読み終わったミステリについてコメント。でも最近は脇道にそれぎみ。 このブログは水樹奈々さんを応援しています。

日本100名城のひとつ、漆黒の岡山城を散策する旅。 

DSCF0469_202001041749363af.jpg



 こんにちは!
 管理人のウイスキーぼんぼんです。

 年末の休みを利用して岡山城を散策しました。
 実家のある福山市から比較的ほど近いところにあるお城ですが、訪れるのは今回が初めてです。

 ドラクエウォークのお土産スポットとして最近では脚光を浴びているようですが、ドラクエウォークのことはすっかり忘れてしまってお土産を取り忘れてしまいました。


スポンサーサイト



[ 2020/01/05 13:00 ] 【おでかけ】 | TB(0) | CM(0)

天満天神繁昌亭の新春特別公演へ行きました。 

P1065690.jpg



 こんにちは!
 管理人のウイスキーぼんぼんです。

 毎年正月三が日に行われている、天満天神繁昌亭新春特別公演へ行きました。

 天満天神繁昌亭は定席と呼ばれる常設の寄席です。
 毎日落語を行っているのですが、この正月三が日だけは毎年、朝・昼・夜と一日三公演、新春口上を含んだ特別な公演が行われています。


[ 2020/01/03 23:11 ] 【おでかけ】 | TB(0) | CM(0)

国立国際美術館の「ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道」大阪展へ行きました。 

P1065643.jpg

P1055631-2.jpg



 大阪の国立国際美術館で開催中の「ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道」へ行きました。
 東京と大阪の2地域の巡回展で、東京展のほうは既に終了、大阪展のほうは12月8日と終了が迫っていたので急遽足を運ぶことにしました。


P1055632.jpg



 クリムトシーレの作品が目玉となる作品展だと思いますが、絵画などの平面芸術にとどまらず、建築、インテリア、音楽、磁器など焼き物など展示品は多岐に及びます。
 19世紀末のウィーンの優美な芸術を把握でき、見ているこちらもなかなか優雅な気分になってきます。

 風俗画や風景画が多かったのが個人的に嬉しいところで、当時の生活や日常、風景の様子を見事に切り取った作品にはまるで時間旅行をしている気分です。癖のない絵が多かったのもそういう気分に浸ることにできた要因のひとつではないかと思います。


エミーリエ・フレーゲの肖像
グスタフ・クリムト 《エミーリエ・フレーゲの肖像》 1902年



 クリムトやシーレについては、その名前を最近よく耳にしだしてから興味を持った完全に「にわか」なのですが、そんなわたしでも彼らがどういう画家であるのか、順を追って丁寧に観ていけばある程度把握できる展示内容でした。
 クリムトやシーレの作品は、展覧会終盤にまとまって展示されていました。しかしそこへ至るまでに、当時開催されたウィーン万国博覧会の様子であるとか、その万博での「ジャポニスム」の影響の大きさ、その「ジャポニスム」がクリムトに与えた影響など、順序立てて展示が行われているため、理解しやすいです。


愛
グスタフ・クリムト 《愛》 1895年




 クリムトの作品で一番最初に展示されているのが「愛」です。
 一目、日本美術の影響を見て取ることができて衝撃を受けました。
 両袖の金箔と薔薇の花が美しい一方で、中央はなんだか不気味な印象を受けます。音声ガイドによると、男女二人の後ろに浮かぶのは彼らの未来であったり過去であったりと、彼ら二人の運命に関わっている人物と読み取ることも出来るようで、いろいろ想像してしまいます。
 「運命」という言葉で思い出しましたが、そういえばあべのハルカス美術館で見た「ギュスターヴ・モロー展」でも「宿命の女(ファム・ファタル)」をテーマにした作品が多かったです。ギュスターヴ・モローと同時代で象徴主義の画家であるこのクリムトの、「愛」という作品もファム・ファタルが描かれたもののようにも思えました。


美術評論家アルトゥール・レスラーの肖像
エゴン・シーレ 《美術評論家アルトゥール・レスラーの肖像》 1910年




 エゴン・シーレの作品については「美術評論家アルトゥール・レスラーの肖像」が印象的でした。
 推理小説ファンならどこかで見たことのある絵でしょう?



大下宇陀児 楠田匡介: ミステリー・レガシー (光文社文庫)大下宇陀児 楠田匡介: ミステリー・レガシー (光文社文庫)
2017/5/11
ミステリー文学資料館 (編集)

商品詳細を見る





 そうです、光文社文庫の『大下宇陀児 楠田匡介~ミステリー・レガシー』の表紙になったシーレの絵が展示されていました。
 思ったより大きくて迫力満点。茶色いトーンと、指の肉感が特徴的で面白い絵です。

 クリムトやシーレはいずれもあまり作品を観たことのない画家でしたが、あべのハルカス美術館で行われた「ギュスターヴ・モロー展」や今回の国立国際美術館の本展覧会など、象徴主義の画家の絵をまとめて観ることのできるチャンスがあったのは貴重でした。



 【関連リンク】
 ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道
 https://artexhibition.jp/wienmodern2019/

[ 2019/12/02 19:14 ] 【おでかけ】 | TB(0) | CM(0)

京都大学11月祭へ推理小説研究会の『WHODUNIT BEST』を買いに行く旅。 

P1054942.jpg



 こんにちは!
 管理人のウイスキーぼんぼんです。

 11月と言ったら学園祭です!
 全国各地津々浦々の大学でも学園祭が開催されていて、今回は京都大学の学園祭――通称11月祭に行ってきました。
 最近では、イギリスの教育専門誌『タイムズ・ハイヤー・エデュケーション』において、「教育力」という点で、総合スコアが東京大学を抜いて日本一位になっていることでも話題の大学です。

 一番の目的は推理小説研究会の『WHODUNIT BEST vol.5』の購入です。
 ネット通販でも購入可能なのですが、学園祭の方も見てみたかったので、実際に足を運んでみることにしました。



[ 2019/11/24 22:19 ] 【おでかけ】 | TB(0) | CM(0)

大阪の梅田に新しくできた商業施設、リンクス梅田に行きました。 

P1054884-3.jpg

P1054891-2.jpg



 こんにちは!
 管理人のウイスキーぼんぼんです。

 大阪の梅田に新しくできた商業施設「リンクス梅田」に行きました。
 JR大阪駅に隣接しており、かつ1階北側には空港や日本の各都市を結ぶバスターミナルが設けられており、まさに名前の通りあらゆる場所とリンクする施設です。
 グランフロント大阪と比肩するほどの巨大な「ホテル阪急レスパイア大阪」が佇立し、まさに大阪の新ランドマークとも言える巨大施設の誕生です。

 写真撮影がOKなのかNGなのかいまいち分からなかったので外観のみの写真です。

 テナント各店でオープニングセールが行われていたりして、内部はかなりにぎやかでした。人も多すぎ。
 レポと言うより、完全に見物に行ってきただけなので、第一印象をつらつら書いておくと…


 ・地下1階と4階にタピオカ専門店の「ゴンチャ」があることに驚き、
 ・もともとヨドバシ梅田にあったユニクロが、売り場面積を拡充して再生して「また巨大なユニクロか!」と驚き、
 ・Francfrancの新業態「U.F.O.」は思った以上にアミューズメントパークで大阪らしいやん!とニッコリし、
 ・地下1階のスーパー「Harves」はお一人様向けのお惣菜が多くて心ときめき、
 ・内部をウロウロしていたら方向感覚が失われて迷子になり、


 と初見ではこんな感じでした。
 とにかく人が多いので、オープンスペースにしてるカフェは逆に仇となって座っても落ち着かない感じだったし、テナント各店はおちついてから見に行くことにします。
 とくに地下1階の「オイシイもの横丁」ではちょい呑みが捗りそうなお店が多く軒を連ねていて、夜の平均予算も1,000円~3,000円に収まっており、気になるところです。


 【関連リンク】
 ヨドバシ梅田タワー|LINKS UMEDA
 https://links-umeda.jp/


[ 2019/11/18 19:06 ] 【おでかけ】 | TB(0) | CM(0)

紅葉の名所!京都・高雄の神護寺で紅葉狩り 

C01A2051-2.jpg



 京都の高雄山にある神護寺は紅葉の名所で、京都市内でもっとも早く紅葉が見頃を迎えることでも有名です。


[ 2019/11/17 16:52 ] 【おでかけ】 | TB(0) | CM(0)

京都・高雄 鳥獣人物戯画でお馴染みの高山寺の御朱印 

C01A2673-2.jpg



 高山寺は観光地嵐山の北側、栂尾という山中にある寺院です。
 世界遺産に登録されている「古都京都の文化財」の中のひとつです。
 境内は広々としていて、その中には国宝もいくつかあります。石水院という建築のほか、コミカルなカエルやウサギでお馴染みの『鳥獣人物戯画』を所蔵しているのもこの高山寺です。
 ただし『鳥獣人物戯画』については、あまりの有名作のためか、現在は東京国立博物館と京都国立博物館にそれぞれ巻を分けて収蔵されており、高山寺で見られるのはそのレプリカとなります。


C01A2676.jpg

C01A2683.jpg



 数年前に訪れたときには、広々とした境内を森林浴をしながら散策できたのですが、台風21号の影響により境内の広範囲が立ち入り禁止区域になっていました。
 わずかな拝観可能エリアの中に国宝の石水院があるのは不幸中の幸いです。
 さっそく拝観に行きましょう。


C01A2732.jpg
石水院



 石水院の拝観料は800円で少しお高め。
 この石水院の中に『鳥獣人物戯画』のレプリカがあります。


C01A2722.jpg



 御朱印をもらう際には、拝観料と共に御朱印帳と御朱印代300円を払いましょう。拝観している間に御朱印を書いてもらえるので、帰る際に引き取って帰ります。


C01A2716-3.jpg

C01A2723.jpg



 石水院は庭園が美しく、広々とした縁台からぼーっと眺めるのが良いと思います。
 近隣の神護寺や西明寺にくらべて、紅葉の量では一歩及びませんが、のんびりとした時間を過ごせるという点ではこの高山寺でしょう。


C01A2729-3.jpg
高山寺のマストな撮影ポイント



 よくこの高山寺の宣材に使われる写真は、この石水院で撮影できます。
 渡り廊下を渡った最初の部屋がそれで、善財童子像が鎮座しています。


C01A2711-2.jpg

C01A2720.jpg
鳥獣人物戯画



 以前に京都国立博物館で『鳥獣人物戯画』の出展があって、その時に本物は見た覚えがあるのですが、レプリカといえど、やはりこういった山奥まで足を運び、その高山寺で『鳥獣人物戯画』を観るのはまた違った味わいがあります。京都市内の喧騒から離れ、静かな境内、鳥のさえずり…もともと山岳修行の地だったようで、もはや非日常空間です。


P1054882.jpg
高山寺の御朱印



 御朱印はシンプル。目玉の『鳥獣人物戯画』要素は微塵もありません。
 しかし、石水院の中に『鳥獣人物戯画』を扱ったグッズ(ハンカチやキーホルダー、クリアファイルなどなど)は大量に展開されており、『鳥獣人物戯画』関連のお土産をお求めの場合は、グッズを買うのがおすすめです。


C01A2680.jpg

C01A2671.jpg




 【関連リンク】
 高山寺
 https://kosanji.com/

[ 2019/11/17 00:22 ] 【おでかけ】 | TB(0) | CM(0)
スポンサードリンク
プロフィール

ウイスキーぼんぼん

Author:ウイスキーぼんぼん

初めて読んだミステリは『そして扉が閉ざされた』(岡嶋二人)。以来ミステリにどっぷりハマリ中。
「SUPER GENERATION」で水樹奈々さんに興味を持ち「Astrogation」で完全にハマる。水樹奈々オフィシャルファンクラブ「S.C. NANA NET」会員。

YouTubeチャンネル(NEW!)
Twitter
食べログ
FC2プロフへ
mixi(放置中)

好きな推理作家:島田荘司ゴッド
嫁本:アトポス)
好きな歌手:水樹奈々ちゃん
嫁曲:SUPER GENERATION)
誕生日:ヘレン・マクロイとおなじ
体型:金田一耕助とおなじ

本年度のお気に入り(国内)
御朱印巡り
集めた御朱印です。
(各都道府県参拝した順)
※記事に出来ていない寺社多数です!鋭意執筆中!
※リンクが切れているものは下書き状態です。しばらくしたら公開されます。

【東京】
・靖國神社(その1)
・靖國神社(その2)
・東京大神宮
・浅草寺 御本尊
・浅草寺 浅草名所七福神
・浅草神社
・浅草神社 浅草名所七福神
・今戸神社
・明治神宮(その1)
・明治神宮(その2)
・増上寺
・烏森神社
・神田明神
・乃木神社
・上野東照宮
・波除稲荷神社
・富岡八幡宮

【神奈川】
・鶴岡八幡宮
・建長寺
・高徳院(鎌倉大仏殿)
・長谷寺

【愛知】
・熱田神宮
・一之御前神社、別宮八剣宮
・真清田神社
・大神神社
・大須観音

【大阪】
・大阪天満宮
・豊國神社
・四天王寺
・住吉大社
・坐摩神社
・法善寺
・難波八阪神社
・道明寺天満宮
・一心寺
・安居神社
・生國魂神社
・生國魂神社 干支(申)
・生國魂神社 干支(酉)
・生國魂神社 干支(戌)
・三光神社
・玉造稲荷神社
・今宮戎神社
・方違神社
・難波神社
・露天神社(お初天神)
・太融寺
・大鳥大社
・石切劔箭神社
・枚岡神社
・慈眼寺
・久安寺
・多治速比売神社

【京都】
・鈴虫寺(その1)
・鈴虫寺(その2)
・松尾大社(その1)
・月読神社
・天龍寺
・御髪神社
・常寂光寺
・二尊院
・野宮神社
・下鴨神社(賀茂御祖神社)
・河合神社(下鴨神社摂社)
・盧山寺
・梨木神社
・白雲神社
・護王神社
・御霊神社
・下御霊神社
・平安神宮
・銀閣寺(慈照寺)
・金閣寺(鹿苑寺)
・龍安寺
・八坂神社
・八坂神社 美御前社
・八坂神社 又旅社
・八坂神社 冠者殿社
・八坂神社 青龍
・八坂神社 祇園御霊会
・伏見稲荷大社 本殿
・伏見稲荷大社 奥社奉拝所
・伏見稲荷大社 御膳谷奉拝所
・三十三間堂
・養源院
・東福寺
・建仁寺
・南禅寺(その1)
・南禅寺(その2)
・永観堂(禅林寺)
・北野天満宮
・北野天満宮 宝刀展限定「鬼切丸」
・大将軍八神社
・法輪寺(達磨寺)
・妙心寺
・妙心寺 退蔵院
・仁和寺
・建勲神社
・晴明神社
・御金神社
・八大神社
・豊国神社
・由岐神社
・鞍馬寺
・貴船神社
・六道珍皇寺
・六道珍皇寺 六道まいり
・六波羅蜜寺 都七福神
・安井金比羅宮
・知恩院 徳川家康公四百回忌
・青蓮院門跡
・青蓮院門跡 近畿三十六不動尊霊場
・粟田神社
・鍛冶神社(粟田神社末社)
・東寺
・上賀茂神社(賀茂別雷神社)
・大徳寺 本坊
・大徳寺 高桐院
・今宮神社
・妙顯寺
・三千院 御本尊
・三千院 西国薬師四十九霊場第四十五番
・三千院 聖観音
・実光院
・勝林院
・宝泉院
・寂光院
・宝厳院
・大覚寺
・清涼寺
・祇王寺
・化野念仏寺
・落柿舎
・城南宮
・飛行神社
・石清水八幡宮
・岡崎神社
・長岡天満宮
・平野神社
・法金剛院
・高台寺
・清水寺
・宝蔵寺 阿弥陀如来
・宝蔵寺 伊藤若冲
・勝林寺
・平等院 鳳凰堂
・宇治神社
・宇治上神社
・智恩寺
・元伊勢籠神社
・眞名井神社
・梅宮大社
・錦天満宮
・藤森神社(あじさい祭り限定)
・智積院
・御香宮神社
・神護寺
・西明寺
・高山寺

【奈良】
・唐招提寺
・薬師寺 御本尊
・薬師寺 玄奘三蔵
・薬師寺 吉祥天女
・薬師寺 水煙降臨
・東大寺 大仏殿
・東大寺 華厳
・東大寺 二月堂
・春日大社 ノーマル
・春日大社 第六十次式年造替
・興福寺 今興福力
・興福寺 南円堂
・如意輪寺
・吉水神社
・勝手神社
・金峯山寺
・吉野水分神社
・金峯神社
・法隆寺
・法隆寺 西円堂
・中宮寺
・法輪寺
・法起寺
・元興寺
・橿原神宮
・橘寺
・飛鳥寺
・飛鳥坐神社
・般若寺

【和歌山】
・金剛峯寺
・金剛峯寺 六波羅蜜
・高野山 金堂・根本大塔
・高野山 奥之院
・高野山 女人堂
・高野山 徳川家霊台
・高野山 南院(波切不動尊)
・熊野那智大社
・青岸渡寺
・飛瀧神社
・伊太祁曽神社
・國懸神宮
・紀三井寺

【滋賀】
・比叡山延暦寺 文殊楼
・比叡山延暦寺 根本中堂
・比叡山延暦寺 大講堂
・比叡山延暦寺 阿弥陀堂
・比叡山延暦寺 法華総持院東塔
・比叡山延暦寺 釈迦堂
・比叡山延暦寺 横川中堂
・比叡山延暦寺 四季講堂(元三大師堂)
・三尾神社
・三井寺 金堂
・三井寺 黄不動明王
・近江神宮
・滋賀縣護國神社

【兵庫】
・生田神社
・廣田神社
・西宮神社
・湊川神社
・走水神社
・千姫天満宮
・男山八幡宮
・水尾神社
・兵庫縣姫路護國神社
・播磨国総社 射楯兵主神社
・甲子園素盞嗚神社
・北野天満神社

【岡山】
・吉備津神社
・吉備津彦神社

【鳥取】
・白兎神社
・宇倍神社
・聖神社
・鳥取東照宮(樗谿神社)

【広島】
・吉備津神社
・素盞嗚神社
・草戸稲荷神社
・明王院
・出雲大社 福山分社
・沼名前神社(鞆祇園宮)
・福禅寺(対潮楼)
・厳島神社
・大願寺
・千光寺
・艮神社

【徳島】
・大麻比古神社

【福岡】
・太宰府天満宮
・筥崎宮(筥崎八幡宮)
・住吉神社

【沖縄】
・波上宮

■朱印帳■
・京都五社めぐり
・高野山 開創1200年記念霊木朱印帳
・平安神宮 御朱印帳
・全国一の宮御朱印帳
・住吉大社 御朱印帳
・建仁寺 御朱印帳
・今戸神社 御朱印帳
・大将軍八神社 御朱印帳
・晴明神社 御朱印帳
・東寺 御朱印帳
・明治神宮 御朱印帳
・大阪市交通局 オオサカご利益めぐり御朱印帳
・北野天満宮「宝刀展」記念朱印帳
・熊野那智大社 御朱印帳

最新のつぶやき
2016年の水樹奈々さん
ハーイ!ハーイ! ハイ!ハイ!ハイ!ハイ!