読み終わったミステリについてコメント。でも最近は脇道にそれぎみ。 このブログは水樹奈々さんを応援しています。

徳島県の大塚国際美術館に行きました。その2(地下1階編)  

DSCF2481.jpg



 前回の「地下3階~地下2階編」の続きです。未読の方はそちらから御覧ください。


 引き続き大塚国際美術館の中を散策していきます。
 地下1階はバロック芸術から印象派などの近代芸術に及んでおり、なかなか内容が濃いので、1階・2階は別記事にします。

 地下2階の食堂でお昼ごはんを食べた後は、いよいよ地下1階へと上がっていきます。




スポンサーサイト



[ 2020/07/03 21:05 ] 【おでかけ】 | TB(0) | CM(0)

徳島県の大塚国際美術館に行きました。その1(地下3階~地下2階編) 

DSCF2214.jpg
大塚国際美術館
システィーナ礼拝堂



 こんにちは!
 管理人のウイスキーぼんぼんです。

 平日に休みが取れたので、徳島県にある大塚国際美術館に行ってきました。
 新型コロナウイルスの影響でしばらく休館していたのですが、19日から営業が再開されたばかりです。

 大塚国際美術館といえば、2018年の大晦日の「紅白歌合戦」で、米津玄師さんが中継で「Lemon」を歌ったことで一段と有名になった場所です。
 あれからけっこう経ちますが、土日にはまだ米津フィーバーで観光客が多そうだったのでなるべく回避したいところ。


[ 2020/06/27 11:47 ] 【おでかけ】 | TB(0) | CM(0)

爆咲き!京都・三室戸寺のあじさい 

C01A6417-2.jpg



 こんにちは!
 管理人のウイスキーぼんぼんです。

 6月19日から、大阪では「大阪いらっしゃいキャンペーン」なるものも実施されており、県境をまたぐ移動自粛も解除されたみたいです。
 そのようなわけなので、京都のあじさいの名所である三室戸寺に行きました。たぶん京都では一番のあじさいの名所なのではないかと思います。初訪問です!


[ 2020/06/24 19:15 ] 【おでかけ】 | TB(0) | CM(0)

通天閣へ半額特売のお土産を買いに行きました。 

DSCF1680.jpg



 こんにちは!
 管理人のウイスキーぼんぼんです。

 新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、全国的に不要不急の外出は避けるにように自粛要請が出されている昨今、観光業界は大打撃を被っているようで、大阪一の観光地である通天閣(新世界)も例外ではないようです。




 通天閣の公式ツイッターアカウントからはSOSツイートが発信されており、なんでも観光客用のお土産が大量に売れ残っているとのこと。
 賞味期限間近であるのと、今後観光客に売れる見込みが無いとのことで、かなり値引きして販売されているようです。

 ちょうど天王寺方面に用事があったので、新世界の方にも寄ってみることにしました。



DSCF1806.jpg

DSCF1811-2.jpg







 大阪メトロの動物園前駅で下車して、ジャンジャン横丁を抜けて通天閣に向かいます。
 大阪の方や観光で来られた方はご存知のことと思いますが、土日はこの界隈は観光客でごった返しています。
 しかし、わたしが訪れたのは日曜日というのに通行人が少なく、特に串カツ屋の「八重勝」の前に行列が一切出来ていないのが異様な光景でした。


DSCF1678-2.jpg

DSCF1796-2.jpg

DSCF1776-2.jpg



 通天閣に着きました!

 お店はどこも待ち時間なしで入店可能です!

 せっかくなので、ガラガラのお店のどこかに入ってお昼ごはんを食べてから通天閣の特売コーナーに行くことにします。


DSCF1656.jpg
マグロ!

DSCF1657.jpg
サーモン!

DSCF1672.jpg
あられ揚げ!

DSCF1661.jpg
回転しない回転寿司



 新世界には串カツだけでなく、お寿司を提供するお店も多くありますが、基本的にカウンターで提供される「廻らないお寿司」屋さんです。
 しかし新世界の片隅にあるとある回転寿司屋さんは、営業はしているものの、レーンには一切のお寿司が流れておらず、すべて注文を受けてから握ってくれるシステムに変更されていました。

 やっぱり回転寿司は回転してこそ価値があるものだな(あんまり美味しくなかった…)、と食べ終わって少し後悔した後、いよいよ通天閣へと向かいます。


DSCF1120.jpg

DSCF1129.jpg


DSCF1699-2.jpg

DSCF1709.jpg



 結構勘違いされている方も多いと思いますが、今回のお土産半額特売コーナーへは、通天閣の入場料を払わずに行くことが出来ます。
 通天閣のふもとにある「通天閣展望台入口」へ躊躇なく入りましょう。

 通常通天閣の展望台へは、一旦地下へ降りてから、そこで入場券を買って上がるのですが、その入場券を買うカウンターの隣に半額特売コーナーの特設会場が設けられてあります。


DSCF1748-2.jpg



 お土産の半額特売コーナーへ着きました。
 一部で三割引のお菓子が売られていましたが、基本的に半額です。


DSCF1717.jpg

DSCF1713.jpg



 いかにも大阪土産!なパッケージの吉本新喜劇うまい棒は800円が300円になっていて500円の値引きです。
 たこ焼き味ばかりが18本ですが、価格的には結構お買い得です。

 だけどうまい棒ばかり18本も食べられないな、と思ってウロウロしていると、大箱のお菓子だけではなくて、小袋の飴であるとか、一人で消費できそうなお菓子も結構販売されていました。
 それからお菓子とは全く無関係のリラックマのキーホルダーが100円とか50円などという人権無視の値段で叩き売りされていたりと、思ったより品数豊富です。


DSCF1733.jpg

DSCF1729.jpg



 和歌山みかんスティッククッキーを見つけました。
 大阪感は無いですが、スティッククッキー12本入で結構食べやすいボリュームで、お値段も半額の250円。これを買うことにします。
 賞味期限は4月30日で、あと1か月ほど。


DSCF1715.jpg

DSCF1718.jpg



 お菓子以外にも魚肉ソーセージを発見!
 たこ焼き味と紅しょうが味がありました。大阪っぽいです。

 こちらも一本150円が半額の75円。
 たこ焼き味と紅しょうが味を1本ずつ買ってみました。合計150円です。
 賞味期限は、たこ焼き味が5月1日、紅しょうが味が4月30日と、こちらも1か月ほどでした。


DSCF1725-3.jpg

DSCF1726.jpg



 みかん飴を発見!
 「大阪産(もん)名品」に認定されている大阪土産です。

 なんでも大阪産の温州みかんを使っているのだそうな。
 温州みかんといえば愛媛ではないのか、愛媛とは言わないまでも関西では和歌山ではないのか、という感じですが、大阪でみかんというイメージがあまりなかったので買ってみました。

 確かこれも半額で120円が60円になっていました。
 ジップロック付なのでお出かけのときにかばんに忍ばせておくのも良さそう。コンビニで売っているお出かけ飴も120円くらいするし、定価でも買いかもしれません。

 賞味期限は……2020年の9月!
 おい、まだまだいけるじゃないか!


DSCF1831-2.jpg



 これだけ買ってみました。
 合計460円で、税込みで496円。

 お菓子はまだまだ大量にあったし、そもそもお菓子売り場を訪れている人自体が少なかったので、数日で売り切れるようなことはなさそうです。
 また、今並んでいるお菓子は賞味期限が4月いっぱいのものばかりだったので、今後政府の自粛要請が延長されることがあれば、賞味期限が5月末のお菓子、6月末のお菓子、というように段階的に売りに出されるような気がします。

 興味がある方は週末あたり寄ってみてはいかがでしょう。


DSCF1747-3.jpg

DSCF1743-2.jpg

DSCF1740.jpg

DSCF1755.jpg

DSCF1803.jpg

DSCF1805-2.jpg

DSCF1784.jpg




 【関連リンク】
 通天閣 [公式サイト]|展望台・タワー|大阪のおすすめ人気観光スポット(天王寺・あべの・新世界エリア)
 https://www.tsutenkaku.co.jp/


[ 2020/03/29 19:44 ] 【おでかけ】 | TB(0) | CM(0)

屋根の葺き替え工事が終わった清水寺へ行きました。 

DSCF1376.jpg
屋根の檜皮葺き替え工事が終わった清水寺本堂



 こんにちは!
 管理人のウイスキーぼんぼんです。

 2017年2月から行われている、清水寺「平成の大修理」
 すでに平成が終わり令和の時代へと突入していますが、大修理はまだまだ継続中です。
 しかし、2020年の2月末に本堂の屋根の檜皮葺き替え工事の方は完了したみたいで、今月あたりからは今まで工事の足場やネットに覆われていて見ることができなかった本堂の全貌を、再び観ることができます。

 本堂を観れるのはほんの一時的なことで、今度はいわゆる「清水の舞台」の床板を張り替えるため、初夏ごろから再び本堂を拝むことが出来なくなります。
 幸いなことに(不幸なことに?)、コロナウイルスの影響で観光客激減のため、ゆっくり観光が出来るのは今だけです!

 早速行ってきました。


DSCF1593.jpg

DSCF1598.jpg
京都タワーの堂々たる勇姿!

DSCF1262.jpg
京都駅前のバス停
観光客は少なめ



 11時ごろに京都駅を出発です!
 清水寺へはバスの利用が便利ですが、行楽シーズンはたいてい混雑するので注意しましょう。

 東山方面行きのバス停、ことに「D1」乗り場あたりはたいてい長蛇の列が出来ているのですが、噂通りコロナウイルスの影響のためか、バス待ちの観光客は少なめでした。
 待ち時間ほぼゼロでバスへと乗り込み、みごと座席へ着席!

 しばらく京都の市バスを利用していなかったのですが、いつの間にか前乗り後降りになっており、運賃も先払いになっていました。後ろから乗ったりして混乱している観光客多し!


DSCF1265.jpg
五条坂入り口



 清水寺へは「五条坂」というバス停で下車するのが迷わなくて良いです。「五条坂」バス停の次に「清水道」というバス停もあるのですが、このバス停は微妙にフェイントです。
 しかし、清水寺の目の前までアクセスできるバス停というものがないので、いずれにしても音羽山をある程度登る必要があります。「五条坂」で降りても「清水道」で降りてもどっちも歩く必要があり、ぶっちゃけどっちでも良いです。


DSCF1274.jpg
茶わん坂



 「五条坂」バス停を降りて、横断歩道を渡って、五条坂へ入り少し歩く二股に別れた交差点に着きます。この右側の坂道が「茶わん坂」と言われる坂です。こちらへ行きましょう。
 そうすると、目の前に赤い塔が見えてくるはずです。あれが清水寺です。

 あとはひたすら歩くのみ、ですが、五条坂にはいろんなお店が並んでいるので寄り道しながら行くのがオススメです。


DSCF1269.jpg



 なんか最近話題のいちご飴を買いました。
 いちごはじゅわっとジューシーですが、表面の飴はパリパリ!
 いちごの酸味と飴の甘さの相性もいい感じ!


DSCF1283.jpg



 京都と言ったらやはりわらび餅です!
 カップに入った食べ歩き用のわらび餅を売っているお店を発見!古都京都ですが、モダンな店作りでした。
 食べ歩き用とはいっても、本当に食べながら歩いては駄目なのだそうです。店内には腰掛けがあってそこで味わいます。
 わらび餅にしては少し硬めで弾力がありました。

 やはりここもコロナウイルスの影響か、閑古鳥が泣いていました。店内の腰掛けも独占状態です。




DSCF1461.jpg
EF-FX PRO II + EF-S10-18mm F4.5-5.6 IS STM



 説明するのを忘れていましたが、今回の旅は、屋根の葺き替え工事が終わった清水寺の本堂を拝むことが第一目的ですが、実はもう一つ目的があります。

 新しく買ったfringer社のマウントアダプター「EF-FX PRO II」のテスト運用です。
 今回の写真はすべてフジフィルムのX-T30というカメラで撮影していますが、レンズはキャノンのEF-Sレンズです。
 このようにフジフィルムのボディへキャノンのレンズを接続可能にするのが、マウントアダプター「EF-FX PRO II」というわけです。

 EF-Sレンズはキスデジ時代に結構買っているので、それらが資産として再利用できるのであれば経済的だし、個人的なイメージとして、レンズの性能はフジフィルムよりキャノンのほうが良さそうです。それにキャノンは手ブレ補正機能をボディ側ではなくレンズ側に付けているので、その点でも手ブレ補正の無いX-T30には利点が大きいです。

 他社製品どうしのキメラ状態なので、オートフォーカスであったり、手ブレ補正であったりが上手く作動するのかを確かめていきます。口コミだとなんの問題もなく動くそうですが果たして……!?



DSCF1319.jpg



 というわけで清水寺に着きました!

 山の中腹にあるお寺なので空が広く感じられます。

 いきなりキャノンの EF-S10-18mm F4.5-5.6 IS STM の光学性能発揮です!逆光であるにも関わらずフレアやゴーストが極限まで抑えられています!(よく見るとちょっと出てるけど)すごい!
 レンズのF値は少し暗めですが、風景写真は基本的に絞って使うし、手ブレ補正も付いているので、あまり問題はなさそう。しかもこのレンズめっちゃ軽い。早くもX-T30で使うレンズのスタメン入り決定です。


DSCF1307.jpg
松原通りの出口
撮影者の背後が清水寺



 ちなみに、先の五条坂で、「茶わん坂」に行かずに左側へ行くと「松原通り」という商店街を通って清水寺へとたどり着きます。
 こちらの「松原通り」の方が商店が多くあり、人通りも多いのですが、帰りに寄ることにします。「松原通り」から「産寧坂(三年坂)」へ行くことが出来、散策に時間がかかるためです。

 わたしは小学生の時の修学旅行でこの清水寺を訪れたのですが、たしかその時も「松原通り」の商店街を通った記憶があります。「茶わん坂」は通らなかった覚えが。


DSCF1297-3.jpg

DSCF1308.jpg



 清水寺の撮影スポットです。このへんは拝観料を払わずに撮れます。


DSCF1329.jpg



 拝観料を払って、まずは清水の舞台へと向かいます。


DSCF1335.jpg



 清水の舞台に着きました!

 「龍が如く」で見たことあるー!


DSCF1344.jpg



 舞台の向こうの山の方に目が行きがちですが、御本尊の十一面千手観世音菩薩は、その背後の建物側に鎮座されています。忘れず参拝しましょう。


DSCF1342.jpg
清水の舞台からの眺め



 それにしても清水の舞台って高いですね~。ぶるぶるっ!下を見ていると足がすくみます。
 清水寺を参拝したことのある方ならお分かりと思いますが、この清水の舞台って、本堂の外側に向かって僅かに勾配がついているのです。それがまた恐怖に拍車をかけます。

 平安時代に藤原成通は、この清水の舞台の欄干の上で蹴鞠をしたという伝説が残っています。
 さすが蹴鞠の名手!と思う以前に、なんでそんなことしたの?という疑問のほうが先に出てしまうのはいかんですね。


DSCF1634.jpg
清水寺 御朱印
左上にあるのが西国三十三所草創1300年記念の「特別印」



 御朱印は、本堂(清水の舞台)を抜けた先にある納経所でもらいましょう。
 今御朱印をもらうと、西国三十三所草創1300年記念の「特別印」が付いた御朱印をもらうことが出来ます。2020年中の限定だそうです。


DSCF1368.jpg

DSCF1357.jpg



 清水の舞台を撮影するのには、奥之院へ行くと良いです。というより、清水の舞台を抜けると必ず通るところなので撮影のし忘れということはまず無いでしょう。


DSCF1355-2.jpg



 奥之院から撮影。
 清水寺で一番の「映え」スポットです。

 ちなみに、京都駅前にある京都タワーもここからはっきりと見ることができます。


DSCF1371.jpg



 この奥之院の舞台の背後には「ふれ愛観音」という観音様が鎮座しています。気付かずに通過する人も多いと思いますが、直接触るとご利益があるのだそうです。

 本堂も奥ノ院も、撮影ばかりに気を取られて、背後の御本尊や観音様への参拝を忘れることの無いようにしましょう。


DSCF1382.jpg

DSCF1384.jpg

DSCF1386.jpg



 参拝が終わって、参道を道なりに進んでいくと、途中で横道の案内がありました。
 何度か清水寺へは参拝に来ていますが、この看板は今まで見落としていました。


DSCF1398.jpg



 立て看板に促されて坂道を登って行くと、たしかに本堂や三重塔など、諸々の建物を一望出来ました。
 紅葉シーズンなどは良い眺めになりそうです。


DSCF1404.jpg



 境内の散策はこのくらいで、あとは音羽の滝が見どころとしてあります。
 音羽の滝は大変人気のスポットで、観光客の長蛇の列が絶えません。この日も長蛇の列が出来ていたので、眺めるだけにしておきました。


DSCF1424-2.jpg



 先程登った清水の舞台の、今度は真下の参道を通って帰路につきます。
 本堂を見上げることができ、下から見てもその舞台の高さには息を呑みます。


DSCF1445.jpg

DSCF1449.jpg

DSCF1453.jpg



 清水寺の境内には、うどん屋さんやお団子屋さんなどがいくつかあるので、休憩しながら散策するのが良いです。
 参拝客が少ないせいか、わたしが訪れた時は、これらのお店はどこもガラガラでした。

 せっかくなので、みたらし団子を食べて一服するのでした。


DSCF1463.jpg
EF-FX PRO II + EF-S24mm F2.8 STM



 超広角レンズの EF-S10-18mm F4.5-5.6 IS STM のテスト撮影は十分行えたので、このあたりで今度はパンケーキレンズの EF-S24mm F2.8 STM にマウントアダプターを付け替えて撮影していくことにします。
 パンケーキレンズとはいっても、マウントアダプターをつけると、普通サイズの単焦点レンズと変わらない大きさになってしまいました。
 F値も単焦点にしては大きく、手ブレ補正も無いため、パンケーキレンズのサイズ感という旨味がなくなってしまっては使う意味が無いのではないか、と思いながらも帰り道は基本的にこのレンズで写真を撮りながら帰りました。


DSCF1471.jpg
松原通り
X-T30 + EF-FX PRO II + EF-S24mm F2.8 STM



 帰り道は、先に書いたとおり「松原通り」を通って「産寧坂(三年坂)」を下るルートを取ります。

 上の写真は EF-S24mm F2.8 STM で開放F2.8で撮ったものですが、スマホで撮るのとあまり変わらないような感じがします。
 とはいえせっかくレンズを持ってきている訳なので色々撮りながら帰りました。

  長くなるので、X-T30 + EF-S24mm F2.8 STM の写真、及び最近インスタ映えで話題の八坂庚申堂などの様子は、別記事にします。




 【関連リンク】
 音羽山 清水寺
 https://www.kiyomizudera.or.jp/




[ 2020/03/09 19:19 ] 【おでかけ】 | TB(0) | CM(0)

大阪城梅林へ梅を見に行きました。 

C01A4702-2.jpg




 こんにちは!
 管理人のウイスキーぼんぼんです。

 大阪城梅林へ梅の花を見に行きました。


C01A4188_20200306234538269.jpg



 今年は暖冬の影響のためか、梅の開花が例年より2週間ほど早かったみたいです。
 2月の三連休の中日に訪れたのですが、すっかり見頃を迎えていました。

 この大阪城梅林は全国的にも有名な梅の名所です。
 しかし連休とはいえ、昨今のコロナウイルスのせいで観光客は少なめでした。とくに中国人や韓国人の海外からの観光客はほんと少なかったです。


C01A4189-3.jpg

C01A4345-3.jpg

C01A4252.jpg

C01A4200-2.jpg

C01A4334.jpg

C01A4240-3.jpg



 梅の花を撮るのは難しいですねー。

 桜の花は満開の様子をダイナミックにぶわ~っと撮ればサマになりますが、梅の花は枝にポツポツと咲いている様子が風情があって良く、それを写真で切り取るのにはなかなか腕がいります。


C01A4348.jpg



 梅の花の良い香りが漂っていました。
 春の到来を感じさせます。お散歩するだけでも楽しいです。


C01A4361.jpg



 やばい!


C01A4401-2.jpg

C01A4378.jpg

C01A4419-2.jpg

C01A4723_202003070014421f1.jpg



 使用したレンズはキャノンの EF100mm F2.8Lマクロ IS USM 。お花の撮影には欠かせません。最短撮影距離を一切気にせず撮影出来るのが便利です。


C01A4638-2.jpg

C01A4550.jpg

C01A4616.jpg



 メジロさん!

 梅の花の撮影に飽きるとメジロを撮影しました。
 大阪城梅林の良いところは、苦労せずにメジロと梅のコラボレーションを撮影できる点です。
 大阪城公園自体が野鳥撮影スポットでもあるので、この梅林にも多くの野鳥が集まってきます。

 EOS6DからEOS-Rに機種を変えてから、動体撮影が格段に易しくなりました。そもそもEOS6Dって動体撮影するカメラじゃなかったというのもあるのですが、ミラーレス一眼といってもEOS-Rの合焦スピードは早いし、連写速度も個人的は十分です。




 【関連リンク】
 特別史跡 大阪城公園
 https://www.osakacastlepark.jp/?lang=ja
 

[ 2020/03/07 00:24 ] 【おでかけ】 | TB(0) | CM(0)

兵庫県立美術館の「ゴッホ展 ハーグ、そしてパリ。ゴッホへの道」へ行きました。 

P1065868.jpg



 兵庫県立美術館にて行われている「ゴッホ展 ハーグ、そしてパリ。ゴッホへの道」へ行きました。
 本展覧会は巡回展で、東京展は2019年10月11日~20年1月13日に上野の森美術館にて開催済みで、兵庫展はその後の2020年1月25日~3月29日まで行われています。東京と兵庫の2会場のみです。

 最近、コロナウイルスの影響で数々のイベントが中止や延期に追い込まれており、東京の方では美術館も3月半ばまで中止する動きがあるようです。幸い兵庫県立美術館は中止とはなっていないものの、もし中止となれば会期が3月29日までの「ゴッホ展」は丸々吹き飛ぶ危険があるので、そうなる前に急いで行ってきました。


P1065817.jpg

P1065808.jpg



 ツイッターの「ゴッホ展」公式アカウントでは、前日の土曜日は休日でありながら人が少なかったようなので、わたしが訪れた日曜日も人が少ないかな、と思っていたら、思ったより賑わいを見せていました。
 とはいえ、ゴッホの展覧会ということを考えるとこれでも少ない方だったのかもしれません。ガラガラではないけど比較的ゆっくりは見れた印象です。
 11時ぐらいに入館して昼をまたいで数時間観賞したのですが、やっぱりわたしが美術館を出る頃にはチケット売り場には長蛇の列ができていました。行くのであれば午前中が良いと思います。


P1065876.jpg



 本展覧会の主役はゴッホですが、ゴッホの絵画ばかりを集めた展覧会ではありません。
 有名作家の模倣に始まった初期から、ハーグ派の画家たちとの交流、パリでの印象派の画家たちからの影響、アルルでのゴッホ独自の技法の確立、そしてこれらの経験経て、その到達点として完成させた傑作「糸杉」へと展覧会の絵画は推移していきます。
 その時々で影響を受けた画家の絵も同時に展示されており、ゴッホの師であるアントン・マウフェ、影響を受けた印象派のピサロ、モネ、そしてゴーギャンの絵画も観ることができ、なかなか贅沢な構成です。
 ゴッホのエリアと、ゴッホが影響を受けた画家たちのエリアがある程度まとまって交互に展示されているので、ゴッホの絵画がどのように変化していったのかがよく分かります。
 色彩を封じ込めたような灰色の世界が、印象派との出会いを機に、一気に色鮮やかな世界へと変貌してくい様子は感動的ですら有ります。


itosugi.jpg
糸杉



 本展覧会の目玉はやはり「糸杉」であろうと思います。
 展覧会の終盤に展示されており、先にも書いたとおり、展覧会を順番に観ていくと、ここへ到達するまでの経緯がよくわかります。
 他のゴッホの絵画とは明らかに違ったエネルギーを放っており、厚く塗り込められた絵の具と、燃え上がるような炎のような糸杉の姿がゴッホの気迫を伝えます。糸杉の実際を歪めるほどの抽象的技法や、絵筆のタッチを残す線描技法からは、それまでに観てきたゴーギャンやモネの影響を強く感じます。
 序盤の、ハーグ派の頃の灰色の絵が、観るものを圧倒するようなこのようなエネルギーに満ち満ち溢れた傑作へと結実したのは本当に感動的で、これまでの出会いや経験などの積み重なったものが凝縮されたような、まさに到達点としか言いようがないほどの本作には、観ていて涙が出そうになりました。
 ちなみに、音声ガイドには声優の小野賢章さんが起用されており、ゴッホの兄のテオを演じながら解説します。この「糸杉」の一つ前の「サン=レミの療養院の庭」から「糸杉」へと2作品連続で音声ガイドが入り、テオの目線でのドラマ仕立ての解説がより作品を盛り上げてくれます。


薔薇
薔薇



 あと個人的に気に入ったのは「薔薇」という作品です。
 ゴッホの花の絵をいうと、どうしても「ひまわり」を思い浮かべてしまうのですが、この「薔薇」は「ひまわり」とは違った美しさや優雅さがあって、こういう絵もあるのか、と意外でした。薔薇が赤くないのが本作ではむしろ良い感じです。
 世間的には評価の高い作品らしく、ゴッホの中で最大級にして最も美しい静物画とのことです。
 展覧会の構成や流れとして「糸杉」の直ぐ後に展示されているので、「糸杉」の衝撃による余韻の只中で観ることになるのが若干不幸かもしれません。


P1065849.jpg



 お土産にポストカードを買って帰りました。お気に入りの「糸杉」と「薔薇」の2枚です。


P1065853.jpg



 「糸杉」のチケットホルダーも。300円です。

 グッズ類は充実していて、定番のお菓子やクリアファイルといったものの他にも、ミッフィーやスヌーピーとのコラボグッズが可愛くて目を引きました。購入数に限定がかかっていましたが、いずれもまだまだ在庫はあるようです。


 素晴らしい展覧会でした。
 印象派、後期印象派の絵はやっぱり観ていて楽しいですね。
 まだ観ていない方はオススメです。




 【関連リンク】
 【公式サイト】ゴッホ展 2019-2020 東京展と兵庫展を開催
 https://go-go-gogh.jp/


[ 2020/03/01 20:37 ] 【おでかけ】 | TB(0) | CM(0)
スポンサードリンク
プロフィール

ウイスキーぼんぼん

Author:ウイスキーぼんぼん

初めて読んだミステリは『そして扉が閉ざされた』(岡嶋二人)。以来ミステリにどっぷりハマリ中。
「SUPER GENERATION」で水樹奈々さんに興味を持ち「Astrogation」で完全にハマる。水樹奈々オフィシャルファンクラブ「S.C. NANA NET」会員。

YouTubeチャンネル(NEW!)
Twitter
食べログ
FC2プロフへ
mixi(放置中)

好きな推理作家:島田荘司ゴッド
嫁本:アトポス)
好きな歌手:水樹奈々ちゃん
嫁曲:SUPER GENERATION)
誕生日:ヘレン・マクロイとおなじ
体型:金田一耕助とおなじ

本年度のお気に入り(国内)
御朱印巡り
集めた御朱印です。
(各都道府県参拝した順)
※記事に出来ていない寺社多数です!鋭意執筆中!
※リンクが切れているものは下書き状態です。しばらくしたら公開されます。

【東京】
・靖國神社(その1)
・靖國神社(その2)
・東京大神宮
・浅草寺 御本尊
・浅草寺 浅草名所七福神
・浅草神社
・浅草神社 浅草名所七福神
・今戸神社
・明治神宮(その1)
・明治神宮(その2)
・増上寺
・烏森神社
・神田明神
・乃木神社
・上野東照宮
・波除稲荷神社
・富岡八幡宮

【神奈川】
・鶴岡八幡宮
・建長寺
・高徳院(鎌倉大仏殿)
・長谷寺

【愛知】
・熱田神宮
・一之御前神社、別宮八剣宮
・真清田神社
・大神神社
・大須観音

【大阪】
・大阪天満宮
・豊國神社
・四天王寺
・住吉大社
・坐摩神社
・法善寺
・難波八阪神社
・道明寺天満宮
・一心寺
・安居神社
・生國魂神社
・生國魂神社 干支(申)
・生國魂神社 干支(酉)
・生國魂神社 干支(戌)
・三光神社
・玉造稲荷神社
・今宮戎神社
・方違神社
・難波神社
・露天神社(お初天神)
・太融寺
・大鳥大社
・石切劔箭神社
・枚岡神社
・慈眼寺
・久安寺
・多治速比売神社

【京都】
・鈴虫寺(その1)
・鈴虫寺(その2)
・鈴虫寺(その3)
・松尾大社(その1)
・月読神社
・天龍寺
・御髪神社
・常寂光寺
・二尊院
・野宮神社
・下鴨神社(賀茂御祖神社)
・河合神社(下鴨神社摂社)
・盧山寺
・梨木神社
・白雲神社
・護王神社
・御霊神社
・下御霊神社
・平安神宮
・銀閣寺(慈照寺)
・金閣寺(鹿苑寺)
・龍安寺
・八坂神社
・八坂神社 美御前社
・八坂神社 又旅社
・八坂神社 冠者殿社
・八坂神社 青龍
・八坂神社 祇園御霊会
・伏見稲荷大社 本殿
・伏見稲荷大社 奥社奉拝所
・伏見稲荷大社 御膳谷奉拝所
・三十三間堂
・養源院
・東福寺
・建仁寺
・南禅寺(その1)
・南禅寺(その2)
・永観堂(禅林寺)
・北野天満宮
・北野天満宮 宝刀展限定「鬼切丸」
・大将軍八神社
・法輪寺(達磨寺)
・妙心寺
・妙心寺 退蔵院
・仁和寺
・建勲神社
・晴明神社
・御金神社
・八大神社
・豊国神社
・由岐神社
・鞍馬寺
・貴船神社
・六道珍皇寺
・六道珍皇寺 六道まいり
・六波羅蜜寺 都七福神
・安井金比羅宮
・知恩院 徳川家康公四百回忌
・青蓮院門跡
・青蓮院門跡 近畿三十六不動尊霊場
・粟田神社
・鍛冶神社(粟田神社末社)
・東寺
・上賀茂神社(賀茂別雷神社)
・大徳寺 本坊
・大徳寺 高桐院
・今宮神社
・妙顯寺
・三千院 御本尊
・三千院 西国薬師四十九霊場第四十五番
・三千院 聖観音
・実光院
・勝林院
・宝泉院
・寂光院
・宝厳院
・大覚寺
・清涼寺
・祇王寺
・化野念仏寺
・落柿舎
・城南宮
・飛行神社
・石清水八幡宮
・岡崎神社
・長岡天満宮
・平野神社
・法金剛院
・高台寺
・清水寺
・清水寺(西国三十三所草創1300年記念)
・宝蔵寺 阿弥陀如来
・宝蔵寺 伊藤若冲
・勝林寺
・平等院 鳳凰堂
・宇治神社
・宇治上神社
・智恩寺
・元伊勢籠神社
・眞名井神社
・梅宮大社
・錦天満宮
・藤森神社(あじさい祭り限定)
・智積院
・御香宮神社
・神護寺
・西明寺
・高山寺
・大豊神社
・三室戸寺

【奈良】
・唐招提寺
・薬師寺 御本尊
・薬師寺 玄奘三蔵
・薬師寺 吉祥天女
・薬師寺 水煙降臨
・東大寺 大仏殿
・東大寺 華厳
・東大寺 二月堂
・春日大社 ノーマル
・春日大社 第六十次式年造替
・興福寺 今興福力
・興福寺 南円堂
・如意輪寺
・吉水神社
・勝手神社
・金峯山寺
・吉野水分神社
・金峯神社
・法隆寺
・法隆寺 西円堂
・中宮寺
・法輪寺
・法起寺
・元興寺
・橿原神宮
・橘寺
・飛鳥寺
・飛鳥坐神社
・般若寺

【和歌山】
・金剛峯寺
・金剛峯寺 六波羅蜜
・高野山 金堂・根本大塔
・高野山 奥之院
・高野山 女人堂
・高野山 徳川家霊台
・高野山 南院(波切不動尊)
・熊野那智大社
・青岸渡寺
・飛瀧神社
・伊太祁曽神社
・國懸神宮
・紀三井寺

【滋賀】
・比叡山延暦寺 文殊楼
・比叡山延暦寺 根本中堂
・比叡山延暦寺 大講堂
・比叡山延暦寺 阿弥陀堂
・比叡山延暦寺 法華総持院東塔
・比叡山延暦寺 釈迦堂
・比叡山延暦寺 横川中堂
・比叡山延暦寺 四季講堂(元三大師堂)
・三尾神社
・三井寺 金堂
・三井寺 黄不動明王
・近江神宮
・滋賀縣護國神社

【兵庫】
・生田神社
・廣田神社
・西宮神社
・湊川神社
・走水神社
・千姫天満宮
・男山八幡宮
・水尾神社
・兵庫縣姫路護國神社
・播磨国総社 射楯兵主神社
・甲子園素盞嗚神社
・北野天満神社

【岡山】
・吉備津神社
・吉備津彦神社

【鳥取】
・白兎神社
・宇倍神社
・聖神社
・鳥取東照宮(樗谿神社)

【広島】
・吉備津神社
・素盞嗚神社
・草戸稲荷神社
・明王院
・出雲大社 福山分社
・沼名前神社(鞆祇園宮)
・福禅寺(対潮楼)
・厳島神社
・大願寺
・千光寺
・艮神社

【徳島】
・大麻比古神社

【福岡】
・太宰府天満宮
・筥崎宮(筥崎八幡宮)
・住吉神社

【沖縄】
・波上宮

■朱印帳■
・京都五社めぐり
・高野山 開創1200年記念霊木朱印帳
・平安神宮 御朱印帳
・全国一の宮御朱印帳
・住吉大社 御朱印帳
・建仁寺 御朱印帳
・今戸神社 御朱印帳
・大将軍八神社 御朱印帳
・晴明神社 御朱印帳
・東寺 御朱印帳
・明治神宮 御朱印帳
・大阪市交通局 オオサカご利益めぐり御朱印帳
・北野天満宮「宝刀展」記念朱印帳
・熊野那智大社 御朱印帳

最新のつぶやき
2016年の水樹奈々さん
ハーイ!ハーイ! ハイ!ハイ!ハイ!ハイ!