読み終わったミステリについてコメント。でも最近は脇道にそれぎみ。 このブログは水樹奈々さんを応援しています。

NANA MIZUKI LIVE FLIGHT 2014+ 台湾公演(初日)に参加しました。レポ【奈々さん&ファン渡台編】。  

IMG_8969.jpg
会場の天母體育館



 NANA MIZUKI LIVE FLIGHT 2014+ の最終開催地域、台北!
 台湾公演の初日公演へ参加するため台湾へ渡りました。公式ファンクラブのツアーでの参加です。ツアー期間は10月3日~5日の2泊3日!
 当記事ではその様子をまとめて行きます。ダラダラと長くなりそうなので、適当なところで区切って「その2」「その3」と続けていこうと思います。

 ライブビューイング無し、映像化無しの海外公演です。しかし本国日本に引けをとらない大盛り上がりの公演でした。国境を越えて奈々さんを応援しに行く日本のファンの熱意!そして昨年より会場が大きくなり初参加の方も多いと思われる台湾のファンの想い!その両者がひとつになった熱い公演でした!
 全て記憶をもとに書いているので多少の違いはご容赦ください。画像多めです。


 ではどうぞ!


IMG_8855.jpg
関西国際空港国際線出発ロビー

PA031643.jpg
ツアータグ
分かりやすいように書いてみました



 わたしは関西国際空港から出国です。
 選択したコースは、3日午後日本出国→5日午前台湾出国の「Aコース」です。しかし両日参加される「Cコース」の方も出発は同じ時刻だったので、いっしょの飛行機に搭乗しました。
 そのため昨年の台湾公演の時よりロビーで受付をする水樹奈々ファンの方は多く、なんとなく賑やかな印象です。
 しかし、初日公演・2日目公演それぞれ募集が350人ということなのですが、どうもそれにしては少ない感じがしました。東京から出国することを勘案してもです。多分定員割れしたのではないでしょうか。もっといても良さそうでした。

 受付時間は16時50分からだったのですが、30分以上も前から受付をしてくれました。
 さっそく自分も受付をします。


IMG_8857.jpg
ピンズ(台湾公演初日)とTシャツ

IMG_8859.jpg
ツアーパス



 受付をしたその場でツアー特典のひとつである、台湾公演限定グッズを受け取ります。
 袋の中には、Tシャツ、ピンズ、クリアファイルが入っていました。参加する公演によってTシャツとピンズのデザインは異なります。
 Tシャツはマリンブルー(?)でピンズはカキ氷をむさぼるナネットさんです。
 昨年はペンライトも一緒にもらえたのですが今回は無いようです。実は自分のフライトエディションペンライトは筒の部分が折れてしまっていたため、欲しかったのですが仕方がありません。 

 受付時にツアーパスもいっしょにもらいました。これはAコース、Cコース共通のデザインです。TAIPEIとかかれてあります。


PA031646.jpg
チェックインカウンター

IMG_8865.jpg
ライブフライト公式グッズの「FLIGHT☆オーガナイザー」
海外遠征組に人気のアイテム



 そのあとはチェックインカウンターで大きな荷物を預けて、手荷物検査をして出国検査をして――といういつもの流れです。
 とうぜんファンクラブ会員の中には海外初参加の方も多くいて、このあたりのながれは全体的に固まって動いていきます。
 こういう一連の手続きでパスポートの提示が頻出するのですが、そのパスポートを入れておくのに便利なのがツアー公式グッズの「FLIGHT☆オーガナイザー」です。シンガポール公演でも人気だったそうで、わたしもたまたまこれにパスポートをしまっていました。パスポート以外にもポケットがいっぱいあるのでカードやチケットや筆記用具なんかも入ります。海外遠征組ご用達アイテムなのでした。


IMG_8873.jpg

PA031649.jpg
今年も安心のチャイナエアライン

PA031652.jpg
搭乗開始



 飛行機への搭乗時間になると、外はもう真っ暗です。
 何かトラブルがあったのか30分ほど搭乗が遅れます。


PA031656.jpg

PA031659.jpg
機内食 チキンのパスタにしてみました



 関西国際空港から台湾桃園国際空港まではだいたい2時間30分のフライトです。
 機内ではスマホのモバイルデータ通信をオフにしたり、時刻を台湾時刻にしたり、なんやかんやして到着を待ちます。
 機内食はチキンのパスタにしました。チキンは柔らかくナイフでもすぐ切れます。パスタが少し味気なかったですが、濃いすぎる味もイヤなので丁度良い感じでした。あとはカットフルーツとマカロニサラダとコッペパン、飲み物はオレンジジュースをもらいました。井之頭五郎なら「マカロニサラダとチキンパスタでパスタがダブってしまった」と言うところです。


PA031660.jpg
台北キター!

PA031662.jpg

PA031664.jpg
ボクの荷物はどれかな?これかな?



 そして2時間半の長旅の末、現地時刻21時25分ごろ、ついに台北に到着です!
 大阪組ついに台湾上陸です!おらおらー(^o^)

 預けた荷物を受け取って、税関審査後ガイドさんのいる受付ロビーに集合します。
 ここから公演初日参加組と公演両日参加組が別行動になります。
 まず宿泊するホテルが違うようで(大阪組に関していて言えば)、両日参加組は昨年と同じグリーンワールド松江に宿泊するのに対し、わたしのように初日参加組はエンペラーホテルというところに宿泊しました。しかし、わたしがホテルまで乗車したバスにはこれ以外のホテルに泊まる方もいて、今年は昨年以上に参加者各々がいろんなホテルに泊まっているようでした。


PA031666.jpg

PA031670.jpg



 初日参加組は初日参加組でガイドさんのもとに集まります。今回のガイドさんは男性の方でした。
 点呼を取ってバスへと乗り込みます。
 もうこのあたりは昨年の台湾公演と流れは同じで、バスの車内でパンフレットをもらってオプショナルツアーの参加の有無を確認したり、日本円を台湾ドルに替えてもらったり、ガイドさんの自己紹介やおすすめ観光スポットの紹介がありました。
 なんとガイドさんがアニメオタクであることも昨年と同じでした。
 しかし今回は去年のガイドさん以上で、ガイドさんの口から出てくる言葉を聞くと、割とマジのガチであることが分かります。
 ガイドさん曰く、今期のアニメでは『アカメが斬る!』が好きなそうで、昨年は『進撃の巨人』が面白かったとのこと。三ヶ月に一度秋葉原へ行くほどの、割とガチのヲタクなようでした。水樹奈々さんについても好きなご様子で、ナナソンでは「深愛」が一番好きで、ライブで盛り上がる「エタブレ」や「革命デュアリズム」も良いとのこと。当然翌日行なわれる奈々さんの台湾公演のチケットは取得済み・参加予定であることに車中がどよめきます。ガイドさん「明日現地であったときはよろしく」とのこと。


IMG_8893.jpgIMG_8891.jpg
車内でもらったパンフレット
地図が載っているので市内観光で上手く立ち回れます。オプショナルツアーのこともこれに掲載
ガイドさんの名前も。ハンコはカノジョさんに作ってもらったとのこと!リア充爆発(ry



 あとオプショナルツアーについては、昨年と違って申し込まれる方が多かった印象です。昨年は申し込んだという人を聞きませんでした。
 といってもオプショナルツアーの内容を見ると、個人的には悪くない内容でした。なんだかみなさんまず「お金が高い」という話題になっていましたが、たとえば九分の観光を午前中に終われる“時間的な利点”が大きいツアーが目立ちました。上手く利用すれば1日でオプショナル九分観光→自力で台北101観光という荒業も出来ます。


PA031671.jpg



 バスの車窓からはスクーターが多く見えました。やたらと目立つファミマの「全家」というネオンなど台湾にきたぜ!と気分はすっかり台湾モードです。
 当然時差があるとはいえ、着いたときは台北もすっかり夜です。夜更けです。
 なにせ時間がたいへん遅く、これから夜市に行こうかな、どうしようかな、と悩みます。初日に行かなければチャンスは翌日のライブ後になります。ライブ後ヘトヘトになった後に行く気力が残っているのか怪しいものなので、ここは無理にでも行っておきたいところです。
 ガイドさんが言うには「休日前なので士林夜市ならば0時30分くらいまでは開いている」とのこと。
 昨年、士林夜市に行ったので、今回は饒河街夜市(ここも大きい夜市らしい)のほうへ行こうと考えていたのですが、そこが開いているのは0時までとのこと。もはや間に合いません。行かないより良いや、と思い今回も台北最大の夜市、士林夜市へと足を運んだのでした。11時を過ぎると地下鉄は利用できないと聞いたのでタクシーを利用です。


PA041678.jpg
士林夜市!
日付が変りそうな時刻なのに若者であふれています。早く寝よう!


PA041680.jpg
地下美食区



 当初この士林夜市へは大阪組の方ひとりと連れ添っていく予定でしたが、エンペラーホテルでガイドさんの説明を聞いているときに、偶然東京組の方と遭遇して、その方たち2人ともいっしょに合計4人で行くことになりました。
 何やらわたしと同じAコースでも東京組と大阪組では到着した時刻にかなり開きがあったみたいです。東京組の方2人からすでに市内観光を終わらせたふうな話を聞きます。なんだこれ、不公平じゃないかと思わないでもないですが、一応格安ツアーなのでしかたがありません。旅行会社はぎりぎりまで空いた安いホテル、空いた安い便を探すのでしょう。

 この士林で堪能した台湾グルメは別記事にします。駆け足でしたが台湾の濃厚な味を満喫するには十分でした。もう少し見て回りたかったのですが、まあ良しとしましょう。


PA041729.jpg
エンペラーホテル

PA041709.jpg
ツアーデスクにあるスケジュール表
いっぱい書いてあります



 ホテル到着時には、まずツアーデスクに案内されて、今後のスケジュールがガイドさんから説明されました。
 どうやら羽田、成田、関西からのファンクラブ会員がこのホテルに泊まっているようです。

 ちなみにこのエンペラーホテルというのは南京東路二段という大きな道路に面しています。向かい側に林森公園がありました。
 昨年泊まったグリーンワールド松江と同じく、やっぱり駅までは少し歩かなければならないのですが、正面が大きな道路のため、タクシーをつかまえるのにはたいへん便利です。また徒歩数分のところにセブンイレブンもあり助かります。


PA041675_201410051906147bb.jpg
お部屋



 お部屋は2人用の部屋を1人で使いました。そのぶんツアーの追加料金がかかりました。
 2人用にしては小さい部屋という感じです。TV観賞用の椅子とサイドテーブルの配置がユニーク。


PA041705.jpg

PA041708.jpg



 水まわりにかんしてはトイレフロ一緒で、トイレはウォシュレットでした。たしかグリーンワールド松江はウォシュレットではなかった…はず。違ったかな。
 台湾のトイレットペーパーは流せない、と聞いていたので日本から持参したトイレットペーパーでお尻を拭き、そのまま流しました。

 ドライヤーは壁に設置されているタイプで、この手のドライヤーは初めて使用しました。おもちゃのような音がしました。なかなかユニークです。



+++


 そんなこんなで初日は到着時間が遅かったため、士林夜市へ出かけたくらいで特に何もすることなく、翌日に備えて眠りに付いたのでした。


+++




 翌日――

 今回の台湾公演では残念ながら空港で奈々さんのお出迎えは出来ませんでした。
 ホテルのロビーに新聞がいくつか置いてあったので、朝起きてから奈々さんの記事が載っていないか見てみることにしました。

 台湾のひとにとっては海の向こうの声優だし、そんか大きな記事は載ってないだろうな、とあまり期待せずに新聞を一枚一枚確認していくと…


IMG_8929.jpg
この新聞は片隅に小さく載っていました。

水 樹 奈 奈 愛 台 灣
3 0 0 粉 絲 搶 接 機




PA041735.jpg
この新聞は記事が結構大きめ。生足がエロ師匠です。さすがです師匠。
台湾のファンも写りこんでいてとっても楽しい雰囲気が伝わってきます。


日 本 聲 優 天 后
水 樹 奈 奈 2 撲 寶 島
聲 控 3 0 0 粉 絲 接 駕




PA041737.jpg
記事でけえ!(๑•̀ㅂ•́)و✧GJ!
…って、あれ?小籠包の話?


水 樹 奈 奈 啾 咪 登 台
立 馬 學 做 小 籠 包




 ホテルのロビーに置いてあった経済紙以外の10月4日付の新聞すべてに記事が載っていました。
 小籠包の記事が一番大きかったのはひとまず置いておくとして!書いてあることは詳しく分かりませんでしたが、なかには台湾のファンの様子が伝わってくるものもあり、こちらのテンションまで上がってきます。
 十数時間後に訪れる台湾公演に想いを馳せ胸が高鳴るのでした。

 いよいよ始まります!

 NANA MIZUKI LIVE FLIGHT 2014 + 台湾公演!
 LIVE FLIGHT最終章スタートです!



 →レポ【ライブ編】に続く。







スポンサーサイト
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
スポンサードリンク
プロフィール

ウイスキーぼんぼん

Author:ウイスキーぼんぼん

初めて読んだミステリは『そして扉が閉ざされた』(岡嶋二人)。以来ミステリにどっぷりハマリ中。
「SUPER GENERATION」で水樹奈々さんに興味を持ち「Astrogation」で完全にハマる。水樹奈々オフィシャルファンクラブ「S.C. NANA NET」会員。

FC2プロフへ
mixi(放置中)
Twitterはじめました
食べログもはじめました(NEW!)

好きな推理作家:島田荘司ゴッド
嫁本:アトポス)
好きな歌手:水樹奈々ちゃん
嫁曲:SUPER GENERATION)
誕生日:ヘレン・マクロイとおなじ
体型:金田一耕助とおなじ

御朱印巡り
集めた御朱印です。
(各都道府県参拝した順)
※記事に出来ていない寺社多数です!鋭意執筆中!
※リンクが切れているものは下書き状態です。しばらくしたら公開されます。

【東京】
・靖國神社(その1)
・靖國神社(その2)
・東京大神宮
・浅草寺 御本尊
・浅草寺 浅草名所七福神
・浅草神社
・浅草神社 浅草名所七福神
・今戸神社
・明治神宮(その1)
・明治神宮(その2)
・増上寺
・烏森神社
・神田明神

【愛知】
・熱田神宮
・一之御前神社、別宮八剣宮
・真清田神社
・大神神社
・大須観音

【大阪】
・大阪天満宮
・豊國神社
・四天王寺
・住吉大社
・坐摩神社
・法善寺
・難波八阪神社
・道明寺天満宮
・一心寺
・安居神社
・生國魂神社
・生國魂神社 干支(申)
・生國魂神社 干支(酉)
・三光神社
・玉造稲荷神社
・今宮戎神社
・方違神社
・難波神社
・露天神社(お初天神)
・太融寺
・大鳥大社
・石切劔箭神社
・枚岡神社
・慈眼寺
・久安寺

【京都】
・鈴虫寺
・松尾大社(その1)
・月読神社
・天龍寺
・御髪神社
・常寂光寺
・二尊院
・野宮神社
・下鴨神社(賀茂御祖神社)
・河合神社(下鴨神社摂社)
・盧山寺
・梨木神社
・白雲神社
・護王神社
・御霊神社
・下御霊神社
・平安神宮
・銀閣寺(慈照寺)
・金閣寺(鹿苑寺)
・龍安寺
・八坂神社
・八坂神社 美御前社
・八坂神社 又旅社
・八坂神社 冠者殿社
・八坂神社 青龍
・八坂神社 祇園御霊会
・伏見稲荷大社 本殿
・伏見稲荷大社 奥社奉拝所
・伏見稲荷大社 御膳谷奉拝所
・三十三間堂
・養源院
・東福寺
・建仁寺
・南禅寺(その1)
・南禅寺(その2)
・永観堂(禅林寺)
・北野天満宮
・北野天満宮 宝刀展限定「鬼切丸」
・大将軍八神社
・法輪寺(達磨寺)
・妙心寺
・妙心寺 退蔵院
・仁和寺
・建勲神社
・晴明神社
・御金神社
・八大神社
・豊国神社
・由岐神社
・鞍馬寺
・貴船神社
・六道珍皇寺
・六道珍皇寺 六道まいり
・六波羅蜜寺 都七福神
・安井金比羅宮
・知恩院 徳川家康公四百回忌
・青蓮院門跡
・青蓮院門跡 近畿三十六不動尊霊場
・粟田神社
・鍛冶神社(粟田神社末社)
・東寺
・上賀茂神社(賀茂別雷神社)
・大徳寺 本坊
・大徳寺 高桐院
・今宮神社
・妙顯寺
・三千院 御本尊
・三千院 西国薬師四十九霊場第四十五番
・三千院 聖観音
・実光院
・勝林院
・宝泉院
・寂光院
・宝厳院
・大覚寺
・清涼寺
・祇王寺
・化野念仏寺
・落柿舎
・城南宮
・飛行神社
・石清水八幡宮
・岡崎神社
・長岡天満宮
・平野神社
・法金剛院
・高台寺
・清水寺
・宝蔵寺 阿弥陀如来
・宝蔵寺 伊藤若冲
・勝林寺
・平等院 鳳凰堂
・宇治神社
・宇治上神社

【奈良】
・唐招提寺
・薬師寺 御本尊
・薬師寺 玄奘三蔵
・薬師寺 吉祥天女
・薬師寺 水煙降臨
・東大寺 大仏殿
・東大寺 華厳
・東大寺 二月堂
・春日大社 ノーマル
・春日大社 第六十次式年造替
・興福寺 今興福力
・興福寺 南円堂
・如意輪寺
・吉水神社
・勝手神社
・金峯山寺
・吉野水分神社
・金峯神社
・法隆寺
・法隆寺 西円堂
・中宮寺
・法輪寺
・法起寺
・元興寺
・橿原神宮
・橘寺
・飛鳥寺
・飛鳥坐神社

【和歌山】
・総本山金剛峯寺
・高野山 金堂・根本大塔
・高野山 奥之院
・高野山 女人堂
・熊野那智大社
・青岸渡寺
・飛瀧神社
・伊太祁曽神社
・國懸神宮
・紀三井寺

【滋賀】
・比叡山延暦寺 文殊楼
・比叡山延暦寺 根本中堂
・比叡山延暦寺 大講堂
・比叡山延暦寺 阿弥陀堂
・比叡山延暦寺 法華総持院東塔
・比叡山延暦寺 釈迦堂
・比叡山延暦寺 横川中堂
・比叡山延暦寺 四季講堂(元三大師堂)
・三尾神社
・三井寺 金堂
・三井寺 黄不動明王
・近江神宮

【兵庫】
・生田神社
・廣田神社
・西宮神社
・湊川神社
・走水神社
・千姫天満宮
・男山八幡宮
・水尾神社
・兵庫縣姫路護國神社
・播磨国総社 射楯兵主神社
・甲子園素盞嗚神社
・北野天満神社

【岡山】
・吉備津神社
・吉備津彦神社

【鳥取】
・白兎神社
・宇倍神社
・聖神社
・鳥取東照宮(樗谿神社)

【広島】
・吉備津神社
・素盞嗚神社
・草戸稲荷神社
・明王院
・出雲大社 福山分社
・沼名前神社(鞆祇園宮)
・福禅寺(対潮楼)

【徳島】
・大麻比古神社

【福岡】
・太宰府天満宮
・筥崎宮(筥崎八幡宮)
・住吉神社

■朱印帳■
・京都五社めぐり
・高野山 開創1200年記念霊木朱印帳
・平安神宮 御朱印帳
・全国一の宮御朱印帳
・住吉大社 御朱印帳
・建仁寺 御朱印帳
・今戸神社 御朱印帳
・大将軍八神社 御朱印帳
・晴明神社 御朱印帳
・東寺 御朱印帳
・明治神宮 御朱印帳
・大阪市交通局 オオサカご利益めぐり御朱印帳
・北野天満宮「宝刀展」記念朱印帳
・熊野那智大社 御朱印帳

最新のつぶやき
2016年の水樹奈々さん
ハーイ!ハーイ! ハイ!ハイ!ハイ!ハイ!