読み終わったミステリについてコメント。でも最近は脇道にそれぎみ。 このブログは水樹奈々さんを応援しています。
カテゴリー  [藤岡真 ]


藤岡真「七つ星の首斬人」 

七つ星の首斬人 (創元クライム・クラブ)七つ星の首斬人 (創元クライム・クラブ)
(2009/07/29)
藤岡 真

商品詳細を見る

★★★☆☆

 西大久保工科大学(NIT)が誇る宇宙物理学の泰斗・海渡欄太郎には“名探偵”というもう一つの貌がある。大学院生を悩ます謎のストーカー事件を解決したのも束の間、今度は警察から、連続殺人事件の捜査協力を要請された。赤羽では水の中、青戸では地面の上で見つかった首無し死体…真言密教の五色と五大要素に絡んだ殺人を繰り返す「七つ星の首斬人」。果たしてその正体は?そして目黒に建設された怪建築での実験に参加する海渡を待ち受けていた「第三の事件」とは―“騙し”の職人が放つ直球の犯人当て小説。

 海渡欄太郎といういかにも快刀乱麻を断つような推理をぶちかましそうな名前のキャラが名探偵です。そして彼の相方として作家であり事件のあらましを記す「わたし」が登場します。一見するとホームズ・ワトソン型のミステリですが、中盤の展開・捜査活動などを見ると、どちらかというと刑事物の雰囲気が強い作品です。
 連続斬首事件の初っ端が早い段階で起るのはありがたいんだけど、連続殺人事件特有の盛り上がりを見せるかと思いきや、そうではなかった。藤岡さんのミステリ全部に共通して感じることなんだけど、中盤がかなりダレる。わたしはそう思った。
 とはいえミスリードや大胆な手掛りの仕込みようはすごくて、フーダニットとしてはなかなかテクニカルな面をみせています。犯人の直接的な手掛りなんかモロ見えですもん。でもね、なんていうんだろう、たとえばスポーツ選手って「正々堂々戦うことを誓います」と言うけれど、この作品にそういうスポーツマンシップは十二分にある反面、観客を魅了するような、直接的に勝負の合否を決めるわけではないショーマンシップは少ないと思った。もうちょっと演出に凝っても良いんじゃないか。
 ただやっぱり作者はあの『六色金神殺人事件』の藤岡真。ご本人は「バカミス」と言われるのを、あまり良くは思っていなかったようですが、やっぱりこういう殺人トリックを見せられるとバカミスと言ってみたくなります。もちろんこれは作品の良し悪しとは別次元の話で。だって名探偵の無難筋の推理を蹴ってまでこのトリックを見せたところに、こだわりが感じられるんだもん。

 悪くは無かったけれど、期待したよりはちょっと面白くなかった。
スポンサーサイト
[ 2009/08/03 19:50 ] 藤岡真 | TB(0) | CM(0)

藤岡真「白菊」 

・出版社/メーカー:東京創元社
・定価:¥700
・発売日:2006/03
・メディア:文庫

★★★☆☆

 画商兼インチキ超能力探偵の相良蒼司の元に持ち込まれたのは、『白菊』という謎めいた絵のオリジナルの捜索だった。世紀の大発見に繋がる可能性を秘めた絵の来歴を探るうち、相良は何者かに命を狙われ、依頼人は失踪してしまう。記憶喪失の女、怪しい骨董マニア、超能力バラエティまで絡み、事態は誰も予測し得ない方向へ!
 『グッベルスの贈り物』の藤岡真が放つ驚愕のミステリ!!

 記憶を失った女性が自分のとった行動を思い出そうとする話と、偽超能力者の「白菊」をめぐる話が、展開を追うごとに徐々に徐々に重なってゆきます。トリックはいつものアレで、人間関係で魅せる物語と相俟っていかにも東京創元社のミステリといったかんじ。
 トリックに関して言えば、登場人物の相関関係を思い描けば晄平と鈴木のポジションが微妙にかぶっているので鈴木=晄平というのは見当がついたけれど、叙述トリックのつるべうちとも言うべき終盤の展開には驚かされました。ただ、趣向に驚いたというだけで、叙述トリック自体に驚いたわけではありません。それどころかこれほどのものを繰り出していながら、それに驚けなくなってしまった自分に悲しくなったり…。あぁ…。
 それからいくつもトリックを盛り込むのは良いのですが、いかに叙述トリックといえど、それを仕掛ける意味・必然性がもうちょっとあっても良いように思います。

 ところで、作者はファイナル・ファンタジー10を引き合いに出して、続編のことを示唆していますが、次作はどうなるんでしょう…。感動路線でいくのかな?トリックはどうせこの調子だとまたアレなんだろうけど。だってアリバイトリックや密室トリックなどは、こういう話と溶け合うとは到底思えませんし。
 藤岡さんはFF10を絶賛しています(たしかキンキキッズの堂本光一さんもべた褒めしてました)が、そんなに良いゲームかなぁ…。
[ 2006/04/04 17:06 ] 藤岡真 | TB(0) | CM(0)

藤岡真「ギブソン」 

・出版社/メーカー:東京創元社
・定価:¥1,785
・発売日:2005/04/09
・メディア:単行本

★★★★☆

 運命の朝、彼は幻のように消え去った。
 果たして彼が向かったのは右の道か、左の道か、それとも正面の道か?大量のレッド・へリングに翻弄されながら、ついに日下部が直面した驚愕の真実とは?

 「六色金神殺人事件」から4年ぶりの新作。
 上司の行方を追う主人公だが、捜査の過程で浮かび上がってきた事件には裏切られっぱなし。主人公にとっては本命の事件とは無関係なことばかりだが、この「裏切られる」という行為はラストで活きてくる。タイトルの意味も同時に分かる。
 序盤で、主人公がある手続きを踏まずに捜査し始めたので「これは、ひょっとしたら……」と仕掛けの目星をつけていたのだが、その上をいく真相に上手い具合にやられてしまった。
 レッドへリング、ミスディレクション、伏線の相乗効果でラストのサプライズは巨大。しかしながら、道中の起伏の無さが個人的によろしくなかった。ハードボイルドが苦手なせいかもしれないけれど、これが何とかなっていたら完璧だったんだけどなぁ。
 「六色金神殺人事件」とは随分違う作品だけど、あれはあれ、これはこれで面白かった。なので、次の作品も期待できそうだ!
[ 2005/04/29 22:24 ] 藤岡真 | TB(0) | CM(0)
スポンサードリンク
プロフィール

ウイスキーぼんぼん

Author:ウイスキーぼんぼん

初めて読んだミステリは『そして扉が閉ざされた』(岡嶋二人)。以来ミステリにどっぷりハマリ中。
「SUPER GENERATION」で水樹奈々さんに興味を持ち「Astrogation」で完全にハマる。水樹奈々オフィシャルファンクラブ「S.C. NANA NET」会員。

FC2プロフへ
mixi(放置中)
Twitterはじめました
食べログもはじめました(NEW!)

好きな推理作家:島田荘司ゴッド
嫁本:アトポス)
好きな歌手:水樹奈々ちゃん
嫁曲:SUPER GENERATION)
誕生日:ヘレン・マクロイとおなじ
体型:金田一耕助とおなじ

本年度のお気に入り(国内)
御朱印巡り
集めた御朱印です。
(各都道府県参拝した順)
※記事に出来ていない寺社多数です!鋭意執筆中!
※リンクが切れているものは下書き状態です。しばらくしたら公開されます。

【東京】
・靖國神社(その1)
・靖國神社(その2)
・東京大神宮
・浅草寺 御本尊
・浅草寺 浅草名所七福神
・浅草神社
・浅草神社 浅草名所七福神
・今戸神社
・明治神宮(その1)
・明治神宮(その2)
・増上寺
・烏森神社
・神田明神
・乃木神社
・上野東照宮

【神奈川】
・鶴岡八幡宮
・建長寺
・高徳院(鎌倉大仏殿)
・長谷寺

【愛知】
・熱田神宮
・一之御前神社、別宮八剣宮
・真清田神社
・大神神社
・大須観音

【大阪】
・大阪天満宮
・豊國神社
・四天王寺
・住吉大社
・坐摩神社
・法善寺
・難波八阪神社
・道明寺天満宮
・一心寺
・安居神社
・生國魂神社
・生國魂神社 干支(申)
・生國魂神社 干支(酉)
・三光神社
・玉造稲荷神社
・今宮戎神社
・方違神社
・難波神社
・露天神社(お初天神)
・太融寺
・大鳥大社
・石切劔箭神社
・枚岡神社
・慈眼寺
・久安寺

【京都】
・鈴虫寺(その1)
・鈴虫寺(その2)
・松尾大社(その1)
・月読神社
・天龍寺
・御髪神社
・常寂光寺
・二尊院
・野宮神社
・下鴨神社(賀茂御祖神社)
・河合神社(下鴨神社摂社)
・盧山寺
・梨木神社
・白雲神社
・護王神社
・御霊神社
・下御霊神社
・平安神宮
・銀閣寺(慈照寺)
・金閣寺(鹿苑寺)
・龍安寺
・八坂神社
・八坂神社 美御前社
・八坂神社 又旅社
・八坂神社 冠者殿社
・八坂神社 青龍
・八坂神社 祇園御霊会
・伏見稲荷大社 本殿
・伏見稲荷大社 奥社奉拝所
・伏見稲荷大社 御膳谷奉拝所
・三十三間堂
・養源院
・東福寺
・建仁寺
・南禅寺(その1)
・南禅寺(その2)
・永観堂(禅林寺)
・北野天満宮
・北野天満宮 宝刀展限定「鬼切丸」
・大将軍八神社
・法輪寺(達磨寺)
・妙心寺
・妙心寺 退蔵院
・仁和寺
・建勲神社
・晴明神社
・御金神社
・八大神社
・豊国神社
・由岐神社
・鞍馬寺
・貴船神社
・六道珍皇寺
・六道珍皇寺 六道まいり
・六波羅蜜寺 都七福神
・安井金比羅宮
・知恩院 徳川家康公四百回忌
・青蓮院門跡
・青蓮院門跡 近畿三十六不動尊霊場
・粟田神社
・鍛冶神社(粟田神社末社)
・東寺
・上賀茂神社(賀茂別雷神社)
・大徳寺 本坊
・大徳寺 高桐院
・今宮神社
・妙顯寺
・三千院 御本尊
・三千院 西国薬師四十九霊場第四十五番
・三千院 聖観音
・実光院
・勝林院
・宝泉院
・寂光院
・宝厳院
・大覚寺
・清涼寺
・祇王寺
・化野念仏寺
・落柿舎
・城南宮
・飛行神社
・石清水八幡宮
・岡崎神社
・長岡天満宮
・平野神社
・法金剛院
・高台寺
・清水寺
・宝蔵寺 阿弥陀如来
・宝蔵寺 伊藤若冲
・勝林寺
・平等院 鳳凰堂
・宇治神社
・宇治上神社
・智恩寺
・元伊勢籠神社
・眞名井神社
・梅宮大社

【奈良】
・唐招提寺
・薬師寺 御本尊
・薬師寺 玄奘三蔵
・薬師寺 吉祥天女
・薬師寺 水煙降臨
・東大寺 大仏殿
・東大寺 華厳
・東大寺 二月堂
・春日大社 ノーマル
・春日大社 第六十次式年造替
・興福寺 今興福力
・興福寺 南円堂
・如意輪寺
・吉水神社
・勝手神社
・金峯山寺
・吉野水分神社
・金峯神社
・法隆寺
・法隆寺 西円堂
・中宮寺
・法輪寺
・法起寺
・元興寺
・橿原神宮
・橘寺
・飛鳥寺
・飛鳥坐神社

【和歌山】
・総本山金剛峯寺
・高野山 金堂・根本大塔
・高野山 奥之院
・高野山 女人堂
・熊野那智大社
・青岸渡寺
・飛瀧神社
・伊太祁曽神社
・國懸神宮
・紀三井寺

【滋賀】
・比叡山延暦寺 文殊楼
・比叡山延暦寺 根本中堂
・比叡山延暦寺 大講堂
・比叡山延暦寺 阿弥陀堂
・比叡山延暦寺 法華総持院東塔
・比叡山延暦寺 釈迦堂
・比叡山延暦寺 横川中堂
・比叡山延暦寺 四季講堂(元三大師堂)
・三尾神社
・三井寺 金堂
・三井寺 黄不動明王
・近江神宮

【兵庫】
・生田神社
・廣田神社
・西宮神社
・湊川神社
・走水神社
・千姫天満宮
・男山八幡宮
・水尾神社
・兵庫縣姫路護國神社
・播磨国総社 射楯兵主神社
・甲子園素盞嗚神社
・北野天満神社

【岡山】
・吉備津神社
・吉備津彦神社

【鳥取】
・白兎神社
・宇倍神社
・聖神社
・鳥取東照宮(樗谿神社)

【広島】
・吉備津神社
・素盞嗚神社
・草戸稲荷神社
・明王院
・出雲大社 福山分社
・沼名前神社(鞆祇園宮)
・福禅寺(対潮楼)

【徳島】
・大麻比古神社

【福岡】
・太宰府天満宮
・筥崎宮(筥崎八幡宮)
・住吉神社

【沖縄】
・波上宮

■朱印帳■
・京都五社めぐり
・高野山 開創1200年記念霊木朱印帳
・平安神宮 御朱印帳
・全国一の宮御朱印帳
・住吉大社 御朱印帳
・建仁寺 御朱印帳
・今戸神社 御朱印帳
・大将軍八神社 御朱印帳
・晴明神社 御朱印帳
・東寺 御朱印帳
・明治神宮 御朱印帳
・大阪市交通局 オオサカご利益めぐり御朱印帳
・北野天満宮「宝刀展」記念朱印帳
・熊野那智大社 御朱印帳

最新のつぶやき
2016年の水樹奈々さん
ハーイ!ハーイ! ハイ!ハイ!ハイ!ハイ!