読み終わったミステリについてコメント。でも最近は脇道にそれぎみ。 このブログは水樹奈々さんを応援しています。

壇場伽藍の金堂と根本大堂へ参拝に行く。高野山の旅【その2】  

PB022090.jpg



 金剛峯寺を参拝した後は、歩いてすぐのところにある金堂根本大堂を参拝してみることにしました。去年来たときには訪れていないエリアです。
 壇場伽藍と呼ばれるエリアで、比較的小さな敷地内にギュッとお堂が集まっています。


PB022096.jpg



 車道からこの伽藍地区へと続く参道は紅葉に覆われていてとても綺麗でした。
 写真を撮る参拝客の姿も多く見られます。


PB022098.jpg
奥に見える朱色の塔が根本大堂、中央が大会堂、手前が東塔

PB022104.jpg
東塔



 参道を抜けて伽藍地区に入ると、まず見えてくるのが大会堂東塔です。
 この奥の大きな朱色の塔が根本大堂です。
 手前から東塔、大会堂、根本大堂がずらっと並んでいるため、3つをカメラにも収めやすいです。木々の合間から見える建物が絵的にも良いため、何かとウェブやムックでも見かけるアングルです。


根本大堂
根本大堂



 根本大堂は朱色が特徴の多宝塔です。かなり巨大な建築物でした。
 内部も拝観させてもらえます。
 多宝塔様式の建築としては日本最古のものらしく、本尊は胎蔵大日如来です。その周りを金剛界の四仏が囲んでおり、16本の柱には十六大菩薩、四隅の壁には八祖像の絵が配置され、堂内それ自体が三次元的に曼荼羅を構成しているそうな。山田正紀さんのミステリにもそういうのがありましたよね、確か。すさまじい建築でちょっと感動しました。
 根本大堂の前には、高野山が満を持して送るゆるきゃら「こうやくん」が立っていて、写真を撮るならここが良さそうでした。しかし、実際はこうやくんと根本大堂を同時に画面に納めるのにはローアングルからの撮影が必要で、そんなことは誰もしておらず、間近から根本大堂を撮影している人ばかりでした。


PB022121.jpg
金堂



 根本大堂の南には金堂がありました。
 金堂は何度か再建された過去が有るらしく、一見すると木造建築に見えますが、実は鉄骨鉄筋コンクリート造なんだそうです。
 この金堂も内部を拝観することが可能です。箱に拝観料を入れるシステムなので小銭必須です。
 ちなみに金堂を中心としたこの壇場伽藍が、空海の高野山造営の始まりの地とされているそうです。なにやらこの壇場伽藍は〈胎蔵曼荼羅〉の世界を表しているそうな。根本大堂の内装もそうですが、曼荼羅づくしです!なんだかここにいるだけでパワーがみなぎってきそうです。
 
 壇場伽藍の南、この金堂の真正面にあるのが現在再建中の中門で、この工事に使用されている高野霊木のヒノキが御朱印帳に使用されているのです。


PB022124.jpg
六角経蔵



 敷地の片隅、金堂の西には六角経蔵という経蔵がひっそりとありました。
 上の画像の、土台の木の部分ににょきにょきと尻尾のような出っ張りが付いているのがお分かりでしょうか。
 なんでもこの出っ張りを押すと土台部分が回転するそうで、これを1回転させてみせれば、一切経を一通り読誦した功徳が得られると言われているそうです。
 このことは家に帰ってから知ったので、自分は回していません。回しておくんだった!と少し後悔中です。やっぱりなんでもかんでも現地でスマホで調べてみるべきですね。せっかくのユビキタスツールなのに勿体無い。

 後悔といえば、この壇場伽藍内にある三鈷の松の写真を撮り忘れたこと!
 空海が大陸から三鈷を投げつけてぶち当たったとされる松です。この三鈷の松の周りには朱色の柵が作られていて、題大事に管理されている印象を受けました。


PB022129_20141102221341794.jpg
社務所

PB032250.jpg
金堂の御朱印(左)
根本大堂の御朱印(右)



 金堂のそばには社務所があり、そこでお守りや御朱印の授与が行なわれていました。
 根本大堂と金堂の参拝も終わったので、買ったばかりの朱印帳に御朱印をしてもらいました。
 ここでは1か所で根本大堂と金堂の2つの御朱印をもらうことができました。やったね!(๑•̀ㅂ•́)و✧
 「参拝をして御朱印を貰う」というのを自分の中でのルールにしようと思います。「御朱印を貰いに神社やお寺に行く」というのは最低限のマナーとして辞めておこうと思います。でないと本当にスタンプラリーになってしまいます。今までどおり参拝目的で神社やお寺に行く、というのを心がけたいところです。


PB022133.jpg
大門 東側



 御朱印を貰った後は、バスに乗って高野山の観光エリア最西端にある大門へと足を運びます。
 奥の院を参拝した後でも良かったのですが、西の観光スポットは一気に押さえてしまっておこうと思って訪れてみました。
 このときバスは超満員。連休を利用して観光客が大挙し始める時間です。


PB022139.jpg



 バス停でバスを降りると、目と鼻の先に大門が佇立していました。
 敷地にポンっと建っており、道路が整備されている今でこそ「何のためにある門だこりゃあ?」という感覚になってしまいますが、そばに立っている看板を読むと、むかしはこの門が高野山の西の入口として機能していたようです。
 重要文化財に指定されるだけあり、意匠的にもたいへん立派な門でした。


PB022151.jpg

PB022142.jpg
阿形

PB022143.jpg
吽形



 バス停側とは反対側の西側が門の入口側となります。そのため門の上部には「高野山」という文字が見え、両脇には阿形と吽形の金剛力士立像が配備されていて門の番をしていました。東大寺の南大門のものよりは巨大ではありませんでしたが、立派な像でした。当時はこの彫刻の材料はどうしたのでしょうか。現地調達した高野霊木を使用したのでしょうか。いろいろ想像が膨らみます。


PB022144.jpg
「日々の影向を闕さずして、処々の遺跡を檢知す」



 上の画像では少し分かりにくいですが、門の柱には聯が掛かっていて、緑色の文字で「日々の影向を闕さずして、処々の遺跡を檢知す」という文字が記述されていました。意味が分からないので調べてみると「お大師さまは毎日御廟から姿を現され、所々を巡ってはわたしたちをお救いくださっている」という意味だそうな。
 これは同行二人という信仰を表した文言です。「いつも弘法大師と一緒に巡礼している」という真言宗ならではの考え方のようです。そういえば今回高野山を歩いていても、「同行二人」という文字が書かれている袋を持ったお遍路さんと多く遭遇しました。こういう意味があったのですね。勉強になります。


PB022149.jpg



 大門の北側には山へと続く道が口をあけていました。朱色の門が立っていて、その脇には「嶽弁天岳登山道」とあります。
 高野山の入口にある女人堂あたりまで続いているそうで、山頂に嶽弁才天が祀られているとのこと。
 入りにくいオーラが漂っていて、一歩足を踏み入れると三津田信三ワールドへ突入しそうだったので、ここは写真を撮るだけでやめておきました。

 この大門はだいたい10分も眺めていれば充分で、あまり観光時間は要しません。あるのは門だけです。
 次の目的地である奥の院へと向かうために、もと来たバス停へと戻ったのですが、次にバスが来るのが1時間ほど後。歩いた方が全然早いと判断して、千手院前まで歩いて戻ったのでした。


IMG_9176.jpg
大門前のお店で買った草餅 1個120円



 商店がいくつも立ち並んでいるため、歩いても割と退屈しません。だいたい1kmくらいです。帰り道に草餅を買って食べ歩いたりしているとあっという間に千手院前のバス停に到着です。ここはバスがよく通るので、ここでバスに乗り込み奥の院へと向かったのでした。

スポンサーサイト
[ 2014/11/03 19:20 ] 【気になった事】 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
スポンサードリンク
プロフィール

ウイスキーぼんぼん

Author:ウイスキーぼんぼん

初めて読んだミステリは『そして扉が閉ざされた』(岡嶋二人)。以来ミステリにどっぷりハマリ中。
「SUPER GENERATION」で水樹奈々さんに興味を持ち「Astrogation」で完全にハマる。水樹奈々オフィシャルファンクラブ「S.C. NANA NET」会員。

FC2プロフへ
mixi(放置中)
Twitterはじめました
食べログもはじめました(NEW!)

好きな推理作家:島田荘司ゴッド
嫁本:アトポス)
好きな歌手:水樹奈々ちゃん
嫁曲:SUPER GENERATION)
誕生日:ヘレン・マクロイとおなじ
体型:金田一耕助とおなじ

本年度のお気に入り(国内)
御朱印巡り
集めた御朱印です。
(各都道府県参拝した順)
※記事に出来ていない寺社多数です!鋭意執筆中!
※リンクが切れているものは下書き状態です。しばらくしたら公開されます。

【東京】
・靖國神社(その1)
・靖國神社(その2)
・東京大神宮
・浅草寺 御本尊
・浅草寺 浅草名所七福神
・浅草神社
・浅草神社 浅草名所七福神
・今戸神社
・明治神宮(その1)
・明治神宮(その2)
・増上寺
・烏森神社
・神田明神
・乃木神社
・上野東照宮

【神奈川】
・鶴岡八幡宮
・建長寺
・高徳院(鎌倉大仏殿)
・長谷寺

【愛知】
・熱田神宮
・一之御前神社、別宮八剣宮
・真清田神社
・大神神社
・大須観音

【大阪】
・大阪天満宮
・豊國神社
・四天王寺
・住吉大社
・坐摩神社
・法善寺
・難波八阪神社
・道明寺天満宮
・一心寺
・安居神社
・生國魂神社
・生國魂神社 干支(申)
・生國魂神社 干支(酉)
・三光神社
・玉造稲荷神社
・今宮戎神社
・方違神社
・難波神社
・露天神社(お初天神)
・太融寺
・大鳥大社
・石切劔箭神社
・枚岡神社
・慈眼寺
・久安寺

【京都】
・鈴虫寺(その1)
・鈴虫寺(その2)
・松尾大社(その1)
・月読神社
・天龍寺
・御髪神社
・常寂光寺
・二尊院
・野宮神社
・下鴨神社(賀茂御祖神社)
・河合神社(下鴨神社摂社)
・盧山寺
・梨木神社
・白雲神社
・護王神社
・御霊神社
・下御霊神社
・平安神宮
・銀閣寺(慈照寺)
・金閣寺(鹿苑寺)
・龍安寺
・八坂神社
・八坂神社 美御前社
・八坂神社 又旅社
・八坂神社 冠者殿社
・八坂神社 青龍
・八坂神社 祇園御霊会
・伏見稲荷大社 本殿
・伏見稲荷大社 奥社奉拝所
・伏見稲荷大社 御膳谷奉拝所
・三十三間堂
・養源院
・東福寺
・建仁寺
・南禅寺(その1)
・南禅寺(その2)
・永観堂(禅林寺)
・北野天満宮
・北野天満宮 宝刀展限定「鬼切丸」
・大将軍八神社
・法輪寺(達磨寺)
・妙心寺
・妙心寺 退蔵院
・仁和寺
・建勲神社
・晴明神社
・御金神社
・八大神社
・豊国神社
・由岐神社
・鞍馬寺
・貴船神社
・六道珍皇寺
・六道珍皇寺 六道まいり
・六波羅蜜寺 都七福神
・安井金比羅宮
・知恩院 徳川家康公四百回忌
・青蓮院門跡
・青蓮院門跡 近畿三十六不動尊霊場
・粟田神社
・鍛冶神社(粟田神社末社)
・東寺
・上賀茂神社(賀茂別雷神社)
・大徳寺 本坊
・大徳寺 高桐院
・今宮神社
・妙顯寺
・三千院 御本尊
・三千院 西国薬師四十九霊場第四十五番
・三千院 聖観音
・実光院
・勝林院
・宝泉院
・寂光院
・宝厳院
・大覚寺
・清涼寺
・祇王寺
・化野念仏寺
・落柿舎
・城南宮
・飛行神社
・石清水八幡宮
・岡崎神社
・長岡天満宮
・平野神社
・法金剛院
・高台寺
・清水寺
・宝蔵寺 阿弥陀如来
・宝蔵寺 伊藤若冲
・勝林寺
・平等院 鳳凰堂
・宇治神社
・宇治上神社
・智恩寺
・元伊勢籠神社
・眞名井神社
・梅宮大社

【奈良】
・唐招提寺
・薬師寺 御本尊
・薬師寺 玄奘三蔵
・薬師寺 吉祥天女
・薬師寺 水煙降臨
・東大寺 大仏殿
・東大寺 華厳
・東大寺 二月堂
・春日大社 ノーマル
・春日大社 第六十次式年造替
・興福寺 今興福力
・興福寺 南円堂
・如意輪寺
・吉水神社
・勝手神社
・金峯山寺
・吉野水分神社
・金峯神社
・法隆寺
・法隆寺 西円堂
・中宮寺
・法輪寺
・法起寺
・元興寺
・橿原神宮
・橘寺
・飛鳥寺
・飛鳥坐神社

【和歌山】
・総本山金剛峯寺
・高野山 金堂・根本大塔
・高野山 奥之院
・高野山 女人堂
・熊野那智大社
・青岸渡寺
・飛瀧神社
・伊太祁曽神社
・國懸神宮
・紀三井寺

【滋賀】
・比叡山延暦寺 文殊楼
・比叡山延暦寺 根本中堂
・比叡山延暦寺 大講堂
・比叡山延暦寺 阿弥陀堂
・比叡山延暦寺 法華総持院東塔
・比叡山延暦寺 釈迦堂
・比叡山延暦寺 横川中堂
・比叡山延暦寺 四季講堂(元三大師堂)
・三尾神社
・三井寺 金堂
・三井寺 黄不動明王
・近江神宮

【兵庫】
・生田神社
・廣田神社
・西宮神社
・湊川神社
・走水神社
・千姫天満宮
・男山八幡宮
・水尾神社
・兵庫縣姫路護國神社
・播磨国総社 射楯兵主神社
・甲子園素盞嗚神社
・北野天満神社

【岡山】
・吉備津神社
・吉備津彦神社

【鳥取】
・白兎神社
・宇倍神社
・聖神社
・鳥取東照宮(樗谿神社)

【広島】
・吉備津神社
・素盞嗚神社
・草戸稲荷神社
・明王院
・出雲大社 福山分社
・沼名前神社(鞆祇園宮)
・福禅寺(対潮楼)

【徳島】
・大麻比古神社

【福岡】
・太宰府天満宮
・筥崎宮(筥崎八幡宮)
・住吉神社

【沖縄】
・波上宮

■朱印帳■
・京都五社めぐり
・高野山 開創1200年記念霊木朱印帳
・平安神宮 御朱印帳
・全国一の宮御朱印帳
・住吉大社 御朱印帳
・建仁寺 御朱印帳
・今戸神社 御朱印帳
・大将軍八神社 御朱印帳
・晴明神社 御朱印帳
・東寺 御朱印帳
・明治神宮 御朱印帳
・大阪市交通局 オオサカご利益めぐり御朱印帳
・北野天満宮「宝刀展」記念朱印帳
・熊野那智大社 御朱印帳

最新のつぶやき
2016年の水樹奈々さん
ハーイ!ハーイ! ハイ!ハイ!ハイ!ハイ!