・金閣寺(鹿苑寺)
・龍安寺
・八坂神社
・八坂神社 美御前社
・八坂神社 又旅社
・八坂神社 冠者殿社
・八坂神社 青龍
・八坂神社 祇園御霊会
・伏見稲荷大社 本殿
・伏見稲荷大社 奥社奉拝所
・伏見稲荷大社 御膳谷奉拝所
・三十三間堂
・養源院
・東福寺
・建仁寺
・南禅寺(その1)
・南禅寺(その2)
・永観堂(禅林寺)
・北野天満宮
・北野天満宮 宝刀展限定「鬼切丸」
・大将軍八神社
・法輪寺(達磨寺)
・妙心寺
・妙心寺 退蔵院
・仁和寺
・建勲神社
・晴明神社
・御金神社
・八大神社
・豊国神社
・由岐神社
・鞍馬寺
・貴船神社
・六道珍皇寺
・六道珍皇寺 六道まいり
・六波羅蜜寺 都七福神
・安井金比羅宮
・知恩院 徳川家康公四百回忌
・青蓮院門跡
・青蓮院門跡 近畿三十六不動尊霊場
・粟田神社
・鍛冶神社(粟田神社末社)
・東寺
・上賀茂神社(賀茂別雷神社)
・大徳寺 本坊
・大徳寺 高桐院
・今宮神社
・妙顯寺
・三千院 御本尊
・三千院 西国薬師四十九霊場第四十五番
・三千院 聖観音
・実光院
・勝林院
・宝泉院
・寂光院
・宝厳院
・大覚寺
・清涼寺
・祇王寺
・化野念仏寺
・落柿舎
・城南宮
・飛行神社
・石清水八幡宮
・岡崎神社
・長岡天満宮
・平野神社
・法金剛院
・高台寺
・清水寺
・宝蔵寺 阿弥陀如来
・宝蔵寺 伊藤若冲
・勝林寺
・平等院 鳳凰堂
・宇治神社
・宇治上神社
・智恩寺
・元伊勢籠神社
・眞名井神社
・梅宮大社

【奈良】
・唐招提寺
・薬師寺 御本尊
・薬師寺 玄奘三蔵
・薬師寺 吉祥天女
・薬師寺 水煙降臨
・東大寺 大仏殿
・東大寺 華厳
・東大寺 二月堂
・春日大社 ノーマル
・春日大社 第六十次式年造替
・興福寺 今興福力
・興福寺 南円堂
・如意輪寺
・吉水神社
・勝手神社
・金峯山寺
・吉野水分神社
・金峯神社
・法隆寺
・法隆寺 西円堂
・中宮寺
・法輪寺
・法起寺
・元興寺
・橿原神宮
・橘寺
・飛鳥寺
・飛鳥坐神社

【和歌山】
・総本山金剛峯寺
・高野山 金堂・根本大塔
・高野山 奥之院
・高野山 女人堂
・熊野那智大社
・青岸渡寺
・飛瀧神社
・伊太祁曽神社
・國懸神宮
・紀三井寺

【滋賀】
・比叡山延暦寺 文殊楼
・比叡山延暦寺 根本中堂
・比叡山延暦寺 大講堂
・比叡山延暦寺 阿弥陀堂
・比叡山延暦寺 法華総持院東塔
・比叡山延暦寺 釈迦堂
・比叡山延暦寺 横川中堂
・比叡山延暦寺 四季講堂(元三大師堂)
・三尾神社
・三井寺 金堂
・三井寺 黄不動明王
・近江神宮

【兵庫】
・生田神社
・廣田神社
・西宮神社
・湊川神社
・走水神社
・千姫天満宮
・男山八幡宮
・水尾神社
・兵庫縣姫路護國神社
・播磨国総社 射楯兵主神社
・甲子園素盞嗚神社
・北野天満神社

【岡山】
・吉備津神社
・吉備津彦神社

【鳥取】
・白兎神社
・宇倍神社
・聖神社
・鳥取東照宮(樗谿神社)

【広島】
・吉備津神社
・素盞嗚神社
・草戸稲荷神社
・明王院
・出雲大社 福山分社
・沼名前神社(鞆祇園宮)
・福禅寺(対潮楼)

【徳島】
・大麻比古神社

【福岡】
・太宰府天満宮
・筥崎宮(筥崎八幡宮)
・住吉神社

【沖縄】
・波上宮

■朱印帳■
・京都五社めぐり
・高野山 開創1200年記念霊木朱印帳
・平安神宮 御朱印帳
・全国一の宮御朱印帳
・住吉大社 御朱印帳
・建仁寺 御朱印帳
・今戸神社 御朱印帳
・大将軍八神社 御朱印帳
・晴明神社 御朱印帳
・東寺 御朱印帳
・明治神宮 御朱印帳
・大阪市交通局 オオサカご利益めぐり御朱印帳
・北野天満宮「宝刀展」記念朱印帳
・熊野那智大社 御朱印帳

最新のつぶやき
2016年の水樹奈々さん
ハーイ!ハーイ! ハイ!ハイ!ハイ!ハイ!