読み終わったミステリについてコメント。でも最近は脇道にそれぎみ。 このブログは水樹奈々さんを応援しています。

NANA MIZUKI LIVE JOURNEY 2011 愛媛公演 れぽ 


ライブ会場のひめぎんホール




 きらめく~♪ブルーはぁ~♪僕らの合図!ヽ(・∀・)ノ

 というわけで、NANA MIZUKI LIVE JOURNEY 2011 愛媛公演に行ってまいりました。

 その様子をてんこもりお伝えしていこうと思います。ガッツ!ガツガツ!




 広島市内から松山へのアクセスは宇品港から出航するフェリーが安くて便利。
 新居浜へは今治経由の陸路で行きましたが、今回は海路!



夜が明けるよ!
「茜に~染まる~風の素顔に~♪」




 「朝未き空~ 君を想うぅぅ!! 素直な声~ 届けられたらぁ~~♪」
 「SUPER GENERATION」や「MASSIVE WONDERS」を口ずさみながら、早くも気分はライブモード!船上でペンライトを振る練習。

 ちなみにフェリーで奈々さんのライブに行くような人は見かけなかった(´・ω・`)




松山観光港



 そして船に揺られること2時間ちょい、ついに四国に上陸。パスポートは本当に不要だった。
 燦々と輝く太陽青空、そして真っ青な海原まさに奈々さん日和!

 でも、本当に晴れてよかった!さあすが奈々さん!晴れ女伝説は伊達じゃないぜ。


ひめぎんホール



 松山観光港からひめぎんホールへは直通のリムジンバスが出ていました。リムジンバスへは乗車券を買ってから乗ってね、と案内板があったけど、実際乗車券は不要だった。危うく乗り過ごしそうになった。
 バスの中は出張中と思しきリーマンばかりで、ここでも奈々さんファンとは遭遇できず。ひめぎんホールで下車したのも自分だけだった。
 でもバスから外を走る路面電車を眺めると、いたいた、カラフルなTシャツを着た奈々さんファンの姿が!みなさんさまざまなルートでひめぎんホールへ向かいつつあるようです。




 ちょうどわたしがひめぎんホールに着いたころ(9:40ごろ)に、物販の列は館内と屋外に分断されたようです。
 最後尾プラカードをもったスタッフについていって屋外へ。でも日陰で比較的過ごし易かったのは助かった。
 だいたいこの時点で、わたしの前を200人ほどが並んでいた模様。アカデミーの新居浜のときは12時すぎに到着してそのくらいだったから、やたら人が多いなあ、という印象を受けたけれど、アリーナ公演に比べたらもう全然余裕。みなさん列を抜けて喫煙所でタバコを吸っていたりしてマッタリモードだった。







 結局列が伸びて炎天下にさらされる危険があったためか、当初の12:30の予定を繰り上げて11:40に物販が開始。スタッフの粋な計らいです。物販の列から拍手があがります。


   



 愛媛公演のTシャツの色は水色に少し緑を混ぜたような色。発色が良くてお気に入り。
 ピンズの方はナネットさんが夕日に向かって線路を歩いている画。ナネットさん待ってー。かわいい(*´ω`*)
 ファンクラブの情報によると、このピンズは奈々さんが「お餅みたい」と言ったデザインらしく、奈々さんのお気に入りなんだって!やったね!

 ちなみに愛媛の会場でもナナカホルダーの署名活動がファンの有志によって行われていました。
 強制ではなかったものの、ネットの掲示板で各地で署名やってることは知っていたので、快く応じる。みんな歳が若くてショック。二十代後半から三十代の署名がほとんど無かった…。名前・年齢・簡単な住所のほか、一言書ける欄が設けてあって、そこにナネットさんの絵を描こうと思いついたが、有志たちの真面目な姿を見てふざけるのはやめておいた。






 館内の物販の様子はこんな感じ。
 ひめぎんホールは上方からの採光が多くて、館内はとっても明るかった。

 売り子さんは全員で10人ほどいた。
 中央付近の列に並べば、奥の奈々さんの写真が間近で見られるけれど、スタッフさんが並ぶ列を指示してくるので自由には並べませんでした。
 見た感じピンズの売れ行きがすさまじかった。一人で複数買いするのがすでにデフォになりつつあるような。わたしはピンズは1個だけ買ってみた。

 


ファンクラブマスコットのななちょも。ナネットさんもいる!



 物販の横には、ライブ恒例アニメイトの出張所とファンクラブ受付があった。
 今回のアニメイトは品揃えがよく、ほぼ全CDがそろっていた。2000円以上お買い上げの方にポスターが一枚もらえます。アニメイトの店員さんが「みなさん既に持っているかもしれませんが買ってください(´;ω;`)」と言っていたのが印象的。
 ファンクラブへは既に入会済みなのでスルー。今回は8月末で会員期限が切れる方を対象に継続受付も行っていた。



ひめぎんホールおもての掲示板

   



 物販が終わってからは、ナナカのトレードやお昼ごはんでなんやかんやあって、ついに愛媛公演開場!

 今回はUO10本、UR1本、ライブグレイスの時に買ったペンライト1本を用意。ホテルでTシャツに着替えてタオルを巻いて出陣。もちろんナネットさんも一緒に応援。

 路面電車に大量に乗り込む奈々サポーター、そしてひめぎんホール前で大量に下車する奈々サポーター。勝山方面、道後温泉方面からサポーター大集合です。乗り合わせていたお爺さんが「今日はイベントかなんかあるんかいの?」とたまげていた。

 ひめぎんホール館内は割と広く、開放されていたので、日帰り組もそこで大勢涼んでいた。
 女性ファンも多かった。ライブファイターのときの軍服や、ハートキャッチプリキュアの花咲つぼみの制服などコスプレしている人もいた。フェイトの大きなぬいぐるみを持ってきている人もいた。

 開場時間になると物販の列はすっかり捌けており、このころ並び始める人もちらほら。飛ぶように売れていたピンズもまだまだ在庫は確認できた。





愛媛公演セットリスト

01 SCARLET KNIGHT
02 ETERNAL BLAZE
03 十字架のスプレッド
04 恋の抑止力-type EXCITER-
05 HIGH-STEPPER
06 Polaris
07 ストロボシネマ
08 Young Alive!
09 DISCOTHEQUE
10 STORIES(アコ)
11 アルビレオ(アコ)
12 Astrogation
13 NANA色のように~Special album version~
14 Level Hi!
15 囚われのBabel
16 残光のガイア
17 純潔パラドックス
18 Bring it on!
19 Trickster
20 UNBREAKABLE
21 Pray

e1 Heaven Knows
e2 POWER GATE
e3 POP MASTER



 今回も映像とともにライブが始まりました。
 映像中にも振られていたさまざまな色のリウムは「SCARLET KNIGHT」のイントロとともに真赤に染まります。奈々さんの登場で一気にテンション100%。ステージの照明も真赤っか。後先のこと考えてる暇はありません、跳びまくりです。
 スカナイの「心凍らせていた~♪」あたりで警報を入れている人も結構いて、わたしも前半1、2回入れてみたけど、あんまり主流ではないみたい?以降は警報を入れるのはやめておいた。ちなみに青色のサイリウムを振っている人も結構いましたが、わたしはURを振ってみた。今回用意したUR1本はこの曲のためです。
 スカナイの後半の盛り上がりからの流れで、水樹奈々最強曲の「ETERNAL BLAZE」が登場です。序盤で早くもライブは最高潮。地方公演でライブに慣れていない人が多かったのか、わたしの周りの席の人は結構跳べてない人がいた。

 この2曲ですでに右肩に違和感が(ノ∀`)
 しかしがんばって振り続けます。

 ダンス曲の「恋の抑止力-type EXCITER-」「HIGH-STEPPER」はライブで聴くのは今回は初めて。「恋の抑止力」は「こ~いの~よ~く~しりょく~♪」「り~すんとぅ~まいはぁ~♪」のところの振り付けは覚えていたけど、わたしの周りでは踊っている人がいなかった。何故だ!自分は少しだけ踊ってあとは振りに徹してみた(・ω・)
 「HIGH-STEPPER」は思ったほど激しくないダンスだった。が、初見では覚えられない。手のひらのふりふりとか、腰の振りとか、こうくねくね?
 やっぱりコールのある曲は楽しいね「Young Alive!」なんかすごく良かった。これもライブで聴くのは今回が初めて。「あ~ゆ~?」「れでぃ~?」「おけ~?」「か~もん?」「れっつごー!」のコールが楽しすぎる。
 今回のアコースティックコーナーは1階席の人はほとんど座って聞いていました。自分も着席することに。
 愛媛公演12曲目は「Astrogation」。アコースティックコーナーでじっくり聴き入ったあとは、ここから再び飛び曲の連続か、と思いきや跳び曲はアスゲ1曲でひとまず終わり。13曲目は「NANA色のように」。1階席は横振りが前半分の席と後ろ半分で逆になってた。これ横振りは左からだよね?曲後半は比較的揃ってた。それから「NANA色のように」ってコールあるのね。家帰って初めて知った。
 その後はタオル曲の「Level Hi!」。ヒサヨ先生の振り付け講座付き。練習はばっちりだったけど、いざ本番となると遅れる('A`)タオル曲はむずかしいぜ!「Level Hi!」の振り付けって小島よしお思い浮かべたんだが('A`)ちょっと恥ずかしかった。

 タオル曲でいい汗かいたぜ、と思っていたのもつかの間、そのあとはコール&跳び曲の「囚われのBabel」「残光のガイア」2大曲。「囚われのBabel」は今回のライブで初披露の曲。「完全!」 「絶対!」「限界!」「条件!」はコール必須だけど「ダメ!ダメ!ダメ!」「なぜ!なぜ!なぜ!」は被せてコールしてる人がちらほら。自分も叫んでみたけど全体としてはまだコール等が固まっていない感じ。
 「残光のガイア」は圧倒的UO率。「イァ~~~ス!!」「D!N!A!!!!がシャウティング!!」など会場のコールの厚みがほかの曲とは全然違った。ガイアのパワーを感じた(゚∀゚)!すごい曲!




 「残光のガイア」で一仕事終えた感のある観客席。そして、おもむろに奈々さんのMC。「愛媛公演でこの曲を届けられることをうれしく思う」「特別なことをしたい」だったかな?そんな感じのニュアンスで語り始める奈々さん。MCを聞くと、やはり奈々さんにとって愛媛公演というのは特別なものらしい。そのことがよく伝わってきた。
 沸く会場。
 また「つがざくら」くるか?と思ったら、奈々さんの口から「純潔パラドックス!!!」のコールが!新曲初解禁です!
 再び沸く会場。
 はじめは青色のサイリウムを振ってみたけど、途中からUOに切り替え。会場のUO率も高かった。赤を振っている人もいたぞ!バラードではなく完全に跳び曲です。ピョンピョン跳んでみた。

 そのあとは「Bring it on!」。これは個人的にはライブフォーミュラの開幕を告げる印象的で特別感のある楽曲だったんですが、その曲がこの位置に普通にあるのが驚き。会場みんなで奈々さん一人に向かって「Wow!Wow!Wow!Wow!」と叫び続けるのは、まさに忠誠の儀。
 「UNBREAKABLE」もUO率が高かった。ライブ前は意外と盛り上がりにくい曲かな、と心配していたけどそんなことは無かった!ポストエタブレ級の盛り上がり。何かコールが欲しいねこの曲。




 奈々さんのMCの後は「Pray」。一部開催も危ぶまれたライブジャーニーで、奈々さんが今一番伝えたい曲。UOを振りたかったけれど、残数が1本だったので青色を振ってみた。この曲にかんしては緑色のサイリウムを振っている人がちらほらいました。アニメとの絡みでしょうか?よくわからなかった。

 この「Pray」で一応プログラムは終了。しかし、当然アンコールを期待するわけで、アンコールである「奈々コール」を発動。もはや「アンコール!」と叫ぶ人はいません。「なーな!なーな!」と一生懸命叫びますが、アンコールをせずに座っている人が大勢いることに驚きました!一階席後方です。たとえばサイリウムを振らない、というのは個人のポリシーだったりするので構わないとは思うんですが、アンコールをせずにその場に居続けるという矛盾した態度はどうなんでしょう。奈々さんの歌を聞きたくないのであればその時点で帰れば良いと思うのです。奈々さん自信が「自分の名前を読んでくれることがうれしい」とはっきり言っている以上は、ファンとしては叫び続けるべきなのです。自分はリウムを振り振り気力で叫び続けた(´;ω;`)

 無事観客席の声が届き、ステージに戻ってくる奈々さん。
 アンコール一曲目は「Heaven Knows」。この曲をライブで聴くのは実は初めて。コールがすごいね!「ヘーブンノー!」のコールの厚みがすごいの!これ!ライブ前はニューセンが来ると良いなと思っていたけど、ニューセンよりヘブノのほうで正解だったかも。良かった!

 アンコールのMCはおきまりのシャッスコール!前のほうの席で白ハチマキをしている観客を発見する奈々さん、愛媛でもスマギャンを聴いている人がいてうれしいとのこと。

 アンコール2曲目は「POWER GATE」。ここで最後のUOを消費。この曲では奈々さんがステージを降りて通路を通って客席側に侵入するパフォーマンスを披露。奈々さんとのハイタッチでもはやコールどころの騒ぎではありません。マイクを通して奈々さんの笑い声も聞こえてきたぞ。

 そして最後の最後は奈々さん作詞・作曲の「POP MASTER」!今回のライブで一番盛り上がった!
 奈々さんから事前連絡のあった「イエス!」のコール&ジャンプは大勢の人が跳んでいた。「ダイビン!ダイビン!ダイビン!」は「ビン!」のところで跳ぶ裏跳びで一致していた。あと「アユオケー?」の箇所は「アユオケー?」→「イエス!」でも「アユオケー?」→「オケー!」でもなく「アユオケー!」を奈々さんと一緒にコールするのが主流のようだった。奈々さんがその箇所で耳に手を当てて客席の声を聴くような仕草をしていた。ほかは「いまーすぐー!」「そんーざいー!」をコール!…ですが、もう細かいことを気にしているような状態ではない盛り上がり!まさにパワゲと並ぶ最強アンセム!
 ポプマスの後は奈々さんから会場にプレゼント。愛媛会場ではみかんの形をしたマスコットでした。配る前にポプマスをアカペラっぽく奈々さんと一緒に少しだけ歌う。


 今回の愛媛のライブでは奈々さんのおママさんも参観にこられていて、MCでは奈々さんからも「ここからよく見えてます」とのこと。2階席前方に座っていたようだ。わたしの席からは見えなかったが、MCで「愛媛出身の人ー?」という奈々さんの問いにも手を挙げていたみたいだ。
 そのほかMCでは、ユタポンがこの愛媛公演でライブジャーニー途中下車。会場の客が大いに悲しむ。
 イタルビッチが来週誕生日で、マーティンが先週誕生日、奈々さん両者逆と勘違いしていてお祝いコールがぐだぐだ。奈々さんから今年の抱負を問われ、マーティン「脳年齢を維持する!体力はもう無理だから」、イタルビッチ「抱負は豊富にあるよ」←奈々さんから親父ギャグに警告が入る。

 今回のセットリストは最初と最後に「山」を持ってきているから、ものすごく体力を消耗した。スカナイとエタブレで体力奪われすぎな自分。今回は腕よりも足に疲労が来たね。「POP MASTER」なんかもう気力で跳んだ。
 ライブアカデミーのとき以上にスパルタだったよ奈々さん!
 全体を振り返ってみるとサイリウムを振ってない人がちらほら目に付いたのが驚き。わたしの周辺には振ってない人が結構いた。うちひとりは腕振りしてた。そういう人が前後で固まっていたもんだから一部ダークゾーンに…。ほかは席空きが多かったな。小耳に挟んだことですが、松山の金券ショップやヤフオクでは当日1000円以下で大量に投売りされていたそうではないですか。残念です。
 ライブ途中でオープニングとは別の映像を観賞しましたが、そのとき1階席では誰もサイリウムを振っていなかった。わたしは最初振っていましたが、誰も振っていないのですぐ振るのやめた。奈々さんがいなくても雰囲気的に振ったほうが良いと思うんだけど…。


 奈々さんのMCによると、前回のユニバースのときは同じひめぎんホールでも隣の小さいホールでやって、3000人収容の今回のホールでやるのは初めてだったようです。奈々さんはMCでフォーミュラとユニバースを混乱していた(フォーミュラのときは市民会館)。愛媛県民としてこの大ホールで歌うのはひとつのあこがれだったそうです。無事成功して良かった!


 ダブルアンコールをしてみたけど、「これをもちまして~」の場内アナウンスによって打ち切り。
 最後は会場のみんなで三本締めをして終わったのでした!ありがとうございました!



ライブ後のひめぎんホール
ちょうどライブ中に雨が降っていたみたいで、会場から出ると地面が濡れていた



ルミカの残骸


ライブ中に降ってきたテープ
ライブアカデミーのときとは違って奈々さんのサイン等は無し



入場時に配布されたチラシ
「BLOOD-C」「水樹奈々 seven pieces」「アンチェインブレイズレクス」「声優シグマ・セブンモバイルサイトのご案内」「アニメロミックス」「ファンクラブ入会費払込用紙」「アニメイト×水樹奈々コラボ企画」など

スポンサーサイト
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
スポンサードリンク
プロフィール

ウイスキーぼんぼん

Author:ウイスキーぼんぼん

初めて読んだミステリは『そして扉が閉ざされた』(岡嶋二人)。以来ミステリにどっぷりハマリ中。
「SUPER GENERATION」で水樹奈々さんに興味を持ち「Astrogation」で完全にハマる。水樹奈々オフィシャルファンクラブ「S.C. NANA NET」会員。

FC2プロフへ
mixi(放置中)
Twitterはじめました
食べログもはじめました(NEW!)

好きな推理作家:島田荘司ゴッド
嫁本:アトポス)
好きな歌手:水樹奈々ちゃん
嫁曲:SUPER GENERATION)
誕生日:ヘレン・マクロイとおなじ
体型:金田一耕助とおなじ

本年度のお気に入り(国内)
御朱印巡り
集めた御朱印です。
(各都道府県参拝した順)
※記事に出来ていない寺社多数です!鋭意執筆中!
※リンクが切れているものは下書き状態です。しばらくしたら公開されます。

【東京】
・靖國神社(その1)
・靖國神社(その2)
・東京大神宮
・浅草寺 御本尊
・浅草寺 浅草名所七福神
・浅草神社
・浅草神社 浅草名所七福神
・今戸神社
・明治神宮(その1)
・明治神宮(その2)
・増上寺
・烏森神社
・神田明神
・乃木神社

【愛知】
・熱田神宮
・一之御前神社、別宮八剣宮
・真清田神社
・大神神社
・大須観音

【大阪】
・大阪天満宮
・豊國神社
・四天王寺
・住吉大社
・坐摩神社
・法善寺
・難波八阪神社
・道明寺天満宮
・一心寺
・安居神社
・生國魂神社
・生國魂神社 干支(申)
・生國魂神社 干支(酉)
・三光神社
・玉造稲荷神社
・今宮戎神社
・方違神社
・難波神社
・露天神社(お初天神)
・太融寺
・大鳥大社
・石切劔箭神社
・枚岡神社
・慈眼寺
・久安寺

【京都】
・鈴虫寺(その1)
・鈴虫寺(その2)
・松尾大社(その1)
・月読神社
・天龍寺
・御髪神社
・常寂光寺
・二尊院
・野宮神社
・下鴨神社(賀茂御祖神社)
・河合神社(下鴨神社摂社)
・盧山寺
・梨木神社
・白雲神社
・護王神社
・御霊神社
・下御霊神社
・平安神宮
・銀閣寺(慈照寺)
・金閣寺(鹿苑寺)
・龍安寺
・八坂神社
・八坂神社 美御前社
・八坂神社 又旅社
・八坂神社 冠者殿社
・八坂神社 青龍
・八坂神社 祇園御霊会
・伏見稲荷大社 本殿
・伏見稲荷大社 奥社奉拝所
・伏見稲荷大社 御膳谷奉拝所
・三十三間堂
・養源院
・東福寺
・建仁寺
・南禅寺(その1)
・南禅寺(その2)
・永観堂(禅林寺)
・北野天満宮
・北野天満宮 宝刀展限定「鬼切丸」
・大将軍八神社
・法輪寺(達磨寺)
・妙心寺
・妙心寺 退蔵院
・仁和寺
・建勲神社
・晴明神社
・御金神社
・八大神社
・豊国神社
・由岐神社
・鞍馬寺
・貴船神社
・六道珍皇寺
・六道珍皇寺 六道まいり
・六波羅蜜寺 都七福神
・安井金比羅宮
・知恩院 徳川家康公四百回忌
・青蓮院門跡
・青蓮院門跡 近畿三十六不動尊霊場
・粟田神社
・鍛冶神社(粟田神社末社)
・東寺
・上賀茂神社(賀茂別雷神社)
・大徳寺 本坊
・大徳寺 高桐院
・今宮神社
・妙顯寺
・三千院 御本尊
・三千院 西国薬師四十九霊場第四十五番
・三千院 聖観音
・実光院
・勝林院
・宝泉院
・寂光院
・宝厳院
・大覚寺
・清涼寺
・祇王寺
・化野念仏寺
・落柿舎
・城南宮
・飛行神社
・石清水八幡宮
・岡崎神社
・長岡天満宮
・平野神社
・法金剛院
・高台寺
・清水寺
・宝蔵寺 阿弥陀如来
・宝蔵寺 伊藤若冲
・勝林寺
・平等院 鳳凰堂
・宇治神社
・宇治上神社
・智恩寺
・元伊勢籠神社
・眞名井神社
・梅宮大社

【奈良】
・唐招提寺
・薬師寺 御本尊
・薬師寺 玄奘三蔵
・薬師寺 吉祥天女
・薬師寺 水煙降臨
・東大寺 大仏殿
・東大寺 華厳
・東大寺 二月堂
・春日大社 ノーマル
・春日大社 第六十次式年造替
・興福寺 今興福力
・興福寺 南円堂
・如意輪寺
・吉水神社
・勝手神社
・金峯山寺
・吉野水分神社
・金峯神社
・法隆寺
・法隆寺 西円堂
・中宮寺
・法輪寺
・法起寺
・元興寺
・橿原神宮
・橘寺
・飛鳥寺
・飛鳥坐神社

【和歌山】
・総本山金剛峯寺
・高野山 金堂・根本大塔
・高野山 奥之院
・高野山 女人堂
・熊野那智大社
・青岸渡寺
・飛瀧神社
・伊太祁曽神社
・國懸神宮
・紀三井寺

【滋賀】
・比叡山延暦寺 文殊楼
・比叡山延暦寺 根本中堂
・比叡山延暦寺 大講堂
・比叡山延暦寺 阿弥陀堂
・比叡山延暦寺 法華総持院東塔
・比叡山延暦寺 釈迦堂
・比叡山延暦寺 横川中堂
・比叡山延暦寺 四季講堂(元三大師堂)
・三尾神社
・三井寺 金堂
・三井寺 黄不動明王
・近江神宮

【兵庫】
・生田神社
・廣田神社
・西宮神社
・湊川神社
・走水神社
・千姫天満宮
・男山八幡宮
・水尾神社
・兵庫縣姫路護國神社
・播磨国総社 射楯兵主神社
・甲子園素盞嗚神社
・北野天満神社

【岡山】
・吉備津神社
・吉備津彦神社

【鳥取】
・白兎神社
・宇倍神社
・聖神社
・鳥取東照宮(樗谿神社)

【広島】
・吉備津神社
・素盞嗚神社
・草戸稲荷神社
・明王院
・出雲大社 福山分社
・沼名前神社(鞆祇園宮)
・福禅寺(対潮楼)

【徳島】
・大麻比古神社

【福岡】
・太宰府天満宮
・筥崎宮(筥崎八幡宮)
・住吉神社

【沖縄】
・波上宮

■朱印帳■
・京都五社めぐり
・高野山 開創1200年記念霊木朱印帳
・平安神宮 御朱印帳
・全国一の宮御朱印帳
・住吉大社 御朱印帳
・建仁寺 御朱印帳
・今戸神社 御朱印帳
・大将軍八神社 御朱印帳
・晴明神社 御朱印帳
・東寺 御朱印帳
・明治神宮 御朱印帳
・大阪市交通局 オオサカご利益めぐり御朱印帳
・北野天満宮「宝刀展」記念朱印帳
・熊野那智大社 御朱印帳

最新のつぶやき
2016年の水樹奈々さん
ハーイ!ハーイ! ハイ!ハイ!ハイ!ハイ!