読み終わったミステリについてコメント。でも最近は脇道にそれぎみ。 このブログは水樹奈々さんを応援しています。

似鳥鶏「彼女の色に届くまで」 

彼女の色に届くまで彼女の色に届くまで
2017/3/29
似鳥 鶏

商品詳細を見る

★★★★☆



 【内容紹介】

 画廊の息子で幼い頃から画家を目指している緑川礼(僕)は、期待外れな高校生活を送っていた。友人は筋肉マニアの変わり者一人。美術展の公募にも落選続きで、画家としての一歩も踏み出せず、冴えない毎日だった。だが高校生活も半ばを過ぎた頃、僕は学校の絵画損壊事件の犯人にされそうになる。その窮地を救ってくれたのは、無口で謎めいた同学年の美少女、千坂桜だった。千坂は有名絵画をヒントに事件の真相を解き明かし、それから僕の日々は一変する。僕は高校・芸大・社会人と、天才的な美術センスを持つ千坂と共に、絵画にまつわる事件に巻き込まれていくことになり…。二人のもどかしい関係の行方は―?見ていた世界が鮮やかに裏切られる、仕掛けと驚きに満ちたミステリー!




 芸術家肌の男の子と女の子の、高校時代~大学を卒業して、社会人になるまでを描いた連作短編集です。雑誌掲載作品の他に描き下ろし短編もいくらか混じっており、最終話においてはミステリとしての大きな趣向が炸裂します。
 どの短編も、有名絵画が事件解決のヒントになっていてます。巻末にはそれらのカラー写真が掲載されていてなかなか豪華な造本です。芸術家ならではの視点、われわれ凡人には気づきにくい価値観で犯人が行動していて、それが上手い具合にミステリのサプライズへと昇華されている点が、芸術×ミステリのマッシュアップとして成功していると言えます。
 しかし、本書の場合それだけでは無いのです。画家の女の子と、絵の買い付けを行う画廊の息子の恋愛ストーリーという側面があることも忘れてはなりません。この恋愛エピソードとしての決着が、最終話において描かれるのですが、それがミステリ的な手続きを伴って描かれることに驚きました。前半のある短編に仕込まれた、ごく僅かな色彩が、時を超え最終話において輝きを増し、それが男女の関係を一歩推し進めます。それまでに描かれた「絵描き」と「画廊の人間」という職業的宿命で男女の関係になりきれない両者をより良い方向へと導いており、フィナーレは感動的です。本格ミステリとしての「データを提示しながらも真相を隠す」という構造を、そのまま女性の恋愛感情へとスライドさせている点が大変に巧妙であり、それをさらに芸術へもジョイントさせるという離れ業をも成し遂げているのです。
 ミステリ×芸術×恋愛の三者を高レベルで一体とさせた良短編集です。おすすめします。

スポンサーサイト
[ 2017/04/04 01:40 ] 似鳥鶏 | TB(0) | CM(0)

似鳥鶏「シャーロック・ホームズの十字架」 

シャーロック・ホームズの十字架シャーロック・ホームズの十字架
2016/11/17
似鳥 鶏

商品詳細を見る

★★★★☆



 【内容紹介】

 世界経済の鍵を握るホームズ遺伝子群。在野に潜む遺伝子保有者を選別・拉致するため、不可能犯罪を創作する国際組織――「機関<シンクタンク>」。保有者である妹・七海と、天野直人は彼らが仕掛けた謎と対峙する!
 強酸性の湖に立てられた十字架の謎。密室灯台の中で転落死した男。五百メートルの距離を一瞬でゼロにしたのは、犯人か被害者か……。
 本格ミステリの旗手が挑む、クイーン問題&驚天動地のトリック!




 レーベルが講談社タイガでイラスト表紙で、若者をターゲットにした作品ではありますが、本格度は極めて高く、なかなかの良作です。
 前回に引き続き、<機関>からホームズ遺伝子保有者を守るため、いち早く現場へ駆けつけ謎を解いてゆく、というのが基本構成であるのは変わりません。今作の場合はタイトルの「十字架」が象徴するように、名探偵が背負う宿命までもが後半描かれていて、後期クイーン的問題に関心のある所謂ミステリマニア諸君にも好評を得るのではないかと思います。
 豪快なトリックが多く、少し単純であったり、実行性において無理目なものもあるのですが、それらを補って余りあるほどの、トリックの不可能度合を高める演出(つまるところハッタリ)を効かす術が上手いのに驚きました。ユーモアミステリであったり、先日発売された『一○一教室』の社会性の強いミステリであったりと、そういった作品が得意な印象を作者に対しては持っていました。なので今作のような不可能演出という方面の作家ではないのだろうと勝手に決めて付けていたのですが、いやいや全くの誤解でした。冒頭の湖面の十字架に貼り付けられた死体の演出なんか、トリックの解答を含めて、国内指折りのトリックメーカーの柄刀一氏のようなドラマチック性があります。SD案件(<機関>がホームズ遺伝子保有者をあぶり出すために仕掛ける「挑戦」)というの名のもとに、トリックを仕掛ける必然性も十分に保障されています。
 ホームズ遺伝子保有者の妹がトリックを解明し、兄に伝えるというスタンスの性質上、兄が妹の仕草から解答を得るため、必然的に切り口は単純になってきます。不可能犯罪を単純な切り口で解いてみせる、というミステリにおいて求められる理想の過程を、設定上の必然にしてしまうことも入念に考えられています。
 このような兄と妹という特殊なホームズ&ワトソン型のキャラクター配置のほか、御子柴グループに拾われた兄と妹を取り巻く御子柴グループの面々、「十字架」を背負う名探偵の苦悩、世界を股にかけ相手にすることになる巨悪なども本作では描かれています。つまり、名探偵、犯人、そして後期クイーン的問題を介して被害者までも、すべてのキャラクターへの目配りが行き届いた推理小説といえるのです。

 不可能トリックに魅力的なキャラクター、そして巻末で予感される次作以降の物語への期待――本格ミステリにこれ以上何が必要でしょうか。「トリックに必然性がない」「人物が描けていない」「物語性のないトリックの見本市だ」など、本格ミステリに対して浴びせられた批判はもはや過去のものです。推理小説の進化が分かる良作です。

[ 2016/11/24 02:32 ] 似鳥鶏 | TB(0) | CM(0)

似鳥鶏「一○一教室」 

一○一教室一○一教室
2016/10/27
似鳥 鶏

商品詳細を見る

★★★☆☆



 【内容紹介】

 カリスマ教育者・松田美昭がつくった全寮制一貫校・私立恭心学園。高い進学実績を誇り、ひきこもりや反抗まで“治る”と話題の学校で、一人の高校生が心臓麻痺で死んだ。健康だったはずの彼がなぜ…?一度も開けられない棺、異様に礼儀正しい生徒たち―。有刺鉄線の生えた、高い壁に囲まれたこの学園で、一体何が起きているのか?青春ミステリで人気の著者が満を持して放つ、爽やかさゼロのダークミステリ!!




 似鳥鶏氏の最新作はノンシリーズであることも然ることながら、作者の持ち味であるユーモアも影を潜めています。
 昨今、ニュースで「ブラック企業」なる言葉ををよく見かけるようになり、社会に出たばかりの若者の疲弊した姿が報道されますが、若者を取り巻く環境の劣悪さは就職してからだけには限りません。本書はそんな社会に出る“前”の若者にスポットを当てており、彼らを取り巻く「ブラック企業」ならぬ「ブラック高校」を描いています。
 基本的にフィクションなのですが、過去におかやま山陽高校や戸塚ヨットスクールなどで実際に発生し、ニュースにもなった体罰事件を、高校名と犯人を実名で出しているのには少し驚きました。これらのニュースと比較すると本書が実社会と乖離した絵空事でないことが分かるし、説得力も増します。
 とはいえ、テーマ性をや問題提起を重視した重たいばかりの物語で無く、エンタメとして成立させているのがさすが鮎川賞作家です。全寮制という閉鎖環境と、教師という立場で教育という名のもとに犯行を隠匿し逃げ延びる犯人、そして何より、クライマックスにおいて明らかにされる物語全体を貫いたトリック、そのトリックを用いたミステリ的手法によって問題の根深さをクローズアップするやり方など、なかなか考えられています。

 作者の小説にしては分厚いですが、サスペンス性が高いため、割と一気読みできます。作者の作家としてのあらたな一面を発見できます。ユーモアミステリが作者の本領であるにしても、本書も作品としては十分に成功していると思います。


[ 2016/11/12 21:24 ] 似鳥鶏 | TB(0) | CM(0)

似鳥 鶏「レジまでの推理 本屋さんの名探偵」 

レジまでの推理 本屋さんの名探偵レジまでの推理 本屋さんの名探偵
2016/1/19
似鳥 鶏

商品詳細を見る

★★☆☆☆



 【内容紹介】

 「本屋だったら、すぐ分からなきゃだめだね、これは」傑作書店ミステリ!

 力仕事でアイディア仕事で客商売。
 書店員は日夜てんてこ舞い。
 しかも、この書店の名物店長は、鮮やかに謎も解きあかすのです。……レジにはあんまり入らないけど。
 書店を舞台に巻き起こる事件に挑む書店員たちの活躍にご期待下さい!




 書店を舞台にした本格ミステリで、探偵役も書店員さんなら、トリックも書店ならではのものばかりが描かれています。連作短編集です。
 書店員の仕事が事細かに描かれていて、作者は書店で働いた経験があるのかと思ったら、あとがきをみるとそうでも無いそうです。しかしその割には「本屋だったら、すぐ分からなきゃだめだね」レベル――裏を返せば書店員ではない読者が見抜けないレベルのトリックを案出しているのがすごいところです。
 なかでも感心したのが「全てはエアコンのために」のトリック。「六枚のとんかつ」の如き“無”から“有”を生み出す練成術的トリックで驚きました。と同時に、なぜ書店の本棚に並んでいる本に●●が無いのか、という積年の疑問も解消しました。

 わたしはこれまで書店で膨大な本を買っているのですが、あくまで客でしかなく、書店内部の仕事やシステムがイマイチ把握できていないのが正直なところ。作者が書店員で無いとは言え、なかなかにリアルな内情が垣間見えて面白い本でした。
 最後にはある意味お約束な、リアル書店の悩みが吐露されて、それを書店員が嗜めるシーンが描かれているます。しかし、このような問題提起と今後の展望については、現時点で本書を手に取っている読者には響いてこないのが残念なところ。なぜなら電子書籍購入組は別として、今本書を読んでいる読者は、文庫落ちまで待たずに本を買う層だからです。
 とはいえ個人的には電子書籍に客が流れるのも理解できます。書店は紙の本という「モノ」を売る商売にもかかわらず「モノ」に対する意識が低いためです。それは本書収録の「全てはエアコンのために」が証明しています。なぜ●●を捨ててしまうのでしょう。●●を捨てなかった結果、別に●●に●●が入らなくとも、良いのではないのでしょうか。商品の一部がかけるよりよっぽどマシです。
 別の話になりますが、以前わたしはパソコン用のスピーカーを買ったのですが、それには傷防止の透明フィルムが貼ってあるのです。スピーカーというのは音量や音質が第一義なのですが、「モノ」としても美しく綺麗で、というスタンスが見えて感動したおぼえがあります。
 新刊書店での研磨本(中古本)の販売、カフェ併設店・座読席設置店で座読客が汚した本を平気で販売する書店、こういうサービスに対して店側が何とも思っていない――つまり「読めれば良い」というのであれば、そりゃあ場所をとらない電子書籍に移行しますよ、という話。本書では良いふうにまとめられていますが、このあたりがごまかされている印象を受けます。問題提起しながらその原因も本書内でしっかり描かれている。しかしそれには見てみぬふり。

[ 2016/01/24 14:05 ] 似鳥鶏 | TB(0) | CM(0)

似鳥鶏「シャーロック・ホームズの不均衡」 

シャーロック・ホームズの不均衡シャーロック・ホームズの不均衡
2015/11/19
似鳥 鶏

商品詳細を見る

★★★★☆



 【内容紹介】

 両親を殺人事件で亡くした天野直人・七海の兄妹は、養父なる人物に呼ばれ、長野山中のペンションを訪れた。待ち受けていたのは絞殺事件と、関係者全員にアリバイが成立する不可能状況!推理の果てに真実を手にした二人に、諜報機関が迫る。名探偵の遺伝子群を持つ者は、その推理力・問題解決能力から、世界経済の鍵を握る存在として、国際的な争奪戦が行われていたのだ…!




 講談社タイガより鮎川賞作家・似鳥鶏氏の新作、新シリーズです。
 表紙から想起されるようなライトなイメージとは裏腹に、内容は過激で、しかも意外や意外、本格ミステリの良作でした。
 冒頭にはヴァン・ダインによる「探偵小説作法二十則」のうち、第十三則「探偵小説に秘密組織やマフィアを登場させてはならない」、第十七則「探偵小説においてプロ犯罪者が犯罪を担ってはならない」、第十九則「犯行動機は個人的なものであるべきで、国際的な陰謀、政治闘争であってはならない」の三則が掲げられており、作中ではこの三則を破ったうえで本格ミステリを成立させています。
 名探偵の問題解決能力を国際的な争奪戦にまでスケールアップさせていながら、作中で描かれる事件は密室殺人をメインとした不可能犯罪である点がたいへん工夫されています。国家が名探偵をあぶりだす為に不可能犯罪を仕掛けるのです。作り物めいた舞台とシチュエーション、そして関係者の中に確実に存在する犯人が保証されており、我々読者が推理作家と知恵比べするその構図が、そのまま物語へ落とし込まれています。
 長い長編ではありませんが、不可能犯罪は合計四件、テンポ良く描かれている点にも注目です。一つ事件が解決される度に全体を貫く大きな物語も進展を見るため、名探偵による犯人特定が最終目的になっていないのも通常の本格とは趣を異にします。

 正直各事件のトリックは小粒で、成立するのか?といった疑問符の残るものもありましたが、料理をするのが抜群に上手く、その小粒感を補って余りあるほどの設定の良さがあります。
 読了後はなんだか大作を読んだような満足感があります。次作がたいへん楽しみな新シリーズです。

[ 2015/12/03 21:30 ] 似鳥鶏 | TB(0) | CM(0)

似鳥鶏「迫りくる自分」 

迫りくる自分迫りくる自分
(2014/02/19)
似鳥 鶏

商品詳細を見る

★★★☆☆



 【内容紹介】

 顔も声も自分と瓜二つ。人間性は最低。この出会いは、何をもたらすのか。
 船橋から東京に戻る総武線快速。本田理司は、併走していた各駅停車の車窓に、自分と同じ顔をした男を見つける。血縁ではなく、服装も髪型も違うのに、まるで鏡を見ているようだった。やがて、二人は偶然再会し、その夜を契機として、世にも不条理な逃走劇が幕を開ける―。




 似鳥鶏氏の作品はシリーズものが多いので、新規読者が入りにくいところがありましたが、本作は心配後無用。ノンシリーズ長編です。
 しかしまずタイトルが大変ダサいのでそちらの問題で手に取り難いかもしれません。これは誰が決めたのでしょう。若干内容とも隔たりのあるタイトルで、あんまり得をしていません。
 本作の内容としては、ある男性が自分と瓜二つの人間に陥れられ、濡れ衣を晴らすためにその人物を探しながらも警察の追手から逃げる、というものでたいへんサスペンス要素の高い作品です。終盤の無理筋かつ無理矢理小手先でひっくり返すようなオチが弱く、尻すぼみな感じがするのが惜しいところですが、それまでの過程は先が読めず大変楽しく読めました。「一気読み必至」という謳い文句にあながち偽りはありません。

 鮎川賞受賞者の作品と言っても、本作では謎解きの見どころは少なく、かつ著者らしいユーモアも影を潜めています。しかしその分作品に疾走感が乗っており、サスペンスとしては大変上手くいっています。本作1作のためにそれらの強みを切ってしまっているのは、結果として成功していて、そういう潔さは高く買いたいです。
 著者の以前の作品を振り返ると、謎解きの連続でリーダビリティーを生み出している印象を受けたのですが、本作を読むと謎解きなんぞ無くてもリーダビリティーを生成できることを証明しています。本格の書き手でこういうことができるのはかなりの強みだと思います。
 新規読者が開拓できそうな作品です。似鳥氏の作品を読んだことの無い読者にもおすすめ。

[ 2014/02/28 23:20 ] 似鳥鶏 | TB(0) | CM(0)

似鳥鶏「戦力外捜査官 姫デカ・海月千波」 

戦力外捜査官 姫デカ・海月千波戦力外捜査官 姫デカ・海月千波
(2012/09/11)
似鳥 鶏

商品詳細を見る

★★★☆☆

 捜査一課に配属されてきた身長150cm未満(推定)でアイドル並みにかわいい海月警部は、周囲のかすかな期待を裏切る捜査能力の低さで、たった二日で戦力外通告されてしまう。お守役の設楽刑事と独自に連続放火事件を追ううち、「冤罪」と噂される7年前の事件に辿り着くが―。すべての点が繋がった時、真犯人の壮大な復讐計画が明らかになる。連続放火、女子大生殺人を結ぶ復讐計画とは…!?注目の著者による書き下ろしミステリ。


 本格ミステリ界の若きホープ、似鳥鶏さんの書き下ろし最新長編です。
 表紙を見るとなにやら賑やかなイラストが描かれていて、読む前は肝心のミステリとしての内容はどうなんだ、と思ったのが正直なところです。
 しかしそこは鮎川賞作家。本格としての面白み、ミステリが持つべきコアの部分は全く失われていませんでした。
 今回は警察物である点で過去の作品とは一線を画していて、そのうえ警察組織のこと、捜査のことにかなりのリアリティがあります。注釈なんかも豊富でお勉強になります。終盤に明らかになる警察内部の新プロジェクトの発足や、登場人物のドタバタ劇などで物語はトンデモ方向に振れてしまうので、こういったリアリティを含めることで全体のバランスは取れています。
 海月警部の組織的なポジションを含めた捜査行為については、もはや笑うしかありませんが、扱う事件自体は骨太で単純なものでは無いことに注目です。このあたりがさすが鮎川賞作家。センスを感じます。
 7年前の西青梅少女殺人事件に端を発し、現在の西東京市連続放火事件、糀谷公園女子大生殺人事件へと繋がっていく物語は、それぞれの事件が複雑に絡み合いながらクライマックスへとなだれ込みます。7年という時間的なスパンが犯行動機の醸成だけでなく、事件全体のスケール感アップに繋がっているのが良いところです。読了後に全体を俯瞰してみると、それぞれの事件がみっちりと絡まりあっていることが分かります。しかし不思議と謎解きや事件の描写に混乱が無いのです。デビュー作の『理由あって冬に出る』でも感じましたが、終盤一気に謎解きを行なうのではなく、中盤から徐々に謎を解いていっているのがその一因です。事件に対する小出しの謎解きが、ミステリとしてのリーダビリティーにつながり、さらには本作のように読者に負荷を掛けることなく多層構造の事件を描くことにも成功しています。事件の絡ませ方と解きほぐし方が抜群に上手いのです。
 登場人物のドタバタ劇に笑いながらも、気づいた時にはすべての謎が解けていた、といったような面白い読後感です。
 終盤まではユーモア、終盤からは謎解き、といったように興味が二分されることは回避され、最初から最後までユーモアと謎解きが同時に楽しめる仕上がりになっています。これこそまさにユーモアミステリ。良作です。

 終盤の展開を見ると、続編の構想があるのでしょうか。楽しみに待っておきます。
[ 2012/09/19 20:44 ] 似鳥鶏 | TB(0) | CM(0)
スポンサードリンク
プロフィール

ウイスキーぼんぼん

Author:ウイスキーぼんぼん

初めて読んだミステリは『そして扉が閉ざされた』(岡嶋二人)。以来ミステリにどっぷりハマリ中。
「SUPER GENERATION」で水樹奈々さんに興味を持ち「Astrogation」で完全にハマる。水樹奈々オフィシャルファンクラブ「S.C. NANA NET」会員。

FC2プロフへ
mixi(放置中)
Twitterはじめました
食べログもはじめました(NEW!)

好きな推理作家:島田荘司ゴッド
嫁本:アトポス)
好きな歌手:水樹奈々ちゃん
嫁曲:SUPER GENERATION)
誕生日:ヘレン・マクロイとおなじ
体型:金田一耕助とおなじ

本年度のお気に入り(国内)
御朱印巡り
集めた御朱印です。
(各都道府県参拝した順)
※記事に出来ていない寺社多数です!鋭意執筆中!
※リンクが切れているものは下書き状態です。しばらくしたら公開されます。

【東京】
・靖國神社(その1)
・靖國神社(その2)
・東京大神宮
・浅草寺 御本尊
・浅草寺 浅草名所七福神
・浅草神社
・浅草神社 浅草名所七福神
・今戸神社
・明治神宮(その1)
・明治神宮(その2)
・増上寺
・烏森神社
・神田明神
・乃木神社

【愛知】
・熱田神宮
・一之御前神社、別宮八剣宮
・真清田神社
・大神神社
・大須観音

【大阪】
・大阪天満宮
・豊國神社
・四天王寺
・住吉大社
・坐摩神社
・法善寺
・難波八阪神社
・道明寺天満宮
・一心寺
・安居神社
・生國魂神社
・生國魂神社 干支(申)
・生國魂神社 干支(酉)
・三光神社
・玉造稲荷神社
・今宮戎神社
・方違神社
・難波神社
・露天神社(お初天神)
・太融寺
・大鳥大社
・石切劔箭神社
・枚岡神社
・慈眼寺
・久安寺

【京都】
・鈴虫寺
・松尾大社(その1)
・月読神社
・天龍寺
・御髪神社
・常寂光寺
・二尊院
・野宮神社
・下鴨神社(賀茂御祖神社)
・河合神社(下鴨神社摂社)
・盧山寺
・梨木神社
・白雲神社
・護王神社
・御霊神社
・下御霊神社
・平安神宮
・銀閣寺(慈照寺)
・金閣寺(鹿苑寺)
・龍安寺
・八坂神社
・八坂神社 美御前社
・八坂神社 又旅社
・八坂神社 冠者殿社
・八坂神社 青龍
・八坂神社 祇園御霊会
・伏見稲荷大社 本殿
・伏見稲荷大社 奥社奉拝所
・伏見稲荷大社 御膳谷奉拝所
・三十三間堂
・養源院
・東福寺
・建仁寺
・南禅寺(その1)
・南禅寺(その2)
・永観堂(禅林寺)
・北野天満宮
・北野天満宮 宝刀展限定「鬼切丸」
・大将軍八神社
・法輪寺(達磨寺)
・妙心寺
・妙心寺 退蔵院
・仁和寺
・建勲神社
・晴明神社
・御金神社
・八大神社
・豊国神社
・由岐神社
・鞍馬寺
・貴船神社
・六道珍皇寺
・六道珍皇寺 六道まいり
・六波羅蜜寺 都七福神
・安井金比羅宮
・知恩院 徳川家康公四百回忌
・青蓮院門跡
・青蓮院門跡 近畿三十六不動尊霊場
・粟田神社
・鍛冶神社(粟田神社末社)
・東寺
・上賀茂神社(賀茂別雷神社)
・大徳寺 本坊
・大徳寺 高桐院
・今宮神社
・妙顯寺
・三千院 御本尊
・三千院 西国薬師四十九霊場第四十五番
・三千院 聖観音
・実光院
・勝林院
・宝泉院
・寂光院
・宝厳院
・大覚寺
・清涼寺
・祇王寺
・化野念仏寺
・落柿舎
・城南宮
・飛行神社
・石清水八幡宮
・岡崎神社
・長岡天満宮
・平野神社
・法金剛院
・高台寺
・清水寺
・宝蔵寺 阿弥陀如来
・宝蔵寺 伊藤若冲
・勝林寺
・平等院 鳳凰堂
・宇治神社
・宇治上神社
・智恩寺
・元伊勢籠神社
・眞名井神社

【奈良】
・唐招提寺
・薬師寺 御本尊
・薬師寺 玄奘三蔵
・薬師寺 吉祥天女
・薬師寺 水煙降臨
・東大寺 大仏殿
・東大寺 華厳
・東大寺 二月堂
・春日大社 ノーマル
・春日大社 第六十次式年造替
・興福寺 今興福力
・興福寺 南円堂
・如意輪寺
・吉水神社
・勝手神社
・金峯山寺
・吉野水分神社
・金峯神社
・法隆寺
・法隆寺 西円堂
・中宮寺
・法輪寺
・法起寺
・元興寺
・橿原神宮
・橘寺
・飛鳥寺
・飛鳥坐神社

【和歌山】
・総本山金剛峯寺
・高野山 金堂・根本大塔
・高野山 奥之院
・高野山 女人堂
・熊野那智大社
・青岸渡寺
・飛瀧神社
・伊太祁曽神社
・國懸神宮
・紀三井寺

【滋賀】
・比叡山延暦寺 文殊楼
・比叡山延暦寺 根本中堂
・比叡山延暦寺 大講堂
・比叡山延暦寺 阿弥陀堂
・比叡山延暦寺 法華総持院東塔
・比叡山延暦寺 釈迦堂
・比叡山延暦寺 横川中堂
・比叡山延暦寺 四季講堂(元三大師堂)
・三尾神社
・三井寺 金堂
・三井寺 黄不動明王
・近江神宮

【兵庫】
・生田神社
・廣田神社
・西宮神社
・湊川神社
・走水神社
・千姫天満宮
・男山八幡宮
・水尾神社
・兵庫縣姫路護國神社
・播磨国総社 射楯兵主神社
・甲子園素盞嗚神社
・北野天満神社

【岡山】
・吉備津神社
・吉備津彦神社

【鳥取】
・白兎神社
・宇倍神社
・聖神社
・鳥取東照宮(樗谿神社)

【広島】
・吉備津神社
・素盞嗚神社
・草戸稲荷神社
・明王院
・出雲大社 福山分社
・沼名前神社(鞆祇園宮)
・福禅寺(対潮楼)

【徳島】
・大麻比古神社

【福岡】
・太宰府天満宮
・筥崎宮(筥崎八幡宮)
・住吉神社

【沖縄】
・波上宮

■朱印帳■
・京都五社めぐり
・高野山 開創1200年記念霊木朱印帳
・平安神宮 御朱印帳
・全国一の宮御朱印帳
・住吉大社 御朱印帳
・建仁寺 御朱印帳
・今戸神社 御朱印帳
・大将軍八神社 御朱印帳
・晴明神社 御朱印帳
・東寺 御朱印帳
・明治神宮 御朱印帳
・大阪市交通局 オオサカご利益めぐり御朱印帳
・北野天満宮「宝刀展」記念朱印帳
・熊野那智大社 御朱印帳

最新のつぶやき
2016年の水樹奈々さん
ハーイ!ハーイ! ハイ!ハイ!ハイ!ハイ!